親父の横顔に似てきたな | ジャズについて話そうか
2014-08-13 01:26:26

親父の横顔に似てきたな

テーマ:JAZZとサックスの話
2日前に、青山のブルーノートに
ぼくの講座のライブ鑑賞の打ち合わせに行ってきたよ。


今回は、サンケイリビング新聞社のシティリビングのジャズ講座の
皆さんと一緒に行くライブをってこと。


白羽の矢がたったのが、この人!
カイル・イーストウッド。






この人の横顔、誰かに似ているなって思ったひと
結構映画が好きかもね。


「ダーティー・ハリー」や「許されざる人」が印象的な
おとこくさい(良い意味で)俳優&監督の
「クリント・イーストウッド」そっくりだよね。


だって、息子さんなんだもの。


こうして、ブルーノートの担当のタイハクさんから
いただいたおっきな宣材写真でみると
一目瞭然だね。


彼、クリントの息子カイル・イーストウッドは
フランス在住の
れっきとしたジャズメンなのさ。


見ての通り、ベーシストってわけ。


9月のライブに、受講生さんと
みんなで一緒に行くことになったよ!
今から楽しみだね。


イケメンだし、音楽はクールな本格派だし、
きっと喜んでもらえると
確信したぼくだった。





カイル・イーストウッド 「ソングス・フロム・ジ・シャトウ」


それにしても、
ぼくは親父がなくなって大分たつけど
そろそろ、親父の横顔に似てきたのだろうか。


何をやっても、
親父にはかなわないぼくだけど
せめて、横顔くらいは似てるって思わないとね。


ぼくにも、ぼくより背の高くなった息子がいて
今は全然似ていないけど
同じように思う日が来てくれたのならば
ちょっとうれしい…


かもね。

大須賀 進さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]