埼玉県所沢市の書道教室:青藍書道教室

埼玉県所沢市の書道教室:青藍書道教室

埼玉県所沢市の書家中野翔珀が運営する青藍書道教室のお稽古の様子と活動についてお伝えします

こんにちは音譜翔珀です。

 

 

ご無沙汰してしまっておりましたが、6月の硬筆展の練習も一段落し、

 

これからは夏のJAの課題、年末の書初めに向けて毛筆に力を入れて練習しているところですが、

 

今月は新たに1年生の女の子が入会してくれました~。

 

 

 

 

初回は硬筆の練習でしたが、今週は初めての毛筆にチャレンジしてもらいましたアップ

 

今月の1年生の課題は・・・

 

 

「星」っビックリマークビックリマークビックリマーク叫び

 

 

 

 

っていきなり難しい課題ですあせる

 

 

 

 

その練習結果はこちら~。

 

 

 

これ、実は2枚目。

 

 

 

お稽古は90分なので、1時間くらい練習しましたが、

 

やっぱり始めのうちは1時間は長いので、集中できていた2枚目がよく書けました合格

 

 

 

練習時間は徐々に慣れていくと思います。

 

 

でも始めからこれだけ書けるとこれから楽しみですね。

 

 

 

 

青藍書道教室では生徒さん募集中です。

ホームページはこちら

こんにちは音譜翔珀です。

 

 

 

 

先日の日曜日、5月12日(日)は母の日でしたね。

 

 

教室では毎年恒例になりつつある、お母さんへ筆で書いた作品の

プレゼントのためお稽古の合間に練習して作ってもらいました。

 

 

今年は10cm四方程度の豆色紙に小筆で一言書いてもらいましたよ~。

 

 

いざ、書こうと練習してもらうと何て書けば良いのか悩んでしまうようでしたが、

素直に表現できれば良いんじゃないかなーということで、サンプルも見てもらって書いてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな、書いた言葉は同じようなことですが、それぞれ文字の配置の仕方や、

形に個性があって楽しい作品ができましたアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道は基礎として、筆使いや文字の形、字形の取り方などはありますが、

気持ちを込めて書くということも学んで欲しいと思って毎年行っています。

 

 

また、毎回送り迎えしていただいている、お母さんへの感謝の気持ちを考えるという良い機会でもありますグッド!

 

 

 

ただ、6月は父の日がありますが、お父さんが送迎をしていただいていることもあるのですが、

硬筆展の練習が本格化してしまい忙しくなってしまうので、生徒さんのお父様方には申し訳ございませんあせる

 

 

ということで、これから硬筆展へ向けて頑張りましょうね~!!

 

 

 

 

青藍書道教室では生徒さん募集中です。

ホームページはこちら

こんにちは音譜翔珀です。

 

 

 

 

5月1日水曜日に新元号「令和」となりましたが、その日

 

こちらの記事でもご報告しました、お正月にもお世話になった青葉台東急スクエア様にて、

 

アート書道のワークショップをさせていただきました~。

 

 

 

対象は小学生から大人の方で、まだ学校で漢字を習っていなかったり、

 

毛筆の授業が始まっていなかったりする子供達から、

 

久しぶりに筆を持たれる方まで、幅広い年齢層の方にご参加いただきましたアップ

 

 

 

 

 

 

今回のワークショップは文字の歴史を知り、色紙に自由に筆と墨で表現してもらいましたチョキ

 

 

 

大人の方々は何を書くのか悩まれていましたが、子供達は自由に書いていましたね〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

令和初日ともあって、「令和」を書かれる方も多くいらっしゃいました。

 

 

 

みなさん、楽しんで書いていただいたようです。ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

青藍書道教室では生徒さん募集中です。

ホームページはこちら

こんにちは音譜翔珀です。

 

 

昨日は4年生の男の子が硬筆展のワークショップに参加してくれました~。

 

 

左利きということですが、まずはお手本を渡して1枚目を書いてもらうと。。。

 

 

 

 

こんな感じで、とても上手に書けています。

 

 

 

 

硬筆で大切なことは、

 

一本一本の線を美しく書くこと、

 

字形を正しく書くこと、

 

行をまっすぐ書くこと、

 

だと思います。

 

 

 

 

まっすぐ書けていると思うので、

 

一本の線の書き方と字形を一文字一文字説明して気をつけて書いてもらいました。

 

 

その結果が、こちら。

 

 

 

 

 

2枚を並べて見てみます。

 

 

左が1枚目で、右が最後の作品です。

 

1枚目と比べてみると、まず文字が大きくなり全体の印象が変わりましたね合格

 

 

また、「き」や「雲」が縦長だったので幅広く書くように、「な」の結びを変え、

「か」の2画目が長くなりすぎないように、「る」はまっすぐに書けるように。

など、気をつけて書いてもらったことで一文字一文字も美しくなりました合格合格合格

 

 

 

 

これから本番まで書き込むことで、線質も良くなってくるので頑張ってくださいねグッド!

 

 

 

 

 

 

青藍書道教室では生徒さん募集中です。

ホームページはこちら

こんにちは音譜翔珀です。

 

 

今年は埼玉県硬筆展のワークショップを開催することになり、

今週はそのワークショップに姉妹で参加してくれました~。

 

 

お姉ちゃんは前回の書初めワークショップにも参加してくれて、

 

クラス代表に選ばれるまで上達したので今回も頑張ってほしいですね。

 

 

 

 

そして、今回は2年生の妹さんも一緒に来てくれましたアップ

 

お姉ちゃんと一緒なためか、初めての教室でも落ち着いた感じでほっとしましたにひひ

 

 

 

 

さて、まずはお手本を通常通り、お手本を見ながらもらいます。

 

その1枚目の作品がこちら。

 

 

 

少し小さな文字でかわいい感じですね。

 

 

鉛筆を変え、筆圧を書けて、とめ、払いをきちんと書き分けるように注意してもらい書いてもらったのがこちら。

 

 

 

 

90分みっちり練習してもらったので、最後は少し疲れてしまったかもしれませんが、よく書けました合格

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、お姉ちゃんの1枚目の作品はこちら。

 

 

高学年の女の子なので、綺麗に書けていますが、基本的な文字の形を伝えてさらに書いてもらいました。

 

 

 

 

その練習の結果がこちら。

 

 

 

少しの練習で、文字の大きさだけでなく、一文字一文字の形がかなり良くなりましたね合格

 

 

 

ワークショップの短時間でこのように変わるのは、ちょっとした書き方のルールを知らないだけなので、少しの練習で大きく変わるんですよね。

 

 

さらにここから書き込むことで、線の質が変わってくると思います。

 

 

 

 

 

今回のワークショップは5月末に1回の2回セットなので、次回5月末まで、この練習を1ヶ月頑張ってくださいね。

 

 

 

 

 

青藍書道教室では生徒さん募集中です。

ホームページはこちら