サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

diva

SCARLET DIVA
監督: アーシア・アルジェント
音楽: ジョン・ヒューズ  
出演: アーシア・アルジェント、ジーン・シェパード、ヴェラ・ジェンマ、ジョー・コールマン、ダリア・ニコロディ
2000年 イタリア映画



イタリアン・ホラーの巨匠ダリオ・アルジェントの実娘、アーシアの初監督主演作品。
セレブな生活を送る女優の裏の顔、孤独と不安を描いた作品です。
まあ、作品的には可もなく不可もなくという感じです。
正直、以前この映画をDVDで観たとき、途中で寝てしまった。
初期アーシア出演作品には付きもののサービス・ショットもあります。
子供と一緒に観てはいけません。
親父のダリオが製作していたり、実の母親ダリア・ニコロディが作品中でも母親役を演じていたり、
身内でアットホームに作られた作品って感じです。
内容はちょっとヘビーだけど。



音楽はあのジョン・ヒューズ監督の息子ジョン・ヒューズ(3世)。
ミュージシャンであり、シカゴのインディ・レーベル、ヘフティ・レコードのオーナーでもあるそうです。
本作のキモはなんといっても、
ポストロックの雄、トータスのリーダーであるジョン・マッキンタイアが全面参加していることでしょう。
サントラ全編を通してベースとなるのは、一時流行ったシカゴ音響系独特の空気というか、浮遊感のある
アバンギャルドな音です。
ビブラフォンの澄んだキレイな音が、クリアで研ぎ澄まされた雰囲気を醸し出しています。
シカゴ音響系の特徴は、空間的な音の隙間すらを音楽の一部に計算しているかのような、
カスカスでエコーたっぷりの音像でしょう。
とても口数の少ない音です。
ダブばりのお風呂場エコーがかかった中で、
キコキコ言ったり、ポコ・・・・ポコといった奇妙な音が入るというはっきり言って変な音楽です。
好きな人にはたまらない音だと思いますが、万人受けはしないでしょうね(^_^;)
かなりユルイです。
昔の実験映画のBGMみたいです。
当然、明確なメロらしいものはありません。
環境音で構成されたサウンドエフェクトという感じですかね。
この手の音は、アーシア・アルジェントの趣味だそうです。
お父さんはゴブリン好きだったのにねえ。
親子でも趣向はかなり違うみたいです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



FLYBOYS
監督:トニー・ビル
音楽:トレヴァー・ラヴィン
主演:ジェームズ・フランコ、スコット・ヘイゼル、ジャン・レノ、マック・マクドナルド、フィリップ・ウィンチェスター
2006年 アメリカ映画



まだ公開前の作品なのですが、これまた戦争ものです。
第一次世界大戦でのイギリス対ドイツの複羽機の戦いがベースになっています。
主人公はイギリスに渡ってドイツとの戦いに参戦したアメリカ人パイロットという設定のようです。
雰囲気的にあまり重いテーマではないようです。
監督のトニー・ビルという人はわりとハートフルなドラマなテレビシリーズを手がていた人のようです。
あ、それから若手に混じってジャン・レノが出てます。
日本で公開されるのかどうか分かりませんが、CDは輸入盤を扱っているところでは結構見かけます。



音楽はトレヴァー・ラヴィン。
全体を通じて戦争映画っぽい派手なスコアではありません。
どちらかといえば、アイリッシュテイストを織り交ぜながら、高らかに歌い上げる感じの感動系のスコアです。
曲名にbattleとかdogfightとかついていても、激しくなりすぎずわりと控えめなスコアになっています。
一連の度派手なRC系のスコアに比べると、かなり控えめな印象です。
ですが、時折ミリタリー調のスネアが入ったりするので、ウォーミュージックとしての雰囲気はあります。
アイリッシュっぽいリコーダーの音や乾いたスネアの音がむしろ軽快なイメージを与えています。
これをこれでなかなか良いのではないという感想を持ちました。
以前紹介した「THE GREAT RAID」と近い位置にあるスコアです。
トレヴァー・ラヴィンの新機軸といった感じでしょうか。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

flags



FLAGS OF OUR FATHERS
監督: クリント・イーストウッド
音楽: クリント・イーストウッド
出演: ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、ジェイミー・ベル、バリー・ペッパー、ポール・ウォーカー
2006年 アメリカ映画



イーストウッドの最新監督作品。
しかも戦争映画。こんな映画が製作されていたなんて全くのノーマークでした。
東京国際映画祭が始まるまで、全くこの映画の存在を知りませんでした。
で、あわてて公開2日目に見に行っちゃいました。
東京にいるとこういうメリットがあるからいいんですよね~。
太平洋戦争の激戦地として知られる硫黄島での戦いを日米双方の視点から描いた2部作の第1弾。
硫黄島に星条旗を立てる6名の兵士を写した有名な写真の裏に隠された、帰還した3名の苦悩等を描いています。
結局、兵士は使い捨てだという痛切なメッセージが込められています。
「プライベート・ライアン」を凌ぐ戦闘シーンは、基本的に兵士の頭の中のフラッシュバックという形で出てきます。
だから突然戦闘シーンに変わったりして、訳が分からなくなりそうになりますが、
「クラッシュ」で群像劇を演出したポール・ハギスの脚本がしっかりしているので、紙一重のところで統一感を持たせています。
でも旧来の戦争映画ファンとしては、時系列を無視して本編のあちこちに埋め込まれた戦闘シーンの断片にはちょっと閉口してしまいました。
せっかくの迫力ある映像なのでもっとまとまった形で見せて欲しかった。
CGも多用しているハズですが、上陸シーンでの戦闘は凄まじかった。
続編にあたる日本側から描いた「硫黄島からの手紙」も期待してます。
12/9公開だそうです。これも楽しみです(^_^;)



音楽はこのところ自分で作曲することに味を占めてしまったような感のあるイーストウッド御本人。
う~ん、今回もよく言えば哀愁のメロディ、悪く言えば単純でクサイ赤面系のメロディ。
イーストウッドはミュージシャンの経験もあるはずなので、それなりの曲を作れると思うのですが、
どうも映画音楽となると「許されざる者」系のちょっといたたまれなくなるような曲を作ってしまうようです。
この手のメロは聴いていて気恥ずかしくなるのは、僕だけでしょうか。
まあ結局は好みの問題だと思いますが、僕は大好きなイーストウッドの唯一苦手な部分です。
シンプルなメロが基本で、これが劇伴にも反映されています。
スネアの入った戦争映画っぽいアクション・スコアは2曲のみ。
編曲とオーケストレーションにイースウッド作品の常連レニー・ニーハウスが協力しています。
他に当時のスタンダードやスーザのマーチ、息子カイル・イーストウッドらの演奏によるジャズ・ナンバーが入っています。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。