中日公演続き その2

テーマ:

ここまで引っ張って引っ張ってきましたが、今回が最終です。

その他の配役の中で何人かピックアップいたします。

 

ブラッドフィッシュ役はれんた(如月漣さん)

れんたはこういうお役が合っているなあと思いますにっこりキティハート

大劇場公演とかでは時々どうして!?*えっえっというポジションなことがあるのですが、別箱公演だと人数が減る分重要な役割を担うことが多いので個人的にとても嬉しいです♪*

紅さんがトップになられてから、またれんたのポジションが戻った気がしていますが、どうでしょうか・・・・・・・

こういう役者さんは絶対必要なのでこれからもご活躍していただきたいなと思いますハート

 

ロシェック役はひーろー(ひろ香祐さん)

スター候補いっぱいの無敵艦隊95期の中で、ひーろーは脇役もできる貴重な存在。この学年でこれだけ老け役がハマる人はいないと思っていますし、ひーろーは歌もダンスもお芝居もオールマイティ―ですが、お芝居がお好きなんだろうなと感じます、心が伝わってくる、セリフがなくても動作や表情などで伝わってくるし、存在感もあるし。

今回のロシェックは決してセリフが多いわけではないですが、見せ場としては、秘密の道を通ってルドルフのお部屋へマリーを案内する場面。私が観劇した日は客席のドクトルジバコ組やディナーショー組を標的にいじっていましたよ笑

お芝居のラスト近く、ルドルフを逮捕しにたくさんの士官が押しかけてきて、ルドルフ以外の人間は部屋の外に出されてしまう時のロシェックの悲しげな不安げな表情が切なく感じられました。大切なルドルフを守りたいのに守ることができなかったはがゆい想いやら、無念さもあったのだろうなぁと思います。

これからもひーろーには老け役も何でもできるよという強みを武器に星組の戦力として頑張って欲しいですハート

 

マリーをルドルフの所に案内するルドルフのいとこのラリッシュ伯爵夫人役の娘役さんが初めわからなく、でもとてもよく通る声でセリフも明確で華やかな雰囲気の人だなあと思って、休憩時間にパンフレットを見ると『七星美紀』さんとありました。99期生の方で、まだお若いのでしょうが落ち着いた演技でルドルフの貴重な協力者を好演されていました。

これからの公演でもまた下級生で注目する生徒さんが増えましたわーい

 

大劇場と違って別箱公演では今までよく知らなかった生徒さん(下級生)が重要なポジションに抜擢されていて、この人歌上手いなあとか芝居心のある人だなあとか発見できて楽しみが増えますポッ

 

他にもマリーの乳母役は澪乃桜季さん・98期生なのに乳母役なんだぁとか、宙組から組替えで星組生となったりらちゃん(華雪りらさん)がマリーのお姉さんの役で、星組にきてすぐにお役がついて、組替えが吉となるのかびっくりマーク

りらちゃんは宙組の時から可愛いなあと注目していた娘役さんです、なのでこれからどんどんとお役がついて、ポジションが上がっていって欲しいなぁと願っていますお・ね・が・い

 

ひっぱってひっぱってようやくここまで書きましたが、中日劇場に日帰り遠征して満足でしたハートえっ・・

 

最後に私の中日劇場の思い出を。まだ中学生だった時の夏休みに初めて遠征というものをしました。

当時のご贔屓さんの会のお姉さん方と一緒に1泊で行った記憶があります。当時『宝塚ふあん』という、新聞みたいなのがあって、同じスターさんが好きな文通してくれる人募集とか読者の伝言版のようなページがあり、私のご贔屓さんのファンという方にお手紙を送ってそこから文通が始まりました。三重県に住んでおられたので、中日劇場に行くことを手紙に書いて劇場の入口でご対面を果たしました。そんな若かった頃から折々に中日劇場に遠征し、かなめちゃん(凰稀かなめさん)の『ロバートキャパ』とか、みりおちゃん(明日海りおさん)のベルサイユのばらとか色々な公演を観に行きました。

そんな劇場がなくなるのは淋しいです><;

そしてもうひとつ鮮明に覚えているのが、中学生だったか高校生だったかに暗転の中2階席の後方から前の方の席に移ることになり、移動中に階段を踏み外して上から途中まで「ダァァァァァ」っと転げ落ちていったことですガーン幸い怪我もなく普通に観劇しておりましたよわははこれも懐かしい思い出となりました。

 

今回はお土産に『宮きしめん』を買って帰ってきました(きしめん好きなんですうふっ

 

さあ次回は『今更ポーの一族なに』の予定ですにこ

中日劇場公演続き

テーマ:

さて、前回の続きでございます。

 

ジャンサルヴァドル大公のかいちゃん(七海ひろきさん)

まず軍服がよくお似合いでもうそれだけで大満足ですらぶ1らぶ1

何度も申しますが、星組に組替えしてからのかいちゃんは本当に男らしくカッコよくなられて、今回はこっちゃん(礼真琴さん)が不在なので2番手扱いだしおっけぇ~い。ベニー(紅ゆずるさん)との軍服姿の並びは眼福でございましたきらきらキラキラハートキラキラハート

かいちゃんのジャンはよりルドルフに近しい親しいという雰囲気があって、最後マリーと心中してしまったルドルフからのお手紙を読んでいるジャン(かいちゃん)は辛そうで苦しそうで、いつもこの場面ではグッとくるのですが、より胸がいっぱいになって涙が出ました涙涙

ミリーのはるこちゃん(音波みのりさん)はいつもジャンにそっと寄り添いつつも、ちゃんとわきまえていて、彼女にするにはもうこの人しかいないです!!

ジャンとの並びも美しく見ているだけで幸せはっぴークローバーお2人の背のバランスが私的にはぐぅ~。

『宝塚おとめ』によりますと、かいちゃん173cm、はるこちゃん160cmだそうで、昨今背の高い娘役さんが多い中、男役さんと並んだ時、寄り添った時のバランスがちょうどいい雰囲気でやっぱり最高きゃっきゃっ

 

専科から特出のかちゃ(凪七瑠海さん)はルドルフからすると敵役のフリードリヒ公爵役、去年の公演に引き続き星組さんに。かいちゃんとは同期ですね、じゅりぴょん(樹里咲穂さん)曰く『美人の期・89期』で、かちゃは首席だったなあ~

ルドルフを排して自分の甥っ子のフェルディナンド大公(極美慎さん)をオーストリア皇帝にしようと目論んでいて、ツェヴェッカ夫人を使ってルドルフの動向を探らせている悪い人です。ルドルフの御父上である皇帝フランツにも告げ口しちゃうしやれやれやれやれ

でも歴史上ではその後次期皇帝候補となったフェルディナンド大公は奥方と訪れたサラエボでセルビア人によって暗殺されてしまうんですね、世界史で習った第一次世界大戦のきっかけとなった【サラエボ事件】です、そしてその後ハプスブルク家は崩壊し、オーストリア帝国も消滅してしまうんですね。

 

いやあ宝塚は様々な歴史もお勉強できていいですねニッコリ  ぱああ

 

フェルディナンド大公は極美慎くん(「くん」で呼びたくなるんです)まずスラっとしていて顔ちっちゃい*!!!爽やかな感じの男役さんです。オペラグラスで観ていていつも思うのですが、若き頃の元雪組トップスター壮一帆さんに面差しが似ているなあ。気になる男役さんなので今後のご活躍にも注目と期待していますハート

 

ルドルフの奥方ステファニーには星蘭ひとみさん。大人っぽい綺麗なお顔立ちなのですが、ちょっとまだ演技とかセリフ回しに硬さが感じられます。あーちゃん(綺咲愛里さん)のマリーと対峙するにはまだ経験不足感があるのは否めないかなぁしゅん

 

ルドルフの御父上、オーストリア皇帝のフランツ・ヨーゼフにはぽこちゃん(十碧れいやさん)。ぽこちゃんも長身に皇帝のお衣装がよくお似合いで、白髪まじりでお髭もつけてダンディーな皇帝でなかなかの好演でした。

ぽこちゃんと云えば、『アルカサル王城』以来どんどんよくなって、お歌も上手くなっていらして益々これから楽しみだわと思っていた矢先の退団発表で正直残念でなりませんガーン

さすがにエリザベート皇后役のゆず長さん(万里柚美組長さん)と並ぶと、エリザベートが姉さん女房に見えてしまったのは致し方ありませんあちゃー

 

さて他の気になるお役の方々についてはまた次回(またまたひっぱるなあと・・・)

 

色々と記憶を呼び覚ましておりますので、よろしければも~少しお付き合いいただければ嬉しいですペコリ

 

 

ゴールデンウィークも1週間前に済みましたが、皆様いかがお過ごしですか?

