WordPress会員制サイト構築 その7 User Access Manager | オレオレWebサービス指南書! 自分のチカラでサーバー世界を自由に創造するから面白い

オレオレWebサービス指南書! 自分のチカラでサーバー世界を自由に創造するから面白い

個人でWEBサービスを創ってみるという選択肢をいれてみる。
サンデープログラミングで理想の世界を創り出すための検証を行うブログ


テーマ:
前回のWordPress会員制サイト構築 その6 権限グループ追加 UserRoleEditor
の続き

今日は、

「記事ごとにsilverやgoldのグループが見れる、見れないの
制限を入れるようにする」

です。

これもプラグインをインストールすることで実現します。
それぞれのユーザごとにアクセス制御をする必要がありますが、
以下のプラグインをインストールしてください。

「User Access Manager」

これもプラグインの検索から検索すればでてきますので、そのままインストール。

左のメニューに「UAM」がでてきます。最初の画面はこんな感じ
$オレオレWebサービス指南書! 自分のチカラでサーバー世界を自由に創造するから面白い


ここでまず、ユーザグループを作ります。
Silverユーザグループを作ります。

User group name →グループ名  → 「Silver」
User group description →グループの説明 → 「Silverグループ」
IP range →IP制限する場合のIP範囲 →設定なし
Read access →読み込み制限 → only group users
Write access →書き込み制限 → only group users
Role affiliation → 権限グループ →silverとgoldをチェック

これで、ユーザグループが作れました。
同様にGoldグループも追加します。
ただし、Role affiliation →goldのみをチェック


そして、記事を書くときに右下にこのようにアクセス許可をするチェックが
できます。
$オレオレWebサービス指南書! 自分のチカラでサーバー世界を自由に創造するから面白い


制限したい記事の場合は、対象のチェックを行えばいいです。
こうすることで、
 ログインしていない人→記事を見れない。
 silverグループの人がログインした場合→silverをチェックした記事が見れる。
 goldグループの人がログインした場合→gold又はsilverをチェックした記事が見れる。
 
になります。
ちなみに、ログインしていないとこんな感じで制限されます。

$オレオレWebサービス指南書! 自分のチカラでサーバー世界を自由に創造するから面白い

記事の内容を書いたのですが、
「Sorry you have no rights to view this post!」となってログインしていないと
閲覧できません。


次回はもうちょっとこのUAMのSettingをカスタマイズして、
ログインしていない人でも、一部だけ見れるようにします。
あと、見れない人の英文での警告も直します。

ナチュ@クリエイトエンジニアさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス