リスト国際コンクール(オランダ・ユトレヒト)の結果が発表されました。
結局ファイナルもほとんど聴けなかったのですけど、
結果だけ貼っておきます。

http://www.liszt.nl//artikel/58


1位  Alexander Ullman (1991, United Kingdom))
2位  Minsoo Hong (1993, South-Korea)
3位  Dina Ivanova (1994, Russia)

聴衆賞   Dina Ivanova


(セミファイナリストから選ばれる)
プレス審査員賞 Sergey Belyavskiy (Russia)
ジュニア審査員賞 Michelle Candotti (Italy)


おめでとうございます!


ファイナル ソロ
https://www.youtube.com/watch?v=QJ46IbeXilY

ファイナル 協奏曲
https://www.youtube.com/watch?v=wD7M8-scw3U&t=4s

AD
お久しぶりです。

忙しいというのもありますが、ちょっと目の調子が悪く、家でのパソコンを控えています。
(仕事でのパソコンの使用は避けられないのでせめて)

9月以降コンサートに沢山行っていますが、
感想を書く時間が無いまま、時間が経って、記憶がうすれつつあります。
記録として残しておきたいのですけど。

さて、そんな中ではありますが、
現在オランダのユトレヒトで開催中のリストコンクールについて。
と言っても、今回は全く追ってはいないのですが、
情報として貼っておきたいと思います。
http://www.liszt.nl/

リストコンクールって、複数あり分かりにくいですが、
今回のコンクールは昨年日本の阪田さんが優勝したリストコンクール(ブタペスト)とは別物。
ちなみに、2011年に阪田さんはこちらのコンクールにも参加されています。
(2011年のコンクールでは日本の後藤さんが優勝)


♪日程: 2017年10月8日~21日
    http://www.liszt.nl/pages/schema

 セミファイナル(トランスクリプション、室内楽、オリジナルの3ステージ)
 ファイナル(ソロと協奏曲の2ステージ)

♪参加者:各地の予選で選ばれた14名のセミファイナリスト
    http://www.liszt.nl/pages/deelnemers

♪課題曲:(リストばっかり)
    http://www.liszt.nl/pages/repertoire-122


♪ライスト:http://www.liszt.nl/pages/livestream

※アーカイブはこちらで聴けます。
https://www.youtube.com/channel/UCXlyrUj3x_wha2JdoGforMQ

そして日本時間の今朝発表されたファイナリスト(3名)

Minsoo Hong
Dina Ivanova
Alexander Ullman

おめでとうございます!

発表前に唯一聴いたのが
イタリアのミケーレさん。
2015年のショパンコンクールの予備予選の時から気になる存在なのですが…
残念ながらファイナルに進めませんでした。😢

ファイナリストの3名はこれまでもどこかしらで名前を見たことがありますが、演奏を覚えているのはウルマンさんのみ。音が美しくとてもロマンティックな演奏をする印象。リストに合っていそう。(まだ今回の演奏は聴いていない)

今週はコンサートが立て続けにあるので、ライストで追うのは無理ですけど、
ファイナルは3名だけなので、隙間時間にアーカイブで聴けそうです。
AD
9月に入って、一つコンサートに行って、そのことを書きたいものの
それよりも先に、
まずは7~8月のコンサート記録の続きです。

今回はピアノ以外について。



【7月17日】 
樫本大進×アレッシオ・バックス
(@所沢ミューズ)

[ヴァイオリン]樫本大進
[ピアノ]アレッシオ・バックス



♪ モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第25番
♪ ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番「雨の歌」
♪ シマノフスキ:神話~3つの詩
♪ グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第3番

<アンコール>



【7月27日】 
オリヴィエ・ラトリー オルガン・リサイタル
(@武蔵野市民文化会館 小ホール)



♪ 作曲者不詳(スザンヌ・ファン・ソールト曲集):7つの舞曲
♪ リュリ(ジョフロワ編曲):メヌエット、「イシス」より序曲、「テセウス」より行進曲
♪ ケルル:かっこうによるカプリッチョ
♪ ラウクヴィック:MM ~オルガンとテープのための
♪ J.S.バッハ:オルガン協奏曲 ニ短調 BWV596(原曲:ヴィヴァルディ作曲 調和の霊感 第11番)
♪ メンデルスゾーン(スミッツ編曲):厳格な変奏曲
♪ モバリー:臨界質量~オルガンとテープのための
♪ デュプレ:前奏曲とフーガ ト短調 作品7
♪ ラトリー:即興 (「浜辺の歌」より)

<アンコール>



メンデルスゾーンの厳バリ目当てでしたが、パイプオルガンの多様な音を堪能できて、満足度の高いコンサートでした。。
メンデルスゾーンでは、大好きなピアノ曲がオルガンでどうなるのか興味深々。
そして、思った以上にオルガンに合っていた。
まるで最初からオルガン曲だったのではないかと思うくらいで
オルガンの様々な音色を駆使した編曲で、
聴きごたえのある演奏。

