しょうくん『『夜の断続ブログ小説 ももちゃん』 〜おらと付き合ってけろ!編①〜』桃の旦那の しょう です。エナジードリンクばかり飲んでいたら、体臭が変だよと桃から言われたとです・・・。さて僕と桃が付き合うまでのこのシリーズ、今回は付き合っ…リンクameblo.jp

この記事の続きです。







桃から告白を受けた僕。

同じく僕も桃のことが、桃色の片思い状態でした。(胸がキュルルン)



にも関わらず、僕は直ちに返事をせず、沈黙の逡巡をおよそ30分決め込みました。




読者の皆さんの理解は得難いと思いますが・・

チャラ糞Tinder野郎だった僕は、付き合うという選択肢を完全に失念していました。



なにせ当時の僕の得意技であり、座右の銘は、お相手に「本気にならない・本気にさせない」な程でしたから。

(クズだねえ)



なので、腑抜け切っていた僕は、突如告白を受け、意表を突かれた感じがしました。

 



僕がどれだけ・・・ぱっぱらぱーで・・・


僕がどれだけ・・・お花畑だったか・・・。


お分かりいただけただろうか・・・。


(本当にあったチャラい話)

(口笛のBGM)




即座に、僕の心の中で、天使とチャラ男が大激論を始めました。



これからも桃と一緒にいたい・・(※1)

会えなくなるのはイヤだ・・

じゃあ付き合うしかないじゃん・・

でもつまり34歳バツイチ女と付き合うってことは・・

言わずもがな結婚的なエブリシングもハッピーセットで・・

ジャンプと一緒にゼクシィとたまごクラブ買うようなことで・・

糞チャラ人間なんかに結婚なんて許されんのか・・

そもそも薄汚れた俺がまともに人と付き合えんのか・・

浮気したくなるのかな・・

きっとブログに顔も出るよね・・

そしたらパジャマでコンビニ行けなくなっちゃうよね・・

俺、一般人だよ・・

この人、芸能人だよ・・

あれ、ブロガーってだけで芸能人ではないのか・・?

え・・どうなん・・

桃の顔こわ・・

俺は大丈夫なんか・・・・(※1へループ)



そんなことを脳内で堂々巡りし続けました。

後にも先にも、鬼瓦フェイスの桃さんを見たのは、あの時だけです。





いつも前フリが長くて申し訳ありません。

この話の結論を申し上げますと、









付き合うことになりました。

(お試しで。)









今皆さんがご覧いただいている夫婦は、ここで誕生しました。

オチはロマンチックさも身も蓋もなくて、むしろ非常にしょーもないヤツです。






お取扱い注意なミドル30バツイチ婚活女と

吹いたら飛んでいきそうな軽いチャラ男が、

仲良くなって、お試しキャンペーンをした結果、今があります。(薄〜ぅ)




なので、

回答まで約30分の遅延が発生した理由は、

Tinder沼から真人間に転生するための覚悟を固めるため、

そして、結婚を見据えたお付き合いを決意するため、でした。




もちろん、

幸せになるために離婚して、幸せになるために婚活していた、桃の頑張りやしんどさは、頭からっぽの僕でも痛いほど理解していました。


そのため、

ノリとかその時の気持ちとか、瞬間的なものだけでなく、過去〜現在の僕を振り返り、未来の僕と桃をしっかりとイメージする必要がありました。

(良い子は事前に準備しておきましょう)





なので、

「お試し」とは言ったものの、僕は結婚を見据えた決断だったので、お試しで終わらせる気持ちはその時既にありませんでした。


一方、

僕が激ヤバいわくつき物件だったので、桃は完全にお試しだったことでしょう。





幸いなことに、

付き合ってからも僕と桃は波長が合って、大きな危機もなく(諸説アリ)、今日までやってこれました。

そしてこれからも変わらず仲良くやっていけると思っています。





運命的に巡り会い、映画のような燃える恋に落ちて、全米を泣かせたいところでしたが、残念ながら、ノンフィクションの激ゆる日常ブログなので、醜態をありのままにお届けさせていただきました。


褒められた過去ではないので、今ある1日1日の中で、褒めてもらえるよう頑張ります。





今回のケースは、

Tinderに限らず、マッチングアプリに蔓延る善と悪が、たまたま混ぜるな危険を経て、結果的に良い化学反応が起きただけの話です。


でも、

今アプリで婚活したり、遊んでる方は、何かしらの参考になれば幸いですし、 

昔アプリをしていた方は、何かしら共感いただければ嬉しいですし、

アプリをしたことがない方は、良くも悪くもこんなところなんだと伝われば、と思う次第です。





『夜の断続ブログ小説 ももちゃん』 

〜おらと付き合ってけろ!編〜 (おしまい)



次回、

『夜の断続ブログ小説 ももちゃん』 

〜安定した日々の退屈を幸せと呼ぶのです編〜 


乞うご期待。

(ないかもしれません)



文字ばっかりなので、

オマケ程度に付き合った当初の写真です。