具体的に書きます

テーマ:
何故、僕が高校生にこだわるかを書きます。

1.金銭面
前のクラブの月謝2万6千円から、これから三年後を計算します。

2万6千円×12ヶ月=31万2千円

31万2千円×3年=93万6千円

学校に使う金銭は詳しくは知りませんが、全体では100万以上になると僕は計算します。

生活費などを入れても200万にはならないと僕は思います。

僕は修学旅行は親の負担額を減らす為に行かなくて良い考え方です。

僕はその他もギリギリで良い考え方です。

僕は節約は得意です。

僕は制服もバックも何でも中古で良い考え方です。

少し小さいと言われたので、プロテクターだけは変えれるとありがたいです。

修学旅行中は後輩と一緒に練習できると、個人的にもありがたいです。

それに家電も買わなくて良いと思います。

聞いた話では食材は寮に送られてくるから、時間もお金も残せると僕は思います。

勿論お金は必ず最後には親に返す考え方です。

2.練習時間

学校なら休み無くがなく365日練習ができると僕は思います。

クラブは休館日や何曜日が休みがあるけど、学校は無いと僕は思います。

朝練もあると僕は思うので練習時間も長くなると思います。

もしかしたら、休み時間もやれるかもしれません。

夜もギリギリまで、やらせて貰えると僕は思います。

何より土日に午前から練習が始められるのが、僕にはかなり大きな事です。

3. 指導面も、練習面も、安全面も、環境も最高です。

選手も居るのだから、目からも、耳からも、学べる事が多いと僕は思います。

まだ僕は先になりますが、離れ技をやる時の安全面も高いと思います。

4.移動時間

学校の近くに住むから、時間の節約になります。

自転車も必要が無いと僕は思います。

天気の影響も少ないと僕は思います。

5.学力面

たくさんの本が近くにあるのだから、早く自分で調べられるからありがたいです。

いろんな選手や先生が居るのだから、直接に聞くことができると僕は思います。

器械体操のルール本や技表などの個人では手に入りにくい物が読めると僕は思います。

保健体育科は応急措置とか選手に必要な力が直接に学べると僕は思います。

身長も計れると思います。

もしかしたら、大学の参考書も見れると思います。

教科もその他の大切な部分も、体験からも、話からも、たくさん聞けると思います。


6.精神面

大会に必要なメンタルや人との触れあいから学ぶメンタルも学べると僕は思います。

出会いも多いと僕は思います。

他にも貴重な事はたくさんあると僕は考えます。

一流になるか三流になるかはこれからの自分の努力次第だと僕は考えます。

これらは個人的な意見です。

それらの真面目な考え方から、僕は高校生活が最高に素敵だと思います。

強い選手を目指すのだから、厳しい世界に己を置いて精神力も肉体力も磨くのが良いかと僕は思います。

僕は昔から冷静に将来を考えてます。

ごめんなさい。

夢を今から叶えます。

クリックするとランキングに反映される仕組みであります。
左上のボタンも全体的に押して貰えるとありがたいです。

恐れ入りますが、一日一回クリック宜しくお願い申し上げます。↓


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

体操競技 ブログランキングへ