エビのミニバイクレース生活

エビのミニバイクレース生活

ミニバイクレース参戦に関する様々な情報をアップします。レース歴20年、多少の知識はありますので、コメント覧に質問して頂ければ極力お答え致します…

高校生の頃から四半世紀乗り継いで来たNSR、とうとう手放す日が来ました。



お陰様で売り出して数日で売却先が決まりました。お買い上げ頂きありがとうございますニコ
多分これで生涯2ストロークマシンを保有する事も無いでしょう…

まぁ思い出話しを語り出すとキリが無いのであえて語りませんが、今迄の我がミニバイクレース人生の全てを知っているマシンですねキラキラ
物に対する愛着はそれ程でない私ですが、いざ手放すとなると寂しい思いはしますぐすん


本当はいつまでも手元に置いておきたいのですが、新たにGROMの購入を予定しているので、スペース的にバイク3台を保管しておくのは厳しいのと、GROMも中途半端にはやりたくないので、資金を調達せねばと言う理由もありましたうーん

まぁそれにしてもNSRは良いバイクですビックリマーク なんにしてもライダーを育てるのにはうってつけひらめき電球
青山博一・周平兄弟以後に世界で活躍したライダーの幼年期を育てたマシンですからねビックリマーク
現在はNSF100がライダー育成マシンと認知されてますが、自分が思うにNSRの方が同じ時間走ったとして、ライディングスキルは3割増し位身に付きますグッド!

4ストのNSFだとコーナリング中に車体が乱れていてもアクセルは開けられちゃうから、バトル中にクロスラインとか使わなくなっちゃうし、コーナーを雑に攻めても誤魔化しが出来ちゃうんですよねえー?

それに比べNSRのSPはコーナリングが繊細だし、止める・曲げる・加速させるDASH! を極めないと、エキスパートクラスでトップを走る事は出来ませんビックリマーク
青山博一、中上貴晶、富沢祥也とかはNSRでコーナーの真髄を覚えたから、ロードレースに行っても即活躍出来たのだと思います。


そんな訳で自分はNSRを手放してしまいますが、若い連中には是非これからもNSRで修行してもらいたいグー
2ストだからって戦えない事はありませんビックリマーク

おっさんは飽きたんで新しいバイクに乗るだけです…










NSRよ、永遠にキラキラ
1月3日に桶川へ新年初走りに行って来ました。




エキスパートなライダー達もボチボチおられ、午前中のみでしたが楽しく走行出来ましたDASH!

午後は正月恒例のピン耐があり、自分は出る気で回りに声を掛けたものの皆渋い返事むっ
結局テンション上がらずに、今年の参戦は見送りました。それでも『オレは出るっス』と久々に桶川に戻って来たこの男ビックリマーク



パイセン守田DASH! 
だが、しかし…

午前の走行中に1コーナーに差し掛かった所、なんとコースインして来たライダーにライン上割り込まれ、ほぼ全開状態で激突ドンッ
マシンは大破ビックリマーク 骨折は無かったものの左足負傷でDNSとなりましたえーん

それにしても大変危険なシチュエーション、下手したら命にかかわる重大インシデントでしたアセアセ
皆さん常識ですが、サーキットでのコースイン・アウト、それとショートカットからの合流時は十分過ぎる程注意しましょうひらめき電球
桶川・秋ヶ瀬であっても、過去にそれで大怪我したライダーを散々この目で見てきましたのでぼけー


走行後の夜は桶川近くの焼肉屋で班長,s 新年会に参加させて頂きました焼肉
そこで各自今シーズンの目標を述べよビックリマーク と東郷班長からの御達しがあり、『自分は〜桶川のチャンピオンと全国大会の優勝っス』と言ったところ、新潟の荒武者ヒロシに『自分は〜桶川でエビ喰いして〜、堺でガッキー狩りですわメラメラ』と宣言されましたガーン
ん〜美味しく料理されない様に頑張らねばDASH!

そんな感じの楽しい2019年初走りでした音譜



そしてパイセン、お大事に…



あけましておめでとうございます門松

ただ今箱根駅伝を見ながらダラダラと正月を過ごしております。
若い頃はマラソン・駅伝なんて何も興味無かったけど、歳を取るとともに欠かさず観戦する様になりました。
ん〜ランナーの心情に打たれますなぁスタートで転んで痛めた足を引きずりながらもタスキを繋ぐ学生の姿に、既に泣いてしまいそうですしょぼん


さて私の2018シーズン、参戦レースはスプリント15戦、耐久レースは鈴鹿ミニモトの1戦のみ。
スプリントレースの内訳は、桶川をシリーズ全戦参加して計6戦、秋ヶ瀬は全国大会を入れて計4戦、堺カートランドのオールジャパンミニバイクレースを2戦、その他白糸・リンクス・茂原を1戦ずつ。


参戦結果フラッグ

鈴鹿ミニモトは友人のXRで参戦しましたがマシントラブルで途中リタイヤショック
私は第1ライダーを走り切ったものの、GROMの大集団の中では全く太刀打ちする事は出来ず…
悔しい思いをしたので、今年のミニモトには自分でGROMを準備して参戦を目指したいですDASH!

スプリントレースは全15戦で表彰台獲得は10戦、内優勝は4回クラッカー レース中の転倒・DNSは4戦ありました。
初戦の桶川開幕戦では、決勝のグリッド上でエンジンが再始動出来ないと言う最悪のスタートを切りましたが、その後は桶川初優勝をする事が出来て最終的にはライキング2位と、桶川では過去最高の結果にやり
秋ヶ瀬の全国大会はリンダマンにぶっちぎられて屈辱の2位となりましたが、ウエット路面での予選は苦手の雨を克服する事が出来て、少しは収穫がありましたカエル


2019シーズンは今のところ桶川のシリーズ戦と鈴鹿ミニモトには出ると決めてます。もちろん堺のオールジャパンにも出ますビックリマーク 西の王者ガッキーを一度はアウェイで撃ち破りたいDASH!
後は全国大会がどこで行われるのか… 早く決まって欲しいですねえー?




桶川のシリーズ表彰式キラキラ
チャンピオン獲ったらスーツで出ますw

四十路過ぎのおっさんですが、2019年も頑張ります筋肉


最後に… 東洋大学往路優勝おめでとうビックリマーク
2018シーズン開幕ビックリマーク 初戦の結果は…

まさかの決勝グリッドでエンジンが再始動せずにDNSゲロー
20年以上の渡るレースキャリアで初めての経験でした…

原因はここには書きませんが(サーキットで直接聞かれれば答えます)、原因箇所は念の為レース前日にパーツ交換して、決勝前に再度確認した上でのトラブル。
まったく 不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまったぜ!(特攻の拓より引用)

このレースの為に積み上げて来た事が一瞬で水の泡にダウン こんな事になるなら転倒した方がマシ、せめてスタート位させてくれえーん

せっかく尚汰と最高の勝負の舞台が整ったのにビックリマーク 無念で仕方ありませんぼけー


しかも今回のレースの不運はこれだけではなく、
前日練習の昼間にエンジンを本番機に載せ替えようとすると、ポロリと大きな金属片が車体から脱落。よく見るそれはフレームのエンジンハンガー叫び 暫く呆然と立ち尽くしました…
我に返ってフレームを良く観察すると、他のエンジンハンガーにもクラックがあせる 今まで5シーズン程全くクラックが入らなかった優秀なフレームが何故このタイミングでショック

とにかく急いで修理せねばと桶川近くで溶接をお願い出来るところ考え、ダメモトでLIBRA☆PROに電話電話
たまたま工場に来ていた(普段土日は不在が多いので)大島社長に迅速に対応して頂き、ギリギリで最終走行枠を本番用エンジンで走行する事が出来ました汗


{DA7241DE-0064-460D-AF53-5CE8AD779871}

2ストチャンバーの名工大島さんの匠の技で、千切れ取れたエンジンハンガーは完璧に修復キラキラ  本当に助かりましたあせる
お陰様で前日練習の最後に昨年の自己ベストに匹敵するタイムを記録して、気持ち良くレース当日を迎える事が出来ましたアップ


前日にバタバタもありましたが、レース当日の朝フリーは44秒台でラップする事が出来て、マシンの仕上がりの良さを実感ひらめき電球

純正のPDキャブになった事で、今までに比べ確かに加速力とピークパワーは落ちたものの、その分自分が以前から求めていた4ストらしさ… 簡単に言うと扱い易い加速フィーリングで、開けた分だけ前に進む感じを得られ、44秒台で走っていても半クラを殆ど使う事がありませんビックリマーク
以前にMクラスで全国大会を勝った時のNSFを、そのまま2馬力位上乗せしたパワーフィーリングを得る事が出来ましたキラキラ

ここまで持って来るのにどれだけ回り道をした事か…


予選タイムアタックでも単独走行で自己の最速ペースを維持して、チェッカーラップで新コースの自己ベストを記録ビックリマーク
ようやく過去にNSR出したタイムを上回り、ポールポジションは尚汰が奪ったものの、決勝では互角の勝負が出来る手応えを十分に掴んだ予選でした…


まぁそんな事で今回は残念な結果になりましたが、NSF-SPに再挑戦を始めて2シーズンに渡り、迷い混んでいた長いトンネルの出口がやっと見えて来ましたキラキラ
あぁ早く次のレース来ないかなぁにやり まだ2018シーズンは開幕したばかりビックリマーク 次からは連戦連勝して行きたいですDASH!


{72A0907B-FB67-42D6-8917-E88911CBA495}




あっという間に桶川開幕戦レースウィークに突入〜

レース前週の週末は土日共走行しました、が… 中々調子が上がって来ないあせる
今年も正月からシーズンオフも関係無く桶川を走り込んで来ましたが、とにかくタイムが出ないダウン 前年の同時期に比べて0.5秒程悪い、そして自分だけで無くエキスパートのおじさん達皆悪いぼけー
ん〜て事はコースコンディションの悪化なのか、それともライダーの高齢化が原因か…

昨年のこの時期はリンダマンや尚汰が、常に練習から5秒前半〜4秒台の超ハイペースで走行していたので、それに皆引っ張られていたのもあるけれどしょんぼり

しかしレースは待ってはくれないので、やれる事はやってレースに備えます。
今シーズンから桶川のNSF-SPはハイカム使用の場合、キャブはPD縛りとなりました。(とりあえずEXPクラス限定)
これを機に丁度停滞気味だったNSFのセットと、4ストマシンの走らせ方も全て見直し、感覚的には良い感じにまとまっては来たものの、それがタイムに繋がっていませんえー?
まぁ確かにキャブがPDになってパワーダウンは否めませんが、遅いをキャブのせいにしてはいけませんビックリマーク 要はその分コーナーを速く走ればいいのですDASH!

とは言えレース一週前に来てこのままではマズいあせる
日曜午後にはレースエンジン・前後新品タイヤを投入して決死のアタックメラメラ ギリギリですがなんとか目標タイムはクリアー出来ましたぼけー


週末はいよいよ2018シーズンの開幕戦ビックリマーク
最速男のリンダマンはいませんが、ロードレースデビュー直前のチャンピオン尚汰がエントリーキラキラ
心置き無くロードレースへ旅立てるよう、引導を渡してやりたいですねにやり

後、あの出ない出ない詐欺男にも…



家の庭先に怪しい男がビックリマーク

{384366DF-9D08-42AA-9B3A-C00ED905C585}

泥棒かと思いきや、守田パイセンでしたねー

土日泊まりで桶川練習に来たパイセン、整備する場所貸して欲しいっス! とわざわざ家にやって来ました。
俺はオリンピック見てんから勝手にやってろ〜 と放置しておきましたが、ご近所からは不審者に見られたかな…