ブログ引っ越しました

テーマ:
諸事情を鑑みまして、ブログを事務所の公式HPに一本化する事といたしました。

事務所のHPの中に
コラム
を作りましたので、こちらをご覧いただければ幸いです。

Facebookを利用している方は当事務所のFacebookページにいいね!していただくと
コラムの更新がリアルタイムでわかります。
AD
平成18年の法改正まで、資本金は株式会社で1000万円以上、有限会社で300万円以上必要でした。
しかし、法改正で有限会社はなくなり、株式会社の資本金も1円からでよくなりました。

そこで、1000万円に満たない資本金で会社設立が増えました。

しかし、資本金が少ない場合、取引先などが良い印象を持たなかったり、
金融機関からの借入の審査の際に良い評価を受けられないおそれがあります。

裏返せば、増資登記をすれば信用を上げる事ができるというメリットがあります。

しかし、現金がないとの事で増資登記をあきらめられる事があります。

現金がなくても、役員からの借入金や役員への未払い役員報酬などを資本金にするDESという方法や
車や不動産、備品などの物を資本金にする現物出資という方法で、増資登記をすこともできます。


谷口龍一司法書士・行政書士事務所
京都市下京区東洞院通綾小路下ル扇酒屋町289番地
デ・リードビル6F
075-354-3740

http://www.office-taniguchi.com/


相続・遺言に関してはこちら
http://www.taniguchi-souzoku.com/

債務整理・借金問題に関してはこちら
http://office-taniguchi.net/
AD
代表の谷口です。

不動産を購入や相続で取得したときに法務局から交付された権利証を紛失してしまったので、再発行して貰えないかとのお問い合わせがあります。

残念ながら、再発行の制度がないので、権利証を再発行して貰うことは出来ません。

このようにお答えすると、不動産の権利がなくなるのではないかとご心配される方がいらっしゃいますが、権利証を紛失したからといって不動産の権利までなくなることはありませんので、大丈夫です。

また、売却、贈与などで不動産の名義変更をする場合に権利証が必要となりますが、権利証を紛失していても、司法書士の作成した本人確認情報や事前通知制度で、名義変更手続は可能です。

谷口龍一司法書士・行政書士事務所
京都市下京区東洞院通綾小路下ル扇酒屋町289番地
デ・リードビル6F
075-354-3740

http://www.office-taniguchi.com/


相続・遺言に関してはこちら
http://www.taniguchi-souzoku.com/

債務整理・借金問題に関してはこちら
http://office-taniguchi.net/
AD
Aさんは、10年間、大工工事と左官工事をしていました。各工事とも国家資格は持っていません。実務経験10年間のみでAさんが専任技術者として、大工工事と官工事の2業種の許可が取得できるか?


相続と許認可を主に担当しております佐藤です。

上記のケースでは、2業種の許可は取得できません。

Aさん1人で大工工事と左官工事の実務経験を証明する場合、重複する期間は、1業種分しか認められないので、
大工工事及び左官工事について国家資格を持っておらず、実務経験が10年しかないAさんは、
大工工事または左官工事のどちらか1つの工事しか許可を取得することができません。

Aさん1人が専任技術者として実務経験のみで2業種を担当する場合は、20年の実務経験が必要になります。

大工工事、左官工事両方の許可を取得したい場合は、下記の方法等が考えられます。
○先に大工工事で許可を申請しておき、10年後に左官工事で許可を申請する。
○先に大工工事で許可を申請しておき、左官工事の国家資格を取得出来次第、左官工事の許可を申請する。
○左官工事について10年間の実務経験がある人、又は左官工事について国家資格を持っている人を雇用した上で、Aさんが大工工事の専任技術者、新しく雇用した人を左官工事の専任技術者として申請する。 


谷口龍一司法書士・行政書士事務所
京都市下京区東洞院通綾小路下ル扇酒屋町289番地
デ・リードビル6F
075-354-3740

http://www.office-taniguchi.com/


相続・遺言に関してはこちら
http://www.taniguchi-souzoku.com/

債務整理・借金問題に関してはこちら
http://office-taniguchi.net/

内容証明郵便

テーマ:
相続と許認可を主に担当しております佐藤です。

契約を解除したい時や、貸付金の支払催促、債権譲渡の通知などの時には、口頭で意思を伝えただけでは証拠が残らず、後々双方で争うことにもなりかねません。そこで、どのような内容を、いつ、誰に郵送したかを、郵便局に証明して貰い、書面で証拠を残す制度が、内容証明です。

内容証明を送るメリットとしては、証拠を残せることや、差出人の真剣さが伝わり、相手方への心理的圧迫効果を期待できることです。
内容証明には、上記のようなメリットもありますが、相手方に誠意が感じられる時や、今後も付き合いのある人、差出人にも非がある場合などの時は、内容証明を出すことによって、相手方の感情を害し、逆に双方の関係性を悪化させてしまい、問題が更にこじれる場合もありますので、内容証明を出す際には、出すべきか、出さないべきか、よく考える必要がございます。

また、内容の書き方についても相手方に心理的圧迫効果を与えたいが為に、脅迫ともとれるような表現であった場合は、脅迫罪や恐喝罪にあたる場合もございますので、書き方についても注意する必要がございます。

谷口龍一司法書士・行政書士事務所
京都市下京区東洞院通綾小路下ル扇酒屋町289番地
デ・リードビル6F
075-354-3740

http://www.office-taniguchi.com/


相続・遺言に関してはこちら
http://www.taniguchi-souzoku.com/

債務整理・借金問題に関してはこちら
http://office-taniguchi.net/