早稲田大学男子チアリーディングチームSHOCKERSのブログ
「日


公式HP : 早稲田大学男子チアリーディングチームSHOCKERS
twitter : フォロー
facebook : いいね!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ショカフェス2019 振り返り 統括ドリモゲモンより

こんにちは!😆
14期ドリモゲモンです!

気づいたらショカフェスからもう3週間近く経ってしまって、SHOCKERSはゆったりオフ期間をエンジョイ〜🏖🌅🎆


というわけにはいかず、1週間もないオフ期間が明け、ショカステに向かって怒涛の練習がすでに始まっています笑

サークルなのにオフねえじゃん〜
ブラックはチームカラーだけにしとけよ〜



さすが心を読めるルンバくん、心だけではなく未来も読んでいたみたいです。


まあ前置きはこのくらいにして、だいぶ時間が経ってしまいましたが、ショカフェス振り返りブログを書きたいと思います💪


まず今回の単独公演はスローガンである"NEXT STAGE"のロゴを前面に押し出してました✨



サイリウムとロゴのこの画角なんかもう最高ですよね😍

こんなかっこいいロゴを作ってくれた放研さん、本当にありがとうございます🙇‍♂️


演技内容に関しては当日存分に見てくださったと思うので、ここでは今回特に力を入れたストーリーを中心に振り返りたいと思います!

実は大枠は昨年のうちにもう決まっており、そこから各番組の細かい設定や台詞を半年ほどかけて詰めてきました🙋‍♂️

統括のせみと、台本作成時から関わってくれた放研さん制作部とは本当に何十時間と話し合いをし、ほぼ毎日連絡を取ってストーリーを作り上げてきました笑


テレビの世界に閉じ込められてしまったショッカーズ、各チャンネルで演技をして満足してもらえると次のチャンネルに進むことができると気づき様々なチャンネルを回るのですが、実はお客さんには伝わらないであろうたくさんの小ネタが用意されていたんです!

まずはここ!



これは見ていた皆さんもお気づきかと思いますが、最初においてあるカメラには不自然にショッカーズのユニキーホルダーがついているんですね、これが後々どう伏線回収されるのか🤔




そしてこのあとは基本的にテレビの世界と現実でそれを見ている主人公との二層構造で話が進んでいくわけですが、こちらもかなり大変でした💦
一旦全てのVTRを撮り終えて放研さんに編集していただき、それをDVDに焼いてテレビに流しながらまた撮影するという通常の2倍の手間がかかるわけで、本当にこんなめんどくさいストーリーにご協力してくださった放研さんには感謝しかないです🙇‍♂️


そして多くの方に好評いただいたのが休憩VTR!



きゅうりを食べて踊り出す九りとガノン達とは対照的に、ただひたすら後ろでトマトを食べてるトメイトにも注目です👀

休憩VTRにも馬鹿みたいに力を入れたので、こちらはもしかしたら近々YouTube等にアップするかも???🤔


そんなこんなで2部に突入するわけですが、主人公が撮影関係の夢を諦めつつあることが徐々にわかってきます。
夢を追い求めることが恥ずかしく感じたり、何かに全力で取り組むことがダサく感じてしまう、そんな時期ありますよね。



その後も見たことあるセットに見たことある人がなんとなく聞いたことのあるグループを紹介していたり、



オーディション番組では、ショッカーズのセリフの後ろで司会が「Rei!Wa!SKIPよかったよね、慌てて帰っていったけどどうしたのかな…?」とMステとダブルブッキングしてしまっていたことをほのめかしていたり(この小ネタ気づいた人いたら本当に怖いです)
アホみたいに様々なことをしていたわけですが、



なによりの見せ場はこのあとの散歩番組での㊙️ゲスト!!!




映画「チア男子‼︎」トンちゃん役を務めた小平大智さんでした!✨
(本当にご協力いただきありがとうございました🙇‍♂️)

そしてチア男子‼︎構成ではトップの7人もBREAKERSユニを着て登場!!

いやー盛り上がりましたね🤣



そして完全に余談ですが、なんとショカフェス前日、8月10日に放送された本家「ぶらり!途中下車の旅」で訪れた先も夢の島公園だったそうです!!!なんという偶然😵


その後、今まで回ったチャンネルに協力をお願いし、全チャンネルで同時生放送を行うというストーリーで、僭越ながら僕が伝えたい想いを述べさせていただきました。


男子チアという異色のスポーツがだんだんと認められ、世間の常識になってきているからこそ、見てくださっている皆さんにも世間の常識に縛られてほしくないし、自分のやりたいことをやってほしい。僕たちショッカーズは、その前に踏み出す原動力となるような存在でありたい。


スローガンの"NEXT STAGE"には、『演技面はもちろん、物販や装飾などを含めショカフェス自体が次のステージに進みたい』という意味と、
もうひとつ、裏テーマとして"NEXT STAGE is yours"、つまり『ショッカーズの演技を見たあと、みなさんが次は自分が何かに向かって頑張ろうと思っていただけるような演技をしたい、次のステージは見てくださっているみなさん一人一人のものだ』という意味がありました。



その想いは届いたでしょうか?少しでもみなさんが前に進む力となれていたらこれ以上のことはありません。

長くなってしまいましたがストーリーの方へ戻ると、エンド構成後現実の世界に戻ったショッカーズのところに、心を動かされた主人公が来て自分も何かを頑張るということを伝えます。

そしてカメラが好きな主人公にショッカーズからお願いした依頼というのが、ショカフェスのVTRを撮影してほしいということでした😆

つまりショカフェスで流れていた今までのVTRは、ショッカーズを見て心動かされた主人公がずっと撮影していた、ということですね!




その際、主人公に「一緒に頑張ろう」と渡したユニキーホルダーが最初のシーンについていた、という伏線回収だったわけです😎


大変長くなりましたが、これにてストーリーが完結✨

ここまで読んでくださったみなさん、ありがとうございました!

そしてこうしてまとめてみると、本当にたくさんの方にご協力いただいていたことを改めて実感しました。主人公役のSeirenMusicalProjectの佐藤知恩くん、映画「チア男子‼︎」関係者の皆さんと小平大智さん、そしてストーリー作成から撮影、編集までずっと協力くださった放送研究会の皆さん、中でも本当に長い時間をかけて最高の単独公演を作り上げてくれた統括の恭祐と制作部ののんちゃん。

もちろん僕たちの演技を作り上げる上でもたくさんの方が関わってくださいました。
ご指導してくださったコーチ方、コラボ団体のMYNXさんとM研さん、家族、友達、そして事務面でも演技面でも最高のものを用意してくれたショッカーズのみんな、見てくださった皆さん、ここでは名前を挙げきれない関わってくださった全ての方に、改めて感謝を申し上げたいと思います。

本当にありがとうございました!!!



最後に、一緒に統括を務めてくれたせみ。
みんなには散々いじられてたけど、たくさん一緒に打ち合わせをして意見を出し合って、チームのこともお客さんのことも一番に考えられるとてもアツい男でした。一緒に統括をしてくれてありがとう!


これからもショカステ、早稲田祭と引退に向かって最後まで全力で突っ走っていくので、応援よろしくお願いします😁

それではまたお会いしましょう!
ばいばーい✋



14期ドリモゲモン

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>