新体道人・shintaidojin~天正道場日記

新体道や剣武天真流の稽古会、「天正道場」の 日々の稽古の様子や、稽古の指針となるような情報、滝行の様子などを中心に書いています。各種イベントの情報も書いています。どうぞチェックを!! おもしろいよ(笑)

ただいま!
天真体道 天正道場は、



月曜日,木曜日は子供クラス開催中!。
当会では親子参加を優遇しています! 
こどもクラス見学歓迎です!



<< 親子、兄弟での入会には月謝優遇制度があります。>>

 兄弟での入会の場合 
 ・5000円 + 5000円 =10000円 のところ 
→ 8000円 !  
 親子での入会の場合 
 ・10000円 + 5000円 =15000円 のところ 
→ 8000円 !  
 両親とお子さんでの入会の場合
 ・10000円 + 10000円 + 5000円 のところ 
→ 10000 円 !   

※ 親子参加の場合は、親子ともに子供クラスへの出席となります。
※ 月謝優遇制度の対象は小学生までです


http://www.shintaido-jin.com/shintaido_aboutkodomoclass.html





☆~…*※☆☆~…*※☆☆~…*※☆
天真体道 ~能力開発から護身まで
week

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 三鷹稽古会は、月曜日 
こどもクラス17時~18時
大人くらす 19時~20時45分

三鷹駅より徒歩5分ほど、南口を出て「風の散歩道」を歩いてください。フランス料理店を過ぎ、骨董品屋さんの手前を右に曲がります。左手に見える「沙羅舎」こちらの地下「舞遊空間」をお借りしています。
http://sarasya.mall.mitaka.ne.jp/

初心者歓迎いつでもどうぞ! 
お問い合わせは shintaidojin@@hotmail.co.jp(@を一つにしてください)

$新体道人・shintaidojin

☆~…*※☆☆~…*※☆☆~…*※☆
世田谷瞑想会は
水曜日 15時~16時30分 19時~20時45分

初心者歓迎いつでもどうぞ! 
お問い合わせは shintaidojin@@hotmail.co.jp(@を一つにしてください)

松原駅を踏切のほうへ、(下高井戸からおいでの場合踏切を渡ります。)
下高井戸方面へ振り向きスグ!
「studio W-Earth」(世田谷線松原駅から徒歩一分)
      東京都世田谷区赤堤4-1-15 Studio W-Earth



☆~…*※☆☆~…*※☆☆~…*※☆

国立稽古会は、木曜日 
こどもクラス18時~19時
大人クラス 19時~20時45分

国立駅より徒歩7~8分ほど。

南口を出てロータリーから「あさひ通り」を歩いてください。コンビニエンスストアの角を左に曲がります。左手のスポーツジム、カラオケ屋さん、右手に見えるNTTを過ぎてさらに進み、皮膚科を過ぎると、「東地域防災センター」の縦看板が腰ぐらいの高さに見えます。そこを右手に入って奥「東地域防災センター」こちらの2階を主にお借りしています。

※注意※会場は変わることがあります。

初心者歓迎いつでもどうぞ! 
お問い合わせは shintaidojin@@hotmail.co.jp(@を一つにしてください)

$新体道人・shintaidojin

☆~…*※☆☆~…*※☆☆~…*※☆
日曜稽古会は日曜 
棒術    9時00分~10時30
剣武天真流 10時45分~12時

(時間はかわることがあります)

おもに国立市福祉会館をお借りしています(会場は変わることがあります)
JR中央線・国立駅より バスにて5分 徒歩20分
「国立高校前」停留所にて下車、徒歩3分
 JR南武線・谷保駅より 徒歩10分



…………………………
Shintaido W-Earth
~武道・瞑想・滝行~
曾禰田 敦 SONEDA Atsushi
ホームページです。
http://www.shintaido-jin.com/
facebook page
https://www.facebook.com/#!/tenseidojo/
!! twitter !! follow me!
http://twitter.com/shintaidojin
!【新体道人】で検索してください!
お問い合わせは shintaidojin@@hotmail.co.jp(@を一つにしてください)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





テーマ:
天正道場では、ただいま子どもクラス会員を募集中です!

【会場および時間】

⭐月曜 17時~18時
三鷹 沙羅舎

⭐火曜 18時~19時
世田谷 スタジオダブルアース

⭐木曜 18時~19時
国立 東地域防災センター

・・・・・・・・・・・・・・・・・


動画中の栄光(大)を行うことで、
子どもたちの体は大きく発達します

子どもたちに栄光(大)を!




・・・・・・・・・・・・・・・・・

天真体道 天正道場
 ~武道・瞑想・滝行~
 曾禰田 敦 SONEDA Atsushi
 tel 090ー9150ー5415
ホームページです。
http://www.shintaido-jin.com/
稽古日記更新中!
http://ameblo.jp/shintaidojin/
 !! twitter !! follow me!
 http://twitter.com/shintaidojin
!【新体道人】で検索してください!
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
金曜には月2回の瞑想クラスを行っています。
19時から世田谷です。

先日、あるチベット仏教の勉強会に出席した時、
非常に日本語の堪能なチベット仏教のお坊さん(ゲシェー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ師)が

「瞑想は頭でやるものじゃない、身体でやるものだ」

 そうハッキリ言っていて、やっぱりねぇと思ったものです。

 世の中、脳味噌ばかり使う瞑想が大流行しています。
イメージやら、エネルギーやら、なんちゃらの法則やらをもてあそんでいますが
そういうことの危険性に気付かないと、せっかくの瞑想が無駄になるだけでなく
精神~身体を病みます。

五臓六腑と言いますが、脳はそこには入りません。
脳は常に発展途上ですが、凄くたくさんのエネルギーを消費します。

そのため過剰な思考は五臓をいためてしまうのです。

「考える」と言うことを「脳だけが行う」と想定すると
いろんな矛盾を生じるということが
武道を初め体技を行っていると、体感的にわかってきます。

脳に集中してしまった気を身体に下ろすことが
身体の智慧を引き出すコツでもあります


瞑想を行うときは、正師につかなければならないと言いますが、
瞑想にはそういう危険性が伴うからです
ですが
市井に生きる我々にとって、正師を探すことも大変に難しいものです。

 さあ、そこをどうするか?もっと信じて欲しいのは、自分の身体です。
 指標としてはまずは、瞑想を終えたとき、身体に「陽・澄・明・朗」の感じがすること
これが大事です。

ところで
先日、東京国立博物館に運慶展を見に行って来ました。




私がこういう展覧会で必ずやるのが、
仏像や絵画の前で同じポーズをとってみることです。
これをやると、身体のことに関するいろんな事がわかります。

 特に、仏像や神像は美術品であると同時にテキストでもありますので、
実にいろんな事がわかります。

今回、印・ムドラーについて学びが多くありました。
天真体道では、身体のムドラー化と言うことを強く言います。

ムドラーは主にインドで発達しましたが、程度の差はあれ
世界中に存在します。
そうやって人類は、身体を通じて神や、真実を求めて来たのです。

なお、創始者の青木先生は、天真体道創造の過程で仏像をよく見に行ったそうです。
そうやって身体の秘密の鍵を見つけて、そうして出来上がったのが天真体道です

今回の瞑想クラス
テーマは印、ムドラー

天真体道ではあまり手先だけの印は行いません。

それよりは、身体全てをムドラー化する事ことで瞑想を充実させます。


たとえば天真五相でも行う無相印これは何故無相印なのか? どうして、最初に無相印なのか、これにはちゃんと体でわかる理由があります。




今回はいくつか印、ムドラーの実例をあげて
体で納得してもらいました。

実は印・ムドラーを勉強するにあたって大事なのは、
印のもたらす変化がわかる身体になっていることです。

そのため、瞑想の時の姿勢や準備体操は凄く大事です

瞑想には立って行う、座って行う、動いて行う、いろいろありますが。

座って行う場合、私の座り方(座法)は、日によって違います。

ネコにとっては結跏趺坐が寝やすいらしく(笑) 結跏趺坐で瞑想が深まった時に、好んで膝の上に寝に来ます(笑)


正座だったり、椅子を使ったり、結跏趺坐の時もありますが、
一般にインド、中国、白色人種に比べて膝下の短い我々日本人にとって
結跏趺坐は難しい事が多いです。
腰が立たないのですね。

腰が立たないと、座っての瞑想は難しいものです。

そこで先のチベット仏教のお坊さんの言葉が説得力を持ちます。
「瞑想は頭でやるものじゃない、身体でやるものだ」

そういえば、座法もまたムドラー(印)ですね。
体全体で行うムドラーです。


手指であれ、身体全体であれ行ったムドラーが
その意味にかなった意味あるものになっているかどうか、
それを体感するには、いわゆる気の通りの良い身体になっている必要があります。

つまり身体が自然になっていることが重要です

自然になり、宇宙のエネルギーの通りの良い身体になっていることで、
ようやく印の持つ意味を、学び現成して

宇宙、生命、そういうことについての学びを深めることが出来ると言えます。

それこそ手先だけ、頭だけで印、ムドラーを行っても無意味です。
それだけなら良いのですが、害があるのです。

だから、印は本来秘伝なんだと思います。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
水曜日第一部は
剣武天真流のプライベートレッスンでした。

テーマの第一弾は受け技
受け技にはその流派の特色が出ますね。



伝統的な言い方ですけど、飛猿と続飯付けなんて言葉があります。
弾いて、反撃するか
くっついてそれがそのまま反撃になるか

そう言う違いです。

一般には、くっついたままで反撃になっているものをレベルが高いとみる傾向がありますが
実は一概にはそうは言えません。

バランス良く稽古することが大事です。

剣武天真流では、東風剣で受け技をきっちり稽古します。

創始者の青木師がそう意図して体系化したのかどうかは確かめていないのですが
東風剣はこの二つの受け技をバランス良く稽古できます。


私は、近眼が酷い事もあって
張り付くタイプの剣術が得意だったですが
やっぱりそれだけじゃ無いのですね。


そもそも、剣武天真流では技を通して思想を育てるもの
バランスが大事です。

http://www.shintaido-jin.com

#天真体道 #剣武 #天正道場
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
天正道場の火曜日は整体を勉強してます。

そうは言ってもセルフケア、家庭整体です。
特に修了証のようなものは出しません。

今回は、腹証。そして、按腹。




お腹からいろんな不調を読み取ったり、不調の原因となっているものを読み取ったりします。
その上で

昔ながらのお医者さんはこれが得意です。
私に言わせれば、腹証を取れないお医者さん、鍼灸師さん、指圧師さん、整体は信用に足りません。

調べて見ると、いろんな流派があるのですね~

専門的に勉強したい人はそれなりのところに行ってもらうとしても、
ちょっと家族の不調を緩和してあげたい、なんて時には便利です。

私がお伝えしてるのは、古法按摩の流を汲むもので
経絡治療と本来セットで行うものです。

ただ、ここでやってるのはあくまでセルフケア、家族向けです。
日常の疲れを抜いていただくためのものです。


按腹は日本で発達したものが多いそうで
あまり、外国ではみられないそうです。


五臓六腑説で言えば、脳は五臓よりも後です。
ですが、私たちは頭偏重で生きています

これを修正するのにも良いのです

つまり
頭に上がりがちな気を下ろすのにも
按腹はよいですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
10月9日







NPO新体道主催で、新体道50周年記念パーティーが開かれました!

天正道場は少年部会員による演武時間をいただきました。

行ったのは、太極(初段)太極(大)の二つ

普段の二倍も三倍も大きく見えました!







・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、私からは以下のメッセージをお伝えしました
・・・・・・・・・・・・・・・・・

この稽古体系は、子どもたちの心身を健全に発達させ、
頭だけでなく、身体ごとの思考を育てます。

新体道大基本、天真五相、栄光が生まれて50年
この稽古体系は今も新しく私たちの心身の再生を助けてくれます

私たちは、今再生しなければいけない
この子達は私たちが汚してしまったの大地で、生き抜いて行かなければなりません。

私たちが再生することで、生き抜く力を彼らに伝える事ができます。

新体道はますます、現代社会で必要とされています。

では、型をもう一つ太極(大)
型をご存知の方、最期の気合いを是非一緒にお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、最期の最期会場全体の気合(貴愛)が揃ったのです!







皆さんの、新体道への想い、これから伸びゆく少年への期待、それらがすべて詰まった気合でした。

この皆さんの「エイ!」の気合は、
一人の少年の未来に大きな光を投げかけてくれました!

なお、NPO新体道は名称をNPO天真体道に変え、 もっと大きな活動をしてゆく様です。

天正道場としても負けずに大きくなってゆきますよ!




創始者 青木師






石井主席師範





渡 理事長





上利 本部師範





みんなでちょっとした体操も










天真五相 エ


青木師と女性師たち



創始者 青木師と奥様の悦子先生











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は毎朝1時間弱の瞑想をするんですが、
やってるとネコがやってきます。

私の座り方(座法)は、日によって違います。

ネコにとっては結跏趺坐が寝やすいらしく(笑)
結跏趺坐で瞑想が深まった時に、好んで膝の上に寝に来ます(笑)




正座だったり、椅子を使ったり、結跏趺坐の時もありますが、
一般にインド、中国、白色人種に比べて膝下の短い我々日本人にとって
結跏趺坐は難しい事が多いです。
腰が立たないのですね。

