Old Pucci好き♥の日々のあれこれ自己満ブログ

Old Pucci好き♥の日々のあれこれ自己満ブログ

以前は気がつくと何か買っているユカリンの
お買物中心の日記でしたが、
最近は備忘録として活用しています。

初めまして、ユカリンです。
お越し下さいまして、どうもありがとうございますラブラブ
海外からのお買物が大好きで、主に購入したアイテムや購入方法について書いていましたが、最近はお買物ネタが尽きてきたので主に日々の出来事を綴っています。
Old Pucciが大好きです。
注意アフィリエイト・誘導・商業ブログ、性的な内容を含むブログ等の方の読者登録、広告・相互リンクなどのコメントは削除しております。

また単に買い物好きな素人ですので、買い物方法、関税に関する事、海外通販における専門的な回答を求めるコメントには返答いたしません。各サイトのカスタマーセンターへご相談下さい。
注意上記のように本来ならばカスタマーサポートへお問い合わせ頂く様なメッセージが非常に多いため、現在メッセージは受け付けておりません。
注意現在アメンバーは面識ある友人・知人と、Old Pucciが大好きな女性の方は大歓迎です。

詳しくはプロフィールページをご覧下さい。

テーマ:
こんにちは、ユカリンです。
 
Emilo Pucci 2018A/W、Pret-a-porter コレクションが発表されました。
先日は、たまたまLiveの時にチェックしており、リアルタイムで観ることが出来ました。
 
ロンドン、パリオートクチュール、ミラノ・・・全体を観て今季は、以前にくらべより一層、巧みな色使いのコレクションが多かった印象です。
 
ミラノファッションウィークでは、2018AWから誕生した「モンクレール ピエールパオロ・ピッチョーリ(Moncler Pierpaolo Piccioli)」、ダウンのドレスは斬新でした。
 
鮮やかかつ豊富な色使いの目立つコレクションとは対象的に、ディオールの黒白パキっなコレクションは一際でしたし、
逆に、色使い豊かでも正統派なイメージを崩さなかったバーバリーが随分と型を破ったな、と驚かされました。
レインボーが来るとは思いませんでしたね。
 
Mark Jacobs のように、色使いのみならず、デザイン画を寸分の狂いなくそのままパターンにおこしたような、大胆で大ぶりなスタイルは、誰しもが(私の周りだけかな)ヨウジやGarçonsに憧れた嘗てのそんな時代を思い起こさせてくれました。
これは私の中で、まさに原点回帰と言うべき、ファッションとはこうだ、を見せてもらった気がしました。
今季は観ていてとても楽しかったです。
 
ま、素人の感想ですので、引き続きあまり意識せずさらりと読み飛ばしてくださいませ。
 
さてPucciはと言いますと。
 
{1B696F90-59EF-426D-9D7E-C2F125BA1094}
 
ディープでハッキリした色使いが渋く、ちょっとレトロな雰囲気です。
この辺の色使いの取り入れは、苦手ではありますが・・・。色は好きです。
 
{5AD7DEBE-55F7-468C-9A24-3F9B315FDDA2}

 

 

類似配色に、対象的な色をアクセントに。下矢印

 

{D2E3F151-1BA3-4DE8-8D99-50974EF14ABD}

 

足元にいくにつれ黄色が強くなる、赤紫から柿色っぽい深いオレンジのグラデーション、もしかするとトップとボトムの色は同じかもしれないけどスカートのシースルーがタイツの色と相まって紅色っぽく見えているのかも。

足元とヘッドアイテムの色合わせ、少しだけ見えるインナーと、ベルトとバッグも柄を持ってきてアクセントに。

 

あれあれ!?

このバッグ、どこかで見たことあると思い、よーく見たら。

 

{E952E115-99CA-4B2D-A4F9-F73164CC1B5F}

 

コチラでしょうか上矢印

1965年、DrawingのTulipani。

Tulipaniといったら、2014SSあたりのPreだったか、つい最近もありましたよね。

同系色で纏まりあったTulipaniも好きでしたが、個人的にはこの配色の復刻を密かに願っていたので、似たような雰囲気のこのヴィヴィッドで対照的な色の配色は、待ちに待ったデザインです。

 

{9F62F0EE-0417-4B36-A9CB-13BF65A7B8DA}

 

 

{2AF9ED5D-5BEB-422A-9AC0-A183FF7106C3}

 

 

{F98C1524-0B5D-4BCE-AF56-2B4D4452260E}

 

 

こちらも、足元とヘッドアクセの色を合わせて、アクセントに対象的なカラーが上矢印

こういう遊び心ある色使いは大好きです。

 

{92E2F2DE-F5BC-4F06-8828-6D1072C36CD5}

 

 

{38576AF4-2F95-4B73-9C69-57DD05E91AC3}

 

 

SS(プールパーティ)からのターバンスタイルのようなかぶりものも、気になります。SSは普通に布を巻いていたのかな。

今季は帽子!?

 

 

{F6ACD17F-56E4-4378-A77F-8FCD2883D58D}
 
他にも下矢印コチラ。
 
image
 
1970年のDrawing、Trifoglio(四葉のクローバーの意味です)が今季使われているようでした。
この柄も気になっています。
 
気が向いたら引き続き2018-2019 AW RTW(プレタポルテ)、Trifoglio他についてもアップしたいと思います。
 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス