ちょっとお知らせビックリマーク
メッセージは、くり返し触れることがとても大切です。
くり返し読んでいただきたい過去の記事を『おさらいとしてホームページの方にまとめてみました。
どうぞご活用ください。→こちら
 
 
 
迷ったり、悩んでいて、
 
答えが出ず、
 
「これからどうしたらいいかわからない」
 
ということがありますね。
 
でもね、
 
「どうしよう」、「困った」という思いが湧いたまんま
 
ものごとって、ちゃんと自動ですすんでいるんです。
 
「いろいろ問題があって前にすすめない」
 
と言いながら、
 
そんな考えに踊らされたまんま、
 
「どうしよう、どうしよう」という思いが湧いたまんま、
 
ものごとはちゃんとそのように
 
起きることが起きていくんです。
 
 
 
どんな思いが浮かぼうと、
 
それが浮かんでいるだけなんです。
 
それが湧いて出てきてるだけなんです。
 
放っておくこと。
 
構わないこと。
 
求めないこと。
 
求めないことを、求めないこと。
 
それでいい。
 
これでいい。
 
これしかない。
 
このときだけ。
 
今、ただそれが起きているだけ。
 
ふわっとまかせてしまう。
 
ああ、楽だことチュー

 
 
そのまんますすんでいくんです。
 
でも、ぼーっとしているわけじゃないんです。
 
つまらないわけじゃないんです。
 
風が今まで以上に気持ちよくて、
 
ごはんが今まで以上においしくて、
 
なんでもないことがおかしくて、
 
問題がするりと抜けていく。
 
 
 
「いや、問題が山積みなんです」
 
よおーく見てみてください。
 
ないはずなんです。
 
「問題」はないはずなんです。
 
「そんなバカなことがあるか! 問題は消えたりしない!」 
 
ぐふふふ、残念ですが、「問題」はないんですウシシ
 
そこにそれが現れているだけ。

そして、消えていく……。
 
 
 
自動ですすんでいくんですよ。
 
すべてのことが。
 
そこに私たちはタッチできないんです。
 
 
 
でも、好きなことはできる。
 
だから、好きにやったらいい。
 
それもそうなるようになってるんだから、心配なんかしなくていい。
 
「うまくいくの?」
 
知らん。
 
そんなこと考えたってわからないよ。
 
だったら、じっとしていないで動いちゃったほうが楽しいに決まってる。
 
 
 
 
でも、私たちは、好きなことをやるということに「抵抗」を感じます。
 
「怖れ」や「不安」が現れます。
 
それもまたよし。
 
それもただそのように現れます。
 
それもそれでいい。
 
そのまんますすんでいくから。
 
変えなくていい。
 
そのままでいいんです。
 
このことがわかりさえすれば、
 
あなたは「問題」から自由になれるんです。
 
 
 
今ここにあるのは「問題」じゃなくて、
 
たとえば、
 
この文字が見えているという曲げようのない「事実」。
 
たとえば、
 
足の裏が感じている地面の感覚。
 
それがどんどん変化していくよ。
 
それだけが〝リアル〟なんです。
 
一回大きな深呼吸をしてみましょっかニコ
 
ああ、気持ちいいニコニコ
 
 
ヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコ
かなもりニュース What's up!!
 
グッひとつめ。
 
くり返し触れてほしい過去記事をまとめた『おさらい帳』ページができました。
 
 
チョキふたつめ。
 
『みんなの声』ページができましたふたご座
 
 
OK三つめ。
 
金森のインタビュー音声がユーチューブで聴けます。
 
『バタ足ノンデュアリティ』の編集を担当してくださったヨガティーチャーでもある西島恵(Megumi)さんが運営するインターネットラジオでのようすです。1時間17分ほど。
 
A Simple Guide to Non-Duality 「悟りのパラドックス」ニコニコ
 
 
拍手四つめ。
 
ナチュラルスピリットさん主催『バタ足ノンデュアリティ』出版記念お話会のお知らせです。
 
3月29日(日)。
 
場所は、渋谷区神宮前です。
 
くわしくは、こちら
 
この日は、みなさんに
 
「二つの鍵」カギキラキラ
 
をお渡ししようと思っています。
 
単純だけど、とても大切な鍵ですニコニコ
 
 
パー五つめ。
 
「康一」さんというヒーラーさんが『バタ足ノンデュアリティ』を読んでの感想を話してくれています。
 
久々の大ヒット、超おすすめ、星五つだって!!

