今月は、SEO対策について記載したいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、SEO対策とは、「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。 つまり、GoogleYahooBingなどの検索エンジンで、特定のキーワードで検索した際に上位に表示されるための対策のことです。

 

検索順位の決定の仕方は、Googleなどの検索エンジンを運営する企業が独自に決めているため、明らかにされていませんが、大きく2つの要素があるといわれています。

①記事の内容・ボリューム

②被リンクの数 です。

今のアルゴリズムでは、①が重視されているそうです。

 

IT関連の社長さんの話ですと、①の対策は、狙うキーワードを文中に程良く織り交ぜながら、とにかく一生懸命に記事を書くのが王道の対策とのことです。また、②の対策については、指定したキーワードでリンクを張ってくれる業者も存在します。そういった業者からリンクを買ってくるという手法が何年か前までは主流でしたが、こういったペイドリンクは、検索エンジンを欺く行為として厳しくペナルティーを受けることがあるとのことです。リンクについても量ではなく、いかに価値のあるサイトからリンクをもらうかという点が重要になります。

 

私の運営しているホームページは、(SEO対策だけを意識してホームページを運営している訳ではないのですが、)「江東区 税理士」「亀戸 税理士」「NPO法人 税理士」などのキーワードで検索した場合に9月1日現在、1位~3位に位置しております。他には、「スーパーマーケット 税理士」「印刷業 税理士」「運送業 税理士」「ビットコイン 税理士」などでも上位に来ている様です。ありがたくも、税理士をお探しの方がこれらのワードを検索して、弊所のホームページに辿り着き、弊所とご契約をいただくケースもあります。

上記①の対策については、開業以来、コツコツと記事を書き足してきたのが良かったのでしょうか。(うちよりも記事が充実している税理士事務所のホームページは他にいくらでもあるので、少々不思議な感じですが。)②についても、特段対策はしていないのですが、本年の6月から、Suzuyoの関連会社である鈴与シンワート様に会計コラムを書くお仕事をいただいており、そこからリンクをいただいているのが大きいのかもしれません。

https://sol-s.shinwart.co.jp/column/ishida01/ 

 

検索エンジンも日々進化しており、SEO対策も、今まで通用していた手法が使えなくなりつつあるそうです。私は、仮に検索順位が下がることがあっても、右往左往せずに、今まで通りに運営していきたいと思っています。SEO業者が色々なプランを勧めてくることもありますが、容易にそれに乗っかってはいけないと思います。今後も、「検索順位は結果的にあとから付いてくるもの」というスタンスで、内容のある記事をコツコツと書き足していくことを第一に考えていきたいと思います。

 

AD