第20回 あじさい祭りが愛知県江南市の琴聲山音楽寺(きんせいざんおんがくじ)で開催 | singerproのブログ

singerproのブログ

読者が作る雑誌「オピニオン」を発行しています。


テーマ:

第20回あじさい祭りが、愛知県江南市の琴聲山音楽寺(きんせいざんおんがくじ)で、今日から6月24日まで開催されます。

早速、今朝出掛けて写真を撮ってきました。
村久野にお住まいの皆さんが音楽寺を守っているんですね。一年を通して当番制で水をやったり、草取りしたり、剪定したり、地道な手入れを続けています。現在は住職がいないので、セキュリティー管理会社が盗難や境内への侵入者を見張っています。
興味深かったのは戦後、円空さんが彫られた木彫りの仏像が本堂の床下に保管されていたことが分かり、音楽寺境内の資料館に仏像を移して展示しているということ。現在は藤まつり期間中の土・日・祝とあじさい祭りの期間中に開館しています。
式典で江南市文化財保護審議会委員長の長谷川公茂氏が挨拶で述べた言葉が印象に残っています。仏像を眺めていると、円空さんが語りかけているのがわかる、円空さんは生涯に12万体の仏像を彫ったと推測され、現在までには約6000体が見つかっているというお話。一人で12万体彫るとなると1日に5〜6体彫ったことになり、神業ですね。
 

長谷川公茂氏は、円空研究の第一人者で、1971年に円空学会を設立し、1981年から2013年まで同学会理事長を務めておられました。全国で見つかっている円空のすべてを訪ね、調査研究している立派な研究者です。
 

歌手の清水美咲さんがオリジナル曲「円空上人(えんくうさん)」を歌っています。

作曲された五月南風先生は亡くなられています。

下記のホームページに歌唱動画を掲載していますので、ぜひご覧下さい。

因みに清水美咲さんは7月22日のシンガープロふれあいライブに出演予定です。

 

http://singerpro.me/box51to100/no63/index.html

 

singerproさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス