博士の二乗な愛情 | ジャズについて話そうか
2014-05-15 08:20:24

博士の二乗な愛情

テーマ:JAZZとサックスの話
ちょっと前になるんだけど、
僕の開催している無料のJAZZ勉強会(といってもほぼ飲み会)
「ジャズCD交換会」で、興味深いもの交換したよ




Ed Calle 「IN THE ZONE」


エド・カレさんでよろしいんでしょうか。
聴いてみると、よくあるブレッカー調のテナーだな


1曲目「ヤング&ファイン」なんか
まさにそんな感じなんだけど
このCDを持ってきてくれた女性は
大好きなサックス奏者だと
熱くプレゼンしてくれたんだよね


そして、そのプレゼンで驚いたのが
なんとこのエドさんは
数学者だということ


音楽と数学の両建てに大成功している
インテリジェンス値のめちゃ高いお方なんですと


ほーっ、そりゃすごいわ
改めて聴きなおすと


どこまでもブレッカーっぽい演奏に終始しているところも
もしかしたら、数学者的見地から
先人のひも解いた数式に則って
彼なりの(いやカレなりの)
演奏式を展開しているのでは…


と、がぜん面白さが出てきたよ!


いい気持でうち帰ったら、なんとエドのいやカレのCDが1枚出てきた。
持ってることさえ気が付かなかったけど
数学者のJAZZと思えば
違った意味で興味津々!


「トワイライト」って
スムースジャズ、バリバリの
滑らかさ





面白い人教えてくれて
ありがとう!


今ちょっと期間が空いているけど
またそろそろ「CD交換会」始めようと
思ったのさ

大須賀 進さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]