28日午前の診療にて2020年の仕事納めとさせていただきます

新年は5日(火曜)より診療いたします

 

 

今年はコロナで日本中大変な一年となりましたが体調管理に努めて、また来年もスタッフ一同笑顔で診療に当たれるよう精進していきます

 

それでは良いお年を!

 

 

 

 

県民・事業者の皆様へ
令和2年10月30日
愛媛県知事中村時広
新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に関する
お知らせについて
1.発熱患者等に対する新たな外来診療・検査体制
現在、県内の新型コロナの発生状況は比較的落ち着いていますが、今後、季節性インフルエンザの流行により、多数の発熱患者等が発生することも予想されます。県では、こうした事態に備えるため、県医師会並びに郡・市医師会の多大なる御協力のもと、発熱患者等に対する新たな外来診療・検査体制について医療関係者等と協議を進めてまいりましたが、このたび関係者の皆様の御理解をいただくことができました。
ついては、来る11月16日(月)から、発熱患者等に対する新たな外来診療・検査体制に移行いたしますので、お知らせします。県民・事業者の皆様には、御自身や御家族、職場の方々等に発熱等の風邪症状が発生した場合は、定められた手順に従って適切に医療機関を受診していただきますようお願いします。詳細は別添チラシをご参照ください。
【新たな受診・検査の流れ】
①発熱等の風邪症状で受診したい場合は、まず、「かかりつけ医」等に前もって電話等で相談し、その指示に従って受診(事前の連絡なく、直接、医療機関を受診しない。)。
また、「かかりつけ医」が対応できない、あるいは「かかりつけ医」がいない場合は、「受診相談センター(コールセンター)」に電話し、最寄りの「診療・検査医療機関」の紹介を受けて、電話で相談の上、受診。
受診相談センター(コールセンター)089-909-3483
②診察の結果、医師が必要と判断した場合は、当該医療機関において、インフルエンザあるいは新型コロナウイルス感染症の検査を実施。
※当該医療機関が新型コロナの検査を行っていない場合は、医療機関の指示
に従い、各医療圏域に1か所以上開設予定の「地域外来・検査センター」で
検査を実施。
※検査結果により改めてPCR検査を実施する場合あり。
③新型コロナの検査結果が陽性の場合は、指定医療機関に入院。

 

院長です。

お電話で患者様からご心配のご連絡をうけましたので改めて記載します

上記は中村県知事から歯科医院に送られてきている文書になります 

 

③の表記のようにPCR検査が陽性の場合は現在すべて入院になります。自宅待機はありません。

 

陰性と結果がでた場合の家族や従業員の検査について必要とはまったく言われておりません。

 

自身の体調のチェックのみ指示されており毎日スマホで保健所に問題ないことを報告しています。

 

現状、指示に従って僕が直接の診療は控えておりますが来週月曜から再開の予定です。

また今週も代診が診療することは問題ないと保健所に確認したうえで後期高齢になっている父が頑張ってくれています。

代わりの先生が用意できない場合は休診となっています。

 

頑張ってついてきてくれている従業員と家族の助けを借りて来週の再開に向けてさらなる感染対策などバックヤードで準備を進めています。

 

 

 

 


 

すでに新聞などで報道されておりますが14日の土曜日に仕事上の件でお会いした方が新型コロナウイルス陽性だったと21日土曜の夕方になって自分に連絡がありました。翌日 日曜には保健所でPCR検査を受け23日月曜に結果が陰性と出るまではなにも手につかず過ごしていました。現状のルールに従い陰性の結果となってもコロナの患者さんと接触して14日間は診療を控えるよう指示され父(副院長)が診察可能な患者様を除いて休診とさせていただいております。

 

今回感染のリスクがあったのですが最近自分で取り入れている自衛策もいくらか効果があったのかと陰性の結果を見ながら感じております。一時期イソジンを使用していましたがヨウ素アレルギーの心配もあり味も悪いので診療前に患者様にしていただくうがいは数か月前からリステリンに切り替えました。リステリンを自分も使用していたのですが1か月ほど前に知人の歯科医師から紹介を受けリステリンと同等の消毒効果とプラーク付着を阻害する虫歯予防効果、また天然アロマの自然な香りがウリの洗口液を試していました。サンプルを使用した従業員にも好評で自衛のため自腹で購入して継続使用しています。低刺激でとても使いやすい洗口液です。

 

また、鼻うがいの花粉症予防や風邪予防効果も気になり自身で試していました。水道水でうがい液を作るときに煮沸をしっかりしないと残留塩素でかえって鼻腔粘膜を痛めることを身をもって体験しましたが、これも始めてみると癖になる爽快感です。医院でも患者さんに紹介しようかと考えていた矢先に今回のことがおこりました。薬局でも手に入ります。

 

これらの習慣は幸いにも感染を免れた一助になったのかと考えております。

 

ただ僕としては健康に特に大切なのは鼻呼吸だと考えています。来年1月からはWEBでオーストラリアの歯科医の先生について呼吸法を学ぶ準備を進めています(通訳付きで・・・)。呼吸法という言葉は鬼滅の刃で取り上げられているので子供さんにも教えるいいタイミングだと思っていました。呼吸の問題と歯列不正は複雑に関係していると考える歯科医師は昔からおり最近とみに増えているようです。口呼吸を習慣にするといろいろ問題を引き起こします。マスクをしていても口呼吸では危ないと考えています。

 

それにしても今回の件では予約の変更や感染について心配された患者様に多大なご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

またコロナに感染して発症したすべての患者様の一日も早い回復を祈っております。