遺言執行者の口座開設

テーマ:

私が公正証書遺言の遺言執行者になって遺言執行をすることになりました。

遺言を執行するにあたり、遺言執行者の口座を開設しようと、ある都市銀行へ行き口座の開設をしました。

「○○○ 遺言執行者 佐藤慎介」という口座名義になります。

その際、銀行の方から口座開設にあたり、いくらか入金してほしいと言われました。

遺言執行者としての口座であり自分のポケットマネーを入れるのもおかしいので、0円で開設できないかお願いしてみました。

最初はできないとのことでしたが、粘り強くお願いしたところ、確認してきます、とのことで確認してもらいました。

確認してもらった結果、0円でも大丈夫とのことでした。

自分のお金と遺言者のお金を混ぜたくなかったので、助かりました。

もしダメだったら、一旦自分のお金を入れて、すぐに引き出そうを思っていました。。。

 

先日、法定相続情報の申出を法務局へ行ないました。

その際、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本等を提出するのですが、原本還付のため戸籍謄本等のコピーを提出しようとしたところ、原本還付のためのコピーは不要とのことでした。

原本は手続完了後に、法定相続情報一覧図の写しと一緒に受け取ることができました。

確かに、相続登記の際も相続関係説明図を提出すれば戸籍謄本等のコピーは不要なので、それと同じことなのかもしれないですね。

先日、私が後見人となっている被後見人の方がお亡くなりになり、亡くなった後に年金が振り込まれたので遺族の方に未支給年金請求の手続を行なってもらう必要がありました。

預貯金の相続の件で、法定相続情報を既に取得していたので、その法定相続情報が未支給年金請求手続でも使えると便利なので年金事務所に使えるか確認したところ、使えないとの回答でした。原則通り戸籍謄本等を添付することが必要とのことでした。

法定相続情報一覧図は法務局という国の機関が発行した公的書類なのだから、使えて然るべきだと思います。

対応の改善が望まれます。

財産管理等委任契約と銀行

テーマ:

先日、ある方と公証役場にて任意後見契約の前提として財産管理等委任契約を締結しました。

その方は、A銀行とS銀行の口座をお持ちだったので、銀行に代理人届をしようとしたところ、財産管理等委任契約では代理人届はできず、取引は本人に限定されるとの一点張りでした......

ご本人様がご病気で今の状況では管理が難しいので財産管理等委任契約したのに、何のための財産管理等委任契約なのか......

銀行都合でなくご本人様の事情も考えて柔軟に対応してほしいものです。