昇天記 ~NAGISAの記録~

昇天記 ~NAGISAの記録~

責められの快楽にはまったオトコのつれづれ

 前回・・・3回に分けて書いた”中国S/Mエステ嬢"と並んで、今の私に最高の快感を与えてくれているのが、都内の某オナ〇ラ嬢であります。

 ずーっと入りたかった方ですが、非常に予約が取りにくい! 数年前に初めてお会いすることができ、期待に違わぬヘン〇イっぷりを見せつけられ、主従関係(笑)が完成された次第であります。

 

 え~とにかく彼女の場合、順序立ててプレイの様子を伝えるより、されたことを箇条書きにした方がいいかなという気がしています。なぜかというと、書いてるとプレイの時が思い起こされ、文章がまとまらなくなってしまうからなのです。

 中国の嬢は、内容は激しいのですが長年積み重ねた時間がありますので、何となくゆっくり思い起こしながら伝えることができます。しかしこちらの嬢の責めは、こちらを感情を激しく狂わせる何かがあるような気がしてならず、平常心を保てなくなってしまうのです。もうメッッッッッチャクチャに壊してもらいたい願望があふれ、それは彼女とのプレイを思い起こす際も同じ感情になってしまいます。

 

・お茶を口に含むよう言われ、それを飲んだり吐き出したりしてはいけないよう言われる

・口を手でふさがれ呼吸管理されつつ下を刺激される。声が出ると「いい声ハートと微笑む

・如意棒を上下にさすられながら

「出してもいいよ。でもね・・・出した後から私の楽しみは始まるの。ずーっと絞り取られるのハート

とのお言葉をいただく

・激しいフェイス/シッティングでの呼吸管理

・いろんな体勢でのナカユビによるA攻撃・・・これでかつて実験台になった時以来の快を味わった

・興奮して今までの性の体験を伝えた時の返しが最高

「正常/位で責めていてかなりアエがせていたが、下から乳/首をハゲしく舐め、吸われたら5秒程度でアップしてしまった」 → 「へえ~・・・面目まるつぶれだね(微笑)」

 

 とにかく「本気のエ〇」を感じさせてくれる凄みがあります。

 あとプレイの前後でのお話タイムで、彼女の性への好奇心、探求心ってすごいなと感じました(細かくは書けないけどね)。また話す口調がすごく丁寧なものだから、不思議な世界へ誘われるカンジ。

 私の持つ、並々ならぬ(と自負している)性への飽くなき探究心が、すっごく刺激される感じです。勝手に”同志”とお呼びしたくなります(笑)

 

 あ~次会えるのはいつだろう・・・・・

 私が今まで数多く受けてきたA責めの中でも、一番のラブを得られたのが、この嬢の責めだ。排泄感を催したことはなかったが、気持ちよさを感じるよりも異物感が気になって集中しきれないことがほとんどで、A+HJの攻撃を食らっていても、最後はほとんどHJのみにしてもらっている。

 しかしながらこの嬢に攻撃された時は、異物感がなく、さらには「あれ? 気持ちよくなってきたかも・・・」と思えるようなムズムズ感を感じることができるのだ。

 以前、実験台になったメス〇キ専門の嬢から受けた感覚とはまた違う・・・メ〇イキは「男性の快=ロケット」とは全く別の感覚だったが、この嬢のA責めは、どちらかというと男性の快に近いのかな、と思えた。激しい快ではなくふわふわとなる“心地よさ”と言う方が正確かもしれない。

 

嬢の中指が静かに体に埋め込まれていき、ゆっくりと、縦横無尽に体内を動き回る。だんだんと体がしびれ、触られている個所が熱くなるのが感じられる。

 

「う、う、うう・・・」

「いい?」

「や・・・やめないくれ!」

あまりの心地よさに自然と両手の指を咥えてしまう。

なんだ、これは・・・女の子の恥じらうようなポーズになってるじゃないか・・・(キモッ!)

でも体は止められない。この状態がずっと続けばいいと思い、思いっきり身を委ねる。目は天井を見つめるのみ。体の力が抜けていく。これが十分も続けば失・神してしまうのではないか、と本気で思った。

 

しかし・・・

 

「うつ伏せ!」

Sモードの嬢が降臨だ。

ここからはアメブロでは自粛

201939日にツイートした「図」を見てくださいな。

後ろから前から、表から裏から、Aと首へのW責めだ。

「ぐあああー! ぐっ・・げっ・・ぐ、ご・・・! おおおおーーーん!」

うめきと叫びだけがマンションの個室に響くのだった。

 

やがてうつ伏せのまま涙と涎にまみれ力なく横たわる私の後頭部をぐっと踏みつけた嬢は

「そのまま待つ!」

と言って台所へ。

 

「これ、飲んで」

私の体を抱きかかえて起こすと、冷たい麦茶の入ったコップを、そっと私の口にあてた。

そして嬢は添い・寝の体勢になるとり、私を抱きしめ、ぎゅっと自分の胸の中に私の顔をうずめてくれた。私はただ嬢に従うだけの動物のごとく、嬢を抱きしめ、胸に顔をうずめむせび泣くばかり・・・たまらなくなってソフト唇を何十回も嬢の口に・・・嬢は抗うことなくわがままな小動物を受け入れてくれた。

 

この状態が10分ほど経ったろうか。嬢はゆっくりと起き上がると私の両足の間にすわり、ローションをわが如意棒にたらすと、ゆっくりと、ゆっくりと上下に動かし始めた。

その動きは決して早くならない、一定のペースで、あくまでゆっくりとだ。

早く動かしてもっと快を与えてほしい、止めを刺してもらいたい。でもこのこみあげてくる快の波を終わらせないでほしい、そして・・・愛おしい! いろんな気持ちがごちゃ混ぜの状態で嬢の名前を呼び続ける、目をしっかり見つめながら・・・

「××(嬢の名前)! ××!」

「はい」

嬢はにっこりしながら一言だけ返す。やはりこちらをしっかり見てくれている。

 

やがて、終わりの時がきた。

「ダメだ! で、出る・・・!」

 

すると嬢はすっくと立つと、私の顔の上を後ろ向きにまたぎ、そのむっちりと魅力的なHIPを顔に向けた形で、どっしりと座った。

 

そしてA+上下のストローク・・・その動きがだんだん早くなっていく。

 

「!!!!!!!ーーーーー!」

 

そのままであれば絶対に隣の部屋にまで聞こえていたであろう、最後の絶叫は嬢のHIPに全て吸収された。

 

しばらく動けなくなった私に、嬢は頭と足のマッサージをしてくれた。

ほんの15分くらいであったが、速攻で寝落ちしてしまった・・・

 

シャワー後は嬢の体拭きサポート、着衣サポート、お茶、と来て最後は帰りのソフト唇とハグ。もちろん、いつもの

「今日も気持ちよかったよ、ありがとう」

のお礼は忘れずに。心の底から、自然と出る言葉だ。

この言葉が素直に言える限り、まだまだ通い続けます!

 マットにうつ伏せに寝かされ、ズボンとパンツ、そしてシャツまでもが途中まで脱がされ、尻と背中の一部がむき出しの状態だ。

ああ…今回も来る…

まずはむき出しの尻をめがけてベルトを一振りだ。

ピシッ! と結構大きな音が鳴る

 

「ぐぉぉぉー!」

「どう? 気持ちいいの?」

 

言い終わるか終わらないかのうちにまたピシッと、今度は背中だ。

「ぐあぁぁぁぁー!」

尻→背中→尻→背中と交互にベルトが振り下ろされる。

「あ! あ! ああああー! い、痛い!」

 

うつ伏せになっている私の後頭部を片足で踏みつけ、動けない状態にして尻への連続殴打。

「あ! あ! お、お許しください!」

まさか・・・モロにプレイ的な言葉が出るとは自分でも驚いた。

そうするとベルト打ちは止まった。ああ、これで少し休める・・・

と、思ったのも束の間、今度はベルトをうつ伏せの私の首に巻き付け、グイと上に引き上げたのだ。プロレスのキャメルクラッチ状態(わかるかな?)にされた私は抵抗するも口から洩れるのは涎とうめき声のみ。

「お、う、お・・・」

やがて泡を吹く形でダラダラとマットに涎がたれ始めたのを見た嬢は、やっと手を放す。

そのまま力なくマットに突っ伏す私

 

OH~! 痛かったぁ~? カワイソ~ ゴメンネ~」

うつ伏せだった私の体を少し起こしたかと思うと優しく抱きしめてくれる。

私はただただ息も絶え絶えに、嬢の胸に顔をうずめるばかり。

しかし・・・

 

嬢は、ゆっくりと私のシャツとズボンを外して下着1枚にすると、急に鋭い目つきに代わり、いきなりマットに突き放す。

そして今度は仰向けの体をめがけて・・・ビシッ! ビシッ! とベルト連打!

