朱夏っ!と LIFE のお片づけ日記

朱夏っ!と LIFE のお片づけ日記

さらっと整理、きちっと収納、ふわっと幸せ


テーマ:

皆さま こんにちは。

 

昨日の暑さとはうって変わって今日は肌寒いくらいです。

 

いかがお過ごしですか。森 由香です。

 

今日は、発行日は2017年6月の本ですが、先日たまたま見つけて読みましたら、なかなか濃い内容の本でしたので紹介します。

 

 

 

「いつか使うかも」「もったいない」を断ち切る!

捨てる技術

 

編集:PHP研究所

 

 

 

この本は、

『PHP ほんとうの時代』

『PHP ほんとうの時代+Life』

『THE21』から抜粋・再編集、新規原稿を加えた14人の各方面のプロの記事で出来上がっています。

 

古い記事も入っていますが、古さを感じません。10年前から「捨て方」の考え方は同じなのでしょうね。

 

 

この本はムック本です。以前紹介した

『なぜかお金を引き寄せる人の掃除と片づけ』→☆と同様、どの記事から読んでも内容が理解できるところが気に入っています。

 

今回も

 

収納カウンセラー

クラター(ガラクタ)・コンサルタント

経済評論家

生活研究家

性格リフォーム心理カウンセラー

住職

元住宅誌編集者

生活経済ジャーナリスト

ジャーナリスト・高齢問題研究家

イラストレーター

「ドイツ式整理術」関連本著者

精神科医

実家片づけ整理協会代表理事

医学博士

 

と書き手の肩書をみても興味が湧きます。

 

 

 

私が、この本を読んで、なるほど!と思ったのは、

 

・中華とエスニック料理は家で作らないと決めて、スパイス類を増やさない

 

・現代は、供給が消費を上回っている時代、だから過剰なストックはいらない

 

・人生の最後の(あの世への)引っ越しは自分ではできない。


という話やことば。

 

一冊読むと「捨てる」技術のヒントがたくさんもらえます。

 

 

 

「捨てる」基準を、感情を中心に考えていると、どうしても「捨てたくない」感情が勝ってしまいます。

 

ある程度、ロジカルに考えて判断できると、手放すことに納得ができて後悔がありません。

 

「片づけ」となると、収納に興味が行きがちですが、しっかり整理を考えることが大切なのです。

 

最初に整理をすれば、余分な収納グッツを買わないで済みますよ。

 

色々なプロの話を読んで、琴線に触れるワードを探すのも面白いと思います。

 

 

*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・

 

 

以前の記事で紹介しています

 

 

経済評論家 勝間和代さんの本→☆

 

 

曹洞宗徳雄山建巧寺住職 枡野俊明さんの本→☆

 

 

*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・

朱夏らいふ 季刊紙

 

「朱夏通信第31号」発行しています→☆

 

 

 

こちらでコラム、インタビュー記事の執筆と編集をしていますので、よろしければご覧ください。

 

 

CRASii 公式コンテンツ

 

 

 

・お片付けワンポイント

5月のコラム new 

『片づけ力ができる子にするには』→☆

 

『家を「きれい」に保つ3つのサービス その1』→☆

 

『家を「きれい」に保つ3つのサービス その2』→☆

 

 

4月のコラム 

「本当の”もったいない”を見つけよう」→☆

 3月のコラム 

「バーキンのバックから整理の基本を」→☆

 

 

・インタビュー記事編集 片づけのプロに聞きました

「片づけびとのモノ語り」→☆

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

春日部市からのんびり整理収納をお伝えしています

森 由香  

整理収納セミナー講師

 

*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・

 

整理収納アドバイザー

整理収納コンサルタント

整理収納アドバイザー認定講座講師(2級講座)

企業内整理収納マネージャー

整理収納敎育士

ファイリングデザイナー(1級)

ルームスタイリスト(1級)

 

詳しくはこちらで。
朱夏らいふのHP

 

 

 

 

 


テーマ:

暑い日が続いたと思うと肌寒い日があって・・・・。

 

本当に陽気が定まりませんね。

 

みなさま、いかがお過ごしですか。森 由香です。

 

 

 

さて、今月は第2日曜日が母の日でしたね。

 

今年も義理の母にも、母にも、母の日のプレゼントを送りました。

 

ここ何年かは、ふたりに送るモノは、花と好きな食べ物にしています。

 

 

 

その昔の話ですが、母は祖母への「母の日のプレゼント」の買い物に私を付き合わせていました。

 

母はいつも迷って決められないので、私に決めて欲しかったのですね。

 

そんな感じで買ったプレゼントを明治生まれの祖母はどうしていたかといいますと、

 

全部、使わないで箱ごときれいな状態でとってありました。

 

造花のカーネーションまで入って・・・・。

 

気に入らなかったのではなく、嬉しくて、もったいなくて、着て汚したくなかったのでしょうね。

 

 

 

 

 

今、私が整理収納を学んでわかることは、「モノは使ってこそ活きる」ということ。

 

そこから考えるとこの状態はNGです。

 

でも、この使えずにとっておいた祖母の気持ちも痛いほどよくわかリます。

 

愛情や条件などが重なり、正論だけに答えがあるわけではないということもあります。

 

モノの持ち方もその時、その気持で、例外があってもいいのだと思います。

 

 

祖母がとっておいた「母の日のプレゼント」は、伯母(母の兄嫁)が、それらを母に形見分けをしてくれたので、

 

伯母から返してもらってからもしばらくとっておいたというさらにNGを重ね、(泣)&(笑)

 

今、当時の祖母と同じくらいの歳になった母が着たり、使ったりしています。

 

 

保留期間がとても長かったですが、形としては、今は使っているのでOKということで・・・・。

 

「いつか」が30年後に本当にあった、という、整理収納アドバイザー的には、「参りました」のほっこり話です。

 

 

 

 

*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

こちらでコラム、インタビュー記事の執筆と編集をしていますので、よろしければご覧ください。

 

 

CRASii 公式コンテンツ

 

 

・インタビュー  片づけのプロに聞きました

「片づけびとのモノ語り」→☆

 

・お片付けワンポイント

5月のコラム new 

『片づけ力ができる子にするには』→☆

 

『家を「きれい」に保つ3つのサービス その1』→☆

 

『家を「きれい」に保つ3つのサービス その2』→☆

 

 

4月のコラム 

「本当の”もったいない”を見つけよう」→☆

 3月のコラム 

「バーキンのバックから整理の基本を」→☆

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

春日部市からのんびり整理収納をお伝えしています

森 由香  

整理収納セミナー講師

 

*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・

 

整理収納アドバイザー

整理収納コンサルタント

整理収納アドバイザー認定講座講師(2級講座)

企業内整理収納マネージャー

整理収納敎育士

ファイリングデザイナー(1級)

ルームスタイリスト(1級)

 

詳しくはこちらで。
朱夏らいふのHP

 

 

*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

 

 

 


テーマ:

皆さん  こんにちは。

 

暑かったり寒かったりで、食べたい物も決まりませんね(そっち?)

 

いかがお過ごしですか。

 

 

今回は、少し前に読んだ本ですが、いつか紹介したいと思っていた本です。

 

こちら↓

 

 

 

 

 

マンガでわかる!『片づけ+収納術』

宙花 こよりさん

 

 

著者の宙花さんは、漫画家です。

 

長野の実家暮らしですが、ご家族皆さん片づけが苦手。

 

 

宙花さんも「いつかは、片づけなくては、ね~」という感じで暮らしていましたが、

 

ある日の午前10時過ぎ、担当編集者のT澤さんがご機嫌伺いにやってきます。

 

 

原稿が進まない原因が、タブレットのタッチペンが家の中で見つからないことだったから、編集者、T澤さんが立ち上がります。

 

宙花さんが呆然としている中、まず、ゴミの回収業者に19時に回収を依頼します。

 

 

そして

 

「いらないモノを捨てて、必要なモノは片づけて、

今日中に!汚部屋を卒業してください!!」と言い放ちます。

 

 

この時、午前11時ピッタリ。

 

宙花さん家族を巻き込んでの家の片づけが始まります。

 

「『24(トゥエンティーフォー)』どころかたった8時間で部屋を生まれ変わらせるムリゲーに、私はイキナリ突入するのでありました・・・・。」(宙花さん)

 

思わぬことから始まった片づけですが、このT澤さん、実は、かつては、汚部屋暮らし経験者。

ですが、インテリア誌の担当になったことをきっかけに汚部屋から脱出した経歴がある人なのでした。

 

なので、今回は、宙花さん家族の心強いスーパーアドバイザー。

 

 

片づけの段取りから、モノを処分する時の基準や気持ちの持ちようなどを付きっきりでアドバイスしてくれています。

 

時には、厳しく、時には優しく、宙花さん達に寄り添っています。

 

 

 

まるで整理収納アドバイザーを自宅に呼んで、片づけ方を教わっているようです。(ちょっと厳しいアドバイザーです)

 

ひとりで、片づけをするのは、自分のペースでできる分、迷いが出た時に先に進まなくなってしまいます。

 

 

そんな時、的確な判断で後押ししてくれる人が必要なのです。

 

今回は、その役をこのT澤さんが担ってくれたので、最後まで、挫けず片づけが進んだのです。

 

 

宙花さんが描くT澤さんは神々しく、T澤さんの放つ一言ひとことに、宙花親子が感動しながらどんどん片づけていく様子はとても面白かったです。

 

 

夜19時過ぎ、ゴミ回収が終わったあとで、T澤さんが、

 

『早く汚部屋暮らしから脱出してほしかったのですよ。

若くて才能もあるのに汚部屋に足を取られて、やる気やひらめきを取りこぼしてほしくなかったのです』

 

と宙花さんに言ったことばは、宙花さんが、これから先このきれいな部屋を維持していこう、という気持ちにつながったと思います。

 

 

私としては,マイペースの宙花さんのお母さんも好きだな~。

 

最初は「もったいないじゃな~い」とのんびり登場したお母さんでしたが、最後は、ちゃんと不要なモノを処分できる様になって、大進歩でした。

 

それにしても、このT澤女史、キレっ切れ!

 

片づけ業界に引っ張り込みたい人材です(笑)

 

 

 

とりあえず、自分で頑張ってみたい、と思っている片づけビギナーさんにオススメの一冊です。

 

*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

こちらでコラム、インタビュー記事の執筆と編集をしていますので、よろしければご覧ください。

 

 

CRASii 公式コンテンツ

 

 

・インタビュー  片づけのプロに聞きました

「片づけびとのモノ語り」→☆

 

・お片付けワンポイント

5月のコラム new 

『片づけ力ができる子にするには』→☆

 

『家を「きれい」に保つ3つのサービス その1』→☆

 

『家を「きれい」に保つ3つのサービス その2』→☆

 

 

4月のコラム 

「本当の”もったいない”を見つけよう」→☆

 3月のコラム 

「バーキンのバックから整理の基本を」→☆

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

春日部市からのんびり整理収納をお伝えしています

森 由香  

整理収納セミナー講師

 

*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・

 

整理収納アドバイザー

整理収納コンサルタント

整理収納アドバイザー認定講座講師(2級講座)

企業内整理収納マネージャー

整理収納敎育士

ファイリングデザイナー(1級)

ルームスタイリスト(1級)

 

詳しくはこちらで。
朱夏らいふのHP

 

 

*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