下請け魂‼

下請け魂‼

一生懸命働くお話です

Amebaでブログを始めよう!

「昨日の総会でも見てみいや。乾杯がおわったら銀行は最初に誰のところにいったかいや!?」

「さあ?そこまでは気にしてないですから。」



鉄骨に板金を直貼りした平屋の古い事務所の片隅で、社長は可愛がっている車屋の専務に、ニヤリと笑いながら言い放った。



「ワシんところいや。」

「うん、さすが社長!!」



二人はまるでドラマの掛け合いか漫才のネタのように、こなれた会話を続けた。



「銀行マンは自分にとって、一番大切な客から挨拶に廻るけえの。」

「なるほど、そういったモンですか?」



社長は専務の言葉尻を捕まえて間髪入れずに言い返した。



「そういったモンじゃないいや。おまえ、あほみたいに会費払って、あほみたいに総会に出て、なんも見んと帰ったら、金がもったいなかろうが。」

「さすが社長、勉強になります。」



どこかの解体現場から拾ってきたようなソファーに腰かけた二人の傍で、事務机に座っている経理が、黙々と電卓を叩いていた。



「ええか、安い仕事なら誰でも取れる。じゃけど仕事は高く取らんといけん。それが自営業ちゅうモンじゃ。」

「でも。どうやって高く取るんです。」

「そりゃ、自分の魅力を上げることいや。ええか、男の魅力っちゅうのはのう、・・・・」





古くて狭い事務所で、社長の演説の合間に、電卓を叩くカタカタという音が、社長の独演会の相づちとなって事務所内を席巻し続けていた。