SLOTH TOKYO BLOG

this is how i survive every single day.

TSUTAYAレンタル限定ミニアルバム

2016年11月23日(水)リリース

「噂のSTORY」




1.噂話
2.噂のBITCH
3.噂のカンチ男 Feat. 立花亜野芽
4.これがりある Feat. 8utterfly
5.チャリで来た
6.タイムライン

こちらも絶賛レンタル中!

「DAYBREAK」




1.違い
2.#All_About_u Feat. KEN THE 390
3.ROCK THE PARTY
4.SAD BIRTHDAY Feat. 8utterfly
5.On and On
6.Dream In The Sky Feat. TOC

テーマ:

ワンマンライブから一夜明けて...



何から書けば良いか、とてもとても特別な1日になりました。
そんな言葉では表せないほどに。
まず来てくれたファンのみんな、音楽仲間、そして共演者のみなさん、本当に本当にありがとうございました!


{0B4EAA5E-8209-4F55-A0B1-578ADDE35AD9}


ライブ中にも話した通り、ラップを始めたばかりの頃の俺にとってはライブをすること自体が俺のNext Stage、アメリカでのライブがNext Stage、初めての主催イベントがNext Stage、初めてのスリーマンライブがNext Stage、初めての野外フェスがNext Stage、他にも常に次のステージへ挑戦してきた。
そして昨日の俺にとっては初めてのワンマンライブがNext Stageだった。

挑戦すること自体は、当然恐いし不安もある、そんな思いをするくらいなら挑戦なんかせずに、今のまま現状維持の方が当然楽だ。
 

 

 

それでも挑戦し続けられるのは、今よりももっと大きな世界を見たいから。

そして前回のブログに書いた通り実際に会いに来て目の前で直接俺を見て声を出して応援してくれる人がいるから。
応援してくれているから挑戦し続けられるんだけど、逆を言えば俺が挑戦し続けるから応援してもらえるのかな。
でも昨日でわかったこと、これは俺一人の挑戦じゃない。

俺と応援してくれているみんなの挑戦なんだって。


 

 

正直、昨日のワンマンは不安もあった。
「実際みんな見に来てくれるのかな?」「本当にワンマンに来てくれる人はどれくらいいるのかな?」って。

「SLOTHなら余裕でしょ」「スロたんなら大丈夫でしょ、頑張って!」と言われる度にのしかかるプレッシャーと結果を出さなきゃというストレス。
 

でも、ダレニモイエナイのイントロが流れてステージに出て、VUENOSフロアを埋め尽くしてくれたみんなの姿を見た瞬間、そんな思いは全て吹き飛んだ。
そこからはアンコール終了まであっという間の二時間!
そしてライブが終了して控え室に戻った時に、もう一つわかったことがある。



ファンのみんな、見に来てくれる人が多いに越したことはない、当然これからもたくさんの人が見に来てくれるように頑張るよ。

だけど、本当に大事なことはそこじゃないんだって。
たくさんの人に応援してもらえるように、たくさんの人に届くように歌うよりも、強く強く強く応援してもらえるように、強く強く強くその人の元に届くように歌い続けることが一番大事なんだ。
俺をきっかけに繋がってくれたファンの、チームのみんながいる。

一人で来てくれた人もいる、人生初めてのライブが俺のワンマンだった人もいる、遠くから飛行機や新幹線や車で時間をかけて来てくれた人がいる。

横断幕や立派なバルーンや花、自家製のステッカーや手紙、オリジナルのタトゥーシールや、俺のグッズを身にまとってくれた人、もちろんそうじゃなくても、目の前であの瞬間を共有出来たみんなに、これからも強く強く強く、もっと強い気持ちで応援してもらえるように。
 

俺も昨日以上の気持ちで歌い続けます。


{945368BA-13F1-4AD5-80BA-E78F8D4CF220}




そして「行けばよかった」「次は行く!」とい言ってくれていた人達!
もう"初ワンマン"は終わってしまったので次回は存在しません...
今度のライブは後悔しないように絶対来てね。最高の"初ワンマン"だったからね。


そして昨日のライブの内容に関しては、昨日までの持てる力は全て発揮出来たと思います!
当然「もっとこう出来たな」とか「こうすれば良かったかな?」とかは後から出てくるけど、持っていた力のベストは出せた!
リハーサルから細かいセッテイングまでDJ NOLI、DRUMMER SHARKの2人はお疲れ様でした!


{EB651925-7D8F-4E04-A39F-2270D3DD27C0}



そして共演してくれた君島かれんちゃん、EMIちゃん、亜野芽、8utterfly、芹野莉奈ちゃん、咲良ちゃん、有弥、アヤパン、シークレットゲストのKENさん、本当にありがとうございました!

 

 

とっても小さい、でも俺にとっては大事な大事な一歩を踏み出せた気がします。
そして、まだ始まったばかり。

ワンマンに来てくれた超スペシャル重大情報も近々発表していくので、お楽しみにね。



{73357555-67BB-4AC7-B9FE-666C668C4CA4}


 

 

#TEAM_SLOTH、#TEAM_スロたん、これからもいつまでだって歩き続けましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

{FD5EAA9D-3EA8-4CD5-AF98-C998856898D2}

 

 

『噂のSLOTH ダレニモイエナイ"初"ワンマンライブ』まで後2日...

久ーーーし振りにブログ更新してみる(かなーーーーーーーーーーーーり長いです)。
 

 

知らない人も多いと思うけど、俺は小・中・高とバスケをやってました。
小学校3年生までサッカーをやっていたんだけど、転校を期にサッカーをやめて始めたバスケ。
理由はシンプルで、転校先の小学校にはサッカーがうまい人がたくさんいて、バスケをしている同学年の生徒があまりいなかったから。

 

「サッカーで一番は無理そうだけど、バスケだったらいけるかも」そんな風に思ったのがきっかけだった。
そこからは寝てもバスケ、覚めてもバスケ、休み時間も放課後も、休日も友達誘ってバスケをするか、一緒にやる友達がいなかったら一人で無人のゴールにひたすらシュート打ち続けていた。
そのうち、通っていた小学校のバスケクラブでは満足出来なくなって、地元のミニバスのチームに入った。
ある程度実力は通用したけど、自分よりうまい同学年の生徒がいたことにワクワクしたこと、その年のクリスマスに親が赤×黒カラーのAIR JORDAN Ⅻを初めてのバッシュとして買ってくれたのを覚えている。
当時は現在のB.LEAGUEと呼ばれるプロバスケットリーグが日本にはなく、実業団のチームが行うJBLというリーグしかなかったのだが、その試合も観戦しに行って2mを超える選手を目の当たりにしたこと、そしてそのくらいの時期に、後の日本人初NBAプレーヤーになる田臥勇太選手の能代高校時代最後のウィンターカップの試合をテレビで見たことで、中学進学を目前にさらに俺のバスケに対する熱が上がっていた。

 

 

 

{92833B19-1537-4F1A-B3A1-BA562619E8B8}


 

 

ミニバスでの最後の大会、試合には出たものの相手チームにボコボコにされ、悔しい思いをしたまま地元の中学に進学。当然バスケ部に入部した。
中一の俺からしたらやけに大人に見えて、一生手が届かないんじゃないかくらいうまく思えていた3年生たちは、私学に大差を付けられて俺たち1年の入部後、早々と引退していった。
2年生に進級した夏、俺はバスケ部のキャプテンになった。その頃では同学年の中では"バスケと言ったら俺、俺と言ったらバスケ"くらいのイメージだったと思う(現に卒業アルバムの落書きにはほとんど「NBA行け」としか書かれていない)。
その頃も休日はバスケをしていたし部活の時間が待ちきれなかった。
深夜のBSやケーブルTVで放送していたNBAの試合は眠い目をこすってかじりついた。
かといって実際強豪チームだったか、勝利に導く選手だったかと言われればそんなことはなくて、都大会に出ることも出来ないまま3年生になり、中学最後の夏を終えた。

高校進学は「バスケの強い高校へ」という思いもあったけど、色々道を踏み外しまして(笑)
埼玉県の私学へ入学後バスケ部に入部するも1学期で自主退学、その後は渋谷にある単位制の高校に編入した。

編入先の単位制の高校は全日制の高校とは別の「定時制・単位制」高校の大会が夏と冬にあった。
もちろん全日制の高校よりは取り扱いは少ないが、定時制・単位制の大会でも全国大会に出れば小学生の頃から読んでいた憧れの雑誌、月刊バスケットボールに載る。
編入先の高校でもバスケ部に入部した俺は、そこで夏の全国大会を目指した(冬は東京都大会で終わりで全国がなかった)。
入部後1年、キャプテンになった俺、そしてそれからチームは夏・冬ともに東京都ベスト4以上の成績を残し続けた。私学大会でも優勝した。
でも、全国に行くには夏の大会優勝、もしくは準優勝が条件で、冬は2度準優勝出来たのに、夏だけはベスト4の壁を破れないまま涙をのんで引退した。

時系列が若干ズレるが、田臥勇太選手が日本人初のNBAプレーヤーになったのはその頃だったと思う。

俺はというと、アメリカはワシントン州の短大に進学、バスケは体育の授業や遊びでやる程度だったけど当然好きだったので、当時シアトルにあったNBAチーム・スーパーソニックスの試合をよく観戦に行っていた。中学から憧れていたコービー・ブライアントや、ダーク・ノヴィツキー、今ではNBAを代表するスター、ケビン・デュラントのルーキー時代の試合は今でも目に焼き付いている。

帰国後はみなさんご存知の通り、何がどうなったか長いこと音楽活動を続けて、いよいよ初めてのワンマンライブを明後日に控えている。

近年、バスケとは一切無縁の生活を送ってきた。
 

なのに。

 

今年、久し振りにネットでNBAを観戦し初めて小学生の頃の、中学生の頃の、涙を飲んだ高校時代の思いが再熱してきてしまった。
仲良くしてくれているDJ YU-KIくんやFUMI★YEAH!くんと話をしてクラブ仲間を集い、実際に久し振りにバスケをプレイしてさらに熱が上がってきた。
先日まで行われていた今年の高校バスケインターハイもネットで観戦して(便利な時代になり過ぎ)、失われた青春を今からでも取り戻したいくらいの気持ちになってしまったのだ。
 

そんな今、ふと思った。
俺が小さい頃、当時最強と謳われた能代工業で3年連続3冠を達成し、13年前に日本人初のNBAプレーヤーとなった、日本でバスケをしていたら知らない人はいない、あの田臥勇太選手は今どうしているのだろう、と。

 

 



全てのバスケットプレーヤーに夢を与えた田臥勇太選手は、36歳になった今でもB.LEAGUEの栃木ブレックスにて現役生活を送っている。

 

すごい。


そこでふと思った。見に行こうと。


能代時代、ブリガムヤング大学ハワイ校時代、マブスのサマーキャンプ、ナゲッツのプレシーズン、サンズでのデビュー戦、ネットでのニュースやテレビで放送していた試合は見ていたし、日本を代表する選手を、一人のバスケットファンとして当然応援していた。

でも、実際のプレーを生で見て、生の声で応援したことは一度もない。
今はSNSでも簡単にその活躍は見ることができる、気持ちの面では応援できる、選手のこと、チームのことを、ネットやテレビを通して思うことはできる。

でも本人たちにとって、本当に大切で、一番の力になることは、きっと実際に足を運んで、生の声で応援してくれて、その空間を一緒に共有してくれるファンや仲間なんじゃないだろうか。
そうすることでようやく本人たちに応援している気持ちが伝わるんだと思う。

 

小学生の頃から夢を見続けさせてくれている田臥勇太選手、36歳。
アスリートとして、当然若くないしいつ引退してしまうかもわからない。

足を運んで、たとえ本人に聞こえないとしても、実際に声を届けたいと思う。

そして。

ここまでくればもう何を言いたいかわかると思いますが。

俺は田臥勇太選手のような立派な人間じゃない、比べるのも当然おこがましい。
そんなことは自分でわかりきってるが、それでも精一杯の力を持って渋谷VUENOSでのワンマンライブに臨みます。

実際に足を運んで、生の声で、是非その空間を一緒に共有しに来てください。

 

 

{6AE87520-5CF9-40A9-B474-42E794BAA284}

 

 

 

 

 

ぺいす!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

オハヨウゴザイマス。

新年が明けて約3週間、正月になると...

「今年は勝負の年だ」

とか

「今年は発表出来ることがたくさんありそうです」

 

とか

 

「今年は飛躍の年になるので、みなさんお楽しみに」

 

って言う人多いよね。

毎年勝負して、毎年発表することがあって、毎年飛躍の年のSLOTHです。

昨年11月29日にTSUTAYAレンタル限定でリリースしたミニアルバム「噂のSTORY」!

そして全国のTSUTAYAさんで「噂のSTORY」が展開されている模様を写真におさめて、ツイートしてステッカーをもらっちゃおうという企画!

#噂のSTORY47 !



こちらのステッカーをお届けしますよー!

そして10店舗以上周ってくれた方にはポスターも!



そしてこの全国制覇の企画が残り3日!

1月22日まで!

そして残りが8県!

結構残ってる!(T_T)

富山県、福井県、奈良県、鳥取県、島根県、佐賀県、長崎県、宮崎県!

上記の地域のTSUTAYAさんでの「噂のSTORY」の写真!急募です!

47都道府県達成の為に!

よろしくお願いします!

 

そして前回のブログから今日までTwitterにあげてくれたみんなの写真を一気に公開します!

みんな本当にありがとう!

・北海道地方

北海道
ナツさん

苫小牧三光店

・東北地方

青森県
めぐみるさん

むつ店

cotanさん

南類家店

宮城県
みぃちゃん

多賀城市立図書館店

・中部地方

山梨県

аyª♡さん

昭和通り店

かぼちゃ。さん

南アルプス店

長野県
筒井成頼さん

座高寺店


駒ヶ根店


箕輪店

じょうめろさん

南松本店


箕輪店

りゅーせいさん

千曲屋代店

新潟県
葵さん

六日町南店


六日町店

maipiさん

上越ウィングマーケットセンター店


新潟中央インター店


三条大崎店


小針店


白根店


マーケットシティ白根店


燕三条店


県央店

関東地方

群馬県
little932さん

前橋片貝店


前橋荒巻店


前橋吉岡店

埼玉県
アリトゥーさん

川越モディ店


鶴ヶ島店

神奈川県
あさみさん

向ヶ丘遊園店

千葉県
輝愛@白猫、モンスト垢さん

富里新木戸店

東京都
アリトゥーさん

高田馬場店


新宿店


西葛西店

まなかさん

東武練馬店


たけぼうさん

三鷹北口店


国分寺店


立川南店


中目黒店


大崎駅前店

栃木県
やまちっちさん

小山店

・近畿地方

京都府
織姫さん

小倉店

じゅわっきー

松井山手駅前店

大阪府
SHOKIさん

梅田堂山店

・中国地方

岡山県
1410kottaさん

高谷店

山口県
ちゃぴ太郎さん

葵店

・四国地方


愛媛県
田尾 泰宗さん


新居浜店

徳島県
Miraiさん

石井店

・九州地方

福岡県
ちーのさん

チャチャタウン小倉店


徳力店


朝日ケ丘店


スピナ到津店


きふね店

アリトゥーさん

中間店

SM森崎しずくさん

中洲川端店

おかべくん

天神駅前福岡ビル店

鹿児島県
難波さん

鹿屋店

沖縄県
➳ yuu ☺︎♡さん

山内店

すがうぃさん


坂田北店

mOooさん

新都心店

山川ゆみかさん

伊祖店




感謝!

ぺいす!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。