まいど!かつんでございます!


2020.10.4 
ロアッソ熊本vsFC岐阜

2-3

ロアッソ熊本敗戦

くやしか

2連敗

くやしか



くっちゃん亭さんのキーマカレー。

美味しかった

ま、それは置いといて


今年のロアッソにはですね

観ててすごい楽しいサッカーだなと

思っててですね。

同じパス主体のサッカー
(あえてパスサッカーと言わないとこがミソ)

でも去年とは違うくて

監督がキーワードとして言ってる

「テンポ」

であったり

前線から激しくプレスをかけるところ
だったり

フィニッシャー達の精度の高さであったり

見応えあるサッカーやってると思う

実際結果も出してる

昨日2連敗しても、

悔しいけど、

そんなにネガティブなイメージはなくて

このサッカーなら大丈夫。

みたいな妙なポジティブさが自分の中にはあって

だからまた頑張ればいいやみたいな

楽観的でおったり


だがしかし

今日の朝

ふとある事を思い出す

去年、昇格を逃した要因のひとつに
自分があげてた事を思い出したんです。

「夏に補強をしなかった事」

去年も前半戦は首位で折り返したんす。

んで補強を行わず

後半失速し

昇格を逃した

自分的に思う事は前半戦で勝った相手は後半戦は違うチームになってる可能性があるという事。

周りは補強し強くなっていくわけで

それに対応する事をしないと

リーグの波に飲み込まれる

去年の過ちをまた繰り返しているのではないか。

今、確かにいいサッカーしてると思うし、
結果も出してる

だけどこれからの後半戦戦う為にはもう一段上げる必要があったのでは?

とある有名看板屋の人がよく言ってた

「多少汚い手を使っても昇格したい」

まぁ冗談で言ってたんでしょうけど

例えば、首位の秋田から選手を抜くとか

昇格への本気をクラブはみせるべきでは?

と少し不安がよぎってしまった敗戦翌日の朝。

まぁこんなとこで素人のおっさんのあたしが言ったところでただの戯言ですけども。

まぁ答えはシーズン終了後に明らかになります

それまでは応援の手を緩めず

共に走り続けていく所存。

熊本のサッカークラブを愛するものとして。

ほなまた!











まいど!!かつんでございます!

今回はラーメンネタ。


黒髪のラーメンけんじろうさん。

たまたま通りかかったら

今まさにオープンのタイミングだったので

並ばずに食えるなと思って入店

席に座るとあっという間に満席&店を出る頃には長蛇の列。

人気店なんですね。

ラーメンは二郎系てすわ。

ど真ん中の

減塩生活が板についてきた自分には

ちょっと塩辛く感じられました。

若い人は好きでしょうなこれ。

でも美味しかったです^ - ^

ご馳走さまでした。


ほなまた!
まいど!かつんでございます!




YouTubeで見かけたんですけど

なんやろ。

この人たちはニートだけど

行動力ハンパない。

なんつーか

羨ましいというか

羨ましいんだけど

この世界に踏み出す勇気すら持ってない

自分が小さくみえた

生きるとは?

働くとは?

自分は何がしたい?

自分はどうなりたい?

僕にはこの人達が眩しくみえる。