週末は、とても冷え込んだから

また、風船でアイスキャンドルを作ってみました

今回は氷が厚くて、しっかりしたものができましたよ

ざっと作り方を紹介しますね


①風船に水を入れます。
 入れすぎるとゴムが薄くなって割れやすいので、そこそこに。
 入口のところに空気がたまっていますね。
 この空気を抜くと、かわいくとんがります。

②ゴムの入口をゆるめて、中の空気を抜きます。
 水が出てくるくらいまでゆるめるといいですよ。
 そして、普通にゴムをしばります。


③荷造りのひもでわっかを作ります。
 長さは・・・どこにつるすかで決まるかな?


④わっかの輪の部分を風船の口のところに、こんな風において・・・


⑤わっかの先端を、④の輪に通します。


⑥ゆっくりわっかの先端をひっぱって・・・


⑦ぎゅーっと引き絞ります。
 風船のゴムの結び目の下になるようにしないと、
 ひもを持ってつりさげたときに風船が落ちますよ。


⑧ひもを持って吊り下げると、こんな感じ。
 すごく危うい感じです。
 持ち運ぶときは、風船を手のひらで支えるように持つといいです。

⑨一晩外に吊るします。
 うちでは、車庫の中に吊るすと透明な氷。
 外に吊るすと、フロスト加工したみたいな白っぽい氷になります。
 凍らしすぎると、中心部まで凍って、空洞がなくなるので注意です。


⑩風船の口のところをハサミで切ったら、
 つるっと風船のゴムがむけました。
 まだ、穴をあけてないので、中には水が入っています。
 入れているのはシリコンのボール。
 柔らかいので、間違ってぶつけて割れる危険性が少ないですよ。


⑪今日は、ハンバーグ用のナイフを使って地道に穴をあけ、
 そこに熱いお湯を注いで、穴を広げてみました。
 お湯をかけすぎると、ピシッと割れるので注意です。
 ドリルで穴をあける人もいるそうですよ。


⑫あとは、穴からろうそくを入れて、火をつければできあがり

 ろうそくをつけっぱなしにすると、当たり前だけど氷が解けて穴が開きます。

 けっこう簡単にできるのでおススメです




AD