 

いつものことながら世間で皆様が休んでおられる時は、もれなくお仕事をしておりましたフラフラ・・・

 

前回のブログでは星組のかいちゃん(七海ひろきさん)の事を書いていましたが、かいちゃん繋がり(無理やり?)で永きにわたり宝塚歌劇を公演してくださっていた中日劇場の事を・・・

 

皆様ご存知のように名古屋中日劇場は、中日ビルの老朽化に伴う建て替えの為、宝塚としては星組公演が最後の上演となりました。

中日劇場の宝塚歌劇のラスト公演が星組さんで『うたかたの恋』を上演、尚且つ主人公ルドルフ(紅ゆずるさん)の従兄弟のジャン・サルヴァドル大公をかいちゃん(七海ひろきさん)が、その恋人のミリーをはるこちゃん(音波みのりさん)が演じられると知って、絶対見る!!と息巻いていたのですが、すっかりチケットぴあの先行抽選も忘れていて、気付いた時には既に一般前売りも始まっていて「あちゃ~~え゛!え゛!泣泣」と慌てて自分のスケジュールと空席のある日を照らし合わせたら、B席が何とか確保でき無事に観劇することができましたやったーウキウキウキウキ2階席の後ろから3番目くらいのお席でしたが観られるだけで幸せなので贅沢は言えませんわーい(最近は七海&音波コンビがお気に入りですWハートWハート

チケットがゲットできたのですぐに新幹線のチケットも購入してウキウキワクワクしながら名古屋に向かいました700系

 

その日は1階席には『ドクトルジバコ』組とまこっちゃん(礼真琴さん)のディナーショー組がご観劇のようでした(何せ2階後方席では1階席の様子が全く見えず、1階客席から聞こえる拍手とざわめきで「誰か生徒さんが来られているのかな?」という感じだったのですが、お芝居の中でドクトルチームとディナーショーチームの事を言ってらっしゃったのでわかった次第です汗

休憩時間にロビーで唯一ディナーショーチームの二条華ちゃんを見かけましたハート

 

『うたかたの恋』は初演の麻実れいさん、遥くららさんのゴールデンコンビの時から大好きな作品です。何度も再演されていますが、やはり私の中ではゴールデンコンビが殿堂入りですハート白い軍服が一番お似合いなルドルフならやっぱりかなめちゃん(凰稀かなめさん)ですハート(大劇場の千秋楽で軍服で大階段を降りて来られた時にはビックリしましたが。シルエットでもしかしてぐ・ぐ・軍服びっくりマークびっくりマークびっくりマークびっくりマークの衝撃と言ったら・・・頬の筋肉ゆるんでニマニマしてしまいましたムフフ

 

ベニー(紅ゆずるさん)のルドルフはもうマリーに対して優しい優しい(2回繰り返して言う)接し方も優しいし話しかけ方も優しい、ひたすら優しいルドルフだなあと感じました。ベニーの軍服姿って今まで見たことなかった気がしますが・・・(それも真っ白なの)メイクも何となくいつもよりふんわりした感じだし、マリーと出会ってルドルフがどんどん変わっていく様子が物凄くダイレクトに感じられて、新しい作り方のルドルフだなあと思いました。

 

あーちゃん(綺咲愛里さん)のマリーは今までのマリーよりもっと幼く感じられて(セリフの言い回しもおっとりゆっくり系だし)あーちゃんはどちらかと云うとベニーよりも地声が低い印象があるので、一生懸命裏声で頑張っているなあとムフフ思いました。でも可愛いだけのマリーではなく、マリーの中の何気に芯の強い部分も垣間見えました。どちらかと云うとマリーの方がルドルフをリードしているように思えるところもあり、最初と最後にある舞踏会のシーンのあとの方でルドルフのお妃様のステファニー(星蘭ひとみさん)に無言で睨まれている時のマリーは、視線を一切外さずステファニーを見るのですが、ステファニーには負けていない位の強い視線なのです。今までのマリーってあそこまで強い視線だったかなぁと、あーちゃんのマリーに新しいマリー像を見た気がしました。

 

さて、かいちゃん(七海ひろきさん)のジャンについてはまた次回(ひっぱるなあ・・・・)

 

パソコンの画面必死で見ていたら、だんだん乱視がひどくなったような感じで何重にも見えてきたので、ちょっと一休みしてからということにいたします三つ指ごあいさつ