長女のことで思い出したこと | 母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

たくさんのブログの中から訪問して頂きありがとうございます。
私と一緒に心のブレーキを外して生きづらさを手放していきませんか?

*心屋リセットカウンセリングマスター
(心屋塾マスターコース34期2015年卒)

心屋認定カウンセラー

 

じゅんです。

 

 

 

 

 

 

今週は、

 

夫と日帰り温泉に少し遠方まで行き

 

次女とは映画「アナと雪の女王2」を観に行きました。

 

 

 

 

ずっと忘れていたんだけど

 

アナ雪を観に行って思い出したことがあります。

 

 

 

 

2014年3月に公開された

前作のアナ雪も次女と観たけど、

 

あの頃は心屋と出会う前で

長女がまだとても苦しかった頃。

 

 

 

その日、

本当は長女も行くということで

3枚チケットの予約してたんだけど

 

長女が直前になって行かないと言いだし

次女と2人で行ったんだよね。

 

 

 

image

 

 

 

行くって言ったのに。

 

行くって言うからチケット取ったのに。

 

長女だけ置いていって心配するより

(気分のアップダウンが激しかったから)

 

一緒に行く方が私が楽なのに。

↑まぁこれが1番の理由だったよね…

 

 

 

口には出さないけど

こんなこと思ってたなぁ。

 

バレてただろうけどあせる

 

 

 

そして今思えば、

娘はただ行きたくなかったんだよね。

 

それだけのこと(笑)

 

 

 

 

ディズニーがずっと大好きな次女と私に

長女は合わせてくれてたのかもだし

 

自分だけ行かないって

言えなかったのかもしれないし

 

一人になりたくなっただけかもしれない、

 

 

 

うん、わかんない。

 

 

理由はなんだってよかったのにね。

 

 

 

 

今なら

 

行きたくなくなったんだねって

 

それだけで終わることが

 

あの頃はそう思えなくて、

 

ドタキャンした娘に落胆や苛立ちを感じたなぁ。

 

 

 

あ、今なら気が乗らなければ

最初から行かないって間違いなく言う娘だわ(笑)

 

 

 

 

image

 

 

 

世間が揃って

 

ありのままでと言ってたように

 

私も娘が少しでも楽になればと思って言ってたけど、

 

私自身がありのままの自分を認めてなかった。

 

 

そんな私に言われてもね(笑)


 

 

 

私は自分も娘も見張って常にジャッジしてたし

 

娘は私の目を気にして良い子で頑張ってくれてた。

 

 

お互いいっぱい無理してた頃のことです。

 

 

image

 

 

娘のあの頃のように

 

 

母親を悲しませないためには

 

どうすればいいのかが

 

お子さんの人生の真ん中になることがありませんように。