腰が立たないと、座っての瞑想は難しいものです。

とある、チベット仏教の勉強会に出席した時、

「瞑想は頭でやるものじゃない、身体でやるものだ」

そうハッキリ言っていて、やっぱりねぇと思ったものです。

世の中、脳味噌ばかり使う瞑想が大流行しています。
イメージやら、エネルギーやら、なんちゃらの法則やらをもてあそんでいますが
そういうことの危険性に気付かないと、せっかくの瞑想が無駄になるだけでなく
精神を病みます。

瞑想を行うときは、正師につかなければならないと言いますが、
市井に生きる我々にとって、正師を探すことも大変に難しいものです。

もっと信じて欲しいのは、自分の身体です。

指標としてはまずは
瞑想を終えたとき、身体に「陽・澄・明・朗」の感じがすること
これが大事です。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
木曜日の夜は大人クラスでしたが、
リクエストがあったので
剣武天真流の稽古をしました。

まあ、まだまだ皆さん始めたばかりなので、
礼法からですが

剣武天真流は居合術ですから、抜刀するんです。

それで、初期の頃には構えの練習があるのです。




この時に、抜刀して構えるのですが、急ぎすぎてはいけないのです。


それこそ、深呼吸のつもりで稽古したらいいんじゃないかって思います。
一つ一つ大事に稽古してゆく。


(これは子どもクラスの風景。お母さんが映してくれました)



もう一度書きますが
それこそ、深呼吸のつもりで稽古したらいいんじゃないかって思います。
一つ一つ大事に稽古してゆく。

特に私は「天正位」を大事にしています。
天井の問題があるので稽古できる場所も制限があるのですが。。。
この構えは、ものすごくたくさん稽古して、研究した方がよいですね。

ここで急ぐとろくなことは無いです。

世の中には、構えで静止して、呼吸を深める稽古を持つ流派が多くあります。
そう言うことをやるんです。

心~身の呼吸を深めてゆくことが大事。
これは、吸ったり吐いたりってことじゃあ無くてね。

この呼吸が宇宙と一致するというか、呼吸から宇宙を感じられたら良いですよね。

ところで、刀の形状って心身にすごく影響があります。

もし、日本刀が両刃なら、いまの剣術は無いです。きっとここまで深まらなかったのではないかと思います。

片刃なので、方向性を出しやすいのじゃないでしょうか?

じゃあ、ライトセイバーなら?(笑)
確かどの方向にも斬れるんだよね、(笑)
その場合方向性はどうなるんだ(笑)


想像はつきません(笑)

それはともかく、戦国時代の刀を見るとソリの強い刀が多いんだそうで、なんでかっていうと
そっちの方が片手で振り回しやすく、手綱を離さなくてもいいので馬上でも使えるからです。
その頃に発達したという剣術の型を見てみると
裏小手をとるものが少ない気がします。

現代剣道でも、裏小手はやらないですが、理由が違うんじゃないかと思います。

まあ、なんにせよ
技法が変われば、刀が変わる。刀が変われば、技法が変わる。技法が変われば身体の使い方が変わる。
そうすると発想が変わります。発想が変われば、思想が変わる。

そんなところがあります。

でも、自分の呼吸と宇宙とか生命の息吹っていうのは不変ですし、普遍です。
そう言うところを求めていかなきゃいけないと思うのです。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

天真体道では健康のために絶食をすることを
勧めています。

もちろん自己責任で行うべきですが、創始者の青木先生は
独自の絶食法を完成させていて、

私たちも、自分の体調や生活のリズムに合わせて行います。

絶食を行ったからと言って、何でもかんでもオッケーになるわけではありませんが
少なくとも、身体は軽くなるし、皮膚疾患は無くなったりします。

いろんな健康法を試す前に、食事のあり方を見直す事が重要だと思います。



体も動かさないとね
わかめ体操はお勧め❤



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
木曜日、子どもクラスから。
稽古の後半は剣術です。

その名も剣武天真流。

そうは言っても、実戦剣術‼という稽古ではありません。(笑)

充分に体を動かしたら、やはり礼法を学ばねば‼

運動が出来るだけの野獣を作る訳にはいきませんから。

礼法が中心なので、大人とも一緒に稽古出来ます。

楽しいけれど、ピシッっとね🎵



礼法ってね、大人がキチンとやると、子どももしっかりやるんです。


世の中、「礼」がなくなってますけど、
これは大人がやらないから子どもがやらず、
やらない子どもが大人になった結果です。



孟子っていうえらい人は仁、義を
美的に整え、飾るのが礼であるって
言いますが

仁義が世の中無くなってきちゃった結果ですね。

仁義復活!






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。