副業ネットビジネスで自由を手にする方法論

副業ネットビジネスで自由を手にする方法論

社畜生活からネットビジネスで自由になった男が「新しい働き方」についての「コツのコツ」を語っていきます(^^)


テーマ:

 

 

カズです。

 

 

先日、福岡のコンサル生2名と

対面コンサル(勉強会)をやってきました。

 

当日は、ブログ構築~収益化の

仕組みまで、セミナー形式でコンサル。

 

で、どちらもアフィリ初心者でしたが、

その中で上がった質問の一つが

 

「アフィリエイトで紹介する商品をどう選べば良いのか?」

 

というもの。

 

これはコンサル生だけでなく、

アフィリエイトを始めたばかりの人から

僕がメールで受ける質問として非常に多いです。

 

「どういう商品を紹介すれば良いかわからない」

「何が自分に一番合ったジャンルかわからない」

 

という、ジャンル選択、

商品選択の悩みですね。

 

なお、このジャンル選びは”超重要”です。

 

何故なら「何を売るか?」で、

発信する情報の方向性が決まるからです。

 

ということで、今回は

アフィリ初心者向けに

 

「アフィリ商品(ジャンル)選択のコツ」

 

をレクチャーしようと思います。

 

もちろん、アフィリだけで無く、

自分の商品(コンテンツ)を売る時も

参考に出来る部分はあると思います。

 

 

 

 

1.商品選択は「好きなこと」「興味があること」が大事

何を基準にしてアフィリする

商品を決めれば良いかですが

 

最初のポイントは

 

①興味があること

②好き/得意なこと

 

この、いずれかに当てはまるか?

を、考えて決めていくと良いです。

 

何故なら、興味が無いとか

嫌い、不得意なジャンルを扱うと

 

「ほぼ確実に途中で挫折してしまう」からです。

 

そもそも、売る商品に関する

情報発信をしていくわけなので

当然、記事を更新していくことになります。

 

その時に、全く興味も無いジャンルを

選んでしまうと、最初は良いかもしれませんが

 

だんだんと記事を書くこと自体が苦痛になりますし、

興味も無いので、熱の入った記事も書けなくなります。

 

そうなると記事の中身も薄くなり、

コンテンツの質の低下にも繋がります。

 

・・・で、質の低いコンテンツに

人は集まってこなくなりますので

 

結果的に「商品も売れない」悪循環に繋がりやすいのです。

 

 

逆に自分の興味のあること、

好き、得意なことを選んでいけば

 

発信する情報にも熱が入りますし、

今後、ネタが無くなったとしても

勉強して知識を蓄えやすいです。

 

まとめると

 

①興味があること

最初は知識が無くても、やる気も出しやすく

積極的に知識を蓄えてネタも見つけていきやすい。

 

②好き/得意なこと

最初の段階で、ある程度知識もあり

得意な内容なのでネタも浮かびやすく記事も書きやすい。

 

このように、あなたの「好き」を

基準にしてジャンル選択することで

長い目で見ても、やる気を維持しやすいわけです。

 

なので、ジャンル選びの

最初のポイントとしては

 

「自分が興味ある、得意、好きなこと」

 

を軸にした情報発信、

ジャンルを選ぶようにしましょう。

 

 

2.選択したジャンルが収益化出来るかも重要

商品(ジャンル)選択の

次のポイントとしては

 

「選んだ商品(ジャンル)が、しっかりと収益化出来るか?」

 

ということも重要な部分です。

 

収益化に拘らないような

趣味ブログであれば問題無いですが

 

ビジネスで情報発信するなら収益化は必須。

 

利益を出せないような

商品を扱ってしまった場合、

 

「発信する情報は質が高いのに売れない」

 

という悲しい結果になってしまいます。

 

そのため、自分の好きなことを

選ぶことが重要なのですが、

 

もしそれが、収益化出来ない、

収益化し難いジャンルであれば

もう一度ジャンルを見直した方が良いです。

 

 

なお、選択したジャンルが

収益化しやすいかどうかは

 

「ASPで扱われているジャンルなのか」

「ASPでその該当ジャンルの商品数が多いかどうか」

 

が、一番簡単な

判断基準になります。

 

(※ASP=アフィリエイト商品を扱う卸会社のようなもの)

 

ASPに登録されてないジャンルや、

登録されていても、扱う商品数が少ないと

 

・そのジャンルの需要が無い

・市場規模が小さく狭い

 

ということの証明になるからです。

 

例えば、少し前に

超能力開発のブログを

始めようとしたコンサル生がいました。

 

ですが、その時は

超能力開発系の教材を扱う

ASPはありませんでした。

 

つまり「売る商品が無い」わけです。

 

(Googleアドセンスもありますが、

あくまで商品販売を目的にしてました)

 

これでは収益化ポイントが無いため

単なる「趣味ブログ」になってしまいます。

 

だから、好きで選んだジャンルでも、

そこから「収益化出来るのか?」

しっかりと考えておく必要があるわけです。

 

 

3.【奥の手】コンプレックス系ジャンルを狙ってみるべし!

以上のように、

 

①興味あることや好きなことを選択し

②そのジャンルの商品が売れるのか?

 

この2つをクリア出来れば

消費者需要も高く、商品も売れる

ジャンルを見つけていけるでしょう。

 

ただし、中には

 

「好きなことも得意なジャンルも無いし、

そもそも情報発信していきたいことも無い」

 

という人もいるかと思います。

 

もちろん、基本的には

自分でやりたいジャンルを見つけ

情報発信していくことがベストです。

 

記事を書いていくのは「嫌い」より

「好き」でやる方が絶対に続きますからね(^^;)

 

ただ、それでも

 

「どうしてもやりたいジャンルが見つからない」

 

という人向けに個人的に

オススメのアフィリジャンルを紹介しておきます。

 

 

それは「コンプレックス」「欲望」を扱ったジャンルです。

 

 

この2つのジャンル例としては

 

「コンプレックス」=「ダイエット」「薄毛改善」

「欲望」=「お金稼ぎ」「恋愛」

 

上記のようなもの。

 

要は、人間が持っている

 

「コンプレックスや欲望を解消する商品」

 

を、取り扱うことで

収益化しやすくなります。

 

 

例えば

 

 

「ダイエットに失敗続き」=「ダイエットの成功法を知りたい」「ダイエット商品を紹介する」

 

「薄毛が進行している」=「薄毛を改善法が知りたい」「育毛商品を紹介する」

 

「お金が全然稼げない」=「お金を稼ぐやり方を知りたい」「お金稼ぎの方法を紹介する」

 

「異性に全くモテない」=「異性にモテるテクニックが欲しい」「恋愛テクニックを身に着ける商品を紹介する」

 

 

上記のような、

 

人が持ってるコンプレックス(悩み)を

解消する商品を扱っていけば良いわけです。

 

 

ですので、好きなことや

得意なことが見つからない人は

 

「コンプレックスを解消する商品(ジャンル)」

 

を扱ってみると良いと思います。

 

もちろん、それが

自分の興味あることや

好きなことであれば

 

・続けやすい

・収益化しやすい

 

ジャンルになるので、

そういうジャンルであれば

是非とも情報発信すべきですね(^^)

 

 

ということで

アフィリ商品(ジャンル)を

選択する際に気をつけるべきは

 

①興味あることや好きなことを選択し

②そのジャンルの商品が売れるのか?

③コンプレックス系のジャンルを選ぶこと

 

の3要素を満たすことです。

 

そうすることで

 

・長期運営

・収益化

 

の、どちらも満たしやすい

息の長いビジネス展開が出来ますよ(^^)

 

今回はココまで!

 

カズでした。


テーマ:

 

カズです。

 

今回は「3つのNOT」について。

 

僕のコンサル生の中では

コンサル開始段階の人に多いのですが

 

「せっかく書いた記事が読まれない」

「アクセスが来ても、すぐにブログから離脱される」

 

という相談を受けることがあります。

 

ただ、この”記事が読まれない”という

悩みはブログ書いてる人なら誰もが通る悩みです。

 

「え?読まれないならブログ書いても意味なくない?」

 

そう思う人もいるかもしれません。

 

ですが、大事なのは

「何故読まれないのか?」を知っておくことです。

 

そうすれば、

 

「何をどうやって記事を書けば読まれるようになるのか?」

 

が、見えてきますからね(^^)

 

今回の「3つのNOT」を学ぶことで

コピーライティング力強化に役立ちます。

 

ですので、ブログ実践初期の初心者さんも、

記事書くけど反応が取れない中堅者以上の方も

 

・アクセスを取りたい

・読者さんの反応率を上げたい

・ブログ回遊率を上げていきたい

 

という全ての方へ

今回の記事がお役に立てば嬉しいです(^^)

 

 

 

 

1.「3つのNOT」の高い壁

3つのNOTとは

 

・NOT READ(読まない)

・NOT BELIEVE(信じない)

・NOT ACT(行動しない)

 

という、人が広告や文章を見た時に

感じる「人間心理の三原則」のことです。

 

これを記事に当てはめると

 

・人は記事を読まない

・人は記事の内容を信じない

・人は記事内容を信じても行動しない

 

ということになります。

 

簡単に言うと

 

「あなたの記事は全く価値が無いですよ」

 

と言われてるようなものですね(^^;)

 

ですが、この反応が、記事を読んだ時に

読者さんが感じる「率直な心理現象」なのです。

 

 

では、それぞれの

NOTについて解説していきますね。

 

■NOT READ(読まない)

 

人間は仕事やプライベートなど、

1日の内で色々なことに時間を割きます。

 

とにかく忙しいのです。

 

自分を例にするとわかると思いますが、

誰かのブログを見る時ってどんな時でしょうか?

 

仕事で見るなら別ですが、

普通はヒマつぶしが多いので

 

・通勤電車など移動時間

・用事の合間のスキマ時間

 

など、空いた時間に

サラリと見るぐらいですよね?

 

だから、記事を見ている時も

一文字一文字をじっくり見ないし、

 

余程面白いとか興味を惹く内容じゃないと、流し読み(数秒)で終わります。

 

記事を書く側からすると

 

「これだけ一生懸命書けば読まれるだろう」

 

と思いがちですが、

実際は、ほぼ読まれません。

 

ですから基本的に

「記事は読まれないもの」

と思っておく必要があります。

 

 

■NOT BELIEVE(信じない)

 

誰しもそうですが、人間は

基本的に他人を信用しません。

 

自分の意見や考えが正しいと思っています。

 

何故なら、その自分の意見や

考えを基にして今まで生きてこれた(と思ってる)からです。

 

だから、他人の意見は、潜在的に

「自分の生活や生命を脅かすもの」を

思ってしまうため、簡単に信用しないのです。

 

記事で当てはめると

最初のNOT READを超えた後、

 

「その記事に書いてあることが信憑性があり、信用に値するものか?」

 

が、読者のNOT BELIEVEを

覆せるかどうかにかかってきます。

 

 

■NOT ACT(行動しない)

 

仮に何かを信用したとしても、

そこから人は行動に移しません。

 

何故なら、行動するにはエネルギーが必要だからです。

 

特に何か新しいことをするには

今まで以上のエネルギーを使います。

 

そして、人間は無意識の内に

今まで通りの生活を繰り返そうとします。

 

何故なら、今の行動のままで

生活出来ている(生命を維持出来ている)からです。

 

逆に新しいことに挑戦した結果、

思わぬトラブルに会い「命を落とす」かもしれません。

 

ですので、基本的に

人は「行動しない生き物」なのですね。

 

ネットビジネスで言うと

アフィリ商品の紹介だったり、

自分の商品販売などお客さんに

 

「行動」=「商品購入」

 

してもらうためのセールス部分になります。

 

 

以上のように、

人間心理として

 

・NOT READ(読まない)

・NOT BELIEVE(信じない)

・NOT ACT(行動しない)

 

という「3つのNOT」が存在する以上、

 

「基本的にあなたの記事は読まれないし、信用されないし、行動も起こしてもらえない」

 

そう知っておくべきなのです。

 

 

2.「3つのNOT」の壁を超える方法

では、どうやれば

この「3つのNOT」の壁を越え、

あなたの記事を読者さんに

 

・読んでもらい、

・信用してもらい、

・行動を起こしてもらう

 

ことが出来るのでしょうか?

 

それでは以下で、

 

「3つのNOTの壁の乗り越え方」

 

を解説していきたいと思います。

 

 

■NOT READ(読まない)の壁の超え方

 

人に読まれないというのは

記事を見た時に、一言で言うと

 

「パッと見た時に印象に残らない、読んでみたいと思えない」

 

ということが原因です。

 

ですので、とにかく最初に

「この記事を読んでみようかな」

という興味付けや関心を惹く必要があります。

 

そのためには

 

・記事タイトル

・冒頭の書き出し

・メールのタイトル

 

などの、最初の見出しを工夫し

読者の興味を惹き付けるようにしていく。

 

例えば、「お金を稼いだ」

という内容の記事を書くとして、

 

「ネットビジネスでお金を稼いだ方法」

「ネットビジネスで10日で5万円稼いだ方法」

 

どちらのタイトルの方が

読者反応が高いかを考えていく。

 

(この場合、具体性を持っている後者の方が反応しやすいです)

 

とにかく記事を見てもらわないと

その後の信用や行動に結びつきません。

 

だからこそ、興味関心を引き寄せる

「キャッチコピー」を意識したタイトル、

記事内容作りを心がけていくことがポイントです。

 

 

■NOT BELIEVE(信じない)の壁の超え方

 

読まれないの壁を越えて

記事が読まれたとしても

 

「記事内容そのものが信用できないもの」

 

だとしたら、どれだけ

アクセスが多くても意味がありません。

 

ですので、記事の中で

あなたの主張を伝えつつ

読者さんの信用と共感を得る必要が出てきます。

 

 

そのために意識することは

 

「なぜ・どうして?」

「証拠の積み上げ」

 

この2つを徹底することです。

 

例えばアフィリエイトの

情報発信をする場合は

 

「何故、アフィリエイトが稼げるのか?」(←なぜ・どうして?)

 

→アフィリエイトなら在庫を持つ必要が無く、

自分で商品を持たずに他人の商品を紹介するだけ。

1000円程度から始められる資金リスクも低いビジネスだから(←証拠の積み上げ)

 

このように、文章の中で

「なぜ・どうして」と、それに対する

「証拠の積み上げ」を繰り返して

 

「あなたの主張に一貫性を持たせ、読み手を納得させていく」

 

ことを心がけていくことです。

 

そうやって、あなたの主張の

根拠な何なのか?を明確化し

何度も伝えることで、信用を積み上げていけます。

 

 

■NOT ACT(行動しない)の壁の超え方

 

読まない、信じないの壁を

超えた後は、お客さんに実際に

 

「商品購入という行動」を起こしてもらう必要があります。

 

どんなに読まない、信じないの壁を

超えさせることが出来たとしても、

商品が売れなければビジネスとしては失敗です。

 

 

そこで(半ば強制的にでも)

お客さんに行動を起こしてもらうためには

 

・行動しない理由をつぶし

・今行動しなければいけない理由

 

を、しっかりと伝えていくことが重要です。

 

人間は「現状維持」を好みますので、

行動しない理由を1つずつつぶして、

 

「今すぐ行動しないと損をする、手遅れだ」

 

と、お客さん自らに感じてもらうようにしていくわけです。

 

具体的な方法としては

 

・限定性

・希少性

・緊急性

 

などを使って

「失う恐怖」を持たせることです。

 

例えば

 

「限定〇〇個」

「先着〇〇名様のみ」

「あと〇日で販売終了です」

 

というように、今この機会を逃すと

次は商品を手に出来ないかも、と思ってもらうこと。

 

そうすることで

 

「将来的に商品を手に出来ない状況への恐怖感」

 

を強めていくわけですね。

 

もちろん限定と言っておきながら

延々と販売するのは論外ですし、

それをすると却って信用を無くします。

 

なので、売上目的で

乱用するのは論外ですが、

 

行動しないといけない理由を強めることは

結果的に商品成約に結びつけやすいやり方となります。

 

いずれにしても、

 

・行動しない理由をつぶし

・今行動しなければいけない理由

 

を伝えていくことで、

行動しない壁を乗り越えていくことが出来ます。

 

 

3.始めから質の高い記事を書こうとしちゃダメです

ブログにアクセスを集め、
読者反応の高い記事にしていくには
 
ここまで話したように
人間の中に潜在的にある
 

・NOT READ(読まない)

・NOT BELIEVE(信じない)

・NOT ACT(行動しない)

 

この「3つのNOT」の壁を

乗り越えることが必要になってきます。

 

 

なお、ここからお伝えすることは

特にブログ開設したばかりの方に

知っておいて欲しいことになります。

 

それは

 

「ブログ始めでコンテンツ数が無い時期は

”3つのNOTに関係無く”記事は読まれない」

 

ということです。

 

 

僕はコンサル生にアフィリエイトや

商品販売のレクチャーもしてますが

 

どんなジャンルの商品を

アフィリ、売るにしても最初は

 

①ブログ開設

②コンテンツ(記事)投稿

 

この2つは必須です。

 

実店舗で例えると

 

「コンテンツ」=「商品数」のようなもの。

 

品ぞろえの悪い店に

人が集まらないのと同じように、

 

コンテンツが無いスカスカのブログには、

内容以前にアクセスは集まらないのです。

 

そんな状態でアフィリしても

集まる人がいないので商品も売れません。

 

だからこそ、最初は仕組み作りとして

とにかくコンテンツ(記事)数を揃えていくのです。

 

なので、コンテンツが「0」の

段階では、3つのNOTを意識するよりは

 

「とにかく記事を書いていくこと」

 

を意識して、記事投稿していきましょう。

 

もちろん、3つのNOTを意識して

記事を書けるのであればその方が良いです。

 

ただしその場合、

読者反応を引き出すために

構成をしっかり考えつつ

記事を書く必要が出てきます。

 

でも、今まで記事を

書いたことが無い人が

 

3つのNOTを意識しながら

記事を書くのは、かなり難しいです。

 

最悪、構成を考えすぎて

 

・煮詰まって全く記事が書けない

・書けても1記事に数日以上時間がかかる

 

ということもあります。

 

でも、そんなスピードだと

コンテンツが溜まるのも遅くなり、

結果的に収益化まで時間もかかってしまう。

 

だからこそ、質の高い記事を書くためにも

「まずは記事を書くこと自体に慣れること」が大切です。

 

まずは質より量をこなすことで

どんどん記事の精度を上げるべきなのです。

 

どうせ最初はどんなに

質の高い記事を書いても

 

アクセスも集まらないし、

誰もあなたのブログの存在も知りません。

 

初期段階でアクセスが集まらないのは「当然」なのですね。

 

だから3つのNOTについて

意識して記事を書くのは良いですが

 

「あまりにも意識しすぎてしまうと、かえって記事を書けなくなる可能性がある」

 

ということは肝に命じておきましょう。

 

仮に最初に書いた記事が

質が低く気にくわない場合も

後でリライトしていけばOKなので。

 

 

まとめると

 

=================

①最初は「質より量」で記事を書いていく

            ↓

②量勝負でとにかくコンテンツ数を揃える

            ↓

③3つのNOTを意識した記事作成

(既存記事も修正や書き直しをしていく)

=================

 

上記の流れでコンテンツを

揃えていけば記事作成も進みつつ

既存コンテンツも無駄にせず活用出来ます(^^)

 

 

是非参考にしてくださいね^^

 

今回はココまで!

 

カズでした。


テーマ:

 

 

カズです。

 

 

どのようなビジネスであれ、

長期的に安定して稼ぎ続けられること

息の長いビジネス展開には不可欠です。

 

せっかく起業したのに

 

「赤字続き、収入ゼロで廃業した」

 

では悲しいですよね(><)

 

 

・・・で、今回は起業して

すぐに廃業とならないよう、

 

「長期間、安定して続けられるビジネスをどうやって見つけていくか?」

 

について

 

「フロービジネスとストックビジネス」

 

の観点から解説していきます。

 

この

 

・フロービジネス

・ストックビジネス

 

両者の違いを押さえることで

何が長期的に続くビジネスかが

わかるようになるはずです。

 

なので、今回の内容を参考にして、

ご自身に合ったビジネスを見つける

一つのキッカケにしていただければ幸いです(^^)

 

 

 

 

 

1.フロービジネスのメリットとデメリット

まずフロービジネスについて。

 

フロービジネスのフローとは

英語の「flow」(流れ)が語源になっていて

 

「1回1回の取引で終了する」単発型のビジネスになります。

 

 

■フロービジネスのメリット

 

・比較的早い段階から売上を上げやすい

・キャッシュフローが良い(現金化が早い)

 

 

会員を募集したりお客さんと契約を結ばず

商品単位(現物)取引で収入が発生するので

売る商品さえあれば、すぐにビジネスを始められます。

 

なので、初期段階から収益を上げることも可能。

 

また、現金やりとりがメインになるので、

開業してすぐでも、運転資金を充当しながら

ビジネス展開していくことも出来ます。

 

 

■フロービジネスのデメリット

 

・継続的な収入が得られにくい

・販売を止めた途端に収入が減る

・周りの環境によって売上が影響されやすい

 

 

基本的に商品を売ったら、

その1度限りで取引が終わるので

同じお客さんから継続的な利益が得られにくいです。

 

(お店によっては、顧客が付くケースもありますが、

契約を交わしてないので、継続的な利益が得られる保証はありません。)

 

また、単発の売上なので

常に新規顧客を開拓する必要があり、

商品も常に提供し続けないといけません。

 

そのため、販売を止めた瞬間に

売上が目減りしたり、無くなってしまいます。

 

また、商品ベースの取引であり、

継続的な顧客もつきにくいため

 

・同じ商品をより低価格で取り扱うライバル店

・販売している商品自体の流行りすたり

 

などの、環境の変化で

収入が変化しやすい特徴もあります。

 

 

なお、フロービジネスの代表例としては

 

・小売業(コンビニやスーパー)

・飲食業(レストランや居酒屋)

 

のような、商品単位で

都度取引が終わるビジネスですね。

 

小売業も飲食業も

販売を止めた途端に

売上は「0」になってしまいます。

 

つまり、働き続けないと

収入が入ってこない仕組みということ。

 

なので、フロービジネスは「労働型ビジネス」であるとも言えます。

 

 

2.ストックビジネスのメリットとデメリット

続いてはストックビジネスについて。

 

ストックビジネスのストックとは

英語の「stock」(蓄え)が語源になっていて

 

「お客さんとの関係が続き、持続的な売上が入る」継続型のビジネスになります。

 

 

■ストックビジネスのメリット

 

・継続的かつ安定した収入を得やすい

・顧客が増えるほど収入が拡大していく

・労働時間に反比例して収入が上がっていく

 

 

基本的に、お客さんと契約を結び、

契約料や使用料などから利益を得るので

 

「一定の契約数を確保出来れば、収入が安定し継続的に入る」

 

という特徴があります。

 

それと同時に、契約数が

増えれば増えるほどに収入額も

右肩上がりになる傾向が強いです。

 

更に、商品ごとの

売り切り型では無く、

 

「含み益」

「サービス」

 

を、提供して稼ぐ

ビジネスが多いため

 

ある程度の仕組みが出来上がれば

「労働せずとも収入が入って来やすい」ビジネスです。

 

 

■ストックビジネスのデメリット

 

・収益が安定するまでに時間がかかる

・急な契約解除などで売上が落ち込むリスクがある

 

 

収益が安定する程の収入を得るには

一定数以上の会員や契約が必要です。

 

ですが、開業したての頃は

充分な会員数や契約も無いので

収入が不安定になりがちです。

 

そのため充分な利益が出る前に

運転資金が枯渇してしまうリスクがあります。

 

また、一度契約したお客さんでも

契約期間満了で収入が途絶えたり、

途中解除されるリスクもあります。

 

そのため契約後の

 

・アフターフォロー

・新サービス展開

 

など、定期的に既会員さんの

満足度向上を図っていく必要もあります。

 

 

具体的には

 

・銀行業

・保険業

・不動産業

・インフラ事業(電気/通信/ガス/水道)

・会員制ビジネス(フィットネスジムなど)

 

などがストックビジネスの代表例。

 

原資を貸し付けたり、

お客さんと契約を結ぶことで

継続収入が得られるビジネスですね。

 

商品単体の取引では無く、

1度契約を結んでしまえば

 

お客さんが契約解除しない限り

継続して収入が入り続けます。

 

最初こそ準備が大変ですが、

お金を稼ぐ仕組みを作ってしまえば

あとはそれを回すだけで収入が入るので

 

ストックビジネスは「非労働型ビジネス」であるとも言えます。

 

 

3.ネットビジネスに向いてるのはフロー型?ストック型?

以上が、フロービジネスと

ストックビジネスの特徴になります。

 

さて、この2つのビジネスの内

どちらが長期的に安定して

続けられるビジネスか?というと

 

(答えはわかってる人も多いと思いますが)

 

それは「ストックビジネス」になります。

 

何故ならストックビジネスであれば

 

「仕組みさえ作ってしまえば、

作業量に反比例して収入が得られ、

お客さんが増えるほどに利益も膨らむ」からです。

 

 

逆にフロービジネスの場合、

初期段階ではストックビジネスより

売上は上げやすいのは間違いありません。

 

ですが、常に商品を売り続けないと

収入が得られない労働型ビジネスなので

 

・作業を減らしたり止める

・病気やケガで作業が止まる

 

そういう場合、急に収入が減ったり、
最悪、収入が「0」になってしまうことになります。


要は「作業量」=「収入額」 なので
安定したビジネスとは言い難いわけです。

 

ということで、ビジネスをするなら

最初の準備(仕組み作り)に時間はかかっても

 

長期的な目線で「ストックビジネス」を選択した方が良いと考えます。

 

 

ちなみに、

ネットビジネスで言うと

 

「フロービジネス」=「ネット転売(物販系)」

「ストックビジネス」=「ブログアフィリエイト」

 

が、充てはまります。

 

転売(物販)は、商品単体の取引で

即金性はありますが、継続収益はありませんし、

 

常に出品(労働)作業が伴うのも

フロービジネスの特徴そのままです。

 

ブログアフィリエイトは、記事更新など

コンテンツ(仕組み)作りに時間が要るので

初期段階こそ、収入発生しにくいですが、

 

コンテンツが揃い、一度仕組みが出来れば

自然とアクセスが増え、そこから商品も成約していきます。

 

これは「仕組みを作れば収入が入る」

ストックビジネスの特徴そのままです。

 

(そのブログにメルマガを加えれば、

ほぼ自動的に収益化することも不可能ではありません)

 

↓↓↓

 

メルマガは恋愛と同じ!?ステップメールで自動収益化を実現するには?

 

 

いずれにしても、

ビジネスをやるなら

 

「仕組みを回すだけで、安定した収益が継続して手に入る」

 

ストックビジネスを

展開した方が、良いと思います。

 

そして1つ仕組みを作った後は、

その売上と余った時間を元手にして

 

「同じような仕組みを1つ2つと増やし収益の柱を複数持つ」

 

ことで、収益も倍々で増やしていけますよ(^^)

 

 

今回はココまで。

 

カズでした。


テーマ:

 

 

カズです。

 

 

少し前の記事で

ステップメールを使った

メルマガ戦略について記事を書きましたが

 

↓↓↓

 

メルマガは恋愛と同じ!?ステップメールで自動収益化を実現するには?

 

 

この記事をご覧いただいた

アフィリエイターさんやブロガーさんから

 

「ブログ集客について聞きたい」

 

というご要望をいただきました。

ありがとうございます(^^)

 

なので、今回は「ブログ集客」

についてお話していこうと思います。

 

今回のやり方は

程度の差はあるものの

 

・情報系アフィリ

・物販アフィリ

・クリック広告型アフィリ

 

オールジャンルに使え

応用性があるやり方なので

 

使えそうな部分は切り取っていただき、

是非とも応用いただければと思います。

 

 

 

 

ステップ1:ブログ運営の「方向性」は最初に決めておくこと

ブログ戦略の前に、

まずブログを始める際に

最低限決めておくべきことがあります。

 

それは「どういう方向性(意図)でブログを書いていくのか」ということです。

 

もう少し細かく言うと

 

・どういう内容(ジャンル)を

・どういう目的を持って

・誰に対して見せたいのか

 

ということです。

 

 

例えば

 

「お金を稼ぎたい人に向けてお金稼ぎの情報発信するブログを作る」

「ダイエットしたい人に向けてダイエット情報を発信するブログを作る」

「人生に気づきを得たい人に向けて自己啓発の情報発信するブログを作る」

 

といったように

 

情報発信する人の対象を絞り

ブログ運営の方向性を明確化しておくわけです。

 

 

逆に、方向性を決めず、

見切り発車でブログを始めると

どんなノウハウや戦略を使っても

充分な成果を発揮出来なくなります。

 

何故なら目的が無くブログを書くと、

発信する情報に「軸(目的)」が無いので

 

「一貫性のある情報発信が出来なくなる」からです。

 

 

例えば、ただ単に

思いつくままに記事を書き

 

・ある日はお金稼ぎの情報

・ある日はスピリチュアルセミナー情報

・ある日は芸能人の結婚ネタ

 

という感じの、毎日違う内容の

情報発信をしているブログがあるとします。

 

その場合、

読者さんからすると

 

「色々書いてるけど、この人はブログで何を伝えていきたいんだろう?」

 

そのように見えてしまうのです。

 

そして、そんな目的のわからないブログを

「続けて見ていきたい!」と思う人も少ないのです。

 

このように方向性を決めず、

手あたり次第に記事を書くと

読者さん側の興味を惹きにくくなり

 

「記事を書いても書いても人(アクセス)が集まらない」

 

という事態になる事が多いのです。

 

 

だからこそ

最初の段階で

 

・どういう内容(ジャンル)を

・どういう目的を持って

・誰に対して見せたいのか

 

を決めておいて

方向性を明確化することで

 

「あなたの発信する情報に一貫性を持たせていくこと」が大事なのですね。

 

※一貫性のある情報発信の

重要性については、下記記事でも

説明していますので、参考にしてみてください。

 

↓↓↓

 

買いたくて仕方ない】DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で収益を最大化させるコツとは?

 

 

例えどんなノウハウや戦略も

あなたのブログそのものが読者さんに

 

「面白い、価値がある、続けて読みたい」

 

そう思われないと、

その効果も半減してしまいます。

 

ですから、まず最初に

「何の目的でブログを書くか」を決め

発信する情報を明確化するようにしておきましょう。

 

 

ステップ2:SEOだけに頼らない集客の仕組みとは

では、ここからが

具体的なブログ集客の話です。

 

僕はいくつかの

ビジネス媒体を持ってますが

 

メインブログで使ってる

集客の仕組みは下記になります。

 

 

 

上記のように

 

・ブログ

・メルマガ

 

この2つのみを使い、

 

①検索エンジン経由で集客し

②ブログに来た読者さんをメルマガ誘導

 

だけで集客~収益化をしていくわけです。

(メインブログはWordPressを推奨します)

 

 

基本的に、上記の仕組みだけでも

充分にブログで収益化は可能ですし、

 

「金銭的リスクや時間的リスクも最小限で収益化出来る」

 

ので、個人的には

このシンプルな仕組みで

情報発信するのをオススメしています。

 

ただし、このブログSEO戦略だけだと

ブログや記事が上位表示されるまで

ある程度の期間(3か月~半年)はかかります。

 

言い換えると、3か月~半年は

アクセスもほぼ集まらない時期なのですね。

(もちろん記事の質や量、ジャンルで違いはあります)

 

だからこそ

この数か月の間は

 

「収益化に向けての準備期間」

 

と思って、とにかく

コンテンツを揃えまくって欲しいです。

 

 

・・・でも、それでも

 

「そんなに長く待てない!」

「とにかく早い段階でアクセスが欲しい!」

「より短期間で収益化したい!」

 

という方も多いと思うので、

そんな方に、ご紹介するのが下記。

 

 

 

内容としては

ブログとメルマガの前に

 

「アクセス集めのための媒体運営」

 

を加えた形ですね。

 

ブログSEOだけだと

メインブログにアクセスが来るまで

ある程度期間がかかってしまうので

 

・SEOが関係しないSNS(Twitter/Facebook)

・YouTube動画からのブログ誘導

・無料ブログなどの小記事でも集客力があるサテライトサイト

 

これらを使って、メインブログの

ドメインパワーが弱い内から、

 

「強制的にメインブログへアクセスを流していく」わけです。

 

そうやって外部から

アクセスをブログへ流すことで

 

コンテンツが少ない内からでも

アクセスを集めることが出来ます。

 

 

あと、これは読者さんが

喜ぶようなコンテンツをしっかりと

作り込んでいることが前提の話ですが、

 

アクセス数が多いブログは

例えコンテンツが少ない状態だとしても

 

Googe側は

 

「コンテンツが少ないのにアクセスがある」=「ユーザーに求められているブログだ」

 

と判断する傾向があります。

 

なので、検索エンジンからの

ブログ評価も上がり、メインブログの

ドメインパワーも高くなる傾向にあるのですね。

 

このように、外部からアクセスを集める事で

相乗効果でSEO評価も上がる場合もあります。

 

まさに「Win-Win」ですよね(^^)

 

ただ、何度も言いますが

Googleから評価を受けるには

 

「ブログ内のコンテンツを作り込んでいること」が条件。

 

逆に、コンテンツが全く無いとか、

内容がスカスカなコンテンツなのに

アクセス数だけが膨大なブログの場合、

 

「なんでこんなブログに、こんなにアクセスがあるの?」=「何か不正してるんじゃない?」

 

と、思われてブログ評価が

下がってしまうリスクもあります。

 

 

ですので、基本的には

外部からアクセスを集める際は

 

「メインブログのコンテンツはしっかり作成した上で、外部からブログコンテンツに誘導する」

 

ということを意識して活用していきましょう。

 

 

コンテンツが薄かったり、

ほぼ無い状態でアクセスだけ

集める目的で使ってしまうと

 

ブログ評価を落としてしまい、

マイナスの結果になることもありますので(><)

 

 

ということで、ブログ集客について

ザックリとですが説明してみました。

 

今回の記事が、少しでも

皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

 

今回はココまで!

 

カズでした。


テーマ:

 

カズです。

 

 

今日はちょっと

お知らせだけなので短いです。

 

先月の3月からアメブロで

ビジネスマインドやノウハウ記事を

書くようになってまだ1か月程度ですが、

 

記事を書くにつれて、僕がやってる

ネットビジネスに関する問い合わせが増えてきました。

 

そして、同時に

 

「アメブロ記事でビジネスや商品紹介をして欲しい」

 

というご要望も増えてきました。

 

・・・で、このように

言っていただけるのは

非常にありがたいことですが、

 

僕自身アメブロでは

 

・ビジネスマインド

・ビジネス系ノウハウ

 

を、書いていくブログとして

記事投稿していくつもりです。

 

 

ですので、

アメブロ上では

 

・直接的な商品紹介

・直接的なコンサル募集

 

というものは

現状行う予定がありません。

 

これは基本的に僕自身が

どのような商品やサービスでも

 

・サポート重視

・コンサル対応重視(対面/遠隔問わず)

 

で、対応しているので

僕一人のキャパでは

 

一度に大勢をフォロー出来ないからです。

 

もちろん、制限を設けず

宣伝しまくれば売れますし、

収入も上がるのはわかってますが

 

それだとキャパ以上の

サポートを負うことになります。

 

そうすると結果的にコンサル生に

充分なサポートが出来なくなりますし、

 

「コンサル生に結果を出させる」という

僕の理念に反する結果にもなりかねません。

 

ですので、僕の方から

 

「この商品が良いですよ」

「僕のコンサル募集します!」

 

みたいな呼びかけは

アメブロ上では行いません。

 

 

ただ、それでも

興味のある方は

お手数ですが

 

お問合せ

メルマガ登録

 

のいずれかから

アクションいただければ

 

「僕のやっているビジネスが具体的にどんなものなのか?」

 

を、お知らせすることは可能です。

 

(もちろん参加するしないは自由であり、強制ではありません)

 

もちろんアメブロでは

今後書いていく記事も

皆さんの役に立つ

 

・ビジネスマインド

・ビジネス系ノウハウ

 

を投稿していきますし、

有料級のノウハウ

書いていこうと思いますので

 

これからも楽しみに見ていただければ嬉しいです(^^)

 

ということで

お知らせのみですが

今後とも末永く宜しくお願いします。

 

 

カズでした。


テーマ:

 

カズです。

 

 

先日、起業家同士の

集まりに顔を出してきました。

 

メンバーは様々で

 

・情報発信

・物販業

・投資家

 

など、みんな自由に

自分がやりたいことを

仕事にして生きている人達ばかり。

 

で、そんなビジネスの得意分野も

バラバラな僕たちが今回集まったのは

 

「ネットビジネスとは違う、あるプロジェクト」を一緒に手掛けるため。

 

要は、共同事業を展開していく、という感じです。

 

 

まぁ、このプロジェクトは

僕の情報発信ビジネスとは

畑が違うし、まだスタート段階なので

課題は山積みなんですけどね(^^;)

 

ただ、今回のビジネスパートナーとの出会いから、

 

「ビジネスを、より最速で結果を出すために大切なこと」

 

を改めて気づかされましたので、

今回はそれをシェアしていこうと思います。

 

(それこそタイトルにあるように「一足飛び」で、バンバン成果を出すことも出来るようになるでしょう)

 

どんな種類のビジネスでも

共通して活かせる内容なので

是非とも活用いただければ嬉しいです(^^)

 

 

 

 

1.ビジネスで成果を出したいなら「自分で全てをやろうとしないこと」。

今回、たくさんの起業家と
やり取りする中で非常に多くの
「気づき」がありましたが、
 
その中で強烈に感じ、
非常に大事だと思ったのが
 
「自分で全てをやろうとしないこと」です。
 
例えば、今回の共同事業の一部では
オフラインの物販業も手掛ける予定です。
 
 
でも、僕が得意とする分野は
 
・情報発信
・アフィリエイト
・コンテンツ販売
 
などのインターネットを
活用したビジネスになります。
 
だから正直に言って、
オンラインは得意ですが、
 
オフラインにおいては人脈もノウハウも無く、僕にとっては「未知の分野」なのですね。
 
 
そんなオフラインビジネスを
仮に僕一人だけで手掛けようとしたら
 
・時間
・お金
・人脈
 
そのどれもが足りないし、
すぐに動くことも出来ないわけです。
 
人間は万能でありませんので、
自分で何もかもをやろうとしても
能力やキャパシティに限界が出ます。
 
だったら、
 
「既にその分野で成果を出している人から助けてもらう」
 
ことで、ある意味
自分では努力せずに
ビジネス展開を進められます。
 
今回のケースで言えば、
物販事業に精通している起業家さんから
 
・物販ノウハウ
・業界の人脈紹介
 
これらを共有いただくことで、
 
自分一人だと数年スパンでかかる
物販事業の準備も「一瞬で解決」してしまうわけです。
 
 
例えば、アフィリエイトに
初めてチャレンジする場合、
 
全てをゼロから自分で調べて
何年もかけて実践していくよりも
良質なノウハウに投資することが重要。
 
お金と時間を変換することで
 
「先人の知恵と技術を一気に手にいられる」
 
わけですので、一人でやるより
成果を出せるスピードが格段に速まります。
 
このように、
ビジネスを円滑に回したいなら
 
「自分で全てをやろうとせずに周りの出来る人、得意な人にお願いする」
 
これは絶対意識しておいた方が良いです。
 
 

2.「お互いの足りない部分をカバーすること」で、ビジネス成功速度は飛躍的に高まる。

自分で全てをやろうとせず、

足りない部分を周りに頼ることは大事ですが、

 

それ以上に

意識して欲しいのが

 

「相手が出来ないことで、あなたが出来る部分は積極的に与えていくこと」です。

 

 

例えば、僕のビジネスパートナーは

オフラインのビジネスノウハウはありますが、

 

インターネットを利用したオンラインの

ビジネスノウハウには弱い面があります。

 

なので、今回物販事業の

ノウハウをシェアしてもらう代わりに

 

・オンライン集客

・物販事業のWEBサイト作成

 

などを、僕からシェアすることにしました。

 

 

つまり

 

オフライン事業(パートナー) ⇄ オンライン事業(僕)

 

それぞれが担当して

 

「お互いの足りない部分をカバーし合うこと」で、

ビジネスをうまく回していくことが出来るわけです。

 

こうやってお互いの強みを

シェアし合った結果、出会いから

 

わずか3週間程度で共同で新規事業をスタートさせていく流れになりました。

 

※ちなみに現在進行形で

話し合いは順調に進んでいます。

 

 

あと、今回は異業種同士の

情報のシェアを例に出しましたが、

これは同じ業種でも同様に言えることです。

 

例えば、

ネットビジネスだと

 

・号外広告を使ったメルマガ相互紹介

・情報発信者同士のコラボ企画

 

のように、同業種の強味を

活かし相互協力してビジネスを

展開していくやり方もあります。

 

 

いずれにしても

 

「お互いの強みをシェアしていくことで、ビジネスが何倍もの速度でどんどん展開していく」

 

ことは間違いありません。

 

ですから、ご自身のビジネスで

成果を出したい、成功していきたいなら

 

自分の持っている

 

・知識

・技術

・人脈

 

あらゆるものを出し惜しみせずに

どんどん相手にシェアしていくことです。

 

そうやって、お互いの弱みを

お互いの強味で相互補完することで、

爆発的にビジネス成長速度は速まっていきます。

 

 

3.初心者がビジネスで成果を出したいなら「まず、フィードバックを受けること」を優先に。

以上から、より速く

ビジネスで成果を出したいなら

 

「自分で全てやらずに周りに頼ること」

「お互いのビジネス上の強みをシェアしていくこと」

 

を心がけていきましょう。

 

なお、上の2つに加えて

ビジネス初心者向けで

もう1つ心がけて欲しいことがあります。

 

それは

 

「初心者は、常にフィードバックを受けられる環境に身を置いた方が良い」ということです。

 

どんなに良いノウハウを手にしても

肝心の成果が出せなければ意味がありません。

 

「ビジネスは結果が全て」だからです。

 

そして、ビジネスで

着実に結果を出していくためには

 

・どれだけ早く

・どれだけ確実に

・ビジネススキルを血肉に出来るか

 

が重要になってきます。

 

 

そのためには、

 

「今やってる方法は正しいのか?」

「逆に間違っているならどうすれば良いか?」

 

などを、常に第三者から

アドバイスを受けられる環境に

身を置いておくことが効率が良いのです。

 

(※フィードバックを受ける人は、その分野で成果を出している人から受けましょう)

 

 

逆に、最初の段階から

自分一人で一方的に進めてしまうと

 

「いつの間にか方向性を間違ってしまい、いつまで経っても成果が出せない」

 

という最悪の結果になることもありません。

 

そして、成果が出せないので

段々とモチベーションも下がっていき

諦めてしまう、ということにもなりかねません。

 

 

以前、ビジネスで成果を出すには

守破離(しゅはり)の「守」である

 

「師匠の教えや型を忠実に真似て身に着ける段階(基礎を身に着ける)」

 

ことが不可欠だと言いましたが、

 

↓↓↓

 

「守破離」から学ぶビジネスで「0→1」を叶える成功法則

 

 

フィードバックを受けるられる環境に

身を置くことが、その「守」に当てはまります。

 

