卵白洗顔でアンチエイジング 白河三來オフィシャル・ブログ

私何歳に見えますか?実は56歳になりました!高級化粧品もエステもいりません。卵白洗顔をはじめとしたナチュラルな美容法が中心です。ホリスティックな考え方に基づいた身体の中から美しくなる方法をお教えします。

【卵白洗顔 オフィシャルブログへようこそ】


私何歳に見えますか?
実は昨年9月9日で、56歳になりました
高級化粧品もエステもいりません。
卵白洗顔で、ファンデーションいらずの肌に!
ホリスティックな考え方に基づいた身体の中から
美しくなる方法をお教えします。



NEW !
テーマ:
【★子どものやる気スイッチを押す食事学♪】
料理家として、地元長野県のテレビなどで大活躍の倉島のぞみさんがご子息の不登校の体験を交えて、子どものやる気スイッチを押す食事・折れない心をつくる食事についてお話しします。学校の保健室の先生からもご応募いただき、嬉しい限りです💗


{4B0093AC-7DB8-42BD-91DF-E73EBB7D2C22}


1997年より、料理講師・フードスタイリング・アンチエイジングフードコンサルタントなど、食と健康を中心としたレシピ提案やコラム、メディアでのイベントや料理番組講師など活動中ののぞみさん。


{93A8CDA2-6348-48D2-8180-7DFE43C45469}

実は、呉服屋の四代目として生まれ、女子美術短期大学にて、日本刺繍を専攻されたご経歴も。


{8A7CE780-94DA-4A2D-A866-14F3D1F62F54}


現在は、日本の美・文化・食を伝える「美の和 つた美」にて、現代のライフスタイルに合わせた様々なイベントやワークショップをプロデュース


{D9CB5422-0647-4D13-86BA-23E86C0888DD}


長野県のPTA連盟で大好評だった講演を東京招致しました!最近の子供たちに多い新型栄養失調についても、その原因や家庭でできる予防法についても学べます。その日からすぐ実践できるレシピもゲットしていってくださいね♪

★ご応募はこちらから♪


{0F112ED7-CB27-4455-8BBB-57E50B0E4E03}



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

女性なら誰しも、デリケートゾーンのケアが気になった経験があるのではないでしょうか?

アンダーヘアの処理は言うに及ばず、おりものや匂いなど、気になりだしたらキリがないですよね〜。おりもの専用のデオドラントシートがはじめて発売されたのは1988年。小林製薬の「サラサーティ」だそう。♪サラッサラ〜のサラサーティ♪というCMがまだ耳に残っていますが、発売の年に生まれた女の子も来年で30歳だと思うと、光陰矢の如しですね〜!

最近は、デリケートゾーン専用の洗浄液やワイプどころか化粧品(スキンケア製品)まで登場したそうですから、ビジネスチャンスがそこにあるということでしょうね。でも、そんなビジネスに踊らされちゃっていいの?というのが辛口なワタクシからの意見です。

まずはこちらのサイトをご覧下さい。
デリケートケア商品比較ランキング

こ〜んなにいろんな商品が出ているのね♪

 

うんうん、デートの前とか気になるよね!夏の暑い日とか、生理の後とか。
その気持ちはわかる!だから、一時的な利用はあってもいいんじゃないかな〜と思います。

でも、継続して使うのはどうかな?と思うのよ。
なぜって、私たちの体は、皮膚表面に棲んでいる常在菌に健康を守られているし、すべての分泌物は必要があって分泌されるものだからね〜。

 

あんまり殺菌し過ぎたら、守ってくれてる善玉菌まで殺すことになっちゃう。そうなると、自分で守る力が衰えちゃう。これはデリケートゾーンに限らず、皮膚全体でも言える話。分泌物だって、デリケートゾーンをうるおし、pHバランスを整え、雑菌が入ってこないようにする役割があります。だから、あんまり神経質に拭きすぎるのも困ったことになると思うわけ。

 

他の動物たちは、自分の身体を舐めてキレイにしているよね?あれは唾液で拭いているのと同じだから、同じ体液どうしなので、pHバランスも保たれているわけ。人間は舐めるわけには行かないけれど、ぬるま湯で洗うだけで十分に洗浄できるんですよ♪

私もデリケートゾーンのケアが気になりだした20代の頃に「ビデ」っていうのを買ってみた!ぬるま湯を入れて、デリケートゾーンの中まで洗っちゃうちょっと哺乳瓶に似た形の洗浄器だったけど、神経質に洗ってるうちに、膣の入り口でバイ菌が入らないように門番をしているデーデルライン桿菌くんまで洗い流しちゃってたらしい。そして、内部の菌バランスが崩れてカンジダ膣炎になっちゃったの。カンジダ菌は日和見菌の一種で、誰の体の中にも棲んでいるんだけど、体調が崩れて善玉菌が弱って来た時にイッキに増えて天下を盗るタイプなんだよね〜。で、それ以来、風邪を引いたり、抗生物質を飲んだりすると、カンジダ膣炎にかかりやすくなりました。これ、失敗例ね!自然の秩序が成り立っているところを洗い過ぎてはいかんのですよ!!

私の場合はその頃洗い過ぎたせいか、石けんもボディソープもしみるようになってしまって、当時、敏感肌用&弱酸性ということで推奨されていた三共薬品の「クリアレックス」しか使えなくなってしまいました。これは今でも売ってます。全身シャンプー「ミノン」と同じ販売元ね。お肌の敏感な人にはお勧めですが、殺菌作用があるので、常在菌を育てるためにはお勧めできないのです。その後、信頼のおけるの婦人科の先生から「ぬるま湯だけで十分汚れは落ちますよ!」と言われてすっかり「ぬるま湯党」になって今に至ります。洗い過ぎたらほんとにいいことないんだから〜。


中世ヨーロッパにビデが流行したのは(ヨーロッパの古いホテルに泊ったことがある人なら、バスルームに便器と並んでビデという装置が設置されてるのを見たことがあるのでは?)、日本と違って入浴の習慣がなかったから。(日本は江戸時代でも公衆浴場があった。)ほら、昔のヨーロッパで使われてたのは猫足のバスタブでしょ。庶民の家にはバスルームなんてなくて、部屋にあのバスタブを置いて、お湯を水差しに入れて運んで来て入浴してたんだから大変よね?それに欧米人は日本人と違って体臭が強い。だから、ビデもデリケートゾーンのケア製品も発達したのですよ。「欧米は進んでいて日本は遅れている」なんて焦る必要はナシ!

 

 

先日、ある懇親会で、薬を使わないでアトピーを治す皮膚科医 藤澤重樹先生と産婦人科医の村上麻里先生とご一緒したときの話。(藤澤先生は石けんを使わないタモリ式入浴方法を推奨していらっしゃる先生です。皮脂と常在菌はお肌を美しく健やかに保つための大切な味方だからね!)村上先生が「赤ちゃんが産まれたばかりのときに産湯を使わすでしょう?あれで、体をくるんでいた胎脂がとれてしまう。あれがアトピーの原因になっているんじゃないかと思うんです」と言うと「その通りです」と藤澤先生。

 

 

image

写真左から江部康二先生、私、藤澤重樹先生、三島学先生

 

 

「赤ちゃん用の沐浴剤とか、ベビーシャンプーとかも必要ありませんよね?」と私。「そうですよ、ぬるま湯だけでいいのに」と村上先生。そこで、思いきって聞いてみました。「最近デリケートゾーンの洗浄剤などがさかんに出回っていますが、あれもいらないですよね?有名な女医さんが推奨していたりするけど、おかしいですよね?」村上先生「必要ありません。あれも困ったものだと思っていたんです」私「ただでさえ、ウォシュレットで常在菌を流し過ぎているのに、あんなにケミカルなものを塗りたくったら、経皮毒になりますよね?」村上先生「ウォシュレットも困りますね…」といった感じで、すっかり意気投合してしまいました。

 

 

image

写真は村上麻里先生と

 

 

下のイラストはよく見る経皮吸収率の図ですが、腕の皮膚に較べてデリケートゾーンは化学物質を42倍も吸収しやすいと言われています。そんな部分に有害な化学物質をできるだけ近づけたくないですね!

 

 

 

 

ですから、今、市場に出回っているデリケートゾーン・ケアの商品を選ぶ場合には、裏の成分表をきちんとチェックしてほしいのです。「オーガニック」と書かれていても鵜呑みにしてはなりません。日本のオーガニックの基準はいい加減なのですから。たとえば、使われているハーブエキスの1種類だけがオーガニックで他の成分が全部化学物質でも「オーガニック」と表示できてしまいます。食品添加物として有害性が認められている「安息香酸」なんてものが使われていたり、防腐剤の一種である「フェノキシエタノール」(国際的なオーガニック基準エコサートでは使用が禁止されている)が使われていたり、「何なのこれ?」っていう商品が多いです。しかも、ホリスティック・ビューティーを標榜する人たちが結構気がつかないで使っていることがあります。「あの人が勧めていたから」ではなくて、必ず自分で成分をチェックしてみることです。今はグーグルなどの検索システムが発達していますから、初心者でも大丈夫。どんな成分なのか、すぐに調べがつきますよ♪

 

「いつも清潔にしていたい」「いい香りのする素敵な女性でありたい」と思ったばかりに、有毒物質を経皮吸収してしまったら嫌ですものね💓 どうぞ自分の知恵で自分の身体を守って、健やかに美しく女であることを楽しんでください✨

 

クリックしてくれると嬉しいな~

ポチッと押してね音譜

↓↓↓

 

 

    もひとつおまけに、ポチッ

  ↓↓↓

 

 

    いつも読んでくださってありがとうございます

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いくら探しても出てこなかった夏用の腕時計、夏の終わりに見つかりました!

 

なんと今日、お片づけをしていたら、年に一度しか使わない(一生に一度の場合もある)コスプレ衣装のケースから発見(^^;;

 

昨年のハロウィンにアメリカンクラブで着用した魔女の衣装にまぎれてた〜💦

 

 

 

{4035EBC9-24E2-45DC-9C25-19E1B6919C5D}

↑左は女優の白石まるみちゃん、二人でこの衣装で2時間踊りまくりました♪ 

元気すぎる54歳と56歳!

 

 

 

{BBB3E18A-CCE5-4D15-90B1-4D6E8355A5F3}
 

う〜ん、魔法のせいで見つからなかったのかも?
 

クリックしてくれると嬉しいな~

ポチッと押してね音譜

↓↓↓

 

 

    もひとつおまけに、ポチッ

  ↓↓↓

 

 

    いつも読んでくださってありがとうございます

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。