沖野修也 オフィシャルブログ

沖野修也 オフィシャルブログ

Kyoto Jazz Massive 沖野修也 Official Blog

沖野修也 オフィシャルブログ

テーマ:

 

 

一昨夜のShinichi Osawa &Frineds at Wombに

お越し頂いた皆さん、ありがとうございました。

 

 

人生初のWombのメイン・フロアー、緊張したなぁ。

だって、僕、ラウンジ向きでしょ?どちらかと言うと3F派。

実際に3Fしかやったことないから・・・。

 

スタートは、Ashley BeedleのファンキーなRemixでスニーク・イン。

そこから、アンダーグラウンドなブギー・ハウスやディスコのEditで様子見。

来た人が何に反応するか、見極めようとするも、

まだフロアーに十分な数の人はいなかったし、

オーディエンスも僕の選曲を逆に様子見w

 

それでも時間の経過と共に徐々にフロアーが埋まって行きます。

メロディアスな歌モノに戸惑っていた人々も、

暗くて尚かつ暑苦しいボーカルのサンプルはお好きなようで、

我慢できない人達の

縄張り争いが始まりつつあるのを僕は見逃さなかったんです。

 

サッカーで言う所のシュート・チャンス。

 

恐らく、大沢君も田中君もボーカル曲を投入しないだろうから

(そんなことなかったんですが)、

敢えて歌モノで差別化を図ろうとした僕は、

フロアーのその時点までの反応から察して、

思い切ってミドル・シュートを狙いました。

チャカ・カーンのWhat You Didのフレーズをコラージュした曲を放り込んだんです。

 

ここでまず、着火。

歓声と共にオーディエンスの蠢きが解き放たれる瞬間を見ました。

 

実は、90分のペース配分をラスト30分で

ジャジーなテクノに移行すべきプランで臨んだものの(大沢君にバトン・タッチする為に)、

開始から30分で思わぬ好反応に僕は動揺してしまったんですよね。

チャカ・カーン・ネタの「Superlovin」は、

大箱仕様の派手な楽曲で、攻めたサウンド・エフェクトが特徴。

盛り上がって悪い訳がないけれど、僕の予想を越えるリアクションだったので、

計画変更せざるを得なかったんです。

こういう時に歌モノに回帰する方がリスキーですから。

 

故に、予定より30分早くテクノ方面にシフト。

テクノと言っても僕のかけるテクノはコード進行が比較的メロウだから、

考て組み立てて行かないと盛り上りを維持できない!

ペース配分の誤算。

そして、1時間テクノで持つかという不安・・・。

 

それでも、一向にオーディエンスのテンションが下がる気配がありません。

インストでも、店内の熱量をキープ出来ているし、歓声は大きくなり、

かけ声?も上がり始めた。むしろ、更に盛り上がっているではないですか!!

 

しかし、

その時、僕は信じられない光景を目にしたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え、

フロアーの真ん中に巨大な空洞が出来ている???

 

厳密に言うと人の輪。

輪の外側は超満員。

で、輪の中は空っぽ・・・。

それをサングラス越しに凝視する、僕。

な、何と、ダンス・バトルが行われているではないですか!!??

 

Wombで?ジャジーなテクノで?ダンス・バトル??

 

僕の方を観ている人は殆どいなくて、

ダンサーの対決に対して熱い歓声と煽るかけ声が送られている・・・。

 

ま、盛り上がってるんで、便乗しましたどね。

畳み掛けるように、僕の中ではアッパーな(それでもWomb的には地味だったかなー)

ジャジー・テクノを繰り出し、僕もダンサーを触発する努力を続けた訳です。

 

ここで、ふと疑問が。

大沢君が僕を起用し、託した役割って何だろう?

僕がWombのメインでプレイする意味ってなんだろう?

 

残り時間が30分を切った所で、自分のデモを投入。

神戸でUnderground Resistanceと共演した時の為に作った未発表曲。

イチかバチかの大博打。

流麗なコード進行にムーグのメロディーは、

この流れには優し過ぎるかなと思ったから躊躇したんですが・・・。

 

この曲が期せずして機能!!

疑似シンセ・ソロと64小節は引っ張るであろうドラムのフィルで

フロアーに歓喜の時が!!!

 

でも、これがハイライトじゃない。

僕はアウトロに4ビートのジャズをミックスし、

オーディエンスを裏切った訳です。

 

だって、ジャズDJだから。

それが、沖野修也だから。

 

勿論ジャズに戸惑いますよね?

案の定、フロアーに困惑が広がるのが手に取るように判ります。

そこは想定内。すかさず4つ打ちを差し込み、

ここでDanny KrivitがエディットしたSoul Centralの「Strings Of Life」を

ミックスするトリック・プレイ。

おそらく、喜んだ人50%、何故これ?と思った人50%かと・・・。

 

これもフルでかけたりしませんでしたよ。

ピアノと弦のリフを一回聴かせて、ここ2年の定番、

Unit 2のKink Remixをロング・ミックス。

知ってる人は知ってるし、知らない人にも刺さる筈。

Strings Of Life好きでも、フェイド・アウトに失望しないキラー・チューンで

2度目のゴール?を狙いました。

 

あとは、祭り!でしたね。

とにかく、ジャズ系のパーティーのヒットが

Wombでも同じように人々を興奮させた事が何よりも嬉しかった。

歓声とかけ声に加えて手拍子まで始まりw、

一応、三銃士の一番手として格好が付きました。

 

Kinkのオリジナルで締めましたが、予定より5分早く大沢君に交替。

え、何故か?

もう、持ちネタ切らしたんです。30分のテクノしか用意してなかったんです・・・。

 

いやぁ、それにしてもWombのデビュー(メインのね)、

冷や冷やしたなぁ。

 

ブースを降りて、フロアーに出ると、

何人もの外国人のお客さんに(男性)声をかけられました。

お誉め頂いたのは嬉しかったですけど、

その後の大沢君や田中君のプレイを聴いたら、

僕なんか大したことないと思ったんじゃないかなー(笑)。

二人とも、終始、僕のピーク・タイムのテンションで盛り上がってましたからね。

 

4時迄田中君のDJを聴いて、3Fに上がりました。

なんとそこでは大沢君がプレイ中。

別会場も含めこの日四度目のDJだったそうです。

僕はダブル・ヘッダーだっただけなのにヘロヘロに・・・。

どんだけDJ好きやねん!参りました。

 

バーの前では福岡で20年以上前に初めて行ったクラブで僕が回していた!

というお客さんにも会いました。

いい意味で超馴れ馴れしかったんですが、

ま、それも長年の戦友?との再会と思えば楽しい時間。

あの時はどうの、とか、やっぱりベテランDJは安心できる!

なんて話をしながら夜は更けていった訳です。

 

そして、他のクラブの店員や若いDJとも歓談し、

やっぱりクラブには出会いと会話が重要だなぁと再認識していた時、

なんだか視線を感じたんですよね。

辺りを見回すと、

目と鼻の先にいた美しい若い外国人女性3人組が

僕の方を見て何か話しているようなんです・・・。

 

まさか、僕に興味ある????

流石にそれは自信過剰ですよね?

でも、振り返っても誰もいないし・・・。

 

3人の内の1人、

チャカ・カーンに似た髪型の、黒い肌を持つロンドンから来たという女の子が

突然僕に話しかけて来ました。

 

「あなたクールね。私たちと一緒に写真撮ってくれない?」

 

2人目のチューリッヒから来て明日には日本を発つというブロンド娘が

すかさず僕に訊いて来ました。

 

「あなたデザイナー?」

 

いやいや違うし、俺DJだし。

彼女達は残念ながら僕のプレイを聴いてなかったみたいです(苦笑)。

それでも、色んなポーズで写真撮影。

えらく感謝されたので、「これも仕事の1部」と伝えると、

だから日本人大好き!とスイス娘は大興奮!!

 

そして、3人目のもう一人のブロンド娘かが僕に尋ねたんです。

 

「DJネームは何?」

 

僕は、耳元に顔を近づけ、結構なボリュームでその名を告げました。

 

「Kyoto Jazz Massive!」

 

彼女の反応いかしてましたねー。

 

「意味は?」

 

あのね・・・。

 

あの夜のWombは、外国人男子と女子の反応が全く違ってて面白かったです。

 

3人があなたひょっとして日本で有名なの!!?とか騒いでましたが、

僕、多分海外の方が名前を知られてると思うんですよー。

でも、実際はそうでもないんですね・・・。精進します。

 

で、一つ気がかりな事が・・・。

一緒に撮った写真、インスタにアップしたりするのはいいんですが、

"ちょっと変わった動物に渋谷のクラブで遭遇!"

