cinenote N

cinenote N

観た映画新旧にときどき音楽


 1950年代後半から60年代初頭のNASAのマーキュリー計画に携わった黒人女性たちの事実に基づく物語。
 マーキュリー計画といえば真っ先に思い浮かぶのは映画『ライトスタッフ』。宇宙開発技術競争でソ連から大きく水をあけられていた米国が人類初となる有人宇宙飛行を目標に、文字どおり国の威信を懸けて挑む初代宇宙飛行士たち(と、誰よりも速く飛ぶことへ挑戦し続けた男チャック・イエーガー)を描いて、飽くなき夢を追い求めるアメリカの姿勢を高らかに謳った物語はとても大好きな作品なのだけれど、思えばたしかにあの映画に有色人種の人物って登場してはいなかった。

 当時のアメリカと言えば公民権運動が活発化しつつも南部では人種分離の政策が日常の中で行われていて痛ましい衝突も起きていたけれど、NASAという知性の集う場でもそういった差別が普通にあったというのは……こうして作品でみるまで気づかなかった自分の無知がちょっと恥ずかしい。実際のキャサリン・ゴーブル・ジョンソンさんはのちのインタビューで宇宙計画の仕事が何よりも優先されていたNASAでは特に差別など感じなかったと話しているようだけど(wikiによれば)、先陣を切って宇宙技術の世界に飛び込んだ彼女たちの苦労たるや現実にはもっともっと想像を絶するものがあったんじゃないだろうか。でも映画の中で知力を武器に立ち向かう彼女たちの努力や夢が叶っていく様子はみていて素直に喜ばしかったし、ともすれば重めになりそうなストーリー展開も明るく軽やかなトーンもいい感じでとても共感できた。研究所室長のK・コスナーの助演ぶりにも好感。
 3人の主要メンバーのうち映画公開当時もご存命だったキャサリンさんは先日101歳でお亡くなりになったそうだけれど、もっと関連本など読んで彼女たちのことを知りたい。

原題:Hidden Figures 監督:セオドア・メルフィ 2016年製作
出演:タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ
ケヴィン・コスナー