SABAR食べ比べと、念願の人気No.1ミルフィーユ | 幸せグルメブログ@Singapore

幸せグルメブログ@Singapore

食べることが大好き、食へのこだわりと好奇心が人一倍な私が、食べて幸せを感じた食べ物やお店たち、またシンガポールでの暮らしを記録しています♪

予約していたCHEF YAMASHITAのケーキ、無事に受け取ってきましたキラキラ

 
ついでに100amに寄ってドンキでお買い物&お昼ご飯の調達音譜
 
 
まずはらんらんさんのブログを見てずっと食べたかったSABARのさば寿司ラブ
 
この3種で悩んでいたら、
珍しくお買い物に同行していた夫が
「全部買って比較しようお願い」と言い出す。
 
でた、比較大魔王!
 
 
確かに私も色々と試してみたいタイプですが、夫はそれ以上に好奇心旺盛で。
(夫がやりたかった検証がそれを物語っている)

 


初めて行くお店では、気になるものをとにかく色々頼む。
何事も同じ条件下で比較しておけば、次回以降悩まずベストな選択ができる!という論理らしい。
 
 
夫は自分がベストと思ったメニューをずっとリピートするタイプなので、それが1番効率が良いんだと思います。
 
私は毎回メニューを変えることが多いので初回にそこまで頑張らなくて良いのですが…夫が幸せそうなので良しとしていますねー
 
 

 ということで、全3種食べ比べ。

上   とろ鯖棒寿司 13.8ドル
左下  松前風とろ鯖寿司 13.8ドル
右下  焼きさば寿司 10.8ドル
 
 
全部とっても美味しくてビックリ!!
順位をつけようとしても、全部それぞれが美味しいので難しい…
 
とろ鯖棒寿司がまず1番人気らしく、脂の乗った鯖の表面をバーナーで炙られており、香ばしいのにしっとり。
松前風とろ鯖寿司は、薄い昆布に巻かれて旨味はあるのにサッパリあっさりした味わい。
焼きさば寿司はしっかり焼かれているのにパサパサせずジューシー、挟まれたしいたけの甘煮との相性が抜群。
 
 
〈結論〉
  • 口の中で脂がとろける味わいがお好みならとろ鯖棒寿司。
  • スッキリ爽やかな味わいがお好みなら松前風とろ鯖寿司。
  • ジューシーで濃い目な味わいがお好みなら焼きさば寿司。
 
私は僅差ですがとろ鯖棒寿司が好みかな〜という感じでした照れ
 
 
 
夫の選んださぼてんランチ。
いつも2人前のこのセットをペロリとハッ
 
私はこちら。
うにがどうしても食べたくて…
沼津魚がし鮨の予定が、ランチタイム過ぎてcloseだったので無念のドンキ。
 
 

そして本日のメイン、ミルフィーユ!!

通常40ドル、キャンペーン期間予約だったので34ドル。
 

可愛すぎる見た目…ラブラブ
 
美味しすぎて断面撮り忘れたのでお店のHPから。
パリパリのパイで挟まれた中に、たっぷりのクリームとふわふわスポンジ。
 
あぁ、やっぱりこれも美味しいラブラブ
 
ミルフィーユって重めのカスタードクリームが入っていることが多いですが、
こちらは軽めのクリームなのでパクパクいけてしまって危険です照れ
 
 
ついでにMt Fujiも。
チョコレートケーキベースのモンブランって珍しい音譜
ふわふわ軽い系のモンブランを食べたの初めてかもラブ
 
 

全部とっても美味しいのですが、
個人的にはショートケーキが1番絶品な気がします!!
 
クリームもスポンジもとっても繊細な味なので、それが一番際立つようなキラキラ
 
 
また早く食べたいな〜音譜音譜