シュウさんのブログ

「ブレードランナー」関連 動画掲示板

http://ameblo.jp/shuwest/entry-10394381265.html



PR会社&映像制作など ウエ・コーポレーション

http://www.uecorp.co.jp/



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ブレードランナーIMAX 極上体験!!&ウロコの謎

 

2週間限定の「ブレードランナー ファイナルカット」IMAX上映を体験した。

いやはや久しぶりに”圧倒”された。

 

去年の「2001年宇宙の旅」70㎜フィルム上映以来に”圧倒的”だった。

 

個人的にいつも思うのだけれど、「2001年宇宙の旅」「未知との遭遇」そして「ブレードランナー」、この3作品は、映像と音楽だけで魅せる映画であってセリフは必要ないという事。

 

今回のIMAX上映で、その思いはより強く感じた。

 

上映環境の差なのか、2007年と2017年にファイナルカットを見たときに比べて、今回のIMAX上映の方がはるかに音響の情報量がアップしていたように思えた。

 

・スピナーの飛行音に混じる「キーン」という航空機のようなSE。

・デッカードがスピナーから職質されるシーンで、悪ガキがケーブルらしきモノをぶん回す時に聞こえる「ヒュンヒュン」という音。

・デッカードとロイの対決のシーンで聞こえる、蒸気を吹き出すパイプ(?)の軋む音。

・鉄柱から滑り落ちそうになるデッカードの手の「キュルッ」という滑る音。

・レイチェルがユニコーンの折り紙を蹴飛ばしたときに鳴る「カサッ」というかすかな音。

などなど…。

いずれも、これまで体験してきたファイナルカットには含まれなかった音源だと思うのだが・・・。

 

そして、工場地帯の噴き上げる火炎やブラスターの発射音、プリスとの格闘の殴打された音など、”ショック音”については、これまで以上に張り裂けんばかりの迫力で迫ってきた。

 

実は、2007年のファイナルカットの初公開の際にも、これまでのバージョンに比べて、はるかに音の情報量が増えていた。


今回はIMAXだし、池袋のグランドシネマサンシャインという、これまで以上の音響施設だから、単にこれまで気づかなかった音源が拾われたのかもしれないが・・・。

 

とにかく、映像と音・音楽の関係がより密接になっていて、言葉の無力さを感じるほどだった。

 

ちなみに、IMAXだからかどうかわからないけど、これまで何百回と観ているのに、またまた発見があったよ!


レオンのアパートのバスタブで拾ったヘビのウロコの大きさについてだ。

これは、バスタブから拾ったウロコをビニールに入れる場面。

 

これが、デッカードがアパートでウロコを見つめる場面。

分かるかな。ウロコのアップと引きサイズだと、ビニール袋のサイズが違う。

さらに!

 

チャイナタウンで、ウロコを鑑定してもらう場面では、ウロコの形状や大きさ、さらには色までが違って見える。

 

未公開シーンに登場するウロコと鑑定シーンのサイズや形状などは同じだ。

 

これまで全く違和感を感じていなかったが、先日の「追悼 ルトガー・ハウア」イベントで、ウロコのレプリカを頂いてから、なんか気になっていたのだ。

image

こうやって比較しない限り、いくつも違いがあるとは気づかないよね。

まさに映画ならではのマジックだ。


より効果的に映像に”映える”ように、場面場面でプロップの形状を変えていったのだろう。


映画だからこそ、あまり論理に振り回されず、見栄えや格好よさを優先させるべきだし、観客を騙せれば、もしくは、観客から許されるギリギリを突けばいいのだ。


その辺の加減が難しいのだけどね〜(*^_^*)

 

追悼ルトガー・ハウア 「ブレードランナー イベント」終了!

{DC9DF869-097F-44B9-A069-40EA12434F32}

昨日は、ルトガー・ハウア追悼イベントに、多くの方に参加頂き、本当に感謝申し上げます。

今回は、映画秘宝の「ブレードランナー 究極試写版 設計図」の全体像を詳細に紹介して、バディに関連する部分を特に分厚く説明しました。

一部の映像紹介で若干のトラブルがありましたが、それを上回るキレイな映像と迫力ある音響が素晴らしく、満足頂けたのではないでしょうか。

映像の制作者として感無量であります。

{6572FADE-B3D5-41F2-98F9-D0B0CF0CCDF6}
{3ECF5F32-3A95-4E04-AFF5-CBFA81DEB10D}
イベントでは、造形家の関根さんがロイの持っていた「目ん玉」のオモチャを自作して持参され、高木ブラスターで有名な高木さんからは、何とロイが自らの手に突き刺さした「クギ」のレプリカを参加者全員分お持ちくださり、まさかの大盤振る舞い!
{B7CBF825-9D0E-42A2-92DE-E7BA6A412F34}

さらには、ヘビのウロコまで用意下さり、最後は熾烈な大ジャンケン大会となりました!

現在進行形のポリススピナーのレストアプロジェクトからは、オーナーの小泉さんより、スピナーのお披露目会にルトガー・ハウアを呼ぼうとしたエピソードや、ハウアの死によって来日が潰えた顛末などを紹介頂きました。

{4529DF35-E718-487C-B288-0EE9ED1F725B}

本当に皆様に協力頂いて実現したイベントでした。

新宿フラックスのオーナー駒澤さん、スタッフの皆様、高木さん、関根さん、小泉さん、そして、ご参加頂いた全ての皆様、本当にありがとうございました!

いひひひ!燃えやがれ! 服がゴミのようだ!

いひひひひ。
燃えろよ燃えろ! 
{76F95C81-93A3-4443-88A8-BE22B5634A23}
ワイシャツを燃やしております。
良く燃えます。

{EE1EB173-D90B-4EF5-B582-68FBE22D5442}

新品を購入して燃やしているので、ちょいと罪悪感がよぎりますが、別にアタマがおかしくなった訳ではありません。

れっきとしたお仕事。

今週土曜に控えている企業様のWeb-CMで使う小道具なのです。

{E9B80501-9E61-42E6-B490-28499A95C64E}
こんな感じ。
いかがかしら?

{DB5972AB-F2CE-4D73-AE64-15A3943EF381}
ワイシャツだけでなく、チノパンまで燃やしました。

一体どんなCMなのか?
許可が下りれば、今後大公開できるかもしれません。

ふう。
ウチは小さな動画制作会社だから、色々なことを自分達でやります。

なんか、学園祭前日みたい。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>