チャーガ健康園のブログ

チャーガ健康園のブログ

チャーガとは白樺の木に寄生するキノコのことです。
このブログではチャーガ以外にも健康に関する情報を
発信していきます。よろしくお願いします。

「不老不死」といえば、秦の始皇帝をはじめとする世界各国の君主たちが手に入れることを望みながら、やはり、老いて死んでいきました。

 

現在はといえば、不死を実現するのはこれからもかなり困難といわれていますが、不老については「もしかしたら、実現するかもしれない」というところまで研究が進んでいます。

今回は、そんな明るい未来の話をしてみたいと思います。

どのようにして不老を実現する?(研究論文を簡単に説明)

不老不死のうち、不死は細胞の死があり、人間は細胞の塊であるため、不死の実現は現在のところ、不可能と考えられているようです。しかし、細胞の老化や死を遅らせる方法はあると、考えられるような時代になってきました。

令和3年1月に東大、慶應大、九州大が不老につながる研究論文をアメリカのサイエンスという雑誌に発表いたしました。チャーガもある意味、不老が大きなテーマです。チャーガに関心を寄せておられる大半の方が、この論文に関心をもっておられると確信しています。

不老を実現、または、遅らせる物質の同定

人間をはじめとする生物は、「老い」から逃げることはできないと考えられています。老化(加齢)は動脈硬化を促進したり、耐糖力(血糖をコントロールする力)を失わせたりして高血圧や心臓病、糖尿病などにかかる原因となります。これらの生活習慣病の放置はより老化を促進させ、寿命の長さにも影響を与えます。

 

どの年齢でも生活習慣病になる可能性はありますが、長く生きれば生きるほど、体内に生活習慣病をひきおこす老化細胞は蓄積されていきます。研究チームは、老化細胞が生き続けるためには欠かすことができないGLS1(グルタミナーゼ1)の存在を明らかにしました。

 

また、老いたマウスにGLS1の働きをストップさせる薬物を投与して、ほとんどの老化細胞が消去されたことを確認しました。研究チームの代表者である中西真氏(東京大学医科学研究所教授)はさらに研究を進めて、5~10年後にはこのGLS1の働きを止める薬剤の臨床試験をスタートさせたいと述べています。

 

なるべく若々しくありたいと願っている私たちはGLS1がなぜ、老化を促すのかを知りたいと思います。そこに今回のテーマある「不老」が存在しているわけですから……。

それを知るためにはまず、細胞の老化について理解することが先決です。

細胞の老化

細胞は分裂、休止したり、ときにはDNAの複製もしながら増殖していきます。細胞は50~60回ぐらい分裂したところで、分裂を終わらせます。

つまり、細胞の寿命の終わりに向かって分裂していきながら、先に述べた正常な細胞のサイクルから逸脱して、いよいよ増殖を本当に終わらせるわけですが、これが細胞の老化なのです。

 

また、細胞の老化は加齢だけが原因ではありません。がん遺伝子が活発になったり、酸化ストレスが強くなったり、また、DNAが傷付いたりすることでも、細胞の老化が促進されることがわかってきました。

加齢以外の原因で細胞老化が促進されることを、トレス性細胞の老化といわれています。

細胞の老化はどのように進行していく?

細胞老化のより詳細な研究は、動物実験で必要とされる遺伝子操作テクニックの熟練や発展、遺伝子情報を解読できる機器の開発、進歩などでどんどん進み、成果を得ることができるようになりました。その結果、[P53  遺伝子]というがんを抑制する遺伝子が、細胞の老化に関与していることが解明されました。

P53遺伝子とは

がんの増殖を抑える遺伝子ですから、別名「ゲノムの守護神」とも言われているそうです。それは傷付いたDNAを修復したり、細胞分裂をコントロールなどに関与しているからです。その上、修復が困難なった細胞に対しては老化を促して除去し、正常な細胞を保護しようとします。ところが、ある時期にP53遺伝子の働きが活発になると、細胞が正常な増殖のサイクルから抜け出てしまい、老化をスタートさせてしまうことになります。

 

研究チームはこのP53遺伝子に手を加え、純粋な老化細胞を生成することに成功しました。研究チームが生成した老化細胞は、分裂寿命を迎えた細胞もまた、ストレス性の老化細胞にも共通する部分があるというメリットを活かして急所を探しだし、そこに向かって攻撃していけば、効率よく老化細胞を除去できるという仮定を作成しました。その仮定をもとに研究を行っているきに、GLS1という遺伝子が姿を現してきたのです。

細胞内を酸性に傾けてGLS1の作用を止める

ヒトの細胞にある細胞小器官(リソゾーム)は、古くなったたんぱく質を分解する箱。溜まってしまうと、箱に穴が開き、強酸性の物質が細胞の中に流出てしまいます。酸性の環境になると、細胞は生きていくことができなくなります。そこで、老化細胞は生きるためにアルカリ性に傾けようとします。そのとき、GLS1が活躍するわけです。

 

具体的にいうと、GLS1の作用でグルタミンがグルタミン酸に代わります。このとき、アンモニアが生成されてきます。アンモニアが増えると、アルカリ性に傾き、酸性だった環境は中和され、老化細胞は生き続けることができるということなのです。

 

その部分に注目した研究チームはGLS1の作動を中止させ、酸性の状態にしたまま、老化細胞を死なせるやり方を考えていきました。そして、研究チームが作成したGLS1阻害薬をマウスに投与すると、老化細胞は除去されていきました。

老化細胞の除去は健康維持に不可欠

老化細細胞の増殖機能は退化しているとはいえ、炎症性たんぱく質を分泌することはできます。炎症が発生すると、認知症、白内障、動脈硬化、心不全、心筋梗塞、糖尿病など加齢によるあらゆる疾患や筋力低下のサルコペニアに罹患しやすくなります。さらには、老化細胞から分泌される炎症性たんぱく質は、組織のがん化を促してしまう厄介な存在です。

 

これまでは老化細胞がもつマイナスな部分のお話でした。ここからは逆の話になります。実は、老化細胞は私たちにとって悪いことばかりではないようです。とても矛盾するお話になります。

老化細胞はがんを防ぐ役割もある

さっき、老化細胞は組織のがん化を促すといったばかりでは?と、思われていることでしょう。がん細胞は正常細胞に2~10か所に損傷を受けることで作られ、その後は延々と増え続け、周辺の臓器に強い障害を与えていきます。

人間の体はがん細胞の老化を促して、老化細胞になったところで増殖をストップしてきました。つまり、がん細胞をはじめとするあらゆる細胞が老化するということは、体の老化を促す一方でがんを防ぐということなのです。

研究チームはこの相反する内容を別々の観点から考え、研究をすすめていきました。

老化細胞の相反する作用を活用して

がんの増殖阻止のためには、死へと向かう細胞の老化を止めてはいけませんが、老化細胞から分泌される炎症性たんぱく質が引き起こす生活習慣病などの加齢性疾患を封じすることはできます。そこで、炎症性たんぱく質を分泌する老化細胞そのものは消去して、細胞の老化していくシステムは残すという(少々、ややこしいですが)方向性で研究がすすめられました。ここで先に述べたGLS1に再登場してもらいましょう。GLS1は、老化細胞が生き続けるためにはなくてはならない物質です。

 

海外の製薬会社が、GLS1阻害薬を抗がん剤として臨床試験をすでに行っています。

 

がん細胞は早いスピードで増殖が行われるため、DNAの源である核酸をたくさん必要とします。がん細胞はGLS1を働かせてグルタミンを分解、そこから核酸の材料を得ようとします。

 

ということは、がん細胞の増殖を食い止めるには、GLS1の働きを阻止してやればいいのです。そこでGLS1阻害薬を生成し、がん細胞の増殖を食い止めるわけです。

GLS1阻害薬は早老症の特効薬になるかも

研究チームの代表者の中西氏は、日本人に多いといわれている難病の早老症の患者さんにまずは、GLS1阻害薬を使っていただきたいと話しています。

早老症は遺伝性で、一般人よりも老化細胞の蓄積が盛んで、早くも20~30台で老化が始まります。有効な治療薬はまだありません。

そして、GLS1阻害薬が早老症に効果があると分かれば、加齢性疾患にも効果があると期待できます。

チャーガはGLS1阻害食品?

不老が実現するかもしれない世の中にまでなってきました。つまり、健康寿命が延びるということです。しかし、GLS1阻害薬が実用化されるまでにはまだまだ、時間がかかりそうです。チャーガもかなりのことはわかってきましたが、まだまだ解明されていない有効な働きがあるようです。チャーガは非常に抗酸化作用が強いことから、「老化細胞の生存を止めてしまうGLS1阻害食品かも」なんて勝手に想像してしまいました。

まとめ

老いは当然のこと、と誰もが受け止めてきました。本当に科学の進歩は、目覚ましいものがあります。ただ、GLS1阻害薬が世に出ても、薬である以上、副作用云々とにらめっこをしなければいけません。そのようなことを考えると、チャーガはどんな時代になっても、欠かせない必需品ということになるのではないでしょうか?

 

老化細胞を選択的に除去するGLS1阻害剤が 加齢現象・老年病・生活習慣病を改善させることを証明-東京大学医科学研究所

日本でもかなり進んでいる新型コロナウイルスワクチンの接種。その中で、ごくまれにアナフィラキシーの報告が出ています。新型コロナウイルスワクチンの副作用がアナフィラキシーのレベルにまでなると、医師でなければ対処できません。

 

それでも、アナフィラキシーに対する対策を少しでも理解することで、ワクチンの接種に対するわけのわからぬ不安を軽くしたり、ワクチンを接種することの是非を自分の頭できちんと考える術を身につけることもできるかもしれないと考えます。

アナフィラキシーに対する考え方

現在までの統計で、新型コロナウイルスワクチンは、インフルエンザウイルスワクチンよりもアナフィラキシーの出現がわずか多いとされています。

 

ワクチンにかぎらず、医薬品でアナフィラキシーをおこす人がまれにいます。そして、アナフィラキシーで命をおとすことも。アナフィラキシーをおこす医薬品でも使われ続けるのは、アナフィラキシー発生の危険性よりもその医薬品で疾患が治癒できる有益性のほうがはるかに上回ると判断されているからです。

 

新型コロナウイルスワクチン接種の例を見てもよくわかります。ある国ではアナフィラキシーが出現したとしても、新型コロナウイルス感染症の発症率が激減し、新型コロナウイルス感染大流行以前の生活にほぼ戻れています。

 

とはいっても、アナフィラキシーを起こす人がごく少数でも存在することに目をそらしてもいけません。

そのため、医師や研究者たちは、一人でも多くの人がアナフィラキシーから離脱できるよう対策、研究を行っています。

アナフィラキシーとは?

アナフィラキシーとは、2つ以上の臓器にアレルギー症状が出現した場合をいいます。アナフィラキシーショックとよくいわれますが、血圧低下や呼吸困難、意識レベル低下などの生死にかかわる重篤な症状が加わった場合のことです。

 

アナフィラキシーは医薬品だけでなく食物(ソバやタマゴなど)、ハチなどによる刺し傷によっても起きます。アナフィラキシーは、数分から数十分で発生しやすい即時型アレルギーに分類されます。

日本アレルギー学会の指針

2021年3月、日本アレルギー学会は、新型コロナウイルスのワクチンの接種が原因である重篤な副反応に対する対処法の指針を作成しました。

 

日本よりもワクチンの接種を早く開始した欧米から、今回のワクチン接種のほうが過去のワクチン接種以上に、アナフィラキシー患者が多いという報告がありました。だからといって、必要以上に怖がるのも無益なことと、当学会は述べています。

アナフィラキシー症状は、適切な処置で回復可能

新型コロナワクチン以外の医薬品などが原因でアナフィラキシーになったとしても、症状は共通であり、対処方法は同じです。そのため、これまでの対処方法で、新型コロナウイルスワクチンの接種によるアナフィラキシーも回復できるといわれています。

 

前述しましたように、ごくまれにしか起きないアナフィラキシー発生の危険性と新型コロナウイルス感染症の発症を抑える有益性を考えると、過剰な懸念は社会に大きな損失をもたらすと指摘しています。

ワクチン接種場所でアナフィラキシーに備え、実施していること

会場では、アナフィラキシーを改善させるための医薬品(アドレリン注射薬や抗ヒスタミン薬など)、血圧計、輸液セット、酸素ボンベ、挿管セットなどが常備してあります。

接種後は15分間の観察を行う

既にワクチン接種済の方はご存知かと思いますが、一般の接種者はワクチン接種後15分間観察します。また、以前、医薬品やほかのワクチンなどでアナフィラキシーやアナフィラキシーが分類されている即時型アレルギーをおこしたことがある人、あるいは症状の不安定な喘息患者への接種後は、最低30分間の観察が理想的とされています。

 

そのほか、アナフィラキシーを経験した経験があり、なおかつβ遮断薬(循環器系治療薬)を服用中の人は、医療機関で接種を受けることが望ましいとされています。

観察時間以内での異常発生の場合

接種(注射)部位においては、多少の発赤や痒みなどが出現します。接種した部位とはほかの部位に肌の発赤、蕁麻疹、口や舌の粘膜異常、眼のかゆみ、くしゃみ鼻水などの鼻炎症状が出現、増強があれば、抗ヒスタミン薬を内服し、症状改善の状況を観察。しかし、改善しなければ、医療機関を受診するように指示します。

 

過去にアレルギーやアナフィラキシーの経験がある場合は、接種後の観察時間は30分間です。この間に呼吸困難などの呼吸器症状、下痢嘔吐などの消化器症状、血圧低下などの循環器系症状のうち、2個以上の症状が出現した場合はアナフィラキシーとし、それに準じた応急処置を直ちに行います。

 

ただし、アナフィラキシー症状に類似した下記のような疾患があり、鑑別が必要になります。

  • 血管迷走神経反射
  • パニック発作ん
  • 喘息発作
  • 過換気症候群
  • てんかん発作

など

 

上記の疾患とアナフィラキシーの全ての症状が同じというわけではなく、重複していない部分もあるため、鑑別は医師が見れば、容易にできます。そのため早急な対応は、可能です。

接種後、アナフィラキシーを発症、診断された場合

発症時、急激な座位や立位を禁止し、仰向けに寝させ、下肢を上げさせます。ただし、嘔吐や呼吸困難などの症状が出現した場合、本人にとって楽になる姿勢をとらせます。治療は、真っ先にアドレナリン筋肉注射の実施です。早ければ早いほど、救命率が高く、一番有効な治療が可能です。

 

また、必要ならば、酸素吸入や生理食塩水の急速点滴。呼吸困難が生じれば、β₂刺激薬(短時間作用型)の吸入を行います。

 

上記の症状が落ち着いた後も次の症状(二相性反応)が、出てしまうことがあります。そのため、入院してさらに観察を続けることが望ましいといわれています。

過去にアナフィラキシーやアレルギー症状経験者は要注意

新形コロナウイルスワクチンの接種後にアナフィラキシーを経験した人は、過去にもアナフィラキシーや即時型アレルギー反応を経験した人が多かったようです。アナフィラキシーも含むアレルギ-反応は、免疫が暴走してしまった結果の症状といわれています。

 

ワクチンは人間にとって異物です。そのため、何らかの軽い副反応(拒絶反応)はありますが、大体、軽症であることが多いようです。その中、まれに、その異物に対して過剰に反応してしまう人がいます。たとえば、花粉を吸いこんでも何でもない人もいれば、過剰に反応してしまう人がいます。

 

劇物のように全ての人に有害な反応が出るのではなく、一部の人だけに出現してしまう、このような現象が免疫の暴走です。非常にややこしいのですが、免疫の暴走は免疫力の向上とか、強い免疫とは相反するものであり、免疫の異常という表現をされることも。アトピー性皮膚炎とかリウマチなどもその例です。

 

チャーガは、免疫力向上でよく知られています。免疫力向上とは、免疫異常の予防にもつながり、免疫システムの正常化へと誘導していきます。

 

したがって、免疫力向上はコロナ感染予防、アレルギー出現抑制にもつながると考えることができます。

 

これまでは新型コロナウイルス感染症で重症化することがなかった若者ですが、このごろ若者の重症化が増えていると報道があります。そのうえ、軽症だった人も後遺症を経験した人がいるということで、どうもインフルエンザとは症状のレベルが違うようです。

 

そのようなことを考えると、たとえ、軽症であっても血管に異常がみられる新型コロナウイルス感染症発の症は、なるべく避けなければいけません。

まとめ

免疫力向上のサポートができるチャーガですが、チャーガはどんな時代においても有効性の高い食品だと、改めて思うこの頃です。

 

ようやく感染者の拡大も収まってきましたが、完全なコロナ収束はいつになるのでしょうか。新型コロナウイルスは大部分が唾液による飛沫感染ということですから、個人個人のちょっとした気遣いで感染を予防できるといわれています。

 

そこで、アメリカで発表された非常にシンプルな新型コロナウイルス感染の予防法をご紹介します。

身辺の消毒よも手洗いやマスク、換気を率先しよう

マスクの女性

アメリカ疾病対策センターが公表しました。新型コロナウイルスの感染経路や消毒方法、予防を可能にする条件などが掲載された32件の文献を分析してまとめたのこと。そこでわかったことは身辺の消毒よりもマスクや手洗い、換気などのほうがさらに効果があるということです。

消毒よりもマスクや手洗いのほうが予防効果は高い理由

これまでは、材質が金属である物品に新型コロナウイルスが付着した場合、数日間、感染力を維持しているといわれていました。しかし、乾燥や紫外線照射などで感染力は低下し、窓を開けて換気すれば、ウイルスが逃げたりすることがわかってきました。

また、ウイルスが手に付着したとしても。マスクをし、洗っていない手で口や鼻などにふれることがなければ、感染するリスクは低下することもわかってきました。

そして、24時間以内に感染した人が滞在した部屋などがあれば、消毒も効果があるとしていますが、マスクや手洗いなどのほうが直接的な効果があると述べています。

 

このようなことから、食事前の手洗いやマスク使用は感染力低下に有効であるとされています。

 

マスクは感染リスク低下に有効ということがわかりましたが、マスクの材質はどうでしょうか?

布マスクよりも不織布マスクを

WHO(世界保健機構)」は以前、新型コロナウイルスに感染していない人は、マスクをしても感染を防ぐことは困難という見解を示していました。しかし、広範囲に感染が拡大している地域でのマスク着用は、感染リスク低下に効果ありとしています。

 

そこで、マスクの材質ですが、不繊布マスクはサージカルマスク(医療用)と同等の効果があるとしている一方で、布マスクの場合は不繊布マスクと比べ、研究が進んでおらず、布マスクの予防効果はいぜんとして不明とされています。

「密」の回避や換気の必要性

新型コロナウイルス初感染当時は、飛沫感染がほとんどと考えられていました。ところが研究が進み、空気感染もあるといわれるようになりました。そこで空気感染の予防は、十分な換気と密(室)を避けることで実現されます。

 

最近、よくソーシャルディスタンスなどといわれています。しかし、同室内の空気感染を想定した場合は全員が同じ空気を吸っていることになるため、高レベルな感染防止は困難です。したがって、空気の循環を可能にできる換気が一番いいということになります。

 

よくスーパーのレジ前で間隔をあけて並ぶように指示がありますが、一番いいのは、いつまでも同じ空間にいないことです。さっさと買い物をすませ、素早く店外に出ましょう。

同じ空間にいても発症する人としない人がいる

ウイルスが漂う同じ空間に10人いたとしても、全員感染発症することもあれば、する人しない人とに分かれることもあります。これは個々の持つ免疫力の高低の違いが、原因です。

インフルエンザウイルスでも、同じ部屋にいてインフルエンザにかかる人もいれば、かからない人もいるという経験をされている方がもおられることでしょう。

 

換気もマスクも手洗いも必須ですが、そこに個々が高い免疫力を持っていれば、さらに予防効果は上昇します。

まとめ

今回は消毒よりもマスクや手洗いのほうが、予防効果が上がるということでした。万が一、手洗いできない環境にいた場合、消毒綿などで手を拭くことで手洗いと同じことになります。外出すると、いつも手を洗える状況とは限らないので、携帯用の清浄綿をいつも持って外出しましょう。

 

新型コロナウイルス(Covid-19)の感染対策について、医師が解説します。-CLINIC FOR