 

「あ! あん! あん! あ、ぐ、ぐあ! ぐあ!」

 振り下ろされるベルトに合わせるように痙攣する体・・・

これを5分ほど続けると、また優しく語り掛け、抱きしめる。

「好き、好き、もっと強く抱いて!」と鳴き声で話すNAGISA

嗚呼、これが「下僕化」していく過程なのか・・・絵に描いたようでオソロシー!!!

 

そうしてやっとベルト打ち地獄から解放されると、次に目にしたものは、おもむろに指サックを取り出す嬢の姿。

 

前立腺責めだ・・・

 

(つづく)

私がもう何年もお世話になっている中国エステ嬢・・・

 

ツイッターには何度かあげたが、今や「SM中国エステ嬢」としてNAGISAの中では確固たる地位を築いていらっしゃるお方なのである。

 

 この嬢に入ったきっかけは、(よくあることだが)突然いなくなってしまったオキニの嬢になんとなく写真の感じが似ていたから、というだけ。当然、違う人だろうと思って予約の電話を入れると

「あれ? 〇〇ちゃんに昔のお店で入ったことある?」

「い、いえ、初めてですが・・・どこかにいたんですか?」

「川崎にいたって聞いたけどね~」

などという会話になり、もしかしてもしかして・・・と思いながら指定されたマンションの部屋に行き、ドアが開くと・・・はい、別人でした。

しかしこの嬢、最初からにこやかでいろいろと話しかけてきて、NAGISA的には既にこの時点で大当たりだったのであります。

↓↓↓↓

★気さくに笑顔で話しかけてくれる+施術イマイチ>>>>>仏頂面+素晴らしい技術

 

 そして! 今思えばこの瞬間に性的主従関係ができたのだと思われるのですが・・・私がシャツを脱ぐか脱がないか、首の下までたくし上げた状態の時に、いきなりCKBを「パクッ」とくわえ、おもいっきり舐めまわしてきたのでありました。

 

「あ・・ふぅ・・んん・・」

と情けない声とともに膝がガクッと崩れてしまったわけで・・・

それをちょっと驚いた顔で支える嬢の微笑

(ふ・・・こいつMだな)

って絶対思われたと思うんだよね~~

ま、ここから長い年月をかけて段々とプレイがランクアップしていくのでありました。

ここまで平気かな? あ、平気だ、じゃこれは? みたいなことが毎回毎回あるんですわ。

 

で、今回!

 

 たっぷり150分で予約しました。それでも20K程度なのだから良心的。それもこれから展開される数々の「基本プレイ」が入っていることを思えば・・・

 

「おー久しぶりネ~ 会いたかったぁ~」

と、まずはハグから。

元気だった? 元気だよ、といつもの挨拶を交わし、上着を脱ぐ。

上はシャツ1枚、下はズボン。

 

はい、まずはここまでなんですね。なぜってこれからゆっくりと痛ぶられながら脱がされるからニヤリ

 

嬢は私をリクライニングシートに座らせ、足をゆっくり開かせる。

そして微笑みながら私の前にひざまずく。

シャツの下から手を入れ、CKBを片方ずつ、ゆっくりと撫でる。

「う・・ふぅ・・・」

私の口から吐息がもれると、すぐにつまんだり、フェザータッチに切り替えたり、ゆっくりじらすように触り続ける。

 

次に股間をズボンの上からゆっくり撫でまわす。

サワサワサワサワ・・・

「う、う、ふぅ・・・」

私の吐息を聞くと、さらにニコッと笑い、ズボンを膝の少し下まで下げ、

下着の上からいきり立ったモノをゆっくりさする。

(早く脱がしてほしい・・・!)

嬢はそんな気持ちを見透かすように、下着から少しだけ如意棒を取り出し、亀への集中攻撃を始める。

 

爪の先を頂点からカリに至るまでフェザータッチ

 

指の腹で裏筋を上下にさする

 

両手の人差し指をかぎ型にし(近位指節関節というんだそうだが)第2関節の堅い所でカリの下の溝の部分をこする。ちょっとわかりにくいかもしれないが、これはなかなかの刺激であった。

 

これだけを繰り返し、繰り返し15分ほど続けられる。

 

たまらなくなってきたところで・・・本当に絶妙なタイミングでガバッと私に覆いかぶさり、耳から喉にかけてキス。

私はたまらず嬢の桃尻をグッとつかむ。

すると嬢は喉にガブっと噛みつく。

「あ、ああ・・・い、痛い・・・!」

その声を聞くと嬢はフフッと声を出して笑い、さらに何度も何度も喉に噛みつく。

 

そしてすっと顔を上げ、私の顔を見るやいなや、左手を喉笛にグッとめり込ませる。

ウッと息が詰まるが、すぐに押し込んでいた手を少しだけ引き、今度は頸動脈を絞め始めるのだ・・・

その時の目は、最初の挨拶をした時の笑顔とは正反対の、大きく見開いた目・・・その目でグッと私をにらみつけ、首を絞め続ける。

 

苦しさに負け、泡を吹き始めてしまう。ダラダラと口の脇をつたい、嬢の手を濡らしてしまうが、嬢に気にするそぶりは見られない。

痛い、苦しい、手足がしびれてきた・・・ここで嬢はパッと手を放す。そしてまた微笑。

 

「こっちに寝る!」

口調が強くなった。いよいよ始まるのだ・・・

服を着た状態・・・正しくはズボンと下着が少し降ろされた状態のまま、マットに寝かされる。

そして嬢は私のズボンからベルトを抜き取った

(つづく)

 エステに行くことがある、といっても私の場合はもっぱら最後までアリ、いわゆる精の放出までを望んでいるため、基本「アリ」の店しかいかない。

健全店に入った場合はもちろんその店のルールに従う。その上でモンモンとしたまま、オナクラとかアリ店に行って思いっきり欲求を満たす。アラフィフになり、経験値が増えるにつれ、単なる放出では飽き足らず、そこに行きつくまでの過程に変態性を求める度合いは増していくばかり。

 

 最近のメンズエステの嬢の方々はセクシーな衣装で、鼠径部など「その気にさせる」ようなマッサが入ることが多そうに思えるが、私の中では「そうなったら最後の一押し=放出」がないと満たされないままじゃないの?という思いがいっぱいで、そこに2万近くの大金を払う気が起きない、というのが正直なところだ。ただ・・・ただね、挨拶、会話、マッサージ、終わった後の会話、それぞれの時間すべてにエロを感じさせてくれた上で「脳内イキ」に導いてくれる嬢がいるんじゃないかと思うことがある。

 思い起こしてみると、韓国エステでホットタオルを全身にかけてもらったり頭のマッサージをしてもらったりしている最中は「ホントにこのまま終わってもいいや」と思うことがあったし、店じゃなくても、つきあっていた女性とBを延々していて、それだけで満足したこともある。

 

 今のところ、店に行くのは「ほぼS女王」な中国エステ嬢と、責めのビーナスと呼ぶにふさわしい都内のオナクラ嬢、この二人に決めている。それは「思いっきり変態になれる」「イキ顔を見せられる、見てほしいと思う」人で、プレイが済んだ後にまったく後悔の念、いわゆる賢者タイムに生ずる「あ~あ、何やってんだオレ」な思いが一瞬も発生しないからだ。そして二人に共通するのはプレイ時間の前後の会話がはずむという点だ。言ってみれば会った瞬間からプレイは始まっており、笑顔でバイバイをするまで含めてプレイ時間だ。

 この条件が合えば放出はあくまでオマケ、むしろ中途半端な放出より遥かに満足できるんじゃないか? だって映画や芝居、気の置けない仲間と飲む酒、みんな相応に金を払うけど、ぜんぜん惜しくないじゃないか! 前に書いたけど、涙が出てしまうことがあるのって、決して気持ちよく放出したからではないのだ。

 そして最近、もしかしたらそんな「すごく満たされた時間」をくれるのではないかと思わせる、気になるセラピストがいるのだ。その人のSNSを読むと、客とのコミュニケーションの取り方に対する思いが自分の理想とする形にピッタリ当てはまるのだ。「SEXはコミュニケーション」じゃなくて「コミュニケーションはSEX」って思っていること、エロい気持ちの大切さを公言していること・・・もちろん実際のところは肌を合わせてみないと分からないのは当たり前だが、自分のカンを信じてもいいかなぁと、そっちの方でモンモンとしている・・・