足立区の眼科、シオノアイクリニックの院長ブログです。

 

少し前の記事になりますが、神戸の病院でiPS細胞から作った視細胞移植が行われました。

眼科領域は最初にiPS細胞を使った試験が始まった科です。

 

一番最初は加齢黄斑変性の患者さんにiPS細胞から作った色素上皮細胞を移植したものでした。

色素上皮細胞はモノを見るための細胞ではありませんから、その時の試験の目的は主に、iPS細胞由来の細胞を移植しても大丈夫か?安全か?というところの評価が主であり、視力改善効果は期待されていませんでした。

 

ところが今回網膜色素変性の患者さんに移植された細胞は視細胞です。こちらはモノを見るのに重要な細胞です。

手術自体は成功したようですが、今後どのように視力に影響が出てくるのかはまだわかりません。

 

しかし、大きな一歩であることは間違いありません。

 

iPS細胞を用いた移植が発展すれば、今まで治療できなかった疾患も治療ができるようになるかもしれません。

 

眼科医として、期待せずにはいられません。

 

クリニックのホームぺージはこちら↓