行政書士ドットコム

行政書士ドットコム

行政書士業務の質問にお答えします。
























































零細企業が伸びない原因は、社長が経営を知らないからだ。

 

社員と同じ作業にいそしむ。

 

これでは社員と同じだ。

 

社長の仕事は、作業でなく頭脳労働だ。

 

社長の仕事は、よきビジネスモデルを作り、仕組みで動く会社にすること。

 

社長が決めて社員がその指示に従う。

 

社員ができる仕事は、社員に任せないと、社員が育たない。

 

社長が本来の仕事をしないで、社員と同じ作業をしていては、企業は、発展しない。

 

経営者は、社員ができない仕事以外は、社員に任せないといけない。

 

なんでもやりたがる社長は、職人社長という。

 

 

仕事をかかえているだけの社長は、少なくはない。

 

単なる優秀な社員だ。

 

これでは企業は大きくなれない。

 

アイデアを出し、仕組みを作る仕事が、経営者の仕事だ。

 

役割分担が明確でないと、企業は機能しない。

 

企業の指針を出し、社員がやる気のでるルール作りが社長の仕事だ。

 

企業の改善を行う仕事は、社長の仕事だ。

 

大局感に立ち、事業計画を作ることも社長の仕事だ。

 

単純作業だけの社長は、いつか淘汰される。