整心療法研究所(埼玉県上尾市・大阪市・和歌山市)のブログへようこそ。

従来型の精神分析(無意識を意識化する)を凌駕し、新しい観点から人間の精神にアプローチする方法を研究・実践中です。


今日は《自らが描いた世界を生きている》について書きます。


471)でも似たタイトルでアップしている。

同じ視点から考えてみる。

自らの価値観で世界を構成しているのだから、人の数だけ世界はある。


私の世界とあなたの世界は重なり合う部分もあるが、ぴったり同じではないだろう。

生きている時代や環境が同じなら重なる部分は多いかもしれない。

それでも微妙にずれているに違いない。

なぜなら、寸分違わぬ他者はいないから。


常識など多数の世界からの価値観で、ある他者の世界を判断したとしても、必ずしも正しくはないだろう。

私の喜怒哀楽は他者のそれではない。

例えそのように見えたとしても、それは私の世界から見た他者の世界でしかない。

他者に確かめてみるまでは、何も解らない。


人は自ら描く世界でしか生きていない。

他者の世界は生きられない。

良かれと思ってすることは他者にとって良いとは限らない。

それを確かめずに行動することはお節介以外の何ものでもない。

ここに対話が必要とされる。

AD

整心療法研究所(埼玉県上尾市・大阪市・和歌山市)のブログへようこそ。

従来型の精神分析(無意識を意識化する)を凌駕し、新しい観点から人間の精神にアプローチする方法を研究・実践中です。


今日は《欠点は直すよりコントロールする》について書きます。


「なくて七癖」ということわざがある。

欠点もある意味その人の癖といえる。

欠点は良くない意味で使われることが多く、直さなければならないと考えている人も多い。

ただ、直すにはかなりの努力とエネルギーが必要。

本人にとっては辛いことになりかねない。

ならば、直すという発想をコントロールするに転換するのはどうだろう。


コントロールするにはまず欠点を知ることから。

欠点だと見なされていることを知る。

次にその欠点を出していい時と場所を知る。

つまり、TPO(時間、場所、場合)に合わせてコントロールする。


もちろん、TPOに合わせて出さないための努力とエネルギーは必要となる。

しかし、直すそれと比べればかなりの差があるのではないだろうか。

なぜなら直すという場合、いつも出さないようにすることだから。これは緊張の持続を意味する。おそらくそれに耐えられる人はいないだろう。


それよりも出してもいいTPOを自ら選択することができたなら、直すより楽に違いない。

直すよりコントロールする。

人間楽な方がいい。


AD
整心療法研究所(埼玉県上尾市・大阪市・和歌山市)のブログへようこそ。
従来型の精神分析(無意識を意識化する)を凌駕し、新しい観点から人間の精神にアプローチする方法を研究・実践中です。

今日は10月度関西出張のお知らせについて書きます。

* 3日(火)~5日(木) 大阪市・和歌山市
面談・精神分析活用講座・≪鏡の段階講座≫他
フリートーク(テーマは「 自己決定 」
* 2日(月)・6日(金) 埼玉県大宮市

詳しくは、シニィアン研究所のHP http://signifiant-lab.com/ 
Twitter https://twitter.com/rakuhomanamiを参照、連絡ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○ 弱い観測ーゆるく生きる

集中するとはどういうことか。
あらゆることを排除して一つだけを選ぶこと、それ以外に意識を向けないこと。
緊張することだし、それだけエネルギーを使うこと。
それって凄く疲れるし、長く続けることは無理。
だから休みたくなる。緊張を解きたくなる。

だったら最初からゆるくいけばいい。
それはあらゆることにアンテナを向けていることでもある。だから必要な時は瞬時にそこに全エネルギーを集中することができる。

ゆるく生きましょう。
のんびり歩きましょう。
それが弱い観測。




AD

473) 考えるということ

テーマ:

整心療法研究所(埼玉県上尾市・大阪市・和歌山市)のブログへようこそ。

従来型の精神分析(無意識を意識化する)を凌駕し、新しい観点から人間の精神にアプローチする方法を研究・実践中です。


今日は《考えるということ》について書きます。


通常、人が考えるという時、2通りある。

1つは想像(感情)的に考える方法、もう1つは論理的に考える方法。


想像(感情)的に考える方法とは、言葉通り想像や感情で考える方法。

例えば、あんな風ににできたらいいなあ、できるかな、やりたいな、いいなあ、好きだなどなど。

その反対もある。

これらはすべて想像の域を出ていないので、必ずと言っていいほど、その反対の想像や感情の間で揺れ動くことになる。

その結果、迷い悩む。


もう一方の論理的に考える方法は、事実を基にして可能性や方向性を導き出す。

数学的なものの考え方に似ている。

そこには少なくとも感情は入り込まない。

その結果、できるかどうか、やるかどうかの結論に至る。


考えるということはどういうことか。

考えているつもりでも、実は考えているのではなく想像している感じているだけなのかもしれない。


少し乱暴な分け方かもしれないが、普段どちらの方法を使って判断し、行動しているだろうか。

時にはこのように問いかけてみるのも自らに気づく一つの機会になるかもしれない。

整心療法研究所(埼玉県上尾市・大阪市・和歌山市)のブログへようこそ。

従来型の精神分析(無意識を意識化する)を凌駕し、新しい観点から人間の精神にアプローチする方法を研究・実践中です。


今日は《バランスをとって生きている》について書きます。


人の身体にはホメオスタシス(生体恒常性)、自己治癒力と呼ばれるものが備わっていると言われている。

重い荷物を右手に持てばバランスを取るために体は左へ傾く。左足が痛ければ右足が体重を支えようとする。そんな時、人は体が傾いているのを治そうとはしないだろう。

荷物を降ろしたり、痛みがなくなれば元に戻るだろうと考える。


心にも同じように当てはめて考えてみる。

バランスを崩している時、何かとバランスを取るためにそのようになっているのでは、いわゆるホメオスタシスではないのか。

このように仮定してみる。


そして、バランスを崩していることそれ自体に直接触れずにそのままにしておく。

先ほどの体の例でいう「荷物」や「痛み」に相当することは一体何なのか?

それが予測できた時、それに対して適切な対応や対処ができるようになる。そうすれば、やがてバランスを取る必要がなくなり元に戻るだろう。


なぜなら、すべての人にはもともと自己治癒力が備わっているというのだから。