 

 

もとの動画は、こちら

動画の下に公式ホームページやブログのリンクがあって、「康一さん」の活動がわかるよ。

私は、ホームページの「About us」の奥様の言葉が胸に響いたなあ。

遠隔ヒーリングやセッションが人気みたいニコニコ

 

 
以上、かなもりニュースでしたバイバイ

ヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコ

 

かなもり幼稚園トップ |  園の特色 | 日々のお勉強(アメブロ) |  特別課外授業 |  補習クラス |  おさらい帳 |  みんなの声 |  園長紹介 |  園長にメールを送る

ちょっとお知らせビックリマーク
メッセージは、くり返し触れることがとても大切です。
くり返し読んでいただきたい過去の記事を『おさらい帳』としてホームページの方にまとめてみました。
どうぞご活用ください。→こちら
 
 
 
「あなたと冷蔵庫は、もとは同じものです」
 
これを読んだ瞬間、
 
あなたの頭に浮かんだ
 
「え?」は、
 
あなたがコントロールできたことでしょうか?
 
できませんね。
 
反射的に自動で浮かんだはずです。
 
 
 
時計を見た瞬間に、
 
「時計だ」と自動で浮かぶんです。
 
ほんとは、その前に〝時計という名称のない〟ただの物体が見えているんですけどねウインク
 
 

車のクラクションの音が聞こえた瞬間に、
 
「クラクションが鳴ってる」と自動で浮かぶんです。
 
こちらも、ほんとは、〝クラクションという名称のない〟ただの音が聞こえているんですけどねイヒ
 
 
 
すべてのものが向こうから入ってきて、
 
それを私たちは、ただ感じています。
 
コントロールしようにも、それがすでに起きています。
 
 
 
動作も同じなんです。
 
グラスを持ちあげて水を飲もうとしたとき、
 
じつはその考えが起きる前に、
 
動作がはじまっているんです。
 
その動作がすでにあることを、
 
私たちはあとから認識しているんです。
 
動作はすでに起きています。
 
いつも。
 
不思議なことです。
 
でも、よおーく見るとそのようになっています。
 
私たちがそれを選んでやっているのではなくて、
 
それが自動で起きてしまっているんです。
 
そして、その多くは、
 
その直前(とは限りませんが)に起きたことが原因となって現れます。
 
 
 
水を飲む動作ならば、
 
その直前に、
 
たとえば、
 
「のどが渇いたな」
 
と思い浮かんだことが原因となって、その行動が起きます。
 
そこには、
 
以前に聞いた「水分をまめにとったほうがいい」といった情報がいっしょにまぎれ込んでいたりもします。

これは、私たちが捉えようもないほど数多くの要素が重なって、
 
そこしかないタイミングで、
 
それしかない形で、
 
水を飲む動作がそこに自動で現れるんです。
 
 
 
さかのぼってみますと、
 
「水分をまめにとった方がいい」という情報は、
 
あなたが自分で選択をしてその情報を得たでしょうか?
 
雑誌から得た?
 
では、その雑誌はどのようにして手に入れましたか?
 
「その雑誌は自分の意思で買いました」とあなたは言うかもしれません。
 
ぐふふふふ、たいへん残念でございます。
 
 
 
 
あなたの意思では買っていません。
 
その前に起きたことがきっかけとなって、

「雑誌を買う」という行為が自動で起きたんです。
 
そして、そのきっかけも、
 
前に起きた何かによって引き起こされています。
 
それも、〝結果〟です。
 
結果がつぎの結果を生み、
 
またつぎの結果が、そのまたつぎの結果を生み出しています。
 
それが、「グラスを持って水を飲む」という動作になったんです。
 
すべてが、変えようのない完璧な〝結果〟として、
 
目の前に現れてくるんです。
 
自動で起きたことを、私たちはあとから認識しているだけなんですね。
 
 
 
完璧な現れなんです。
 
グラスが半分だけ現れたりしません。
 
水を飲むという動作が半分だけ現れるなんていうこともありません。
 
水を飲んだはずなのに、
 
「わお、ココアになってるー!」ゲラゲラ
 
なんていうことは起きないんです。
 
完璧に起きています。
 
 
 
私たちは、
 
自動でものごとが運ばれていく中で、
 
それとぴったり一致して活動しているんです。
 
それを感じたときに私たちは、
 
絶対的な安心を感じるんです。
 
自分だけが単独で存在しているんじゃないと感じるんです。
 
ああ、この瞬間しかないんだと感じるんです。
 
 
 
分離なんてない、二つではない、
 
といったことが事実であることを〝知っている〟ことは大事です。
 
ですから、私もたまに言います。
 
でも、こう付け足します。
 
その「言葉」からどうにかしようとするようなものじゃないからね。
 
「知った」からっていって、どうにかなるものじゃないからね。
 
静かな体の感覚を〝感じる〟ことで、〝自然に〟生まれてくるものだからね、ってチュー
 
 
ヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコ
かなもりニュース What's up!!
 
グッひとつめ。
 
『みんなの声』ページができましたふたご座
 
 
 
チョキふたつめ。
 
ユーチューブで、金森のインタビュー音声が聴けます。
 
『バタ足ノンデュアリティ』の編集を担当してくださったヨガティーチャーでもある西島恵(Megumi)さんが運営するインターネットラジオ番組でのインタビューのようすです。
 
なごやかな雰囲気の中で収録がすすめられましたチュー
 
音声は1時間17分あります。
 
↓ ↓ ↓
 
A Simple Guide to Non-Duality 「悟りのパラドックス」ニコニコ
 
 
OK三つめ。
 
『バタ足ノンデュアリティ』出版記念お話会のお知らせです。
 
3月29日(日)。
 
ナチュラルスピリットさんが主催してくださいます。
 
場所は、渋谷区神宮前。
 
くわしくは、こちら
 
この日は、みなさんに、
 
「二つの鍵」カギキラキラ
 
をお渡ししようと思っています。
 
単純だけど、とても大切な鍵ですニコニコ
 
 
拍手四つめ。
 
「康一」さんというヒーラーさんから、「動画をアップしたよ」というご連絡をいただきました。
 
『バタ足ノンデュアリティ』を読んでの感想を話してくれています。
 
この方、年間に300冊も本を読むんだって!
 
その中で、久々の大ヒット、超おすすめ、五つ星だって!!

 

 

もとの動画は、こちら

 

動画の下に公式ホームページやブログのリンクがあって、「康一さん」の活動がわかるよ。

私は、ホームページの「About us」の奥様の言葉が胸に響いたなあ。

遠隔ヒーリングやセッションが人気みたいニコニコ

 

 
パー五つめ。
 
出版記念『個人セッション』(2月3日~3月27日)は、おかげさまで満席となりました。
 
4月以降も継続を希望されるお声をいただいているのですが、
 
これにつきましては、まだお答えできる段階にありません。
 
また改めてお知らせいたしますニコ
 
 
以上、かなもりニュースでしたバイバイ

ヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコヒヨコ

 

かなもり幼稚園トップ |  園の特色 | 基本のお勉強(アメブロ) |  特別課外授業 |  補習クラス |  みんなの声 |  園長紹介 |  園長ブログ |  園長にメールを送る

人間関係で悩んでおられる方が多くいらっしゃいます。
 
では、人間関係の何に悩んでいるのかというと、
 
つき詰めていくと、おもしろいことが見えてきます。
 
 
 
じつは、みなさん、人間関係に悩んでいるのではなくて、
 
「悩んでいると思い込んでいる自分」に苦痛を感じているんです。
 
ここには、「悩んでいる自分」がいるだけで、
 
「人間関係」は、もうどこかに行っちゃってるんですキョロキョロ
 
 
 
さらに見ていきましょうか。
 
問題となっているその人は、どこにいますか?
 
 
 
はい、あなたの中ですね。
 
「考え」ですね。
 
ここに、さらにまたいろんな「考え」をくっつけまくって、
 
ひとりで苦しんでしまっているわけです。
 
 
 
あなたは今、一人の対象だけではなくて、
 
大なり小なりいろいろな人との人間関係に
 
問題を抱えておられるかもしれません。
 
 
 
でも、
 
じつは、あなたが苦しんでいる人間関係はひとつしかないんですよ。
 
それは、
 
「自分」との関係なんです。
 
悩んでいる自分との関係なんです。
 
 
 
ところが、
 
よく見たらすぐにわかるんですけど、
 
「悩んでる自分」も、ポコッと湧きあがった「ただの思考」なんです。
 
「関係」も何もないんです。
 
ただそのように現れた「考え」のひとつなんです。
 
「ああ、雨だなあ」と同じものなんです。
 
そして、それを受け取る「自分」なんていうものもないんです。
 
 
 
ここがみなさんいまいちピンと来ないところかもしれません。
 
頭でいくら考えてもわかりませんから。
 
 
 
じゃあ、どうする?
 
とりあえず、ブログの過去記事をテキトーに覗いてみましょうか。
 
『バタ足ノンデュアリティ』のテキトーなページを開いてみましょうか。
 
もしかしたら、何か「はっ」とすることに出会うかもしれませんラブ
 
「心」の方に行っちゃダメですよ、ということ。
 
そのあたりをいっしょにやっていきましょう。
 
最初は戸惑うかもしれません。
 
でも、
 
慣れてきたら、どうということのないことなんです。
 
だって、それがリアルなんですから。
 
 
 
そして、
 
その「はっ」としたそれが起きるときって、
 
「自分」があるとか、ないとか、
 
そんなことは、もう軽~く通り越しちゃって、
 
いきなり、ズドーンって、ゆるんじゃったりするんですよ。
 
あっけないくらいにウインク