適ならば手足の存在を忘れ・・・? | 美しさと真心が字からにじみ出る様になる成城書道教室

美しさと真心が字からにじみ出る様になる成城書道教室

世田谷区成城にて書道教室を主宰しています。
自分のペースで、真心のこもった美しい文字を引き出すお手伝いをしています。


テーマ:
前回の続き、白居易(はくきょい)の言葉です。

身適忘四肢 身適ならば四肢を忘れ
心適忘是非 心適ならば是非を忘る
既適又忘適 既に適にして又た適を忘れ
不知吾是誰 吾は是れ誰なるかを知らず

「身体が適の状況であれば手足の存在を忘れ、精神が適であれば是非の判断を忘れ、さらに適であるうえに適であることを忘れれば、自分が誰かという判断さえ忘れてしまう。」

「机に隠る」(つくえによる)という詩の中の一部分です。
この詩の中には「壮士」「孟子」の用語が引かれていて、白居易の哲学論なんでしょうね。

白居易にとって、「心身の適」は永遠の課題だったようです。
彼は若い頃、杜甫も就いた事のある「左拾遺(さしゅうい)」という官職に就きます。その頃は「経世済民」の情熱を燃やし奮闘していたようですが(この頃が前回記事のような反戦詩を多数作詩)、晩年になると彼は自分の詩を後世に残そうと意図的に、かつ意欲的に取り組むようになります。

そして官職の多忙・閑職どちらの中にあっても”適”を見いだそうとします。
”適”を見いだすとは、心の平穏の事でしょうか。
白居易は当時の人としては異例の長寿を全うするんですが、それが後世の詩人達の「理想像」になっているようです。

それにしても、適であれば四肢を忘れ、善し悪しの判断も忘れ、最終的に自分さえも忘れる・・・という境地。なかなか達せるものではありませんね(笑)
しかし白居易いわく、この閑適の境地は自己の努力で決定できるものだそう。

もっと白居易の詩を読んで、彼がいかなる努力をしたのかに迫りたいと思いますにひひ

美しさと真心が字からにじみ出る様になる成城書道教室さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス