一丸尚伍ができるまで

テーマ:
僕のことを知ってもらうために
ちょいと自己紹介をしたい。


1992年1月4日生まれ。
生まれは福岡県北九州市。
成人式で有名なあの北九州市。

生まれてから保育園に通いだすまでは病気がちだったとか。
保育園ではとにかくやんちゃ、ダンゴムシやアリンコを潰して遊んでた記憶がある"笑"


小学校でもやんちゃ。
1年生の時はまともに学校に着いたことがない。
徒歩で家から1時間のところにある小学校で、行くまでにいろんな誘惑があります。田んぼに川に草むら、遊びながら登校してるとだいたい2時間目が終わった頃に登校学校
水泳も小学校1年生で始めた。


ある日登校中に車にひかれ、そのリハビリとして(リハビリと騙されて)2年生から祖父の影響で自転車競技を始めた。
初めてのレースは鈴鹿ロード。

小学4年生で水泳のコーチの誘いでトライアスロンを始めた🏊‍♂️🚴‍♀️🏃‍♂️
小学生の間は友達との喧嘩が多く、親と先生、友達にはかなり迷惑をかけたかな…

5年生.6年生の時も毎日水泳、時々自転車という日々が続いた。
この自転車は今でも家に。
親がなかなか捨てられないそうで"笑"



中学に入っても自転車、水泳、トライアスロンを続けた。走るのが苦手なもんで強化しようと思い中学2年で陸上部に入部🏃‍♂️

今でも思うが中学の1日のスケジュールがかなりハード!
朝起きて6時から水泳、
大急ぎで自転車で家に帰り、
間に合わないので走って学校に登校、
授業中もスイミング(睡眠)、
放課後、陸上部で走り、
一旦帰ってまた水泳、
夜帰ってきてそこからローラー。

こんな感じの日々が毎日。
今考えたらゾッとするゲロー


と、今思えば水泳中心の生活だったな〜と。
書きながら気づく。


中学3年の時に両親の勧めで3週間だけであったが本場フランスで同じ年代のクラス(当時14歳)のレースを走り、自転車競技を本格的にやりたいと思いはじめた。
生のツールドフランスをシャンゼリゼ通りで観て自転車競技をさらに好きになる。



というのが中学まで!
続きはまた明日口笛