宮城の未来を創る!庄田圭佑の日々

宮城の未来を創る!庄田圭佑の日々

宮城県議会議員【庄田圭佑】が、「子どもたちの明るい未来を創る」を理念に、持続可能な宮城県政を目指す日常を不定期に更新しております。


テーマ:
4月9日。新紙幣デザインが公表されました。

様々なご意見があるようですが、皆さんはどう感じていますか?

渋沢栄一氏は私の尊敬する人物であることから私にとっては大変な吉報でありました。

そもそも、私が渋沢栄一氏を尊敬するに至ったのは、遡ること大学生の頃の話です。

当時、私は起業して「地元宮城に実業団を創る!」という夢を抱いていました。この夢は、都道府県駅伝や実業団駅伝を観て、「宮城県には強いチームが無いから強い選手が残らないのではないか?宮城に強いチームを創ってやる!!」という意気込みを高校生で抱いたことがきっかけでした。その夢を叶えるためにも新設の宮城大学事業構想学部に進学を決めたのです。

様々な書籍を読む中で偶々出逢ったのが渋沢栄一氏の著作『論語と算盤』でした。

彼の主張は「利益は独占せず、富は全体で共有し社会に還元する」というものでした。

実業団を創るには資力が必要ですが、実業団を創ることは利益と直結しないため、富の社会への還元という理念が不可欠です。

実際に、渋沢栄一氏は、医療・福祉・通信・金融など我々の生活に不可欠な社会事業に惜しみなく富を還元され、我々はその恩恵を享受することにより豊かな生活を送ることができています。
私は、渋沢栄一氏の思想と実行力に感銘を受け、氏を尊敬するようになりました。

今は実業とは違う世界に身を置いておりますが、どの世界にいても彼の考え方は全ての規範となるものであり、その教えを政治の世界からも実現していきたいと改めて決意した日でもありました。