 

多くの人は

 

1:ノウハウのインプット

2:ノウハウのアウトプット

 

この2つだけで終わってしまいます。

 

でも、この2つだけだと

自分が本当に正しい方向に

進めているのか客観的に気づけません。

 

だからこそ、不必要な失敗や

成果を出すまでの時間を縮めるためにも

 

「今何をどうすれば良いか」

「逆に何をしたらダメなのか」

 

第三者が、常にフィードバックしてくれる

そんな環境に身を置くことが大事になるのですね。

 

なので、初心者であればあるほど、

 

1:ノウハウのインプット

2:ノウハウのアウトプット

3:フィードバックを受けられる環境

 

この3ステップを回していくことを

意識して、ビジネスに取り組んでいただければと思います。

 

 

ということで、今回は

ビジネスで一足飛びに

成果を出すためのコツとして

 

「自分で全てやらずに周りに頼ること」

「お互いのビジネス上の強みをシェアしていくこと」

「第3者からフィードバックを受けられる環境に身を置くこと」

 

の3つをお話しました。

 

もちろん中には

 

・周りに頼るのが苦手

・自分のノウハウを漏らしたくない

・自分一人だけでビジネスやる方が気楽

 

と思ってる人もいると思います。

 

でも、一人で出来ることには「限界」があります。

 

そして遅かれ早かれ

いつかはその限界に気づき

成長していかないといけない時が来ます。

 

だったら、今の内から

少しだけ勇気を出して

 

「他人に頼り、自分も相手に与えてお互いに成長していく道を選ぶ」

 

方がビジネスもうまく行くし、

何より人生もめっちゃ楽しくなりますよ♪

 

 

ということで今回はココまで。

 

カズでした。


テーマ:

 

 

カズです。

 

 

ここ最近の記事で、

リストマーケティングに

ついて書きましたが、

 

その記事を読んだ

複数の読者さんから

 

「顧客リスト(メルマガ)を使った戦略についてもう少し詳しく聞きたい」

 

というお問合せをいただきました。

 

というわけで、今回は

リクエストにお答えして

 

ちょっと具体的な「メルマガ戦略」のお話です。

 

ステップメールの仕組みや、

販売までの流れも解説するので

 

現段階でメルマガを

使いこなせてない人は

是非参考にしてくださいね^^

 

もちろん、今からメルマガ使って

ビジネス展開する人は必読ですよ。

 

 

 

 

1.ブログとメルマガはネットビジネス収益化の「柱」

具体的な話に入る前に

ブログとメルマガについて

最初に少しおさらいしておきます。

 

ブログの説明もするのは

メルマガだけ運営するより

ブログも活用した方が、集客力が強くなるからです。

 

 

さて、下記記事でも

ブログとメルマガの

役割について少し触れてますが

 

 

【参考記事】

 

【ブログ×メルマガ】顧客リストを集めてビジネス収益を最大化させていくコツとは

 

 

ブログはプル型(待ち)の媒体で

メルマガはプッシュ型(攻め)の媒体です。

 

このブログとメルマガは

それぞれに特徴があるので

どちらが優れているということはありません。

 

なので、ネットビジネスで

収益を最大化させていきたいなら、

 

このブログとメルマガの特徴を理解しつつ

効率よく使っていくことが重要になってきます。

 

 

まずブログの特徴は以下。

 

・ブログ記事が増える程にネット上の資産になる。

・資産(記事)が増える程、集客力が強くなる。

・逆に、狙ったお客さんにピンポントで記事誘導出来ない。

 

記事を書けば書くほど

コンテンツ量が増えるので

それがWEB上の資産となり、

集客力も強くなっていきます。

 

逆に、誰がどの記事を見るか、

こちらからは誘導出来ないので

 

あなたの希望通りの層の読者が

記事を見てくれるとは限りません。

 

つまり、ブログは読者側に主導権があるということ。

 

 

次にメルマガの特徴が以下。

 

・あなたが伝えたい情報を個別発信できる

・メルマガ1通だけで、多くの人に情報発信が可能

・メルマガ読者が増えないと影響力を発揮出来ない。

 

あくまでメルマガに登録した

読者さんにだけ情報発信するので

ブログのようにWEB資産にはなりません。

 

ただし、メルマガ登録の段階で

少なからずあなたに興味を持ってる

「濃い読者」が多く、その読者さんへ

 

あなたが伝えたい情報をピンポイントで伝えることが可能になります。

 

そのためブログ記事よりも

読者さんに与える影響力が強くなります。

 

つまりメルマガの場合、あなたに主導権があるということ。

 

 

このようにブログとメルマガは

それぞれ強味と弱みがあります。

 

ですから、単体で使うより

 

ブログ=WEB上から不特定多数のお客さんを集める

メルマガ=集まったお客さんの中から狙った層の読者を獲得

 

上記のように、

ブログとメルマガを

一緒に使うことで

 

「お互いの強味を活かしつつ、弱みをカバーして収益を高めていく」

 

ことが出来るようになるわけですね。

 

 

2.ステップメールで半自動収益化の仕組みを作る

ということで、

ブログ&メルマガを使い

 

①ブログで集客しつつ

②そこからメルマガ登録してもらい

③登録した読者へメルマガで商品紹介

 

このような流れの下、

ビジネス収益化を図っていきましょう。

 

なお、メルマガをしないと

収益化しないのか?というと

実際はそんなわけでもありません。

 

ブログ上に商品を設置しても

アクセスしてきたお客さん経由で売れ、

収入が入ることも普通にあります。

 

だから、良質なコンテンツがあれば、

ブログだけでも一定以上の収入は得られるのです。

 

 

ただ、収入を上げたい、

収益を安定化させたいなら

あなたが紹介したい商品に対し

 

・個別でアプローチ出来て

・伝えたい人に狙って伝えられる

 

そんな継続的なアプローチが

出来る、メルマガを使う方が利便性が良い。

 

なので、確実に収益化したいなら

ブログとメルマガの両方を使いつつ、

メルマガ読者に商品紹介した方が

利益も最大化しやすい、というわけですね。

 

 

・・・で、このメルマガで

収益化していくやり方として

 

僕は「ステップメール」による自動収益化を推奨しています。

 

では、ここで通常メルマガと

ステップメールの違いを押さえておきましょう。

 

 

■通常メルマガの仕組み

 

 

通常メルマガは、配信側が

日刊、週刊、など定期的に

情報を発信していく仕組みです。

 

常に最新情報が届くメリットがあるものの、

登録した時点からの情報を受けとるため

 

「登録タイミングが遅いほど受け取れない情報が出てくる」

 

というデメリットもあります。

 

 

■ステップメールの仕組み

 

 

ステップメールは登録日から

起算して1日目、2日目、3日目・・・と

あらかじめ用意したメールが順に配信されます。

 

そのため、読者の

メルマガ登録タイミングに関係無く

 

「伝えたい情報をスケジュール通りに配信」

 

して伝えることが出来ます。

 

このように情報を

自動的に配信出来るので

 

・読者に必ず伝えておきたい情報がある

・読者に絶対に薦めたい商品がある

 

という場合は、導入した方が

メリットが大きい仕組みとなっています。

 

 

このように、ステップメールは

一度設置しておけば、自動的に

伝えたい情報を100%配信できます。

 

つまり、配信する情報の中で

商品を紹介するメール文を設置することで

 

「メルマガ登録した読者全員に商品をアピールする」ことが可能なわけですね。

 

なので、その商品が

読者の興味を惹いたり、

メリットがあるものであれば

 

=================

①ブログに来た人がメルマガ登録

         ↓

②メルマガ登録からステップメール配信

         ↓

③ステップメールの最期に商品紹介

=================

 

以上の流れを組むだけでOK。

 

上記の仕組みを作るだけで

 

「ブログ集客→メルマガ登録→ステップメール配信→勝手に商品が売れていく」

 

という状況を作ることが

普通に可能なのですね(^^)

 

以上、集客~販売の自動化には、

ステップメールが重要なのは

ある程度イメージついたかと思います。

 

 

3.ステップメールの具体的な手順(1通目からの売込みは厳禁)

さて、このステップメールですが、

売込みまでに何通ぐらい用意するか?ですが

 

一般的に「7通~10通」のメール編成が反応率が高いです。

 

それ以上だと離脱率が高くなり、

それ以下だと反応率が低くなりがちです。

 

(一般的には、7通目で終わらせる人が多いですね)

 

なので初めて

ステップメールを書く時は

7通目をメドに商品紹介へ繋げていきましょう。

 

 

なお、この時に絶対にやっていけないことが

「最初の一通目から商品紹介すること」です。

 

何故なら、メルマガ登録した時点では

あなたと読者は「初対面同士」だからです。

 

つまり、信頼関係が成り立ってません。

 

そんな初対面の人から

急に商品を売り込まれたら

あなたならどう思うでしょうか?

 

恐らく、嫌な気分しかしませんよね?

 

最悪の場合

 

「急に売込みかよ!面倒くさい!」

 

となって、せっかく

登録してもらってたのに

「即解除」されることもあり得ます。

 

そもそも

メルマガ登録時点は

読者はあなたに対し

 

「この人はどういう人だろう」

「ちょっと興味あるな・・・」

「どんな情報見せてくれるのかな?」

 

ぐらいの淡い期待しか持っていません。

 

だから最初は

商品紹介はせずに

 

・あなたがどういう人なのか

・ビジネスでどんな結果を出してるのか

・どういう理念を持ってメルマガしてるのか

・メルマガ配信で読者にどんなメリットがあるのか

・読者さんをどういう世界に連れていくのか

 

、、、などなど、

 

「あなたがどういう人でどんな理念を持ってメルマガ配信しているのか」

 

しっかりと知ってもらうことが重要なのですね。

 

 

そうやって

メールの中で

 

・あなた自身”を読者に知ってもらうこと

・あなたの理念に共感してもらうこと

 

これが出来て初めて

信頼関係が生まれてきます。

 

そして信頼関係が生まれた後で

商品を紹介をしていけば読者は

 

「この人が薦める商品だから信頼できそうだ」

 

と、思ってもらえるので

当然、売れていくわけです。

 

※もちろん売る商品は中身がある確かなものを売りましょう。

 

 

このステップメールで

信頼を構築する流れは、

恋愛関係に似ています。

 

例えば普通、多くの人は

初めて会った人に告白されて

即付き合うことは無いと思います。

 

その人が、どういう人なのかわからないからです。

 

だから、性格や会話の相性、

自分と合いそうな人か?などを

 

「この人は信頼出来る人なのかどうか」

 

時間をかけて考えて、答えを出しますよね(^^;)

 

・・・で、ステップメールで

1通目から商品を売ることは

初対面で告白しておいて

 

「私は信用できる人だし、魅力的なので付き合って欲しい」

 

と、言ってるのと同じなのですね。

 

・・・まぁ、そりゃフラれますよね(^^;)

 

 

なので、告白成功(収益化)したいなら

最初の段階からのセールスは厳禁。

 

初めは

 

・あなたが誰なのか

・信頼できる人物なのか

・どんな価値を読者に提供できるのか

 

しっかりと自己開示をしていくことです。

 

ちなみにステップメールの

具体的な配信手順としては以下。

 

=================

①1通目で自己紹介(自己開示)

         ↓

②2通目~6通目で、あなたの理念や

ビジネスのメリットやビジネスをすることで

叶えられる理想の未来像を伝える

         ↓

③7通目以降で、理想の未来を実現させる

とっておきの方法(商品)を紹介する

=================

 

細かい部分で詰め込むことは

まだあるものの、基本的には

上記の流れでステップメールを組めばOK。

 

「メルマガを読むことで、読者が得られるメリットを伝えつつ、最後は商品販売まで繋げていくこと」

 

以上を徹底していけば

大なり小なり、成約は取れていくはずです。

 

 

だから、今メルマガやってて

ステップメールを使ってない人は

もったいないだけなので、すぐに取り組んでいきましょう。

 

逆に、まだメルマガやってない人は

最初からステップメールを組むことで

早い段階から収益化しやすくなるので

同じく、すぐに取り組んでみてください(^^)

 

 

では本日はココまで!

 

カズでした。


テーマ:

 

カズです。

 

 

僕のコンサル生から

よく受ける質問の一つに

 

「実名顔出し」と「匿名顔出し無し」、どちらでビジネスをすれば良いか?

 

というものがあります。

 

ぶっちゃけて言うと

 

「どちらでも、あなたの好きな方でやると良い」

 

ってなってしまうんですが、

それだと話が終わってしまうので(^^;)

 

今回は

 

・「実名顔出し」運営の特徴

・「匿名顔出し無し」運営の特徴

 

を見比べつつ、

 

「一番リスクが少なくビジネスしやすい露出の仕方」

 

を、見ていこうと思います。

 

(あくまで僕自身の経験や、コンサル生の体験に基づいた私見です)

 

ですが、

 

・初心者層の方

・新しいブログをやりたい方、

・既存ブログのリブランディングを図りたい方

 

の、ビジネス展開の

ヒントになると思うので

是非ともご覧くださいませ(^^)

 

 

1.実名顔出し運営のメリット・デメリット

まず最初に

実名顔出し運営の特徴から。

 

 

■実名顔出し運営のメリット

 

・信頼性が担保されやすい

 

→実名と顔出ししているので、

匿名顔出し無しに比べると、

お客さんから信頼を得やすい。

 

・影響力を発揮しやすい

 

→現実に存在すると認知されやすく

信頼を得やすいので、発言力も強くなりやすい。

結果的にお客さんに対する影響力も強くなる傾向にある。

 

・実績が加わると短期間で売上も上げやすい

 

→既に実績がある場合は、

「実績→信用」に変わりやすくなるので、

初期段階から商品やサービスも売れやすい。

 

 

■実名顔出し運営のデメリット

 

・トラブルからの復帰が難しい

 

→何か信頼を失うことや、

お客さんとの重篤なトラブルで

悪い評判が広まってしまった場合、

マイナスイメージの払しょくが難しい。

 

・他業種や他ビジネスへの転向が難しい

 

→「名前や顔にイメージがつく」ので、

全く違う業種のビジネスを展開しても、

前の業種のイメージが邪魔して、うまくいかない場合が多い。

 

・実績が無いと売上が上がりにくいケースも多い

 

→実名顔出しをしてる時点で

ある程度の実績を持っていると、

お客さん側は判断しがち。

 

そのため何の実績も無い場合は、

お客さんの期待値を満たせず、

商品が全く売れない場合もある。

 

 

以上が、実名顔出しで

ビジネスする時の特徴です。

 

基本的に表に露出することで、

情報発信者が視覚的に見えるので

 

・信頼性

・信用性

・安心感

・発言力

・影響力

 

が、匿名運営より大きくなります。

 

ただし実際に

最初から信頼性が増す分、

 

「お客さんは潜在的に、情報発信側にある程度の実績やスキルがあること前提」

 

で、発信される情報や

商品、サービスを見ていきます。

 

要は、見せ方にもよりますが、

実名顔出しで勝負することで、

 

「実際の実力以上のイメージを、お客さんに与えてしまうことが多い」

 

わけですね。

 

なので

 

・実績

・スキル

・商品(お客さんの期待値を超える)

 

を、持っていないと

どんどんとお客さんが離れてしまう、

そんなケースも少なくありません。

 

あとは、別ビジネスを行う場合、

ブランドイメージの払拭が難しい部分。

 

例えば、

美容アドバイザーとして

脚痩せダイエット商品を売ってた人が

 

急に心理カウンセラーとして

別ビジネスを始めてセミナー販売しても、

そこには違和感しかありませんよね?

 

「おいおいアンタ、この前まで美容アドバイザーだったよね?」

 

となりますし、そんな人が

セミナー販売しても、殆ど売れないでしょう。

 

 

このように、実名顔出しは

 

「あなたの名前や顔自体にブランドイメージがつくので、別ビジネスを展開しずらくなってしまう」わけですね。

 

ですので、個人的には

実名顔出しでビジネスするなら

 

・ある程度のスキルや実績がある

・信頼性を短期間で高めたい場合

 

などに、行うと良いと思っています。

 

2.匿名顔出し無し運営のメリット・デメリット

次に、匿名顔出し無し

運営の特徴にいきましょう。

 

 

■匿名顔出し無し運営のメリット

 

・家族や友人、会社にバレずにビジネス出来る

 

→家族や友人バレや会社バレ

(副業NGなどの理由)が無いので

ビジネスとしての自由度が大きい。

 

・実績ゼロでも関係無く勝負出来る

 

→匿名顔出し無しの場合、

最初の段階でキャラブランディングを

しっかり行うことで、実績の有無に

関係無く、信頼性を作っていけやすい。

 

(ある意味、実名顔出しするよりもお客さんをファン化させやすい)

 

なので、実績がゼロ状態でも

商品を成約させていきやすい。

 

・何度失敗してもビジネスとして再起させやすい

 

→顔や名前が表に出ないため、

全く別のビジネスをやる場合でも

別キャラクター(別人として)運営が可能。

 

結果的に、複数のキャッシュポイントを持つことも出来る。

 

 

■匿名顔出し無し運営のデメリット

 

・信頼性が担保しにくい

 

→キャラクター運営で顔も見えないため、

実名顔出しよりは信用を得にくい。

(実在していないと思われることも。)

 

・集客力ゼロから始まるので根気が必要。

 

→実名顔出しでやる場合は、

リアルの知り合いや交友関係から

ビジネスも繋がっていくが、匿名だと

読者ゼロの状態からのビジネス展開となる。

 

結果的に、集客~販売と

売上を上げるまで、ある程度の

期間が必要になるケースが多い。

 

・実際に会うことのハードルが上がる

 

→あくまでブログ上のキャラとして

ビジネス展開するので、お客さんと

実際に合う(対面コンサル)に繋げにくい面がある。

 

 

以上が、匿名顔出し無しで

ビジネスする時の特徴です。

 

キャラクター運営なので

匿名性が高く、そのため

発言も比較的自由に出来ます。

 

(匿名のネット掲示板の方が

実名よりも発言しやすいのと同じイメージ。)

 

あと、

 

「表だって露出しないので、身バレしにくい」

 

「キャラブランディングをしっかり立てれば実績の有無に関係無く、成果を出せる」

 

いう点は、匿名顔出し無しの

戦略だからこそ、活かしやすい点。

 

そして匿名の最大の強味が、

複数のキャラでビジネス出来るということです。

 

例えば

 

美容アドバイザーAというキャラ、

アフィリエイターBというキャラの

 

「全く別人キャラでビジネスを水平展開することも出来る」

 

ので、キャッシュポイントを

複数持つことも可能です。

 

仮に失敗しても別キャラで

チャレンジしなおせば良いので、

いつでもビジネスを再スタート出来ます。

 

 

逆に、匿名運営のデメリットとしては

「認知度が低く最初は信頼性が薄い」部分。

 

もちろんキャラクターと言っても、

嘘のを書くわけでは無く、あくまで

実像に沿ってキャラ立てをしていきますが、

 

顔が見えない分、読者からすると

ブログ上の全ての発言や行動の全ては

 

「架空のキャラクターがやっている」という認識になります。

 

なので、実名と比べ

情報発信力が薄くなり、

結果的に信用も得にくくなります。

 

そのため、実名ビジネスよりは

成果が見えるまでの期間が長引きやすく、

 

成果が出るまで長期化しても良いので

コツコツ地道に実践出来る人の方が向いていますね。

 

要は

 

「実名運営よりもリスクが少ない分、成果を出すまで時間はかかる」

 

ということですね。

 

 

ただ、特に初めて

ネットビジネスに取り組む場合

 

・何からやればわからない

・学ぶことも多いので精神的な余裕が少ない

 

ことも多いので、少しでも

運営リスクとなる要因は無い方が良いです。

 

だから、匿名運営は

ネットビジネス初心者にとっては

安心材料の方が多いと思います。

 

3.結局「実名」「匿名」、どちらでネットビジネスをやると良いのか?

ということで、

実名/匿名運営の特徴を

見ていきましたが

 

「結局のところ、どっちでネットビジネスやるのが正解」なんでしょうか。

 

先に結論から言うと

僕は匿名運営を薦めます。

 

何故なら、最初の段階は

自分のビジネスで収益化出来るか、

やってみないとわからない面が多いので

 

とにかく色々なビジネスを

思いつくままでもOKなので

ネット上で展開した方が良いからです。

 

例えばネット上の

ビジネスと一言で言っても

 

・アフィリエイト

・ネット転売

・FXや株式投資

 

・・・などなど、

とにかく種類が多いです。

 

だから、自分が何が得意で

収益化出来るかも含めて、

どんどん実践してみることが大事。

 

そうやって数をこなすことで

成果が出るジャンルやコツも掴め

自分に合っているビジネスモデルもわかってきます。

 

・・・で、匿名であれば

全く違うキャラで別ビジネスを

水平展開出来るので、

 

「アフィリはダメだったから止めよう」

「逆にネット転売はOKだから、このまま続けよう」

 

と、臨機応変に

対応していくことも可能です。

 

 

これが最初から実名顔出しで

”アフィリエイトが稼げます”と言ってたのが

 

うまくいかなかったからと言って

急に”ネット転売が最強です”

という情報発信に切り替えたとしたら

 

「え?この人大丈夫?」ってなりませんか?