最後の即興は、その場でスタッフさんが何曲かテーマとなる楽譜を用意した中から、くじのように1曲を選んで、初見でテーマを演奏したあと、即興で発展させていくというもので
圧巻でした。



【7月29日】 
オールバッハ名曲選!!真夏のオルガンコンサート 2017
(@大阪シンフォニーホール)

[オルガン]ダヴィデ・マリアーノ
(第18代札幌コンサートホール専属オルガニスト)

♪ J.S.バッハ:トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
♪ J.S.バッハ(フランチェスコ・ディ・レルニア編曲):2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043より ラルゴ・マ・ノン・タ ン ト
♪ ヴィヴァルディ(J.S.バッハ編曲):協奏曲 イ短調 BWV593
♪ J.S.バッハ(ダヴィデ・マリアーノ編曲):コラール「主よ、 人の望みの喜びよ」 BWV147
♪ J.S.バッハ:コラール「目覚めよ、 と呼ぶ声あり」 BWV645
♪ J.S.バッハ:小フーガ ト短調 BWV578
♪ J.S.バッハ(ダヴィデ・マリアーノ編曲):パルティータ 第2番 BWV1004より シャコンヌ

<アンコール>

(一番下↓)
Giovanni Battista Ferrini
Ballo di Mantova (マントヴァの踊り)

7月29日~30日にかけて
大阪にアイスショー(ザ・アイス)を観に行ったのですが、
29日はアイスショーの後に時間があったので、
せっかくなので、コンサートにでもと思い
行ったのでした。

暑い夏の夜にオルガンによるバッハが心地よかった。



【7月31日】
PMFオーケストラ演奏会 川崎公演
(@ミューザ川崎)



[指揮] ワレリー・ゲルギエフ
[ヴァイオリン] ダニエル・ロザコヴィッチ
PMFオーケストラ

♪ ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲(ドレスデン版)
♪ ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 作品26*
♪ シューベルト:交響曲 第8番 ハ長調 D. 944 「ザ・グレイト」

<アンコール>


ロザコヴィッチくん、まだ15歳だか16歳で、ひょろっと背は高いけれど、
見かけは少年少年しているのですが、
音楽は大人の演奏のようでした。
よく通る美しい音。これから楽しみな演奏家ですね。



【8月3日】
アンサンブル・ルシリン
(@武蔵野市民文化会館 小ホール)



♪ バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988より アリアとカノン
♪ シモン・スティーン・アンダーソン:隣の隣の、次
♪ バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988より 第27変奏
♪ カミーユ・ケルジェ:ウィッシュ
♪ バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988より 第18変奏
♪ ジョルジュ・レンツ:弦楽四重奏のための「天は語る・・・」IVより 第2楽章
♪ バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988より 第3変奏
♪ アルトゥーロ・フエンテス:スクォンク
♪ バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988より 第12変奏
♪ 細川俊夫: ヴァイオリンとチェロのためのデュオ
♪ バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988より 第9変奏
♪ ドナチャ・デネヒー:『バルブ』
♪ バッハ: ゴルトベルク変奏曲 BWV988より 第25変奏

(アンコール無し)

ゴルトベルクに引かれてチケット買ってしまったのですが、、、、
正直自分が行くべきコンサートでは無かった。。。。



【8月27日】

東京交響楽団 ~気軽にクラシック~
(@所沢ミューズ)



[指揮] ロッセン・ゲルゴフ
[ヴァイオリン] 南紫音
[ピアノ/案内] 加羽沢美濃
東京交響楽団

♪ モーツァルト:オペラ「フィガロの結婚」序曲
♪ スメタナ:交響詩「わが祖国」より第3曲「ヴルタヴァ(モルダウ)」
♪ マスネ:オペラ「タイス」より「瞑想曲」
♪ チャイコフスキー:序曲「1812年」
♪ ビゼー:オペラ「カルメン」前奏曲
♪ サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
♪ エルガー:行進曲「威風堂々」第1番
♪ ラヴェル:ボレロ


<アンコール>


アンコールはこの他オルガにストのメルカールト氏による
バッハの「トッカータとフーガ」から「トッカータ」。

<ロビーコンサート>
景山梨乃(ハープ)&木村正貴(ヴァイオリン)

ドビュッシー:月の光(ハープソロ)
ヴィターリ:シャコンヌ
モンティ:チャールダッシュ

加羽沢さんのトークも含め、盛りだくさんの内容で楽しい時間でした。

それにしても、オルガン演奏を短期間でこんなに聴くとは。
オルガにストさんの椅子の座り方がツボです。
みなさん、いかにスマートに美しく座るか、気を使われているのだろうな。。。。



主催者のレポートはこちら

AD