fateの神戸の探訪記事になります。神戸大橋は別の記事であげているのでよかったらみてください。
今回は主にFatezeroのカットを撮影しました。
 
なぜいまこのタイミングでfateの探訪をしているかというと、もちろん先月公開されたHFの影響もあるのですが舞台の一つであるモントレ神戸が今年いっぱいで一時営業を辞めリニューアルのため取り壊されてしまうからその前に来たかったというのが一番の理由です!
 
 

 
【風見鶏の館】
{F6975670-1872-40FA-AEC8-3E6485E9671A}
{F9F464ED-D4D7-4C65-8553-67089A84D728}
 
北野天満神社から撮影した風見鶏の館を反転したものです。
ここは遠坂家のモデルとされている場所です。

 

{BBCE755A-0C46-409D-86B9-3A4F4C62BD1C}
 
正面の写真です。
 
{F78B693F-DCAD-4437-968D-EB7E3FED007E}
{374B95C4-3BD9-4491-875E-CC52D0D32B0F}

 

ここからは内装になります。

入場料は500円になります。

 

{C6314DFB-BDD5-4F34-9C51-88EA71C1B3BF}
{AA67919F-8880-4A50-874A-686218BFC543}

 

{651F77B1-2860-471B-8B70-FF9C4B90B84C}
{68737E96-5B0C-4905-8465-CC808B1808A8}
 
{E22E95CA-7D59-4F61-8854-7F3D7C6792A0}
{F5EF3C2F-6773-4B22-880A-4EA2ACA279D8}

 

{14FD5B3E-CA5C-4DAF-ACD6-046590791A33}
{E9EA6F33-1B71-4EA8-8D54-BED94F58C221}

 

image

 

エアコンは新しくなってしまったみたいです。

このエアコンを見たかった!

(inishさんのブログより)

 

{0ED52FEE-E53A-4F85-80B6-82CB0D35A23E}
{9AD79598-D041-4BD8-BCBE-23EAEF2FC905}

 

{CD39E3DD-D50C-40C0-8DBA-711C53015247}
{489437E5-788C-40C1-BDDC-EABB62050713}
 
{561758FC-6905-4C62-BB10-8A68669A162E}
{532D06A9-0AA5-4ACA-98C6-9B53EB7A40C0}
 
ここは2階のお土産売り場になります。
 
平日だったのに学生など結構観光客が多かったです。
 
【うろこの家】
{2C6DD5A3-3032-4B11-899E-431E7590A140}
{A0FD3F26-DA86-4DE8-96C0-C6C7B900FA57}
 
うろこの家2階にあるのは凛の部屋です。
 
{14C99505-773A-4B48-B205-83A2E010A646}

 

{B6402A97-E8E8-4F73-80C4-485D01727195}

 

{F990574B-7E47-4380-B4FF-D36371C431A1}

 

うろこの家の入場料は1050円になります。

 

{5B2FAFE7-123F-4A5D-8991-A71BD9B6A787}

 

外観は間桐邸らしいです!

あまり一致はしませんが

 

{9718E0B8-6E1A-44C9-B113-672EE68935B1}

 

うろこの家の中にはホットドックやアイスを食べれる場所もありますよ!

 

{EECB8A14-F3E2-4ABC-A760-9AF154D29A59}

 

ホットドックドリンクセットは750円です。

 

{F7E89748-A500-428A-976A-9232D7F0D861}

 

{5333D2F9-C8DB-4FB8-BB07-16F99BC41DEB}

 

{FC7EF956-EBFB-4E20-8B4B-C3E4DC7333EF}
 

イギリス感満載だ!

 

うろこの家はカットはほとんどないですがデザインを勉強している私にとってはすごく楽しめる場所でした。

 

【北野通り坂】

{47EEA3F6-DBA7-4FE9-8BBD-2F8DA3DFE819}
{1A299DF4-8F83-4169-A215-45DC97F506FA}

 

言峰教会までの坂道です!

これはステイナイトのカットになります。

 

北野会館横の坂道になります。

 

【旧サッスーン邸の横道】

{ECC93D20-8609-466C-8687-DBA78E1747F3}
{2629F2BC-9A37-4F9B-BFF3-25DCEF8A42C3}

 

こちらもステイナイトのカットになります。

 

おまけ

{1A76F792-9614-4201-87F3-AA132A7F8CB9}

 

{D5DD8659-6915-4787-B232-39E2C5CA2ACA}

 

{68C22ADE-E26E-4728-BE1D-5B03B77B3BD1}
 
日本にいながら、ヨーロッパに行くような感覚を味わえました!
 
【モントレ神戸】
{0F948667-57F3-488C-90D3-ED0EB38028E3}
{7D2BCEED-5A8B-4B3E-95AA-91A775414D85}

 

いよいよ今回のメインモントレ神戸です。

フロントから一つ下の階にあります。

 

{0D55CAD3-2B7A-4A25-85FF-505C45660A49}
{A08DEDA4-B0F7-4740-8A8E-1046D1A80D1B}

 

{CDE928ED-7A88-4F6A-8307-CF5203CEB080}
{EB17D3F5-C5C8-4EA2-BC6E-77BEC167936C}

 

{16DDC797-36AC-46DE-8AEC-595B1C1FC328}
{3596C1A6-FC52-43C0-BBD8-64A70983694E}
 
{59A8E2F0-C6C1-46C2-AFDE-ACFAF527A11E}
{8EAFB2FC-4C3D-4188-9D2C-6A5B0CA80DCB}
 
{C34FA821-76C4-4B31-BC16-C7C766018493}

{878AC482-C5D1-422B-9415-35374579D21B}

 
{B61502E8-2727-430D-8894-6215F1FB0EDB}
{5B93E669-B598-44CB-B7DE-6EA8B4AB9841}

 

{E0CF8357-A3EF-41EB-9D15-59B1C16FBE7F}
{C07E5615-16BC-4213-8781-325251A730D2}

 

取り壊される前に来られてよかった!

 

{CDE90B32-43D5-4BC4-A4AB-4974914767E2}
{C88336C6-802A-4581-851F-35DACA578A0B}

 

こちらは綺礼の部屋です。

フロントとエレベーターの間の部屋です。

 

{45DE18E4-B760-443C-8098-F905AF344388}
{9A6A4917-862C-4974-9A41-33C4B3C3F4D0}
 
{7B8D2C3D-F2EC-49B7-A9A6-B49D144F384C}
{799143DD-6C4E-457D-89B7-F0A93454878E}

 

{F2A1FE28-3920-4EF4-95D6-C63EB7762B89}

 

{D4DA3548-A519-4CB1-B75B-9F8622CD0916}

 

ステイナイトであったカット

 

{EB370078-1969-49E0-B855-99E073866BA2}

 

{8B033FA8-9340-4BF4-8838-A06B178506B8}

 

【モントレ神戸紹介】

{E6DF259A-13BF-4D05-B746-0D4D0B6C2165}

 

チェックインすると部屋の鍵となるカードがもらえます。

エレベーターもこのカードを読み取り自分の部屋の階しか止まることができなくなっています。

 

{4EEB49E9-6994-4E2F-AB7B-26AC55D439CD}

 

部屋も綺麗で最高でした!一人1本水のプレゼントが置いてありました。

 

{7A1B464A-47A9-4A00-9DBB-D64A55B82B9A}

 

{81240E42-A5B9-42AD-A3B6-CDC77E56BF3C}

 

エスカレーターも中世のイタリアを感じれるデザインですごくよかったです。

 

{9B5B5627-DEBB-4C9F-B49B-2B4028ACDE5B}

 

{F7039126-C9A0-4AE2-BDE9-A8F7ED9D0A2B}

 

{5CF9411B-1B50-48E4-8288-CD8030948266}

 

{070A2ED4-7D21-42CA-B8E7-FF000A881A47}
 
クロと探検して来ました!w
 
Fateの聖地だということを除いてもとてもいいホテルでした!
海外の宿は泊まったことありませんが、日本ではなく海外のホテルに泊まっているような感覚でした。
モントレ神戸は中世のイタリアロマネスク様式というコンセプトを忠実に再現できていて、このような昔の様式を再現しているホテルもいいなと感じました。
 
リニューアルしてもこのコンセプトは無くさないでほしいですね〜
リニューアルしたらまた泊まりに来たいと思います!
 
是非まだ泊まったことがない方は今年中に泊まって見てください!
平日は比較的安く泊まれますよ!
 

比較画像は[©虚淵玄 、ufotable、TYPE-MOON/「Fate/zero」製作委員会]にすべて帰属しますのでご注意ください。

 

関連記事

Fate〜神戸大橋編

 

AD