東京デザイナーズウィークの展示ブースは本当にたくさんありますが、

今回ご紹介するのは、ある大手賃貸フランチャイズ会社の提案ブースです


ワンルーム賃貸マンションと言いますと、間取りのパターンが

画一的なものが多い中、このブースでは、ワンルーム空間の

可能性を提案されていました


今回はその中から、同じ空間を二つのコンセプトで再構成した展示をご紹介します



まず一つめの案

ワンルームの部屋を居住空間プラス縁側空間にセパレートした提案です



住まい、暮らしに美とデザインを kibi_blog


天井高さとの兼ね合いはありますので、

どんな建物でもこの設計を取り入れるわけにはいきませんが、


水回り部分の上部をロフト空間にし、ダイニングの天井は開放感のある、

吹抜け空間となっています

住まい、暮らしに美とデザインを kibi_blog





次にご紹介するのは、同じ空間の真ん中をホームベース型の五角形で

切り取った提案です

住まい、暮らしに美とデザインを kibi_blog

これも先ほど同様、天井が高くて、開放感があって、

梯子でロフトに上がっていく空間の面白みがあって、


この中にいると、創造力、発想力が湧いて、

いいアイデアが生まれそうですね。

住まい、暮らしに美とデザインを kibi_blog





もとは同じ空間なのに、イメージの異なるデザインを施すことにより、

オモシロイワンルームが2案提案されていました


どうしても、ワンパターンになりがちな、

ワンルームマンション空間ですが、


こんな発想の建物、どんどん出来てほしいですね。



住まい、暮らしに美とデザインを kibi_blog