赤パンチがうまい! 現金のみだがお得感満載の『山田うどん』現在編 | shiroaのビバラムービー

shiroaのビバラムービー

~~映画生誕100周年に灼かれたバカの映画遍歴

うどん屋ではありません。食べ物のレパートリーはファミレス並です。

 

しろあです。

 

苦い思い出がある『山田うどん』ですが、先輩から「こっちの山田うどんは大丈夫だ!」というお墨付きをいただいたので、

約四半世紀ぶりに食べに行ってきました。

今回の記事を読む前に、前回の「思い出編」を読んでもらうと、より楽しめます。面白いので是非先に読んでくださいね。

 

正直トラウマでもあるので、ご飯ものは避けようと思ったのですが、おすすめだったかき揚げ丼を注文しました。

それだけだとつまんないので、もつ煮もあったのでもつ煮も。

『山田うどん』ではもつ煮を ”パンチ” と呼ぶようです。辛みのあるもつ煮は ”赤パンチ”。

もつ煮は好きだけど、居酒屋にいかないとなかなかおいしいもつ煮は食べれないでしょ。

だから赤パンチもたのんでみました。

 

丼にはでっかいかき揚げがでん! と乗っていて、相当なボリューム。

さくさくではなく、タレがしみててしっとりしたかき揚げは好みが分かれるかもしれませんが、

タレのいい感じの味でおいしかったですよ。『さと』の天丼食べるよりは数段こちらの方がおいしい。

 

そして赤パンチがうまい! たのんで正解。

辛さもちょうどいいし、やわらかいし。もつ煮好きはみんな納得して食べられるレベルだと思います。

子供の頃食べたモツは噛み切れない、口に入れたら数分にちゃにちゃ噛み続ける印象がありましたが、

そういうモツはもうないのかもしれませんが、やっぱりやわらかいモツは食べやすくおいしいですね。

 

これなら『山田うどん』今後も利用していいだろうと思い、その後月イチペースで利用してみました。

お会計の時にサービス券がもらえて、次回コロッケなどちょっとした総菜が無料になるんです。

 

それはまぁ、冷凍を解凍した感じであくまでおまけくらいですけど、ちょっと嬉しいサービス。

 

メニューも豊富。うどん以外はある程度食べたかな?

餃子、ラーメン、そば、カレー。

いろいろと食べてみましたがどれもまぁおいしいと言えるのはなかったですね。

野菜たっぷり味噌ラーメンは本当に野菜がたくさんだったので、ラーメンの味はともかく高評価。

天ぷらそばは、巨大かき揚げが天ぷらとしてついてくる。

そばはともかく、巨大かき揚げはおいしいので値段と絡めるとお得感があります。

 

結論、『山田うどん』を利用するときは赤パンチ定食ということになりました。

あとは気分でプラスアルファなにか注文する感じですかね。

 

現金のみの支払いシステムと、ゆっくりできる雰囲気じゃないですが、

たまに利用するには悪くないと思います。