 

昨日まで「アフィリエイトで稼ぐ!」とか

言ってたのに、次の日から「転売最強!」とか(笑

 

まぁ、間違いなく

信用は落ちてしまいますよね(^^;)

 

このように実名運営は

失敗した場合のリカバリーが難しいのです。

 

 

なので、最初の内は

いくらでも巻き返しの効く

匿名ネットビジネスから始めましょう。

 

そして匿名運営する中で

 

・自分の得意分野の発見

・ネットスキルの向上

・販売マーケティング習得

 

、、、と、スキルを向上させ実績も作っていく。

 

そうやって、

実力を磨いていく中で

 

「自分はアフィリエイトで稼ぐプレイヤーとしてのスキルが高い」

 

「いや、自分はブログやサイトへの集客スキルに秀でている」

 

「実は人と話中でコミュニケーションスキルが高いことがわかった」

 

などなど、自分の武器が

見つかっていきます。

 

そうやって確固たる

自分の武器(強味)がわかった段階で、

実名顔出しでビジネスすれば良いかな、と考えます。

 

既に実績も自分の武器もあり、

そこに実名顔出しの信頼性が加われば、

かなり速い段階で成果が出てくるでしょう。

 

 

まとめると

 

======================

①匿名運営でネットビジネスを始める

            ↓

②その中で自分の得意なビジネス(強味)を見つける

            ↓

③その後に自分の強味を活かして実名運営していく

======================

 

というのが、スムーズな流れですね。

 

もちろん実名は必須では無いので、

匿名運営だけやってしまってもOKです。

 

(というよりも、匿名ビジネスだけで

普通に生活出来るぐらいの成功はつかめます)

 

 

まぁ、いずれにしても

ネットビジネスを始めるなら

「匿名運営」から始めるのが良いでしょう。

 

特に、最初はブログや

SNSなどで情報発信する時、

 

「これ言っていいのか?」

「炎上してしまわないか?」

 

など、必要以上に不安になるものです。

 

まぁ、実名運営しても、

炎上するなんて普通は無いし

 

そもそも、炎上する程あなたはそんなに有名ではありません。

 

・・・でも、最初の段階は

周りがどう見ているかでは無く、

あなた自身が気になるかどうかが重要だと思います。

 

だからこそ顔出しすることで、

あなたの発信する情報に

不要なセーブがかかるぐらいなら

 

「発言も割と気兼ねなく出来る、匿名運営でスタートした方が気が楽」ですよね。

 

そうやってビジネス展開して

情報発信のOKとNGラインを体験しつつ、

 

知識やスキル、実績が備わった段階で、実名でビジネス展開しても全く遅くないと思います。

 

以上、

 

ネットビジネスをやるなら

 

「匿名運営がオススメ!実名でやりたいなら、匿名運営で実力をつけてからでOK」

 

というお話でした。

 

もちろん最初から表に出て、

実名バリバリでやりたい人は

無理に匿名運営しなくていいですが(^^;)

 

そうじゃないなら匿名運営からスタート!で力をつけていきましょう!

 

 

今回はココまで。

 

カズでした。


テーマ:

 

カズです。

 

 

前回は、DRMについて書き、

「集客属性」の重要性をお話しましたが、

 

その集客に関連する

 

「リストマーケティングの重要性」

 

について書いていきます。

 

なお、ここで言うリストとは

「顧客リスト」のことであり

ネットビジネスで言うと

 

「メールマガジンに登録してくれたお客さんのメールアドレス」が該当します。

 

ビジネスでは、この顧客リストを

いかに集めて育てていくか?で、

 

長期的かつ安定的に収益化出来るかが決まると言っても過言ではありません。

 

リストをどう扱うかで

「あなたのビジネスの未来が決まる」

ぐらい、重要な内容なのです。

 

なので、今回の記事は

 

・今からメルマガ発行しようしている人

・既にメルマガを発行している人

 

どちらの人にも見ていただければと思います。

 

 

1.江戸時代の商人が、お金より顧客リストを優先した理由

最初に顧客リストが何故大事なのか?について。

 

顧客リストの重要性は

古くは江戸時代から伝えられています。

 

江戸時代に

町で火事が起こった時、

 

商人はお金では無く”顧客名簿”を持って逃げたそうです。

 

何故なら、例えお店が燃えても

顧客名簿さえあれば、商売は

いつでも立て直せると思っていたからです。

 

まぁ、確かに火事で

全てを失ったとしても

お客さんの情報さえあれば、

 

「今までお店と付き合いのあったお客さんに、再度アプローチ出来ます」からね。

 

このように顧客リストがあれば、

最悪お店が無くなったとしても、

簡単に巻き返せるということです。

 

 

ネットビジネスで言うと

顧客リストを持っていれば、

 

「Googleのペナルティ受けてブログが圏外に行った」

「他者から悪意のあるサイバー攻撃を受けてサイトが飛んだ」

 

などの、何等かの理由や

トラブルが起きてしまった場合でも

 

「新しいブログを開設して、そこにリストのお客さんを誘導」

 

する事で、あっとういう間に

ビジネスを再開することが出来ます。

 

「顧客リストは、目先のお金よりも重要な財産」というわけです。

 

 

ビジネスで一番重要なことは、

LTV(生涯顧客価値)を高めていくことです。

 

簡単に言うと「リピート率」を高めて「単価を上げていく」こと。

 

新規のお客さんを獲得するには

コスト(人件費や広告費)が少なからずかかります。

 

逆にリストのお客さんであれば、

新規獲得にかかるような労力が無いので

 

「最小限のコストで最大限の成果」を手にすることが出来るのです。

 

 

このように、ビジネスでは

新規顧客よりも、いかにして

リピーターを獲得するかが大事であり、

 

売上を順調に伸ばしていくには

 

「集客×成約×LTV(リピート率/単価)」

 

の仕組みに沿って

ビジネス展開する必要があるわけですね。

 

このように顧客リストは

ビジネスで収益化していくには

「絶対必須の要素」になってきます。

 

2.メルマガはネット世界におけるプッシュ型マーケティング

以上のように、顧客リストは

ビジネス収益を最大化していくためにも

非常に重要なポイントになります。

 

では、

 

「どうやって顧客リストを集めていけば良いのか?」ですが

 

この顧客リストを

ネット上で集めるための

入り口として使われる媒体が

(冒頭でも触れましたが)

 

「メールマガジン」になります。

 

なお、メルマガは

プッシュ型マーケティングに属します。

 

なおプッシュ型の他に

プル型のマーケテイングもあるので

両者の違いを説明しておきます。

 

 

①プル(引く)型マーケティング

 

販売側から積極的にアプローチせず、

相手側(お客さん)からの反応を待つ「待ち」の営業手法です。

 

なじみの深いもので言えば

コールセンターを利用した通信販売は

「お客さんからのアクションを待つ」ので、

プル型のマーケテイング手法になります。

 

ネット媒体で言うと

 

・ブログ

・ウェブサイト

 

は、プル型(待ち)の営業媒体。

 

例えばブログの場合、

どんなに記事を書いたところで

 

お客さんが検索エンジンを利用しないと、

基本的にあなたの記事が知られることはありません。

 

つまり、あなた自身が狙ったお客さんに

ピンポイントで記事を見せるなどのアピールは出来ないということ。

 

あくまでお客さんがアクションの主体であり、僕たちは「待つ側」なのですね。

 

このように、ブログは

プル型マーケティングとなります。

 

 

②プッシュ(攻め)型マーケティング

 

販売側から積極的にアプローチして

相手側(お客さん)からの反応を引き出す「攻め」の営業手法です。

 

例えば「訪問販売」のように、

販売側から特定のお客さんにセールスをかけるやり方。

 

買う買わないは

お客さん次第ですが、

 

あくまでセールスの主体、主導権は営業マンにあります。

 

ネット媒体で言うと

 

「メールマガジン」

 

が、プッシュ型サービスとなります。

 

なお、TwitterやFacebookなど、

SNSを使ってプル型の情報発信も出来なくはないです。

 

ですがSNSの場合は、

規約がコロコロ変わることが多く、

 

提供側のプラットフォームの

サジ加減でアプローチが制限されたり、

アカウントが凍結されるリスクもあります。

 

でも、メルマガであれば

 

・いつでも何度でも

・発信したいお客さんに向けて

・個別でアプローチがかけられる

 

以上のように、

 

あなたの好きな時に好きなように、お客さんへ情報発信が出来ます。

 

それに、SNSにありがちな

アカウント凍結などのトラブルもありません。

 

なので、効率的に顧客リストを

集めていきたいのであれば、

 

「ブログやSNSで情報発信するだけでなく、併せてメルマガを発行していくことが必須」

 

に、なってくるわけです。

3.あなたが集めたい顧客リストを獲得していく方法

リスト獲得のためには

メルマガ発行が必要と言いましたが

 

考えなしにメルマガ開設しても、

あなたの集めたいお客さんが来るかは別ですし、

 

「そもそも登録すらされない」ということもあり得ます。

 

なので、あなたの集めたい

(属性に合った)お客さんが

集まるように、戦略を立てることが大事です。

 

ではどうするか?ですが、

 

・ブログ

・メルマガ

 

上記のプル型とプッシュ型の

マーケティング手法をミックスさせて

狙ったお客さんを引き込んでいきます。

 

ここでのポイントは、

ブログもメルマガのどちらも

一貫性のある情報発信をすることです。

 

 

例えばメルマガで

ダイエットに関する情報発信や

商品を紹介していきたいとします。

 

その場合、

 

①ブログ記事でダイエットに関する情報発信を行い

②メルマガでも同じようにダイエットに関する情報発信を行う

 

ブログでもメルマガでも

一貫した主張を展開するということ。

 

そうすることで

 

===================

①ダイエット記事に反応した(興味がある)人

            ↓

②ダイエット情報を発信するメルマガに誘導

            ↓

③メルマガでより深いアプローチが取れ、

顧客もダイエットに興味がある属性なので

反応率も高まり、商品も売れやすくなる

===================

 

上記のように、

ブログ上の発信内容と

メルマガの発信内容をマッチさせることで

 

・あなたが集めたい人を集め

・その人に情報発信していく

 

お客さんに対して密度の濃い

アプローチが出来るようになります。

 

 

これとは逆に

 

①ブログで発信される情報が統一されていない

②でもメルマガではダイエットの情報発信している

 

とか、

 

①ブログではダイエットの情報発信しているが

②メルマガでは発信する情報が統一されていない

 

など、一貫した

情報発信がされない場合、

 

「お客さんが望む情報では無い(期待値を下げてしまう)」

「そもそも販売側が何を言いたいのかわからない(主張が曖昧)」

 

になってしまうので、

当然お客さんは離れていきます。

 

結果的に

 

・メルマガに登録されない

・登録されてもすぐに解除されてしまう

・反応も低いので商品も全く売れない

 

という悪循環におちいってしまうわけです。

 

ですので、しっかりとした

顧客リストを集めていって

リピーターを増やしたいのであれば

 

・ブログ

・メルマガ

 

の2つを使いつつ

 

「両方のメディアで一貫した情報発信を行うこと」

 

を心がけていきましょう。

 

・なかなかメルマガ登録されない

・メルマガ解除率が高い

・登録されても商品が売れない

 

というのは、

あなたの発信する情報が

 

「お客さんに響いていない」そんなケースが殆どです。

 

そして、そういう場合

 

「発信する情報に一貫性が無いので、お客さんの興味を惹けず信頼も築けていない」

 

そういう人が非常に多いです。

 

ですので、

メルマガやってるのに

なかなか売上や反応が上がらない人は

 

今現在、あなたが

 

「一貫した主義主張の元に情報発信しているか?」

 

を、見直してみてくださいね(^^)

 

 

今回はココまで。

 

カズでした。


テーマ:

 

カズです。

 

 

何かしら

ビジネスしてる人なら

 

「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)」

 

という言葉を

聞いたことがあると思います。

 

個人であれ企業であれ

このDRMをビジネスに活用すれば

 

・費用対効果が高く

・かなりとんでもない額を

・短期間で一気に稼ぐ

 

なんてことが「普通」に出来てしまう、

そんな超強力な手法となっています。

 

(と言いますか、売上を上げている起業家や企業は、必ずDRM手法を取り入れています)

 

今回の記事でDRMを学び、

ご自身のビジネスに活かすことで

 

あなたのビジネス展開に

大きなプラスになるはずです。

 

少なくとも、知ってて損することはありませんよ(^^)

 

 

 

1.DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?

まずDRMとは

あなたとお客さんの間に

信頼関係を築いていく

 

「信頼構築ビジネスを作る仕組み」のことです。

 

具体的には

 

①集客(お客さんを集め)

②教育(お客さんと信頼関係を築き)

③販売(その上で商品をセールスする)

 

この①~③をしっかり行うことで、

商品を成約させていくことが出来ます。

 

ちなみにこのDRMの発祥はアメリカで、

これを日本に広めた人が神田昌典さん。

 

 

神田昌典氏

 

神田さんは、このDRM手法を

中小企業の経営者に教えることで

大成功した経営コンサルタント。

 

書籍も色々と出されていて

全てお薦めなものばかりなのですが、

最近読んだものでは下記が良かったです。

 

リアルビジネス

ネットビジネス問わず

活用出来る部分が多いので

興味あれば読んでみてください(^^)

 

 

 

 

さて、DRMの

集客/教育/販売の仕組みを

ネットビジネスを例に当てはめていくと

 

①ブログやメルマガに見込み客を集めていく (集客)

②見込み客に対しブログ記事やメルマガで理念を伝えていく (教育)

③あなたの理念に共感してくれた人に商品を紹介していく (販売)

 

上記の3ステップとなります。

 

まとめて言うと

 

「まずはブログやメルマガにお客さんを集めて、そこからお客さんと仲良くなり、仲良くなった後で商品をセールスしていこう」

 

ということですね。

 

 

・・・で、ここで何故先に

お客さんと仲良くなる必要があるのか?ですが、

 

それは、人間というのは

商品やサービスを購入する際、

知らない人を選ぶより

 

「少しでも知っている、安心している人から買う傾向がある」からなのです。

 

例えば、あなたが

生命保険を契約するとしましょう。

 

その時

 

・初めて会った担当Aさん

・昔から知り合いで仲が良い担当Bさん

 

この2人が目の前にいた場合、

あなたなら、どちらと契約を結ぶでしょうか?

 

僕の予想だと

恐らくあなたはBさんを選ぶはずです。

 

(というより、殆どの人がBさんから契約するでしょう)

 

何故ならAさんよりも

昔から知っているBさんの方に

 

・安心感

・信頼感

 

を、感じているからであり、

その安心感や信頼感こそが

保険加入の「決め手」になっているからです。

 

このように、あなたへの

安心感や信頼感を高めることが、

結果的に商品の売上にも繋がっていくわけです。

 

要は、お客さんと

信頼関係を築くことで

 

・あなたの紹介する商品だから買いたい

・あなたがやっているビジネスだから投資したい

・あなたの作った商品だから申し込みたい

 

という「モノ」ベースでは無く

「ヒト」ベースで成約が取れるようになっていくのですね。

 

つまり

 

「商品そのものでは無く、あなたが好きだから商品を買います」

 

になっているということ。

 

ジャニーズで例えれば

 

あなた=

お客さん=嵐のファン

 

のようなものです。

 

あなた(嵐)そのものが

お客さん(嵐ファン)にとって

「価値そのもの」になっていくわけです。

 

言い換えればDRMは「ファンビジネス」とも言えます。

 

(この「ファンビジネス」は
「今後生き延びていくビジネスの形」

になるので、以下の記事も参考にしてみてください)

【参考記事】

 

アフィリはオワコン?個人が生き延びるための「弱者の戦略」とは
 

いずれにしても、ビジネスで

商品やサービスをしっかりと

成約させていくためにはDRMを駆使し

 

まずはお客さんと

 

「仲良くなる」=「信頼関係を築く」

 

ことを優先させていくことが重要になっていきます。

 

2.DRMで成果が出ない人は「集客属性」を考えてみること

以上のように、お客さんと

信頼関係を構築し、その後に

商品を売っていくのがDRMの基本的な戦略です。

 

DRM戦略を行えば

大概のビジネスは成果が出ます。

 

(少なくとも全く成果ゼロということは無いはずです)

 

ただ、中には

 

「集客、教育、販売の順に実践してるのに、一つも商品売れない。売上が上がらない」

 

という方もいます。

 

もちろん原因は様々なので

一概に言えない部分はあるものの、

 

①集客

②教育

③販売

 

の流れが出来ているのに

成果が伴っていない人の多くは

ほぼ①集客でミスをしています。

 

最初の集客の段階を間違うと

当然ですが、②教育や③販売に

スムーズに繋げることは出来ません。

 

 

では集客のどこを

ミスしてるかと言うと、

 

そもそも「集めるお客さんの層を間違っている」ケースですね。

 

つまり、あなたが集めたい、

教育して商品販売したい属性に

合った集客が出来ていない場合です。

 

属性を間違って集客してしまうと、ビジネスは面白いほどうまく行きません。

 

例えば

 

「薄毛で悩んでいる人にダイエット商品を薦める」

「お金を稼ぎたい人にスピリチュアルセミナーに誘導する」

 

みたいに、

 

お客さんの求めるもの(需要)と

あなたの情報発信(供給)が食い違ってる場合。

 

そもそもお客さんの

求めている情報じゃ無いし、

需要の無い商品を売ったとことで

リアクションがあるはずもありませんよね(^^;)

 

 

まぁ極端な例でしたが、

DRMで集客しているのに

そこから先の成果が出ないのは

 

「あなたとお客さんの需要と供給がマッチしていない、属性が合っていない」

 

ことが殆どなのです。

 

お金稼ぐための情報発信と

一言で言っても、稼ぎ方は様々で

 

・アフィリエイトで稼ぎたい層

・ネット転売で稼ぎたい層

・FXや株式投資で稼ぎたい層

 

と、色々な方法があり、

その層にマッチした情報発信が必要です。

 

アフィリエイトで稼ぎたい人に

転売で稼ぐ情報を伝えても響きません。

 

「アフィリエイトで稼ぎたい人にアフィリエイトで稼ぐための情報発信を行うことではじめて、あなたとお客さんの需要と供給がマッチする」わけです。

 

以上のように、DRMを活用して

ビジネスで収益を出していくためには

 

集客するお客さんの属性が

あなたの発信する情報とマッチしてるか?

常にチェックしていくことが大切になります。

 

3.「一貫性のある情報発信」がDRMで成果を出す秘訣

ここまででDRMは
 
・お客さんとの信頼関係を築くこと
・集客したいお客さんの属性をマッチさせること
 
が重要だとお伝えしましたが、
もうひとつ「押さえておきたポイント」があります。
 
それが
 
「一貫性のある情報発信」を徹底して行うこと、です。
 
要は、アフィリエイトで稼ぎたい人に

転売で稼ぐ情報を伝える、、、みたいな

主張がブレブレな情報発信をするのでは無く、

 
・アフィリエイトで稼ぐブログならアフィリエイトで稼ぐための情報発信
・ネット転売で稼ぐブログならネット転売で稼ぐための情報発信
・FX/株式投資で稼ぐブログならFX/株式投資で稼ぐための情報発信
 
といったように
 
あなたの主張に「軸」を持たせ、情報発信していくことです。
 
 
つまり、あなたが
情報発信していく上で
 
「何を目的としていて、それを誰に伝えどうしていきたいのか?」
 
を明確化して発信し、
それを貫いていくことが重要だということ。
 
お金を稼ぐにしても
 
「アフィリエイトで稼ぐのが一番(だからアフィリ商品を薦める)
「ネットで転売で稼ぐのが一番(だから転売教材を薦める)
「FXや株式投資が一番(だから投資スクールを薦める)
 
入り口(集客)と出口(販売)までの
一貫した主張を持ち、それに沿った
情報発信をしていくことが大切なのですね。
 
なお、この一貫した主張を持ち
情報発信している好例があります。
 
それはテレビやネットで
企業が流すCM(コマーシャル)です。
 
実はCMというのは
30秒前後という短い時間に
企業側の主張がまとまったDRMの好事例です。
 
例えば、以下は
やずやの”にんにく卵黄”のCM。
 
たった30秒ほどのCMですが、
お婆ちゃんが毎日の活力として
にんにく卵黄を飲むシーンと商品紹介、
最後に「0120~」の番号が流れて終わります。
 
 
①お婆ちゃんがにんにく卵黄を飲む
 
 
②にんにく卵黄の商品紹介
 
 
③販路(電話番号)アピール
 
 
 
これは、
たった30秒の間に
 
①健康を維持するために健康食品が大事
②そのための商品として「にんにく卵黄」をアピール
③にんにく卵黄を買うための販路(電話番号)を紹介
 
という
 
「健康を維持するには”にんにく卵黄”を飲むと良い。」
 
という、一貫したメッセージを
維持したまま購入販路まで示し、
 
「最後にはお客さんのアクション(購入)まで促す」
 
という仕組みになっています。
 
そうやって見てみると
CMってDRMの仕組みを使い
 
①集客(集めたい属性を集め)
②教育(商品の必要性を語り)
③販売(お客さんに購入アクションを起こしてもらう)
 
ために、非常に考えられた
よく出来た宣伝媒体だと思います(^^;)
 
 
なので、
今からはCMを
 
「これは誰に対し、何を伝えたくて作ったものなのか?」
 
という視点で見ることで、
DRMの仕組みと流れを学ぶ
練習台として活用していきましょう。
 
大体が
 
①導入 (興味がある人を呼び込む)
②主張 (その人に対してメッセージを送る)
③結論 (商品やサービスの紹介や販売)
 
以上の流れで
作られていますので。
 
だから、この構成をマネしていくことで
 
①導入 (ビジネスに興味ある人をブログに呼び込む)
②主張 (記事で、その人に対してメッセージを送る)
③結論 (商品やサービスの紹介や販売)
 
このようにネットビジネスに
活かしていくことも出来るようになります。
 
 
以上、DRMを活用し
 
1:集客したいお客さんの属性をマッチさせ集客し
2:お客さんに一貫した主張(情報発信)をして信頼を築き
3:そのお客さんに対してセールスを仕掛けていく
 
この3ステップを実践することで
ビジネスで収益化しやすくなりますので、
是非とも学び実践してくださいね(^^)
 

では今回はココまで!

 

カズでした。

Ameba人気のブログ