マグロの尾の身、うまいご当地グルメに大変身! | 知っておいて損のない情報ブログ

知っておいて損のない情報ブログ

TVや雑誌、本などから見つけた生活に役に立ちそうな情報や、
ご当地グルメ、B級グルメなどのおいしい情報をピックアップしてお届けするブログです。


テーマ:

NHKBS「めざせグルメスター」ご当地カツ丼対決、

はじめは神奈川の三崎まぐろソースかつ丼です。

 

三崎はだれもが知るまぐろで有名な漁港ですが、東京に近いこともあって(近いと思うか遠いと思うかは、個人の判断。)、バブルのころはタクシーでマグロを食いに来る客が多かったそうです。

 

 

それも一抹の泡と消え、今は見る影もないあり様。(三崎に限りません。いずこも同じ。)

 

 

あの賑わいをもう一度、という願いから、マグロを使ったご当地グルメを開発しようと始めたのが10年前だそうです。

 

 

第一回B-1グランプリが2006年ですから、そのちょっと前。

 

 

地元のお寿司屋さんが開発チームのリーダー。

 

 

まず、三崎でしか味わえないもの、

 

次に低価格で幅広い客層に受け入れられるもの、

で、誰もがうまいと唸るご当地グルメを作りたい。

そこでマグロを使ったカツ丼に決めたそうです。

 

マグロをカツにしてご飯に乗っけりゃ出来上がり、と思いきや、

 

開発には思わぬ苦労がありました。

 

マグロのどの部位を使うかが問題でした。

 

赤身は脂がないので身が硬くなり、旨味もなくなり、火を通したらパサパサになってしまいました。

大トロは、油が溶け出し厚さが無くなるうえ、高級品。

 

そんな時、目利きのプロ、マグロ問屋さんが『尾の身』を薦めてくれたそうです。

 

尾の身は尾の付け根のところ、築地のセリのとき、尻尾だけ切られて載せてある映像を見たことがあると思いますが、あれです。

プロの人たちはそれを見てマグロの良しあしを判断しています。

 

実は尾の身は、泳ぐとき魚が最も動かすところなので、締まっていてうまいんだそうです。(食ったことねぇからわかんないけど…)(^O^)/

 

 

鯨でも、尾の身が最高にうまいといわれています。(食ったことねぇからわかんないけど…)にひひ

 

 

これが大当たり!

 

スジが多いのを心配していたそうですが、熱を通したらゼラチンに変わり、驚きのうまさに!

 

安くて、うまくて、どこでも食べられるものではない、

 

狙いは的中して、観光客が倍増したそうです。

 

ちなみに、まぐろラーメンも開発されています。

 

胃に自信のある方は、両方食べてください。!

 

********************

 

マグロの尾の身が、なんと缶詰で食べることができます。

全国のうまいものを集めた、「うまいもの通販市場でどうぞ。

アル中ルさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス