絵手紙糸車の会で参加した万燈会 6:30に迎えに来て貰い

車の中も 話が止まらない 仲間は良いです

東の空には 丸いお月様 いいねえ~

出掛けることが こんなにも 心を ウキウキ させてくれるのですね

 

宝積寺に着くと 車がいっぱい でも案内の人が チョット待っていれば

車が 置けるからと 言ってくれて すぐに良い場所に置けてラッキー

今年は 令和の文字が 灯されていました

私達の絵手紙は 本堂の前に いつもの様に並んでいました

他の絵手紙仲間とも合流して ゆっくりと鑑賞 その後は

宝積寺の本堂の中を 檀家さんに案内してもらいました

曹洞宗は 織田信長の孫 織田信良候が 小幡藩の藩主となり

菩提寺としていたそうです

立派な仏像や 天井絵などを 見せて頂きました