街の小さな修理屋さんの日記

街の小さな修理屋さんの日記

日々の色々な事かな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜中に降った 雨の影響なのか?冷えた朝の 京都です。

 

冷えたと言っても 最低気温18度程だったんですがね

身体が 暖かいのに慣れてますので 冷えた様に 感じる

 

2カ月程 前だったら暖かいと 言ってると思いますよ

人とは勝手なもんです。

 

 

 

 

 

さて~

 

 

 

外した キャリパー お掃除、確認、分解

フロントキャリパーから

 

 

 

 

可も無く不可も無い 見た感じではね

 

二枚に開きまして~

 

 

 

 

ブレ―キダスト 堆積するばしょ決まってるんですよ

これは かなり マシな方です。

 

ノーメンテで 車検取得の為の 整備しかしてない車両だったら

2万キロ程度でも もっと酷い事になってますしね。

もちろん ダストが溜まってても 検査ラインでは ブレーキは

効けば OK 多少の引き摺りも ホイル回れば OK ですしね。

 

でも ブレーキタッチは悪いし 効きもイマイチになりますし

微妙なフィーリングも無い

そんな ブレーキ 感 になるんです。

 

それに 大型バイクだと 引き繰り出てても 重いのは大型だから

とか 言ってるのを聞くと なんだかなぁ と

 

例えば 車検時に ここまでキャリパー分解すると お値段も

上がりますしねぇ

その辺は オーナーさんの 考え方次第なので 強要はしませんが・・・

 

 

話がそれましたので 戻って

 

 

 

 

ブラシと洗剤で ゴシゴシ洗い流していきます。

キャリパー洗浄は 水で十分です。

洗油なんて 必要無いですしね。

 

 

左右共 同じ事をしまして

 

 

 

 

終了です。

 

ピストン コーティングされてますので 耐水ペーパーで磨くのは

御法度ですしね。

虫食いになってたら 交換になりますよ

 

 

リアキャリパーも サポートは車体に残して外しまして

 

 

 

 

パッドプレートに錆が発生してますので 交換するか

 

 

外せる物は外して ピストン抜いたら・・・・

 

 

 

 

固形化手前の物が 育成されてました。

こうなってると フルード通して入れ替えるだけでは 進行止められ無い

分解しないと 分からない事 多しなんですよ

 

まぁ 現状でも ブレーキ握ったり 踏んだりすれば 効きますのでね。

でも 危険は見えない場所で 進行してるのも 事実なんです。

 

 

 

 

方押しキャリパーは スライド関係が 肝なんですよ

ここを 手入れしないで ピストン揉み出ししても 余り意味は無い

 

 

 

 

ブリーダーボルトですが 先っぽが・・・・・

 

 

 

 

非常に微妙です 磨いて使うか? 交換するか?

予算制限が無ければ 悩まず交換なんですがね・・・・

 

何故 交換か? テーパー部がねぇ

 

 

リアキャリパーも ゴシゴシ

 

 

 

 

中に有った ゲル状の フルード残骸です。

これが 更に固形化して ピストンが動けなくなって ロックする・・・

 

ロックする事は 少ないですが可能性は 大きいですよ

本来は 有ってはダメな物なんですしね。

 

 

洗浄確認終了

 

 

 

 

今回のは 結果から言いますと かなりマシなキャリパーでした。

 

後日 組んでいきましょうかね。

 

 

 

 

 

良い製品ですよ 基本的に どの車両にも使えますしね。

 

 

 

 

拘るなら この辺のグレードかな?

交換サイクルは 早くなりますがね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また 電気料金の値上げ アナウンスが有りましたね。

何処まで 上がるのか? 

気になる所です。

 

そんなニュースの片隅に 

政府、電気使用制限を検討 今冬、違反した企業は罰金

 

何かが ズレてて 違和感しか感じられませんが

そう感じてるのは 私だけなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でわでわ また

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

52 380