ADDICT出演者の日記

ADDICT出演者の日記

ADDICT出演者の日記 イベント情報などのお知らせ


Amebaでブログを始めよう!

始まりがあれば終わりもあるものです。

ADDICTで過ごす時間が残り僅かとなりました。

定期的に通ってくれた方はご存知ですよね。

知らなかったあなたはそれだけ来てくれてないという事ですね。

ブログだけは読んでくれているのだろうけど(笑)

 

今回の事で私を大切にしてくれている方が誰なのかよくわかった。

とても嬉しかった。そして感謝した。

 

ここで告知するのはやめておこうと思っていたけど、やはり気持ちを伝えたくて書きました。

ここには書かないけど、理由があり最後の日がいつになるかは明かしません。

だから早めに会いに来てくれると嬉しいな。

 

 

 

 

 

 

先日、お客さん同伴新規のお連れ様とお話していた時の話題

近況と今後のことをお伝えしたのね

そうしたら「もっと営業(電話)したほうがいいんじゃない?」って指摘されたわけ。

そうだねよ。何だかんだ言っても結果アタシの努力が足りなかったということだもんね。

 

アタシがお客様に営業(電話)しなかった理由

 

電話すると喜んでくれる方がいるのは知っています。

でも嫌がる人もいます。電話した途端来なくなった方もいた。

見極めて上手にやれば良かったのかな。

でもそんな問題ではないの。

ただただ少ないお客さんをヘビロテして負担をかけたくなかった。

アタシは色恋でしか客を呼べない安キャバ嬢みたいな事はしたくない。

永いお付き合いを望んだから。

 

だから毎日広告を配ってたんだよ。

 

その最中 時折 街角でお客さんと遭遇する。

そのまま一緒にお店に戻ってくれる方は少なかった。だからその背中を見送る事に慣れた。

でも、彼・彼女が戻って来れる場所があるように、だからこそ新規顧客の獲得を頑張ろうと自分に言い聞かせた。

 

六年間、

暑かった。

寒かった。

風雨にもさらされた。

汚いものも沢山目にした。

 

修行僧の心が少し理解できたかな(笑)

 

 

今日も

「お還りなさい」 の

準備をしておくね。

先の日記に引続きなぜ皆さんが来てくれないか原因を追究した

久しぶりに来てくれた人などに聞いてみた

その中に「食事が出来ないから」という声もあった

どこかで食事⇒ADDICT という流れらしい

でも、一件目からADDICTに来たいときもあると言う

だから営業時間を変更して、食事も用意したよ

で、時間制限がある中での食事が割に合わないという意見もあったからそれにも対応したのだよ

 

 

時間・数量に制限はあるけれど、食事代金はセット料金に込みにしたよ

 

そして18:00開店にしたよ それだけ早い時間に来てほしいのさ その代わり毎日24:00閉店にしたけどね

ちなみに定休日日・月曜日(月曜は気分が乗れば又は交渉次第で営業)へ変更しました

 

今更だけど、少しでも多くの方に通って頂けることを願っております。