男性の美しい肌に興味があったら間違いなくコレ↓↓
男のプラセンタ化粧品 母の滴

  • 07 May
    • 美白に使える大容量の化粧水に関する裏側の事情とは・・?

      大容量の美白 化粧水って、まぁ、気兼ねなくパチャパチャ使えるというメッリトがありますよね。ちょびっとしか入っていない化粧水だと、もったいないような感じがして、一滴ももれなく、いや、飛び跳ねる霧の一粒でさえ、惜しく思ってしまうこともありそうです(笑)でも、「大容量パック」という戦略は、企業側からしても、消費者側からしても、実にオイシイ、よくできたシステムなんですよね。業界の裏側を知っているという観点から、ちょっとその裏事情をご紹介しましょう。あなたは、簿記の知識はお持ちかもしれませんね。簿記の話にいくと、脱線してしまいますが、化粧品に関することにだけフォーカスして、話を続けることにしましょう。3級簿記にはないですが、2級簿記を勉強すると、「工業簿記」というのがでてきます。工業簿記というのは、ようは、製品を作って売るときの、帳簿記入の方法のことです。(簿記とは、帳簿記入の略語)。そこで、製造原価などを計算していくわけですが、化粧水の製造原価って、、、これは企業秘密ですから、こんなところで書けるわけがありませんが、それでも、ぶっちゃけ、ほとんどの工業製品て、材料費などは、そんなに高くないんですよ。それよりも、広告費とか、輸送費とか、人件費など、そういったものが高いんですよね。それで、製品の内容量が倍になったとしても、製品に占める原材料費って、それほど高くありませんから、商品の値段を倍にまでする必要はないんです。「どこでも売られている、ジュースの値段て、量が全然違うのに、なんで、値段はそんなに変わらないのかなぁ?」って、不思議に思ったことはありませんか?「なんで、500mLの ペットボトルジュースも、3000MLの大ボトルも、同じような値段なの?」っていう感じで。例えば、3Lのペットボトルのジュースに、500mLのペットボトルジュースの6倍の値段がついていたら、500mLで150円として、3Lジュースが900円!こんなの、売ってないですよね、それに、そんなに高かったら、買おうとなんか思いません。せいぜい、3Lジュースでも、400円もしないと思います。これは、化粧水に関しても同じこと。売る方としては、大容量で、多少なりとも原材料費が増えるとはいえ、専門用語でいうところの「固定費」は終わっているので、大容量の商品を買ってくれる方が嬉しいんです。消費者側にとっても、同じ「買う」という手間で、大容量で「お得感」を味わいながら、購入できるので、得した気分になれるのですね。ということで、美白に使える「化粧水」の「大容量」パックは、製造メーカーにとっても、購入・消費者にとっても、嬉しい、いわばwin-win のビジネスとなるわけです。こんど化粧水を買うような時も、そんな点をちょっと意識して買ってみると、お得感が味わえるかもしれませんね。実践してみてください。

      1097
      3
      3
      テーマ:
    • メンズのための、化粧水と乳液の違いなどについて、あっと驚く解説とは?

      そもそも、お化粧に興味がなかったり、面倒だと思っていたり、お化粧に触れる機会がなかったりしたら、「化粧水」とか、「乳液」とか、種類が違うものが存在していたり、その違いや、使う順番なんて知らない、ということが普通かもしれません。耳にしたり、目にしたりしたことが、何度かあったとしても、興味関心がなかったら、すぐに忘れてしまいます。それで、「こんなの当然でしょ?」と思っていることでも、ギフトとしてあげた時の相手が、正しい使い方を全然知らなかったとしたら、相手の方にとっては、宝の持ち腐れになってしまい、せっかくあなたがプレゼントしたものも、その素晴らしい性質の本領を発揮できずに終わってしまうことがあります。それで、「こんなことも知らない人がいるんだぁ」という思いでも構いませんし、「今まで全然知らなかったけど、使うこともあるかもしれないから、読んでみておこう」という思いでも構いませんから、とりあえず、この記事を最後まで読んでみてくださいね。まず、結論から書きましょう。「化粧水」と「乳液」は別物である。2つを分けて使う場合、まず、「化粧水」を塗って、そのあとに「乳液」を塗る。ということです。では、その解説をそれぞれしていきましょう。というのも、理由がないと、なんでそうしないといけないのかわかりませんし、すぐに忘れちゃいますからね。理由があると、忘れてしまっても、思い出せますし。「化粧水」の主な働きは、「肌の調子を整える」ことです。「化粧水」の主成分は、「水・水分」です。ほとんど全部が水なんですよ。でも、その水分は、ほとんどお肌の中にしみ込んではいかないんですよね。しみこんではいかないから、各メーカーが、いかにしみこむか、ということを研究開発しているわけですが、実際には、ほとんどしみこんではいきません。それで、化粧水の目的は、お肌の調子を整えるというのが主な目的であるというわけです。次に、乳液についてですね。乳液は、お肌の水分を逃さないようにするのが目的のものです。乳液は、化粧水よりもちょっとベタベタしていますよね。なんでかっていうと、油分が含まれているからです。油分が含まれているものを先にお肌に塗ってしまうと、水溶液である「化粧水」を弾いてしまって、お肌にちょっとしかしみこまない、そのちょっともさらにしみこまなくなってしまうんですよね。だから、先に、「乳液」を塗ってしまうと、「化粧水」の効果が肌に伝わりませんから、まず、「化粧水」を塗っておいて、その次に、「乳液」という順番で塗る必要があるということですね。もう、ご存知の方は、知識の復習になったことでしょうし、全然知らなかった方は、これほどわかりやすい解説に初めて出会って、幸運ですね。もっている宝を十分に活用して、お過ごしくださいませ。

      18
      テーマ:
    • 顔中シミだらけでも対処法はあるが、やり過ぎにも注意!

      顔中がシミだらけだと、ぎょっとしてしまいますよね。そばかす は、色白の方が、太陽に当たった後、ちょっとまだらに薄茶色になるのが、可愛らしいというのもありますが、シミだらけになってしまうと、可愛らしいというよりも、かわいそうと、思えてしまうことがあります。だって、本人が望んでそれをそうしているわけはないからですね。シミを薄くする方法として、どんな方法があるでしょうか?ひとつの手段として、ビタミンCをいつもより多めにとる、というのも一つの手かもしれませんね。ビタミンCは、別名「アスコルビン酸」ともいわれます。シミの治療に、医療目的で、「アスコルビン酸」が使われることもありますね。アスコルビン酸は、水溶性ビタミンなので、体にとって余分なものは、おしっことなって、体から排出されるといわれています。まぁ確かにそうなんですが、問題は その後でして、多めにビタミンCをとったあと、その次、体が、アスコルビン酸を受け付ける時に、「前回いっぱい来たから、今回も受け流そう」というモードになっていることがあります。それで、「アスコルビン酸は水溶性ビタミンだから、余分にとっても、すぐおしっこにでていってしまうから、問題なし」と言い切ってしまうことには、多少問題があるかもしれませんね。なんにでも、「適量」というのがちょうどいいのです。一応、医療専門書には、こう書かれています。表現が堅いですよ。準備はいいですか(笑)?:「過剰摂取の際の有害事象:ビタミンC摂取量が増加すると、消化管からの吸収率が低下し、尿中排泄量が増加するため、通常は安全であるが、数グラム/日以上のサプリメントで、過剰症を来すことがある。過剰症としての症状は、嘔気、嘔吐、食道炎、腹痛、消化管通過障害、下痢、歯牙の腐蝕、疲労、顔面紅潮、頭痛、不眠、眠気、鉄吸収過剰、高尿酸血症、血尿、高シュウ酸尿症、尿酸結石、シュウ酸結石、システイン結石、尿路での薬剤の析出等である。。。。」となっています。専門書というのは、どうしてこんなにお堅いんでしょうね。(笑)噛み砕いて、解説しておきましょうね。『ビタミンCをとりすぎたとしても、体への取り込みは低下し、排出は増加するため、一般的には、安全であるといわれています。それでも、サプリメントで、必要以上に、例えば、一日あたり、数グラム以上も とってしまうと、過剰症が出てくることがあります。過剰症の具体例としては、次のようなことが挙げられます。吐き気、消化管の異常、歯が腐食する、疲れる、顔が赤くほてったり、頭痛や不眠、眠気(不眠や眠気って・・・)鉄分が異常に吸収されてしまうこと、血中の尿酸値が高くなったり、血尿が出たり、結石が生じたりすることがあります」ということですね。ということで、顔中がシミだらけで困った場合は、適度にビタミンCを取ると、シミが薄くなったりすることを期待できますが、それでも、とりすぎには注意しましょうね、ということですね。

      13
      テーマ:
    • 男の老化を防ぐ化粧品というのはあるのか?

      残念ながら、現状としては、人間は、年齢を重ねるたびに、老化していく一方です。それは、自分では変えることのできない、事実です。ということで、それは、認めざるをえません。老化することは止められないのですが、とはいえ、そのスピードを、ある程度はコントロールすることができます。つまり、急速に老化が進んでしまわないようにすることは、できる、ということですね。では、どういう方法で、老化の進み具合を遅くすることができるのでしょうか。経験を積んだ、貫禄のある(?)人間に見られたいと思うことはあるはいえ、老けた人だという風には思われたくはないですからね。男性とはいえ、老化を防止する効果のある、アンチエイジング方法について、少し、見てみましょう。そもそも、なぜ、老化が進んで、老けたようになってしまうのでしょうか?それには、遺伝子が非常に強く関わっています。人間の細胞は、細胞分裂によって、常に、新しい細胞ができることによって、いつも、入れ替わっています。これを、新陳代謝といいますが、その細胞分裂が、うまくいかなくなると、正しい、あたらしい細胞ができなくなるため、筋肉も機能しなくなり、皮膚もバリア機能が失われていくことになるのです。遺伝子は、細胞核内のDNAという、遺伝情報を含んだものに、その設計図が記されているわけですが、特定の化学物質や、遺伝子を傷つけてしまうような、有害な紫外線などによって、DNAや、遺伝子に傷がついてしまうことがあります。厳密にいうと、DNAと遺伝子は違うのですが、ここでは、DNAのうち、重要な情報が載っている部分を遺伝子というようにしましょう。遺伝情報が遺伝子の一部に載っているわけですが、上に述べたような環境下では、遺伝子の情報が正しく後の世代に伝わらなくなってしまうため、機能を正しく果たせずに、老化、という状態に落ちいいってしまうのです。とはいえ、一度傷ついた遺伝子であっても、本来は、修復機能が働いているので、その修復機能が十分に機能するようにしてあげたり、そもそも、有害な紫外線や、有害な化学物質にさらされないように、することも、重要な予防手段となりえます。血行をよくして、新陳代謝を活発にし、修復機能が良く機能するように、してあげることは、老化を防止するために、とても有効な手段となりえます。また、紫外線に当たる時間や量を、物理的に減らしてあげることに寄って、肌のダメージを抑えることもできます。男のものであっても、化粧品で、老化を防ぐことを期待できる商品が、幾つか売られていますね。そういった商品を、上手に活用するようにしていきましょう。

      7
      テーマ:
    • 男の目の下のくまの原因と対処法とは?

      徹夜明けとかだと、目の下にクマができてしまうことがありますよね。目の下のクアというのは、ようは、打ち身、打撲で、皮膚が青黒くなっているのと、似たような仕組みで、目の下の辺りが、青っぽく見えてしまうことが原因ですね。一般には、これは「青クマ」と呼ばれます。有害な煙をプカプカ吸うと、それによる血管の収縮等による作用のために、血行が悪くなり、血液の色が、どす黒くなってしまいやすくなってしまうために生じることがあります。皮膚の薄い目の下あたりは、そのどす黒い血液がそのまま見えてしまうことによって、「クマ」として見えてしまうということがあります。でも、徹夜明けというわけでもないのに、目の下のクマが気になるようになることもあります。これは、黒クマと呼ばれるクマの一種です。年齢を経ると、筋肉も減少して、よわくなってきてしまいます。それで、お肌の張りもピンとはしなくなってしまいます。そのために、目の下あたりの脂肪がプリッと前にでてきてしまい、その突き出たプリプリの脂肪がひさしのように、その下に影をつくるため、くぼみが影で黒っぽくみえるようになってしまいます。これが黒クマと呼ばれるもので、特に、男性がこれに悩んでいることが多いようです。あともうひとつ、茶クマというもがあります。これは、敏感な肌なのに、ゴシゴシとこすってしまったり、紫外線や、赤外線にあたって、皮膚がダメージを受け、色素が沈着してしまったような格好のクマです。ですので、これは、光の来る方向によって、影ができることによるクマではないため、どんな方向から光が当たろうとも、クマはクマとして見えてしまいます。これが、茶クマというものです。ということで、ひとくちにクマと言っても、原因が複数あるため、クマを取り除こうと思っても、原因に対する適切な処理を行わないと、全然意味がない、ということにもなりかねません。例えば、脂肪がプリッと前に出て来てしまって、物理的に、上からの光を遮っているような、「黒クマ」に対して、「茶クマ」や「青クマ」用の対策を講じた所で、(ほぼ)なんの意味もありません。プリッと前に出てきてしまっている脂肪の塊の上に、それを隠すような『お化粧』で色塗りをしたとしても、影は影として存在するからですね。だから、特に男がなやむ、黒クマに対しては、黒クマに対する処置を施さなければなりません。黒クマのケアには、目元の張りを保つためのことをしなければなりません。例えば、適切な食事をとることによって、筋肉が弱らないようにする必要があります。目の周りの筋肉を鍛えることによって、皮膚の張りを維持することもできます。また、適度なマッサージをすることによって、血流もよくなり、血色もよくなって、目の周りの筋肉に必要な血液も十分に流れるようにするということもできるでしょう。ということで、今回の記事では、いくつかある目の下のクマについてと、とくに、男性が悩むことの多い、黒クマについて、さらに、その対処法についてお伝えしました。是非、他の記事も読んでくださいね。絶対に役に立ちますから。

      3
      テーマ:
  • 06 May
    • 顔中ホクロだらけの場合の解決策のいくつか

      ほくろ というのは、皮膚の一部がクロく変色しているものをいいますね。顔中がホクロだらけで、悩んでいる方も、実は結構おられるみたいです。昔は、ホクロを取ったら死んでしまう。と、言い聞かされてきましたが、本当のところはどうなんでしょうかね。。。外科手術で、ホクロを、レーザーで焼きとるという方法もあるみたいですね。整形手術で、ホクロを取るのに、1個5000円から2万円程度で取ることも可能のようですね。まぁ、自費負担ということもあるでしょうから、整形外科の先生の判断によって、値段も技術も様々でしょう。実際にホクロを除去すると、コンシーラーやら、ファウンデーション(ファンデーション)やら、それまで、ホクロを隠すために使っていたものの使用料が明らかに減った、ということもあるみたいですから、あながち、悪くもないのかもしれませんね。それに、精神的にも、気楽になれるのかもしれません。皮膚科で、ホクロの除去というのはできる時代ですね。遺伝の形質もあるでしょうけれど、取っても取っても出てくる人もあるみたいで。服に隠れるような、目立たない所にあるなら、全然問題ないでしょうけれど、特に顔にホクロがあると、しかも、その数が多くて、顔中がホクロだらけだと、気にせざるを得ませんね。日本でホクロを除去しようと思うと、普通、ホクロ除去は、自費負担になりますね。自費負担というのは、保険がきかない、つまり、10割全額を、自分で支払わないといけないということです。その後の診察は、病院によりけりですね。除去したあとの傷跡みたいにならないかが、気になるところですね。そのへんは、実際に手術を受ける前に、よくよく執刀医、主治医とディスカッションして、納得しておかないと、あとで、こんなはずでは、、、ということになりかねません。子供の頃からある場合、それをずっとコンプレックスに感じていることもあるでしょう。お金を払って、手術で、それを取り消せるなら、それも本当にありですよね。例えば、背が低いというコンプレックスを叶えようと思うと、お金を払っても、あまり、効果のある解決策は、見いだせませんからね。ホクロは、男性の印象も大きくかえますね。そのホクロの位置で、人を判断していたりすることもあります。そのホクロがなくなってしまうと、その人を見分けるポイントがなくなってしまい、最悪、その人が誰だかわからなくなってしまったりして。。。これは、なにも冗談ではなくて、例えば、一卵性双生児で、背丈見かけがまるっきり一緒で、しかも、まったく同じ服を着ていることがありますよね。唯一の判断ポイントが、ホクロだったりするわけです。こうなると、ホクロの除去手術によって、その人達の見分けポイントを失うことになってしまう。ということになってしまいます。まぁ、そういうコンプレックスに困らなくていいようになって欲しいですよね。

      23
      テーマ:
    • 旅行・トラベルに化粧水 乳液などを持っていく時の注意点とは?

      旅行・トラベルに、お化粧道具って、持っていきますか?女性であれば、当たり前ですよね。そんなの。。。。でも、男は、旅行に、お化粧道具って、持っていかないので、楽です。化粧ポーチに、化粧水の入った瓶を入れて、乳液の入った瓶を入れて、口紅入れて、ファウンデーションを入れて、マニキュアを入れて、マスカラ入れて、アイライナーいれて、チークを入れて、ネイルを入れて、、。それだけで、ひと荷物になっちゃいますわね。男の場合、持っていくとしても、ひげそりと、シェービングクリームと、後は、ひげそりの後用の化粧水・乳液 あるいは、オールインワンエッセンスの、つまり、一本にまとまった 化粧品を持っていけば、事足ります。便利ですねぇ。でも、トラベルセットって、ちょっとしか入ってないのに、なんであんなに値段するんでしょうか。明らかに、緊急に必要としている人に、お高い値段で売っているようにしか見えないんですけど。。。まぁ、それで、用事が済むんなら、多少のお金を出しても、別に構わないっちゃー構わないような気もしますが。飛行機に乗る時、液体物の検査って、本当に面倒ですよね。あの規定を作っているのは、恐らく、女性の心をわかっていない、男子たちなんでしょうね。子供の世話やら、自分のお肌の手入れを考えたら、多少の液体物持っておきたいですよね。だって、どこからきた、どんな性質のものか、全然わからない、空港施設の水なんて、赤ちゃんに飲ませたくないじゃないですか。飛行機内で配られる、お湯なんて、業界の裏事情を知っている人なら知っていますが、まー、まず、私は飲みませんね。そんなの、赤ちゃんには飲ませたくなんかありませんよ。ま、あまり書くと、目を付けられてもいけませんから、このくらいにしておくとして、化粧水や乳液をまとめて携帯するにしても、漏れが無いように気をつけなければいけませんね。預け荷物に入れると、荷物は非常に乱暴に扱われますから、フタは簡単に開いちゃいますよ。それなりに頑丈な容器にいれておかないと、割れたり、壊れたりしたときに、自分の荷物が化粧水やら乳液やらで、ベチャベチャに濡れてしまいます。だから、液体物の処理って、いつも、気を遣いますね。ブランド物のコスメだと、ちょっとの液体で、物凄い値段がしますから、漏れると大損失ですね。だから、小分けにして、旅行に望む、というのは、実際的な、プラクティカルな解決策だと思います。私は、世界中を旅して、年中飛行機に乗り回っていますが、実際の生活の知恵として、こういった工夫を取り入れて見てくださいね。

      2
      テーマ:
    • 男と女とどちらが寝不足で肌荒れになりやすいか?

      男であろうが、女であろうが、寝不足は、肌荒れの原因の一つになります。ただ、オトコの方が、どちらかというと、寝不足で肌荒れに陥る可能性が高いんです。なぜかって?その理由をお伝えしましょう。ウーマンリブの台頭によって、男性と同じ地位が女性にも当たられないと、イヤダという雰囲気が、この日本でも、浸透しつつありますが、男性と同じような地位に、女性がついて、それで、女性は本当に幸せになるんでしょうか?だって、男性と同じような地位につくということは、同じような仕事のポジションについて、同じような長時間労働をしないといけないんですよ。男性と女性って、そもそも、体の造りも、モノの考え方も、肌の荒れかたも異なります。みんな違って、当然で、その違いを、理解し合ってこそ、よりよい社会ができあがっていくものなんです。それを、男性と同じ地位が無いからイヤダという、だけの主張のために、それに対応しなきゃいけないという事実がありますねぇ。。。でも、そこまでして、男子がするように、めちゃくちゃハードな残業をこなし、夜も寝ずに仕事を終わらせるような、体を酷使することが本当にしたいんですか?それをしなくて済む、っていうんなら、別にそこまで声を大にして、男女平等って、訴える意味ってあるんですかね?まぁ、そんなこんなで、やはり、男子のほうが、会社に遅くまでのこって、やらなきゃいけない仕事を夜更かししながら終わらせている、というのも事実なのであります。それで、男子のほうが寝不足で、肌荒れになりやすい、というわけですね。睡眠というのは、体が回復するのに必要で、とても重要な時間なんです。メールの無駄な返信や、テレビの見すぎで、寝不足になって、それが、肌荒れの原因になることもありますね。寝ている間には、成長ホルモンなどが、分泌され、体を回復するモードになっています。あと、男性は、正しい洗顔方法で、洗顔をしないために、傷口に塩を塗る、といいますか、荒れている肌を更に悪化させるようなことを平気でしているんです。乾燥や、ストレスで、生活のリズムも狂い、ホルモン分泌もうまくいかなくなりますよね。スキンケアなんて、もっての他という考えの男性も多いのではないでしょうか。ビタミンの補給も、肌荒れの対処に必要ですが、受験科目に、「家庭科」など、食品系の授業が学生時代になかったら、そういうことに対する、興味関心すらありませんから、余計に、肌が悪くなっていってしまうんですよね。可哀想な男の子達です。。。

      テーマ:
    • 顔中シワだらけになったら、どうしたら良いんでしょうか。

      そもそも、しわって、なんなんでしょうか。赤ちゃんのみずみずしいプリプリの体には、ほとんどシワがありませんよね。羨ましいですよねぇ。。。(笑)赤ちゃんの肌って、すべすべしていて、可愛いですよねぇ。皮膚には、それなりに水分が含まれていますよね。その水分の量が少なくなると、カサカサになってきます。それに、同じところで、なんども曲げられるような機械的な動作が加わると、お肌の張りを支えるコラーゲンが切れてきて、ボロボロになってくるんですよね。それが顔で生じると、顔が、シワだらけになります。日本は、戦後の高度経済成長を経て、寿命が非常に伸びました。それに伴って、同時に、お肌のシワも伸びてくれればいいのですが、残念なことに、加齢によるお肌のシワ、顔のシワは、増えていく一方ですね。ちなみに、検索エンジンで、「顔中シワだらけ」って検索したら、「顔中シミだらけ」じゃないですか?て言って、勝手に、「顔中シミだらけ」の検索結果が表示されていますね。。余計なお世話です。私は、顔中「シワ」だらけであることに対する情報を得たいんですよ!”「シワ」と「シミ」を一緒にしないでくださいよね、ロボットさん。そういえば、、ロボットには、シワは無いんですかね。金属疲労による、シワはあるかもしれませんが。飛行機開発に於いて、ジュラルミン、超ジュラルミン、超々ジュラルミンのシワは、研究対象になっていて、ものすごく重要なテーマなんですけどね。飛行機の翼のシワは、気体周りの空気の流れに直接影響を与えるに、飛行機の速度、燃費、性能、操縦性に、極めて重要なファクターになるんですよ。まぁ、顔中シワだらけになることに関して、書いているのに、そこで、飛行機開発のことに発展(事実上の脱線)するなんて、だれも期待してなんかいなかったでしょうから、飛行機の翼のシワに関しては、この辺にしておきましょう。あ、でも、一般的に、オトコは、飛行機、とか、車とか、ああいう、動くもの、機械が大好きなんですよ。なんで、あんなものが、好きなのかって?そうですねぇ。んじゃー、なんで、赤ちゃんが好きなんですか?て、聞かれたら、なんて答えますか?「だって、可愛いじゃなーい!」そうですよね。じゃあ、なんで、オトコは、車、飛行機が好きなのかって?「だって、カッコイイじゃないですか!面白いじゃないですか、どういう仕組みであれが動いているのか、想像すると、飽きないですよね~!」

      テーマ:
    • 化粧水も乳液も入ってるオールインワンのメンズコスメのオトコの評価とは?

      化粧水や乳液などが全部ひとつになった、オールインワンのメンズコスメって、あるじゃないですか。化粧品って、一般的には、女性のもの、という感じがありますが、オトコでも、お化粧って、ちょっとは気になる分野なんですよ~。。でも、ドラッグストアとかにいっても、あの、女性専用の雰囲気たっぷりの、化粧品コーナーというのは、あの領域は、もう、本当に、まさに【聖域】という感じで、足を踏み込むことすらできませんよね。。でも、自分のお肌のことで、ちょっとカサついたり、つっぱたり、ニキビが出てきたりするんですから、ちょっとは、化粧水って、どんなのがあるのか?と気にはなるんですよ。それで、オカンのをこっそり使ってみたりして、「ほー、こんなものなのか、」と思ったり、全然違うものをつけてしまい、「なんだこれ?」と思ったりして、実は、試行錯誤していたりするもんなんですよね。(笑)それに、基本的に、自分の肌の手入れに関してなんか、オトコは、めんどくさがり屋が多いですから、そんなに真剣に続けようとか、思いません。そんな時に、今は、化粧水やら、乳液やら、保湿剤が、みんな一緒くたに入っている、「オールインワン」という分類のエッセンスがあるらしいですね。便利ですよねぇ、今の時代。シャンプーもリンスも一緒くたに入っている、洗髪剤があるかと思えば、使用時に順番を考えなくても良い、全部混ざっているものを、ピャッピャーと塗ってしまえば、それで完了となるようですね。そんなのがあるんだったら、いままで、これの次にこれを塗って、それの次にこれを塗って、って、何本も切り替えて塗っている女性って、なんで、そこまでして、あれこれ塗るんでしょうかねぇ。でも、そこが、女性と男性の根本的な違いかもしれませんね。女性は、お化粧という、お肌の手入れの過程自体を、楽しんでいらっしゃるように、思えるんですよね。妹なんかも、お化粧は、顔に、塗り絵をしているみたいで、綺麗になっていく過程が楽しい、とかいうようなことを言っていました。まぁ、そういう、女性の感覚というのを教えてくれる人が、妹として、社会人になるまで、そばに居てくれた、ってのは、大きな財産のような気がしますね。だって、オトコだけの社会で育ったとしたら、女性の方々が、どんな風に考えていらっしゃるのか、全然わかりませんからね。オトコ、メンズ用の化粧品として、全てが一緒くたに入っているオールインワン化粧品がある、というのは、オトコのめんどくさがり屋という気質を上手に組み込んだ、実によく出来た商品のような気がしますね。

      1
      テーマ:
  • 01 May
    • 30代男性のニキビに対処するのに役立つ情報とは?

      ニキビというと、青春時代の甘酸っぱい恋愛の時代のこと、という認識が一般的ですよね。まぁ、30代になっても、恋愛というものはできなくなるわけじゃありませんから、もちろん、甘酸っぱい恋愛とニキビは離せないものというわけ、ではありまんね。しかし、10代頃の、思春期に出てくるニキビと、30歳代になってからも出てくるニキビというものは、性質が若干異なります。ニキビができる原因というのは、非常にたくさんあるものです。特に青春時代のニキビは、体が、大人へと成長し、変化していく際の過渡期にあるというわけですね。それで、男性ホルモン、女性ホルモンといった、性ホルモンバランスが大きく変わっていく途中にあります。そのため、皮膚の防御バランスが崩れやすく、ニキビができやすくなります。コレに対し、30歳代男性のニキビの原因のひとつに、適切な化粧水が使用されない、ということがあります。化粧水そのものを使用しないということ自体も、ニキビの原因になることがあります。化粧水は、肌の防御機構の、足りていな成分を補ってあげるという基本的な役割を持っています。もちろん、分泌が正常であったり、汚染された空気に触れなかったり、必要なものを十分食べていれば、そういうものは、必要でなくなるんですが、現代社会では、非常に強いストレスを感じる環境がどこにでもあり、空気は大陸の産業地帯から流れてくる、処理されていないものだったり、近所に、工場があったり、あるいは、身近な製品から、体の害となるような揮発性物質が実はたくさん放出されていたりします。私達が口にする食品というものは、ほとんどが、食品工場で加工された、加工食品です。人工の旨味成分やら、保存期間を伸ばす添加物やら、ありとあらゆる体に良くないものを取り込まざるを得ない環境で生活している、というのが現状ですね。それで、適切な化粧水を使用しないと、食べ物だけでは、皮膚の状態を良い状態に保つようにすることができない状況が続いてきました。化粧水の主成分は、もちろん、水です。ただし、ちょうどよい状態で、皮膚に塗ることができるようにするには、その方法がいいんですよね。だって、例えば、豆腐の主成分は、何かというと、水ですよ。豆腐だって、80%以上は、水ですからね。(笑)でも、豆腐には、良質のタンパク質が含まれています。豆腐の5パーセントくらいが、タンパク質で、体を構成する基本的な栄養素を補給してくれます。豆腐は大豆からできていますね。大豆は大豆で、これまた話題が豊富なトピックですが、今回はこれくらいにしておきましょう。

      30
      テーマ:
    • メンズコスメをバレンタインのプレゼントとして贈るのはどうなのかな?

      男性は、プレゼントをもらうと、飛び上がるほど嬉しく思うものです。実際には、子供じみた行動を取っているようには思われたくないという、感情から、そこまで飛び跳ねて喜びを表現するということなんかないでしょうけれどね。でもね、本当は、飛んではねて、踊って回っていっぱいいっぱい喜びたいんですよ。それと、贈り物をくれるというのが、単に、物体としてのやり取りを喜んでいるだけでなく、自分のことを想ってくれているというのが分かるので、余計に嬉しいのです。男の思考というのは、結果重視、理性的で、感情は入り込みにくい部分がありますが、贈り物は純粋に嬉しいと感じるものです。バレンタインにチョコ、チョコレートを贈るというのは、実にありきたりですが、チョコレートを贈るのはリスキーな場合があります。なんでなんでしょうか?なぜなら、チョコレートには、チョコレート特有の脂肪分が含まれているからです。それと、チョコレートが、溶け出してしまわないようにするための、各種の融解防止剤が含まれていますし、チョコレートが旨く混ざるように、分離してしまったり、まだらになってしまったりしないよう、色々なものが添加されています。私は、油脂関係に詳しい、日本を代表するメーカーの人と繋がりがあるのですが、チョコレート産業も、結局はビジネスですから、ビジネスとして、成り立つように、色々と考えて、工夫しないといけないようで、その工夫の一つが、そういう点になって現れてくる、ということのようですね。それで、チョコレートを贈ると、チョコレートが由来で、お肌の調子が変わる、ということがあるんです。実は、ニキビができたり、吹き出物ができる、という理由で、本当は食べたいんだけれども、チョコレートは食べないことにしている、という男性も少なくありません。可愛そうですよねぇ?ほんと、可愛そうですよねぇ。同情していただいてありがとうございます!かくもう言う私自身が、チョコレートは愛するぐらいすきで、めっちゃめちゃ食べたいんですが、どうしても、顔に吹き出物が出て来てしまうために、食べないように気をつけています。まれに、吹き出物がでてこない高級チョコレートがあったりします。そういうのを見つけた時には、「これだ!こういうのを探していたんだ!」という感じで、食べます。もちろん、そういうのも、食べ過ぎると、よくありません。だから、めっちゃめちゃ食べたいんだけれども、セーブしながら食べる、という感じですね。そういうところは、理性が働くみたいなので、なんとか、ニキビが出ないで済むように生活できています。

      テーマ:
    • 徹夜明けの肌荒れに対処する方法とは?

      徹夜なんて、できるならしたくないですよね。でも、しなきゃいけないときだってあるんです。重要な会議に間に合わせるための資料作成だったりとか、締め切りに追われている仕事を間に合わせるとかですね。学生のころに、ほぼ徹夜で仕上げた宿題があったんですが、明け方に、大地震があり、その宿題の提出どころではなかった、というなんとも虚しい事件があったことを思い出してしまいます。まぁそういう、大地震なんていうことは、そう何回もあることではありませんが、徹夜で間に合わせないといけない仕事が重なることもあります。なかには、夜勤が普通で、ほぼ毎日、徹夜明けのような生活をしなければいけないようなつらい状況にあるかたもいらっしゃいます。そういうなかで、徹夜明けの影響が、肌荒れなどの形で現れないようにするには、いったい、どうすればいいのでしょうか。男だって、肌のケアをしたいと思っているんですよ。まぁ、めんどくさくって、そこまで手が回らないというのも、現状ですが。男の肌荒れの原因にはいくつかあります。例えば、生活習慣の不規則さですね。毎日8時20分に出社するという会社に勤めていたとしてもですね、帰る時間や、寝る時間、起きる時間というのは、バラバラなわけです。職場では波乱万丈の体験をしながら行きていかなければなりませんし、終わったら終ったで、付き合いたくもない会社の人と、時間を過ごさなきゃいけないことだってあるでしょう。また、残念ながら、老化の影響もあります。老化によって、遺伝子は毎日毎日傷ついていきます。正常な細胞分裂をおこなえなくなってくるんですよね。そうすると、必要なお肌の張りを形成している重要なコラーゲン線維などが、皮膚でうまく機能しなくなってきます。そして、乾燥しすぎたオフィスで、働かざるをえなかったり、食べ物が良いものでなかったりして、皮脂が過剰に分泌されるような状態になったりします。これに対処するには、適度な保湿や、バランスの取れた食事、さらには、なんとかして、生活が規則的なリズムになるようにするという努力をするなどの方法をとることによって、対策を講じる事ができますね。ストレスを溜めないようにすることも大事です。ストレスがたまると、体のホルモンバランスが崩れる、ということがわかっています。ホルモンバランスが崩れてしまうと、皮質、水分の分泌バランスが崩れ、肌荒れが悪化してしまいます。コンディションを整えることによって、お肌のケアを積極的におこなっていきましょう。

      2
      テーマ:
    • 顔中毛穴だらけで困っている時どうすればいいのか?

      顔中毛穴だらけだということで、実は、女性だけでなく、男性までも困っているということが明らかになりつつあります。まぁ、もちろん、全員、皮膚の全ての部分は、毛穴で覆われていますから、「顔中毛穴だらけで」といっても、何も間違いなんかじゃありませんけどね。いあや、そんなことを言っているんじゃないんですよ。困っている人は、本当に困っていますから。目立つ毛穴だらけの顔で、困っているということですね。美容に関する効果がある方法をお探しのことでしょう。目立つ毛穴というのは、なんで目立つのかというと、それは、ずばり、「黒ずみ」です。なんで、毛穴が黒くなってしまうのでしょうか?一つの原因としては、空気の汚れ、というのがあります。世の中、どんどん汚れてきてしまっているんですね。工場が近いと、汚れた空気が流れてきます。そういう所で暮らしてると、本当に気持ち悪くなってきます。工場地帯の近くをクルマで通ると、窓を締め切っていても、その汚れた空気がどういうわけか車のなかに入ってきてしまい、気持ち悪くなります。車で通り過ぎるだけなら、一過性のものに過ぎないんですが、そこに住んでいらっしゃる方、働いていらっしゃる方もいますからねぇ。ビジネスとして、排煙を処理するには、多額の設備投資がいるし、そんなことやっていたら、商売あがったりだし、などなど、双方に言い分はあるでしょう。でも、現実問題として、我々はその大気汚染の影響をもろに受けてしまっています。その例が、黒ずみで目立つようになってしまった毛穴です。その毛穴ばかりになると、顔中が毛穴ばかりになってしまった、ということになるわけです。適切な洗顔料で、まず、顔を洗わないといけません。そして、忘れないようにしたいのが、適切な乳液や化粧水で、荒れ気味になっている皮膚表面を保護してあげることによって、汚れがつきにくい状態にすることが必要です。ようは、皮膚の防御機構が機能を失うあるいは、作用しにくくなってきてしまう場合、弱い所に、その弊害が現れてきてしまうということですね。顔の場合、それが、毛穴で、そこに汚れが貯まってしまうということです。乳液は単に、「ミルク」のようなものを上から塗っておしまいなんではなくて、一部が、肌に吸収されて、機能するようになっています。脂分、水分が適量、皮膚のバリア機構を構築するようになっているということですね。現実として、空気の汚染がどんどん進んでいますから、「昔はこんなことなかったのに、昔は顔中が毛穴ばかりになってしまうことで悩むことなんか かなったのに」と思うかもしれませんが、これは、現実問題として、取り組む必要がありますね。

      1
      テーマ:
    • メンズの化粧水で、男の変なテカリをキリッと防ぐには?

      テカテカのおでこって、まぁ働いているんだなぁというのはつたわってきますけれど、ぶっちゃけ脂汚れですからね。ベタつきがなくて、サラサラしている化粧品って、注意深く選ばないと、駄目ですね。テカテカしているのは、皮膚の正常な脂分の分泌と、水分の分泌などのバランスが、おかしくなってしまっているんですね。そこで、その人の肌にあった、適切な化粧水を使用することが、現実的な解決策なんですよ。キリッと変なテカテカのテカリを抑えると、自分に自身が持て、その日の気分もスッキリして、さっぱりしてきますよ。目つきも冴えて、キリッとしてきますね。化粧水を使うことももちろん重要ですが、洗顔の仕方に気をつけることも、同じくらい重要です。まぁ、特に苦労することもなく、とりあえず、化粧水だけ塗ってりゃ大丈夫という、そんな簡単なことはできません。適切な洗顔方法で、顔の皮膚のケアをしてあげることが重要なんです。皮脂の脂っぽさ、脂性、どれくらい乾燥気味か、ということなどが原因となってきます。最近では、大陸からの交差や、PM2.5などの大気汚染によって、お肌がとても傷つきやすい状態になっています。傷つきやすいというか、実際にもう、傷ついてしまっているんですよね。乳液や、化粧水など、お肌の状態を改善するために、効果的なオイル、クリーム、乳液などを補充してあげることが必要になってきます。俺は、別に肌がベコベコになろうが、ボコボコになろうが、そんなのは気にしないって思うのもあると思います。もちろん、それは、その人の観点ですから、それでいいんです。そういう人もいるので、僕のお肌の綺麗さが目立って、「ねぇ、なんでそんなにお肌きれいなの?ちょっと触らせて~」と女の子に擦り寄られるというオイシイ体験もしやすくなるからですね(笑)男のおでこのテカリをキリッと抑えるだけで、こんなに良いことがあるんですね。まぁ、正しい知識と、正しい解決方法を実施するだけで、こういったお肌の悩みを解決することが、とても簡単になります。お肌の手入れをこっそりやるだけで、モテモテになった人もいます。「なにもしていない」といいながら、実は、「何もしていないナチュラルに見られるように」陰ながらものすごい努力をしていたりします。どういうアイテムをどんな風に使ったら良いのか、など、色々お知らせしていきたいというのが、めっちゃ溜まっているので、このブログでたっぷりと大暴露していきましょう。

      1
      テーマ:
    • メンズコスメをギフト・贈り物としてプレゼントする時の注意点とは?

      父の人とか、勤労感謝の日とか、毎週日曜日とか、水曜日とか、あとは、クリスマス関連日とか、祝日とか、まぁ、色んな時に、メンズコスメを、贈り物、つまり、ギフトとしてプレゼントする機会がありますよね。良い贈り物というのは、上げる方も嬉しいし、もらう方も嬉しいものです。その人の為になるものを考える幸せと、考えてもらっているんだ、というどちらの幸せにもつながります。何かを与えることに、喜びを我々は感じるようにできているということですね。さて、ギフトとして、メンズコスメ(男性用化粧品)をプレゼントするかどうかに関してです。お化粧というのは、女の子のもの、という感じがありますよね。まぁ、女の方には、バッチリメイクしていただいて、綺麗であり続けていただきたいと思いますね。だって、どっちにしろ顔をあわせなきゃいけない、っていうのなら、綺麗なお顔の方が良いに決まっているじゃないですか。お化粧の無い方が良いって、一般的に言いますけれど、化粧をしない、本当の姿を知ってしまうと、ショックですから、お化粧は続けてください、綺麗な女性の皆様。さて、かくもう言う私は男ではありますが、みんなそうですが、お化粧というのもに、全く興味が無いわけではないんですよ。でも、ドラッグストアの、化粧品コーナーなんて、入っていけるわけがないじゃないですか。歳の近い妹と一緒に、付き添いでついていく感じで見に行ったりすることはあっても、ひとりそのゾーンに行くのは、はっきり言って、ムリです。そりゃームリですよね。あんなところ入って行けるわけないじゃないですか。女性専用品のエリアに入ったら、どう見ても、変な人に見られてしまいますよ。だけど、そんなところで、ひょこっと、気の利いた化粧品を、ギフトとしてプレゼントしてもらったら、めちゃくちゃ有り難いんですよね。もらう方の男の反応としては、初めは「ありえな~い」という様な反応かもしれませんが、案外使用感が良かったり、自分に合っているアイテムだとわかれば、自分のことを想ってくれているんだ、って、ほっこりしちゃいますよ。もちろん、それが、自分の肌に合うものかどうかというのがありますからね、ニオイの好き嫌いもありますし。つまり、その人の肌に合いやすいものか、香料の具合はどうか、などには気をつけないといけませんね。そういう選択のときに、どういう点にどうやって気をつけたら良いのか、別の記事でどどーんと、たっぷりと公開していきます。乞うご期待くださいませ。

      2
      テーマ:
    • メンズ化粧品が無香料か有香料か。どれほど大事か?

      男って、ニオイに実はものすごく敏感なんですよね。メンズ化粧品には、香料が添加されているものが、かなり多いです。これは実体験に基づくものですが、例え洗顔料のように、顔に塗りつけるものでなかったとしても、香料があるものって、ずっと鼻について、気になるので、できれば、僕は、無香料の方が嬉しいんです。みなさんは、どうですか?でも、ニオイって、良い物であれば、ちょっとくらいはあった方が良いような気もしますよね。なので、要は、どんなニオイなのか、それがどれくらい続くのかが重要なポイントになりますよねー。もちろん、もののニオイを感知するのは、鼻です。鼻には、嗅覚が備わっているので、嗅覚を感じる細胞がセンサーの役割を果たし、それが電気信号となって、脳みそにシグナルが伝達されて、脳が「ニオイ」を感知するというわけですね。猫も犬も、嗅覚がとても発達していますので、ニオイで、人を判別し、覚えているほど。まぁ私達も、ある程度人をニオイで判別している時もありますけど(笑)感覚が研ぎ澄まされている人って、単にニオイが強いとか、特徴的な、覚えやすい人だけでなく、犬並みの精度で、人を判別できるんだとか。世の中には、色んな人がいるもんですねぇ。そういう、多様性の豊かな文化で生活するのも、あながち悪くないですよね。さて、ニオイが気になるような化粧品だと、脳みそもそれをストレスに感じるため、生活全般に悪影響を及ぼす恐れがあります。このため、香料の強い、そして、自分の好きではないニオイの強い化粧品、乳液、クリームは、使わないほうがいいでしょうね。ストレスは肌荒れにかなり関係してきます。肌の調子をよくするために、化粧品を使っているのに、その化粧品に入っている香料で、逆にお肌にストレスがかかって、肌が荒れてしまっているようでは、一体全体、自分は何をやってんだか?っって感じになってしまい、かなり、虚しいものを感じるようになってしまいます。そういうことにならないよう、自分に合った臭い、なのか、生理的にムリ~な匂いなのか、特に長いあいだ使用するものに関しては、気をつけた方がよさそうですね。匂いって、嗅覚と脳みそとが、とても近い位置関係にあるため、頭脳、思考回路にもかなり大きな影響を及ぼすと言われていますね。ちなみに、臭いニオイってのは、人間にとって不快になるようにできているわけです。清潔感あるように、定期的に綺麗にし、悪臭を放たないような、メンテナンスの行き届いた、綺麗でいい香りのするような人を目指していきましょう

      2
      テーマ:
  • 30 Apr
    • 青髭(あおひげ)を隠すにはどんな方法があるのか?

      青髭というのは、あおいヒゲということを文字通りには意味しています。でも、これは、お髭が青いのではありません。どちらかというと、白っぽいお肌の下にある、黒っぽいヒゲが、皮膚を通してみると、「青っぽく」見えることから、「青ひげ」と呼ばれます。これは、認知言語学的な観点からいうと、花の束と、花束、焼いたタコと、たこ焼き焼いた鶏肉と、焼き鳥が、それぞれ違う意味を持つのと全く同じ理屈です。つまり、単に青いヒゲのことを「青髭」は意味しているのではなくて、「白っぽい皮膚を通すと、下に見えている黒っぽいヒゲが、青っぽく見える」ということですね。ですので、どんなにひげ剃りで、深掘りを実行しても、この青っぽくみえるヒゲは、なくすことはできません。それで、実質、青ひげになりたくなかったら、実は、「隠す」しか方法がないんですね。まぁ、もちろん、「隠す」といっても、脱毛クリームや、脱毛サロンに通うことによって、ヒゲはそのものを薄くしたり、ほとんど生えない状態にすることも含みますが。ほんとうに体にダメージを与えないのか、実は体にダメージを与えてしまうのか、かなり心配になりませんか?だって、青ひげではなくなったとしても、それが元で、肌が荒れたり、赤くなってしまったりしたら、「もぅ何やってんだか」っていう感じになってしまいますよね。「こんなんだったら、青ひげのほうが、マシじゃないか」ということになりかねません。ということで、青ひげを『隠す』には、具体的にはどんな方法があるのでしょうか。一つの方法としては、「青い部分に、お化粧をしてしまうことによって、隠してしまう」というのがあります。この方法は、もっとも簡単で、やめたくなったときも、すぐに止められます。ただし、「お化粧をする」というのが、「なんとなく女の子っぽい」というのが難点ですね。特に、青ひげで悩むということは、ヒゲが濃いということの裏返しともいえます。ヒゲが濃いということは、男性ホルモンが相対的に強い、つまり、女性ホルモンよりも、男性ホルモンが優位であるということを意味しています。ということはですよ?青ひげに悩む人というのは、必然的に、かなり、「男度」が強い、「男性的」な人なんです。そういう人は、特に、女性っぽいものを好まないという特徴があります。でも、逆に、男性的であるということは、思考も男性的で、理路整然と、理詰めで物事を考える、という傾向があります。中間過程ははっきりいって、どうでもよくて、結果オーライな部分があるんですね。ということで、どういう過程でそのお化粧品が手元に来たのか、ということはあまり気にせず、ちょっと隠れながら、自分がそんなことをしているとは、見られないようにして、サクッと青ひげ部分にお化粧をして、見えなくなればOKという人もいます。この辺に関する感覚は、人によって千差万別ですから、一概には言えない部分ですね。ちなみに、私自身は、青ひげに悩むときもありますが、それこそ結果オーライ的な思考なのと、ちょっと(かなり)化粧品にも興味があるので、実はあれこれ試してみています。このブログでは、様々な役に立つ情報を紹介しています。色々な視点からの記事を書いてますので、どうぞ、他の記事もご覧くださいね。

      6
      テーマ:
    • 男の顔のテカリを抑えるためには何が有効なのか?

      顔がテカるのは、体の汗、脂肪、脂分が顔に浮いてくるからですね。よく誤解されがちなのは、「脂分が浮いて来ているんだから、顔を洗って、余分な脂分を取り去ってしまえば、しっかりとテカリが取れるんじゃないか?」というものです。じつは、これは大きな間違いなんですよね。でも、わかりますよ。テカっているんだから、スノーボードのワックスを、顔からこそげ落としてしまうかのうようにして、脂分を取り去ってしまったらいいんでしょ?と思いますよね、誰しも。私も昔はそう思っていて、皮膚の脂分を抜き取るかのごとく、顔を洗っていた男の一人でした。でも、よくよく調べてみると、それは逆効果だったんですよね。実は、お肌に足りていない成分のせいで、それをカバーするために、余計にテカリの成分が出て来てしまうことになり、顔を必要以上に洗いすぎることは、かえって テカリを増やしてしまうことになります。皮膚の防御機構として、皮膚の適度な水分、脂肪分のバランスが崩れてしまうと、顔がテカテカと光ってしまうことになります。また、単に顔が妙にテカるだけでなく、脂肪分のバランスが崩れてしまっているため、そのテカった顔を拭いたハンカチや手ぬぐいや、場合によっては来ている服までもが、多すぎる皮脂によって汚れることになります。そして、その脂肪分、汗の成分に雑菌が繁殖してしまい、その結果、あの汗臭いニオイの原因となってしまいます。ということで、顔のテカリを抑えるポイントは、足りていない成分を補充してあげる、ということなんです。なんか、意外ですよね、テカっているところに、もっとテカリの原因みたいなものを足し込むというのが。でも、不足しているものを補充してあげることによって、体は、不必要に皮膚を防御するための脂分をこれ以上分泌する必要はない、と判断するため、結果として、テカリが抑えられるのです。また、脂分の過剰分泌が止まるため、ハンカチや服に脂分が多少ついても、それほど量が多くないため、ニオイの量も、かなり抑えられます。なお、雑菌の繁殖は、時間に比例して増殖するのではなく、指数関数的に細胞分裂によって増えていくので、なるべく早くハンカチや服を選択する、というのは、もっとも簡単で、有効な服の汗のニオイを抑える方法のひとつです。ということで、顔のテカリを抑えるには、肌に不足している適切な成分を、ローション剤などによって、あえて補ってあげることによって解決されることが多い、ということをこの記事のポイントとしておきたいと思います。

      1
      テーマ:
    • 青髭(あおひげ)とローションの意外な関係とは?

      青髭(あおひげ)に悩んでいる人って、実はけっこう多いんですよね。青ひげというのは、その言葉があらわすように、「青い」「ヒゲ」のことを意味しています。でも、ヒゲが青いということを言いたいのではなくて、ヒゲを剃った後の地肌が青いということを言っています。男性本人はもちろん、青ひげを気にしていますが、実は、周りの人もかなり気にしています。付き合っている彼氏の青ひげが気になるとか、自分の夫の青ひげが気になるとかですね。ヒゲは、男性らしさの象徴ですね。男性度が強い、つまり、男性ホルモンが強いと、濃いヒゲになります。土地の文化習慣によりますが、日本では、ほとんどの場所でヒゲは綺麗に剃るというのが、一般的です。たっぷりヒゲを伸ばすことの方が良い意味を持っている国もたくさんありますが、日本ではあまりポジティブに受け入れられません。男性ホルモンが強いと、ヒゲも濃く、太くなり、それに伴って、ヒゲを剃った後も、皮膚から見える、若干のヒゲの影響で、その部分が青く見えるんですよね。私も結構ヒゲが濃い方なので、剃り跡が青く見えやすくなります。どんなに綺麗に剃ったとしても、ヒゲがどうしても皮膚の奥で黒く存在していますから、その部分が青く見えてしまうということです。困ったことは、綺麗に剃っているにもかかわらず、青く見える部分が、ヒゲの一部に見えるようになることもあるため、「ヒゲの手入れも出来ていない人だ」と思われてしまういことですね。でも、世の中には、便利なものがあり、ヒゲを薄くしたり、抜けやすくしたりしてくれるようなローション剤があるため、とてもヒゲの濃い方でも、ヒゲの部分がどうしても青色になってしまうというのを和らげるというローション剤が開発されてきました。青ひげに悩む人は、深掘りで毛根の奥の奥まで徹底的に剃りきらないと気がすまない事が多く、どうしても、カミソリで、肌が痛みがちです。品質の良いローションだと、ヒゲ自体が生えにくくなるような、つまり、抑毛剤としての有効成分が配合されていて、かつ、剃った後のお肌の状態も、整えてあげるような有効成分が配合されています。手軽に使用するだけで、言葉にならない、いつもの悩み、苦しみを、軽減することができるようになってきましたね。このブログでは、男性の視点から、もらうと嬉しいアイテム、化粧品や、自分ではこっ恥ずかしくて、よう買わん、というようなメンズコスメ、ギフト・贈り物にも良い男性用化粧品に関する記事をどんどん書いて紹介していきますので、どうぞご期待くださいね。

      1
      テーマ:
AD

プロフィール

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。