なんてコメントが付いてないことを祈ります。

 

僕、昨日、

シマウマのビーチ・ガウンに

ビーサンだったんですよね。

だから写真一緒に撮りたかっただけかも・・・(涙)。

 

 


テーマ:

ジェイアール京都伊勢丹での『Black To Kuro〜沖野修也コレクション&クリエーション展』の撤収を昨日ようやく終えました。現在は、京都の藤井大丸でKyotographieに連動した『JAZZY BOOKS』のポップ・アップ・ショップを、銀座のToriba Coffeeで『沖野修也の仕事展(仮)』を開催中ですが、明日、5/3から5/6まではTHE NORTH FACE STANDARD KYOTOで行われる"MUSIC PACKAGE"に参加します。僕のコレクションの中から山と旅をテーマに選んだ10枚のアナログを展示販売します。僕の展覧会好きは、留まる所を知りません・・・(笑)。

 

 

THE NORTH FACE STANDARD KYOTO Presents “MUSIC PACKAGE” MAY3-MAY6,2018 . THE NORTH FACE STANDARD 京都では、2018 年 5 月 3 日(木・祝)から 5 月 6 日(日) の 4 日間、【MUSIC PACKAGE】と題し、京都に根ざしたレコードショップとレコードカルチャーに精通したオピニオンにご協力頂き、「TRAVEL」「MOUNTAIN」をテーマにキュレーションしたスペシャルなレコードの展示販売会を開催いたします。 期間中は、同じく京都に根ざしたコーヒーショップのドリップによる THE NORTH FACE STANDARD オ リジナルコーヒーのサービスや、京都を中心に活動する DJ やアーティストによるレコードでのミュージックセレクトで、店内を心地のよい空間に演出いたします。 当日 は THE NORTH FACE STANDARD RECORD BAG の先行受注会も開催。是非ご来場ください。 . 参加レコードショップ(アルファベット、五十音順) 100000 t / ART ROCK No1 / JAZZY SPORT / JET SET / Llamalabo Record / PROTOTYPE RECORDS / TORADRA RECORD / WORKSHOP records / クレモナ / ほんと / ロマン商店 . レコード展示・販売参加オピニオン(アルファベット、五十音順) CLUB METRO nick / DJ LEAD / KYOTO JAZZ MASSIVE 沖野修也 TRAVELING COFFEE 牧野広志 / カーティスフライ . DJ・ミュージックセレクト(日付順) 5 月 3 日 : BAN from bud music , shin from jizue 5 月 4 日 : YANYAN, FUKUOKA 5 月 5 日 : DJ SHIOTSU , DJ Mr.CAMP 5 月 6 日 : YOTTU , MAKI-LONG . コーヒーサービス(日付順)
5 月 3 日 : IWASHI COFFEE 真下裕也 5 月 4 日 : セキネユカ 5 月 5 日 , 6 日 : TRAVELING COFFEE 牧野広志 . THE NORTH FACE STANDARD 京都 〒604-8065 京都府京都市中京区麩屋町六角下る坂井町 450
CALL 075-221-0222 / OPEN 11:00 - 20:30 不定休 .#tnf_standard #tnf_standard_kyoto #tnfjp #musicpackage #vinyl #record#coffee


テーマ:

4/10〜5/9-Shuya Okino Works @Torriba Coffee,Tokyo

4/14〜5/13-Jazzy Books @Fujiidaimaru,Kyoto

4/26-Hajime Yoshizawa Trio Live @CITAN,Tokyo

4/27-BEATS & VIBES @ageHa,Tokyo

4/28-078 music festival @Meriken Park,Kobe

4/29-Sunset Sunday @Kyoto Modern Terrace,Kyoto

4/29-Freedom Time 22nd Anniversary @Noon,Osaka

5/04-Okino Brothers vinyl set @Bar Stereo,Tokyo

5/04-Casa de Sarasa 1st anniversary @Casa de Sarasa,Tokyo

5/05-One day manager @Torriba Coffee,Tokyo

5/06- ? @Ost,Kyoto

 

 


テーマ:

どーして僕の人生は、

肝心な時に危機が訪れるんでしょうか?

 

本当に勘弁して欲しいです。

 

実はThe Room25周年記念特別イベントBEATS & VIBESに急遽出演が決定した

Navasha DayaのVISA(労働許可証)がJFKで差し押さえられる事態に・・・。

 

そもそも彼女、旅に出る(ツアーかな?)とかで4月16日までにVISAをバルティモアの自宅に送って欲しいと言ってたんです。ところが追跡サービスで検索すると13日にNYのJFKに着いたものの、その後何の進展もなく・・・。14日も、15日も、そして16日も表示された現在地はJFKのまま・・・。

 

昨日のInterFMの特番で、大々的に告知しようと思っていたので(ブログでは公表してましたが)、冷汗が。

だって番組は収録済みで、2曲も彼女の参加作を用意してましたから。

 

ちなみにageHaの翌日は神戸のフリーフェスで、Kyoto Jazz Sextetで3曲歌ってもらう予定でした・・・。

 

今回、VISAの取得にご尽力頂いたUnderground Gallaryの石崎さんに相談すると、神戸市に身元保証のレターを作成してもらい、一旦普通に入国して、その後に入国管理局で手続きできることが発覚。

しかし!入国できるかどうかは審査官の裁量で決まるというハードルが・・・。

 

入国出来なかったら一体Navashaは?

帰りのフライトはどーしたらいいの?

 

彼女のマネージャーも流石に電話して来ましたよ。メールじゃなくて。

緊急事態ですもん。

 

入国出来るかどうか判らないのに、日本に行かせられないでしょ?

 

彼女に嫌な思いもさせたくないし、

彼女の信用も失いたくない僕は、

マネージャーに、仮に来日できなくなってもギャラは全額保証すると伝えました。

だって、彼女は僕にとって大切なボーカリストですから、仕事したくない!なんて事になったら大変です。

 

腹を括って、彼女の招聘を諦めたのが22日。

リハーサルの為、早目に日本に来る事になっていたからフライトは23日だったんです。

InterFMの番組は生じゃないから差し替えられません。

Twitterとブログでお詫び文載せるしかないな・・・と思った矢先の事でした。

 

Navashaから1通のメールが・・・。

「会場の住所、教えて」と。

 

え、VISAゲットできたん???

 

何と金曜に手元に届いたらしいんです。

早く言ってよ(苦笑)。

 

いや〜危機一髪とはこのことですよ。

ネタになるけど、こんなスリル要らないし!!!

 

と言う訳で無事にNavashaが日本にやって来ることになりました。

(まだ飛行機に乗ってないから無事じゃないかw)

 

BEATS & VIBESまであと4日です。

 

PS

 

RSDにNavashaが参加したReel Peopleの新作が発売されました。絶好のタイミング!

 

The Room 25th anniversary special event&VJ Furniture Launch party
"BEATS & VIBES"
Powered by KAMARQ

 

昨年12月に25周年を迎えた渋谷の老舗小箱The Roomの特別記念イベントの開催が決定。MONDO GROSSOの大沢伸一、ライムスターのDJ JIN、松浦俊夫、DJ KAWASAKI、そしてKyoto Jazz Massiveの沖野修也といったThe Roomに所縁の深いDJ五人がアリーナに登場。テクノ、ハウス、ジャズ、ブギー、ヒップ・ホップとジャンルを越えた共演が実現します。この日はこの五人がThe Roomの名の下にプロデュースし、新鋭家具ブランドKAMARQとコラボレーションした(デザインはインテンショナリーズ)、VJ FUNITURE〜1RDISCOのお披露目を兼ねたローンチ・パーティーとなっています。開店から4半世紀を迎え、新たなフェーズに突入したThe Roomが、都内最大級のベニューをジャックします。何とこの5人の音源を収録したスペシャルなレコード(全て初アナログ化音源!)が付いた3000円の前売りを427枚のみ限定販売します!更には沖野修也かけ終わったレコードを全て観客にブースから大"盤"振る舞いします!!東京のナイト・シーンの歴史に残る一夜を是非お楽しみ下さい。

 

The Room, Shibuya will hold a unique event at AgeHa to celebrate it's 25th anniversary this past December and the launch of a new furniture brand KAMARQ produced by Japanese DJs, (designed by INTENTIONALLIES). The furniture has been produced by DJs with a long connection to The Room, Shibuya and will be known collectively as VJ FURNITURE - 1RDISCO. The DJ- Producers chosen for this project are Shinichi Ozawa (Mondo Grosso), DJ JIN(Rhymester), DJ KAWASAKI, Toshio Matsuura and Shuya Okino (Kyoto Jazz Massive) and they will each DJ for this event at AgeHa. Expect the music to cross all genres, house, jazz, boogie, hip-hop... as The Room, Shibuya takes over the largest night venue in Tokyo. Advance tickets purchased at 3000 yen will includ a special vinyl for the first 427 people.Shuya Okino also plans to give away all of the records he played during his set.Please enjoy this one time only in the history of Tokyo's night scene event.

Island bar open/start☞23:00
Areana start☞24:00

Charge:3500yen(At door)
3000yen(Overseas tourist discount at door)
2500yen(20~25years old discount at door)

3000yen(Advance)
☞427枚限定-スペシャル・アナログ盤引き換え可能チケット/427 limited ticket with special vinyl exchange
2800yen(Advance)
☞アナログ盤は付きません/No vinyl
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1811394

*アナログ盤は会場入り口のみで、1名1枚のみ引き換え可能です。/You can get the vinyl with your exchange ticket only at door on the event. Only 1 vinyl per 1 person.

===========
【Arena】Tecno,House,Boogie,Disco,Jazz,Funk
Shinichi Osawa(MONDO GROSSO)
Toshio Matsuura(TOSHIO MATSUURA GROUP)
DJ JIN(Rhymester)
DJ KAWASAKI
Shuya Okino(Kyoto Jazz Massive/Kyoto Jazz Sextet)

【Island】
Funky Jazzy Music
"CHAMP × DJ SARASA"

DJ SARASA
Yosuke Tominaga
OIBON
Hiroko Otsuka
Yonchome
HICKEY
Masato Nakajima

【Water】
Disco/House/World
"CMYK with ELLI ARAKAWA"

ELLI ARAKAWA
CMYK(NOMIZO,KIRIOKA,ENDONAO,HYOTA)
===========

昨年25周年を迎えた渋谷の老舗小箱、The Room☞http://www.theroom.jp/
ヴァイナル・ジャンンキーの為の家具レーベル、VJ FURNITURE☞https://vinyljunkiesfurniture.com/

20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
入場の際全ての方にIDチェックをさせて頂きますので、
顔写真付の身分証明書(生年月日記載)をお持ち下さい。コピー不可本人と確認出来ない場合は、ご入場をお断りする場合がございます。

You must be 20 years or older to enter and a valid photo ID containing your birthdate is required at the door. Copies are not acceptable.
We reserve the right to refuse admission to anyone.

主催:Extra Freedom
共催:KAMARQ

Info:Mother Entertainment/ageHa
03-5534-2525

 

 


テーマ:

 

 

今回、The Room25周年記念特別イベントBEATS & VIBESを、何故ageHaでやることにしたんですか?

と色んな人に訊かれました。

 

まずはJ-Waveで9時間の特番を敢行されたスポンサーのKAMARQさんの希望というのがありました。The Roomの"周年"で、DJ達が家具を発表するんだから最大級の会場が相応しいでしょう!と。そして、去年フランスで一緒に仕事をした小張正暁さんがageHaの窓口になって頂いているいうのも非常に大きかったんです。彼の行動力、そして実直な性格には、大いに刺激を受けましたので。それに、ageHaで開催していた時のTokyo Crossover/Jazz Festivalの成功は、彼の協力あっての賜物でしたから。

 

そして何よりも、我々のような小箱が節目節目で大きな会場をジャックするというのがThe Roomの伝統なんです。古くはGOLDだったり、新宿のリキッドルームだったり、赤坂BLITZだったり・・・。そして20周年はageHaでDJ100人一人一曲!なんて無茶な企画を実現しましたしね。

 

最近ではEDMとトランスが中心で、テクノですらも難しいと言われているageHa(MAWのパーティーなんかは特別なんだそうです)で、敢えてThe Roomの音を鳴らすっていうことにも挑戦してみたかったんですよね。

 

だから、この日は大人の人にも是非とも遊んで欲しい。

The Roomを卒業した80万人の人にも遊びに来て欲しい。

 

恐らく、The Roomが大きな会場で行う最後の深夜イベントになると思うんです。

何故なら30周年は、渋谷の桜丘で一ヶ月毎日記念パーティーを行う予定なんです。

 

そして、閉店します。

 

2022年の12月かな?

 

だから、こうやって周年をageHaのような大会場で深夜に行うのはこれが最後になるんです。

 

皆さんに集まって頂かないと、このイベントが失敗したら30周年はおろか、26周年を開催することも不可能になるかもしれません(汗)。

 

結婚もした、子供もできた、でもこの日だけはいいじゃないですか?

四半世紀ですよ。浮き沈みの激しいこの業界で。我ながらびっくりです。

 

思う存分、音楽を浴びましょう。

 

大会場での最後の"周年"イベントなんです。

 

 

The Room 25th anniversary special event&VJ Furniture Launch party
"BEATS & VIBES"
Powered by KAMARQ

 

昨年12月に25周年を迎えた渋谷の老舗小箱The Roomの特別記念イベントの開催が決定。MONDO GROSSOの大沢伸一、ライムスターのDJ JIN、松浦俊夫、DJ KAWASAKI、そしてKyoto Jazz Massiveの沖野修也といったThe Roomに所縁の深いDJ五人がアリーナに登場。テクノ、ハウス、ジャズ、ブギー、ヒップ・ホップとジャンルを越えた共演が実現します。この日はこの五人がThe Roomの名の下にプロデュースし、新鋭家具ブランドKAMARQとコラボレーションした(デザインはインテンショナリーズ)、VJ FUNITURE〜1RDISCOのお披露目を兼ねたローンチ・パーティーとなっています。開店から4半世紀を迎え、新たなフェーズに突入したThe Roomが、都内最大級のベニューをジャックします。何とこの5人の音源を収録したスペシャルなレコード(全て初アナログ化音源!)が付いた3000円の前売りを427枚のみ限定販売します!更には沖野修也かけ終わったレコードを全て観客にブースから大"盤"振る舞いします!!東京のナイト・シーンの歴史に残る一夜を是非お楽しみ下さい。

 

The Room, Shibuya will hold a unique event at AgeHa to celebrate it's 25th anniversary this past December and the launch of a new furniture brand KAMARQ produced by Japanese DJs, (designed by INTENTIONALLIES). The furniture has been produced by DJs with a long connection to The Room, Shibuya and will be known collectively as VJ FURNITURE - 1RDISCO. The DJ- Producers chosen for this project are Shinichi Ozawa (Mondo Grosso), DJ JIN(Rhymester), DJ KAWASAKI, Toshio Matsuura and Shuya Okino (Kyoto Jazz Massive) and they will each DJ for this event at AgeHa. Expect the music to cross all genres, house, jazz, boogie, hip-hop... as The Room, Shibuya takes over the largest night venue in Tokyo. Advance tickets purchased at 3000 yen will includ a special vinyl for the first 427 people.Shuya Okino also plans to give away all of the records he played during his set.Please enjoy this one time only in the history of Tokyo's night scene event.

Island bar open/start☞23:00
Areana start☞24:00

Charge:3500yen(At door)
3000yen(Overseas tourist discount at door)
2500yen(20~25years old discount at door)

3000yen(Advance)
☞427枚限定-スペシャル・アナログ盤引き換え可能チケット/427 limited ticket with special vinyl exchange
2800yen(Advance)
☞アナログ盤は付きません/No vinyl
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1811394

*アナログ盤は会場入り口のみで、1名1枚のみ引き換え可能です。/You can get the vinyl with your exchange ticket only at door on the event. Only 1 vinyl per 1 person.

===========
【Arena】Tecno,House,Boogie,Disco,Jazz,Funk
Shinichi Osawa(MONDO GROSSO)
Toshio Matsuura(TOSHIO MATSUURA GROUP)
DJ JIN(Rhymester)
DJ KAWASAKI
Shuya Okino(Kyoto Jazz Massive/Kyoto Jazz Sextet)

【Island】
Funky Jazzy Music
"CHAMP × DJ SARASA"

DJ SARASA
Yosuke Tominaga
OIBON
Hiroko Otsuka
Yonchome
HICKEY
Masato Nakajima

【Water】
Disco/House/World
"CMYK with ELLI ARAKAWA"

ELLI ARAKAWA
CMYK(NOMIZO,KIRIOKA,ENDONAO,HYOTA)
===========

昨年25周年を迎えた渋谷の老舗小箱、The Room☞http://www.theroom.jp/
ヴァイナル・ジャンンキーの為の家具レーベル、VJ FURNITURE☞https://vinyljunkiesfurniture.com/

20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
入場の際全ての方にIDチェックをさせて頂きますので、
顔写真付の身分証明書(生年月日記載)をお持ち下さい。コピー不可本人と確認出来ない場合は、ご入場をお断りする場合がございます。

You must be 20 years or older to enter and a valid photo ID containing your birthdate is required at the door. Copies are not acceptable.
We reserve the right to refuse admission to anyone.

主催:Extra Freedom
共催:KAMARQ

Info:Mother Entertainment/ageHa
03-5534-2525

 

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース