コンチネンタル ウルトラスポーツ2 23C | ロードバイク(クロスバイクも)改造ブログ

ロードバイク(クロスバイクも)改造ブログ

自転車にハマってしまった男のブログ
現在の愛車は2015年式FELT・F95
ブリヂストン・CYLVA F24
新城幸也選手は憧れの存在です(*´ω`*)


テーマ:

こんにちは、SHOYAです!

 

 

F95Eの純正鉄下駄リム幅何故か17C

まるで時代を先取りしていたかのように今流行りのワイドリムとなっていたので、25Cがジャストフィットしていましたが、

 

Y氏から受け継いだJETFLY16Cとなっていて、リム幅が若干狭いのです。

 

いろいろ調べた結果、25Cだとリム幅よりもタイヤが太くなり、空力特性が落ちてホイールの性能が発揮されないらしく、

後輪は今までコンチネンタル グランプリGT 25Cでしたが、23Cのタイヤに変更することにいたしました。

 

 

 

 

まだまだ修行が足りないSHOYAには、後輪に良いタイヤは不要!

ということで、コンチネンタル ウルトラスポーツ2 23Cを購入。

 

おなじみの計量のタイム↓

23Cで255g

 

以前買って履いていた、パナレーサーレースD EVO2 23Cとほぼ同じくらいの重量。。。。

あちらは1本4000円くらいしますが、

 

 

こちらのウルトラスポーツ2はなんと、

2本で4000円!

4000円ですよ!

 

どうですか皆さん、安いでしょう?

 

と、高田社長風に言ってみましたグラサン

 

 

 

 

早速JETFLYに装着。

 

 

タイヤの幅が、えーと、24.5Cくらい。。。??(゚∀。)

25Cではないけど、23Cでもない。

なんとも中途半端な幅ですが、GTよりも少し細くなったから、

ま、いいか\( ´・ω・`)┐しゅたっ

 

 

 

ポジションに続いてタイヤの太さまで元に戻るという。

 

 

 

ん??(; ̄ー ̄)

 

 

 

 

 

 

HYBRIDに戻ってるやないかーい!!

 

 

 

 

そうです、ケツの座りが悪くて、

50km以上はもたないという、またしてもHELL(地獄)を味わってしまいましたガーン

 

 

笑ってやってください(´・ω・`)

 

 

ペダリング技術がそう簡単に向上するわけもなく、

ペダリングが未熟な間はケツをシバキ回され続けるので、ケツの痛みにペダリングどころではなくなり、

さらにはケツの痛みが日に日に増してきて、ついには半分の25kmケツが死にかけになるという、

このままではロードに乗るのが苦痛になってしまうと判断し、泣く泣くHYBRIDに戻しました(;ω;)

 

HYBRIDHELLは重量的には25gしか変わらないのです。

そうです、25gの数字に負けましたチーン

 

 

もう少しペダリング技術を向上させてから、

また挑んでみます( ´◉_ゝ◉`)←

 

 

 

さて、次は実走ですが、

しばらく仕事や私事で忙しく、なかなかロードに乗る暇がなかったので、

たぶんエンジンの性能は落ちてます滝汗

 

 

 

乗り心地や加速性とか、そこらへんを味わいながら乗ってみます∩(`・ω・´)∩

 

 

ではでは(^-^)/

 

 

↓よろしければポチッとお願いします晴れ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

はるしょう127さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス