瞬間(とき)の栞 

瞬間(とき)の栞 

幸せ、癒し、心の栄養になる「本と言葉」をご紹介してゆきます!
個人的な読書感想文、読書随想です。本の内容、あらすじができるだけ解るように努めています。
ただしネタバレがありますので充分ご注意ください!


当ブログは、本の感想を書いておりますが、あらすじなど

がわかってしまいます。叫び どうぞご注意ください星


ブログ記事中に、本の言葉を引用させて頂いて

おります。引用箇所は、太字で記載 しております。


 

 
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ  

テーマ:

 

今日は、仕事が休みだったので、

大型書店とブックオフに行ってきました。

 

 

 

大型書店に行くとすごい量の本があり、

(当たり前なんですが・・・)

読んでみたい本がたくさんあり、でも

どんなに時間があっても、この量は読めない

だろうなって、わけのわからないことを

考えながら本を見てゆきました。

 

 

 

ブログにUPしていない読んだ本は、たくさん

あるのですが、なかなかブログに書くことは

難しいと考えてしまうんです、この頃。

 

 

 

仕事が終わって、少しずつ本を読んでいるのですが、

前にも書いたように、睡魔が襲ってまいります。

 

 

 

また、ブログに書くというのは、読むのとは違い

すごく力がいるのですね。

 

 

 

ずっと仕事が休みで、本を読んで、ブログを書いて・・・・・・

なんて、夢のような日があるといいのに・・・・・・そんなこと

考えながら本を見てゆき、2冊本を買いました。

 

 

 

そのあと、ブックオフに行き、中古本を見てゆきました。

 

 

 

新刊書は、新刊書で、中古本は中古本で魅力ある

本を見ながら、「今日は良い一日だ!」 と思いながら

本をパラパラめくってゆきました。

 

 

 

そのとき、感じたことは、本の内容とか、あらすじとか

タイトルとか、なんか僕は言葉をさがしていたり、

言葉を追い求めているように感じたんです。

 

 

 

僕は、本の中の言葉を採りあげ、その言葉に

勇気づけられたり、考えたり、日常に活かしたり、

そして、ブログにUPしていっしょに考えたりしたい

のかなぁって思ったんですね。

 

 

 

 

物語やストーリーの中にも、やはり、言葉を

求めています。

 

 

 

 

今日も良い言葉に出逢いました!

 

 

 

 

そんな良い言葉を、これからもお届けしたい!

 

 

 

そんなことを今日、本屋さんで考えました。

 

 

 

 


テーマ:

 

「人は結局ひとり。

 

だれもが静かでやさしい

 

孤独の中にいる。

 

それは尊い孤独だ。

 

それを知っている人だけが、

 

本当に人を 愛せる。 」

 

 

 

 

 

 

「私だったらこう考える」 銀色夏生

 

 

 

 

 

 

最近いろいろと質問をもらったので、

それについて思うことをこれから

書きます。

 

 

 

銀色夏生さんが読者のあらゆる質問に

答えてゆくという本書。

 

 

 

思いつくままに、思った言葉で。

 

 

 

そこに、銀色さんの考えが、濃密に書かれて

いたりわからないことには、はっきりわからない

答えています。

 

 

 

世の中には、いろんな質問があるんだなぁと

思ったのと、それに答えてゆく銀色さんの

洞察力の鋭さに感心しました。

 

 

 

そうやって、言葉を切り取り、詩が生まれて

くるのだろうと思ったし、詩の世界とは違う

銀色さんのエッセイとしても楽しめました。

 

 

 

個人的に心に残ったのが、銀色さんが「死」

のことを語っていたこと。

 

 

 

今日は、その「死」のことについて書いて

みようと思います。

 

 

 

どうしても「死」のことを考えるのは、避けたい

ことだと思います。でも、心の奥底では

何かしら考えていて、その恐怖みたいなものから

生きている限り、逃れることはできないのでは

ないでしょうか。

 

 

 

昔から、ずっとずっと人間は、このことを

考え、わからず、宗教というものが生まれ、

それにすがり、それでも生きている限り

決してわからないまま、今を生きているん

だろうと僕は思っています。

 

 

 

結論としては、考えてもわからないのだろうけれど、

そのことを考え抜くというのは、今、生きている

ことやこれからの生き方が全然違ってくるのでは

ないのか?と僕は年々思うようになってきました。

 

 

 

銀色さんは、死の恐怖とどう折り合いをつければ

いいのか?という質問に対してこう答えています。

 

 

 

その恐怖を魂は死なないと思い込むことで

乗り越えることにしました。

 

 

 

その思い込む度合いが強くなればなるほど

恐怖心は薄れて行きました。

 

 

 

今でも怖くなる時はありますが、前ほどでは

ないです。自分が怖くなくなる方法を自分で

つかむことです。

 

 

 

人によってほっとするもの、腑に落ちるものは

違うでしょうから。

 

 

 

宗教も哲学も芸術も、そのことを考えた

人々のひとつの結果ですよね。

 

 

 

 

 

また

 

 

 

 

そのことから、読者に対しての銀色さん

自身の覚悟のようなものがありました。

 

 

 

 

それが

 

 

 

 

人が生み出すこの世の悲劇のほとんどは

死への恐怖が原因だと思う。

 

 

 

私はせめて私の読者には、最終的には

死への恐怖心・・・・・・、自分自身や愛する

人の死の恐怖を失くすところまで連れて

行きたいと思っている(望む人には)。

 

 

 

それが目標といえば目標だ。

 

 

 

 

考えても結論は出てこないのかもしれません。

 

 

 

自分なりの恐怖から逃れる腑に落ちるような

ものを考えて、考え抜きたいと本書を読んで

思いました。

 

 

 

また、生きるうえでの価値観のことをいっぱい

感じさせてくれました。

 

 

 

愛するとは、どういうことか・・・・・・。

 

 

 

世間の人たちの思う愛のほとんどは、

自己愛だ。

 

 

 

人は結局ひとり。

 

 

 

だれもが静かでやさしい孤独の中にいる。

それは尊い孤独だ。

 

 

 

それを知っている人だけが、本当に人を

愛せる。

 

 

 

相手に依存せず、相手を自分の満足の手段に

せず、悲しいほど大切に慈しむことができる。

 

 

 

 

 

 

 

【出典】

 

「私だったらこう考える」 銀色夏生 幻冬舎

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます!流れ星

 

みなさまのクリックのおかげで、励みになって

います。心より感謝申し上げます!(‐^▽^‐)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス