またまた写真でモメてます

テーマ:

悪夢の再来。。。


結婚式の準備で一番参ったのは写真のこと。

今回は年賀状の写真選びでモメてます。


別に写真なんか直感で選べばいいのにと思う新郎ですが、女心というのはそうもいかないようです。


僕は、「これだ!」と思う一枚は5秒で決まったのですが、彼女のほうはまさにこの瞬間僕の後ろで写真を選んでいます。


次から次へと「これにする?」とマシンガンのような選択肢選ばせ攻撃をかけてきますが、もはや選択肢のレベルを超えた数になり、どれがどれだが覚えちゃいません。。。


マーメイドがいいっ!(ウエディングドレスのこと)とも、オーガンジーがいいっ!(ピンクの和装)とも言うのですが、別にいまさら着るわけでもないのにさあ。

しおかも、結局全部じゃんかよ。。。


ああ、あのときの悪夢再来ですー。」

秘訣かぁ。。。


はっ、今日考えていました。

しかも健康センターでビール飲みながらですっ!


※1 健康センターとは

たくさん風呂があって、マーーサージなんかの部屋もありつつ、おじちゃんおばちゃんたちがカラオケを満喫できる宴会場があるところ


彼女を待つ間にビールを飲みながら、

①コミュニケーションのために、二人で同じスピードで進めることを探したほうがいいなぁ。

②「健康」って男も女も共通のテーマにできるかも。

③そういえば、今日はなんだか仲がいいなぁ。

なーんて考えていました。


なんで健康センターに言ったかというと、僕のほうも仕事で疲れが溜まっていたせいか、「二人で中国式足裏マッサージをやっちゃおう!」ということで。。。


ビールが進むとさらに色々と頭に浮かんできて、持参した「二人のノート」に早速メモです。


メモした内容はと言うと、

■前提事項

・二人とも仕事をしている

・二人とも夜が遅い

       ↓

●問題点⇒コミュニケーションもとれないし、ストレスが溜まってケンカが多くなる

●解決方法⇒だからこそ、体のケアについては、二人同じスピードで進みたい=二人で楽しみながら

       ↓

具体的には・・・

☆健康を二人の共通のテーマとしよう!!!

・汗を書いて仕事のストレスを発散する

・月に一度は健康センターに来る

・ストレッチなどは極力二人でやる

・ヨガとか二人でいけたら楽しいかも(お金があれば・・・)

・朝散歩でもすっかなぁ


こんな感じでメモってました。


なんだかもっともらしく書いているけど、風呂に入ってビールを飲んでいい気分でまた来ようと思っただけみたいですね。

いえいえ、もちろん奥様と二人で来たのが楽しかったんですっ。


先週までお互いストレスでぶつかりあってましたが、今週は調子がよかったんです。

しかも、今日は久しぶりに二人でのんびりできました。

家やファミレスで話をしても絶対言い合いになる家計の話でも、今日はいい感じで話し合いができました。


仲良しでいられる秘訣はわかんないけど、同じスピードで進むことのできる二人だけの共通のテーマを持つことがいいんじゃないかなって思ってます。


よしっ、来月もいくぞっ。

なんかやさしいよなー

テーマ:

今日はやけにやさしかった。


僕の方が早く遺影に帰ってきてテレビを見ていると、

「なーんだ、先に帰ってご飯作って待っててあげようと思ったのに♪」

との事です。


外から電話でちくりと言ってやったからかなー。


「嫌われたら困るから、あたし変わるんだー」

だってさ。


ほんとに変わるのかねー。


すぐ感情的になって、ムキになって話が進まない彼女・・・。

家の購入計画とか、貯金計画とか大事な話をしようとしても、ぜーんぜん話が進まなかったのにさ。


今日は手のひらを返したように違うんだよね~。

目安箱ネタをいっぱいためといたのに忘れそうだよ。


ここんところ転勤でストレスも溜まってたみたいだし、もしかして昨日バイクで一緒に出かけてあげたのがよかったのかな。


愛とは与えると返ってくるものなのでしょうか。

でもこっちが10回与えて1回返ってくるかどうかの割合だし。。。


ま、いっか。

3ヶ月たって。。。

テーマ:

はーっ。。。


結婚式から三ヶ月。

だんだん不満がたまってきました。


会社の派遣社員のKさん(40半ばくらいのおばちゃん)が

「3日、3ヶ月、3年が節目なのよぉー」

って、さも全てを知っているかのように言ってたけど、

これってみんなが通る道なのかなー。


でも、Kさんだって結婚して1年半くらいしかたってないじゃん!!

3日目はどうだったか覚えてないけど、3ヶ月でendした友達もいたしな。。。


んーっ、よし!

一度控え室から出た新郎が、愚痴をこぼしにまた控え室に戻ってもいいかな。

僕にとっての控え室とは、このblogだよねー。


ってことで、また戻ってきました。

よーし、書きまくるぞー。

ちょうどいいTBテーマもあったことだしね。


■目安箱へ その1

「ティッシュは片付けてくれ!


ティッシュだけじゃないんだけど、足の裏に貼っている湿布剤(サロンパスみたいな炎症を抑えるやつ)をはがすときにゴミになるフィルム見たいのとか、ペットボトルとかなんで置きっぱなしにするんだよ!!

頼むからすぐ捨ててください。


彼女はまとめてやるタイプ。

その代わりやり出したらとまらないんだよね。。。


ちなみに彼女はB型。

僕はO型。


相性はいいはずなんだけどね。

テレビでやってたけど、B型の女性とO型の男性の相性がいいのは、B型女性をO型男性が許容できるからなんだって。


例えば料理で失敗したとき、

B型女性 「あーっ、やっっちゃったぁ~」

O型男性「だいじょぶだいじょぶ、気にしないで」

こんな感じらしい。。。


確かに振り返ってみると、いくどもこんなことはありました。

実家暮らしの一人娘でしたので、物知らずだよなーと思うことも多々ありました。

そのたびに、温かいまなざして見守っていた僕でしたが、


「ティッシュだけは許せないっ!」


彼女から言わせると、

「なんで靴をきちんと揃えないのっ!!!」

との事。


お互い様なのかなぁ。。。


考えてみれば、

僕は一人暮らしをしていましたが、実家にいる時は靴を揃えろとよく親父に言われていました。

また、彼女のほうの家に遊びにいくと、ティッシュやペットボトルはお母さんがよく片付けていました。


お互いそれぞれの文化を新居に持ってくるようですね。


キーボードを打ち込んでいるうちに、ちょこっとすっきりしてきました。

このブログの効用として、文章にすると整理できて、客観的に考えることができます。


アメブロさんありがとう!


おもしろいので、このままずっと目安箱を続けよっと。

永遠にともに

テーマ:

幸せになります


今日は彼女の友達が3人遊びに来てくれてます。

久々に結婚式のビデオを見ながら幸せな気持ちに。。。

ん、いけねー、ブログ忘れてた!?


てことで、新郎は控え室を無事に出ることができました。

5/21に無事結婚式を終えることができたことを報告します。


アジュール竹芝は正解でした。

ガーデンチャペルと言うのか、オープンエアーと言うのかはわからないんですが、晴れててほんとによかったですよー。


画像は僕たちの写真です。

なかなかいい感じでしょ。エヘヘ。

この写真からはわかりにくいのですが、目の前に海が広がっていて、レインボーブリッジが見えます。

ほんとにオススメですよ!


そうそう、コブクロの「永遠にともに」を、思い出スケッチというビデオアルバムで流しました。

この曲はほんとにいい曲ですねー。

ゼクシイの付属DVDで本人たちが出演して紹介していたのですが、友人のために作った曲なんだそうです。


あの日から2ヶ月半になろうとしていますが、あーだこーだいいながら二人で生活してます。

あーだこーだ言い合うのはどの家庭でもあることだと思いますが、こういったプロセスを経て大切な信頼関係が築かれていくような気がするなー。


皆さんのおかげで、新郎は無事に控え室からでることができました。

控え室を一度でると、ゴールはありません。

先の見えない道が続いています。

でも大丈夫。

僕の隣では、彼女がずーっと笑っていてくれています。

一緒に歩いてくれています。


彼女とは、挙式の退場の時の気持ちで、あるいは披露宴の入場の時の気持ちで、ずっと一緒に歩いていくつもりです。


永遠にともに。。。

さてさて。。。


久しぶりにブログ画面を開きました。

アメブロさん、デザインが変わったんですねー。

などと感動していると、トラックバックステーションのお題が「おすすめ式場」ではないですかっ!

ということで、結婚式まであとわずかとなった新郎が、久々にブログです。

(だいぶサボりましたが・・・)


僕たちがに式を挙げるのは、「アジュール竹芝」さんです。

なぜここを選んだかというと、ガーデンチャペルで式を挙げたいっという花嫁様のご希望によって、下記の式場でブライダルフェアを去年の3月から見て回ってました。


①イーストコート21

  プールの上のガーデンチャペルがいい感じ。試食の料理はとてもおいしかったですよー。でもバージンロードは写真よりもちょっと短かかったのと、うちから遠いのであきらめ。。。

②青山ダイアモンドホール

 中庭のガーデンチャペルと表参道というロケーションがいい感じ。でも、ちょっと高いのであきらめ。。。

③シェラトン

 真正面が海できれいなガラスのチャペル。それともうひとつあったな。。。バージンロードは長めで、広い中庭できれいでしたよー。料理の品数が少なかったし高いのであきらめ

④JALホテル

 吹き抜け中庭の半屋外チャペル。天気だと屋根が開くらしい。フラワーシャワーは吹き抜けの上階から巻いてくれるのでとっても幸せな気持ちになれます。吹き抜けの壁で、ゴスペルのシンガーの方の声が良く響くため、ナマ歌ならここだよなーっ、と思っていたのですが、花嫁様が列席者として招待された過去があるということであきらめ。。。


ちくしょー、君の希望をかなえるためにこれだけ提案したのに全部ダメかよ。。。

やってらんねー、これで最後だあとは勝手にしろっ、と思って最後に選んだのがアジュール竹芝でした。


値段がリーズナブルなわりには、海の見えるガーデンチャペルはいい感じですよっ!

でも、ロビーはちょっとさびしいかな。。。

ゆりかもめでお台場に行くみなさんが多いと思いますが、時間があれば汐留の次の竹芝で降りてみて下さい。

竹芝桟橋からは、お台場テレビとレインボーブリッジが見えます。

その竹芝桟橋の横にアジュール竹芝があります。

インターコンチが近くにありますが、僕たちはトイレを借りただけで素通りです。

高級そうだけど、俺らには似合わないもんなー。


僕たちは15時15分から挙式で、そのあと披露宴です。

なので、昼間の景色と夕方、そして夜景を楽しんじゃおうと思ってますっ!!!

そうそう、アジュールというのは「青」という意味らしいです。(何語か知りませんが)


インターコンチがグッチとかプラダとかなら、アジュール竹芝はさわやかにジーンズ&Tシャツスタイルといった感じでしょうか。

なーんて、いまだからそんなことが言えるのかも。。。

終わったら、「あそこ最悪だよー」と言ってるかもしれませんね(笑)


■新郎予備軍の皆さんへ

ブランドや知名度に惑わされることなく、譲れないポイントをひとつだけ決めて会場を選ばれることをご提案しますね。

披露宴の中間打ち合わせ

テーマ:
あと2ヶ月。。。

ついにあと2ヶ月です。
ということで、中間打ち合わせとやらに行ってきました。

僕たちの担当の方曰く、
「お二人の場合はやりたいことのイメージが固まっているようなので、3時間くらいで済みますよ~」
ということでしたが、きっちり4時間はかかりました。。。

でも、この時点で何にも決まっていない人たちの場合は、次の最終打ち合わせまでがとても大変とのこと。
そう言えば、衣装合わせなんかで式場に行った時の話ですが、コーヒーを飲んでる僕たちの横で中間打ち合わせだったらしき二人がもめてました。

新婦:「もう時間ないのに、うちら何にも決まってないじゃんっ」
新郎:「・・・」

あちゃー、新郎がリードしなきゃだめじゃ~んなんで思っていた私ですが、リードもなかなか難しいもんですよね。
そうそう、僕たちの披露宴のこだわりをちょっとご紹介します。
(こだわり=自己満足ですが。。。)

■入場編
入場の時に彼女は僕の後ろを「しずしず・・・」と歩きたい、いや僕がそうさたいんですっ。
①挙式の時に撮影した写真をプロモーションビデオ風に即時編集して、披露宴の入場前に流す(フォトプロモーションと言うらしいです)
②フォトプロモーションの映像が披露宴会場に向かう二人の視線の映像に変わり、新郎新婦が入場するっ!
  ☆僕 :紋付袴
  ☆彼女:内掛けにオーガンジーというグラデーションが効いた和装
③天井から雪が降ってくるので、僕が手にしている番傘をさし、彼女に雪がかからないように守ってあげる(この時だけは。。。)
④二人で顔を見合わせたあと高砂へ歩いていく(演歌の寸劇に出てきそう。。。)

~この演出の費用~
・フォトプロモーション   :42,000円
・天井から降る雪(泡みたい):30,000円

■社内恋愛だから編
社外の人にうちの会社や職場での二人を知ってもらいたいので、パワーポイント(プレゼンソフト)で写真付きスライドを作って、先輩にプレゼンしてもらう。
①会社紹介
②職場紹介
③仕事の内容とエピソードなど紹介

~この演出の費用~
・スライド:   0円(自分で作るので!)
・プロジェクター:0円(会社の備品!?)
#プロジェクターとスクリーンを式場に借りると、3万くらいです。。。

社内の人もいい気分になれるし、社外の人も気持ちを共有できるので、一石二鳥だと思ってます!!!

■彼女のお母さんへ感謝編
お色直しの間に二人の生い立ちをスライドで流すものはよくありますが、僕たちは最後にしました。一人娘を頂くので、彼女のお母さんに対する僕からの感謝の気持ちを込めました。
①彼女の直近の写真が映し出される
②彼女の写真は少しづつ子供の時の写真に変化していく(26歳⇒1歳)
③写真の変化に合わせて彼女がお母さんの元へ歩いていく
④最後に生まれた時の写真になって、同じ体重のテディベアを渡す

~この演出の費用~
・思い出スケッチ:42,000円
・ラブリーベア :38,850円

ふぅーっ、キーボードを打ちながらやけに興奮してしまいました。。。(笑)

もちろんブライダルフフェアに行った時に、いいなーと思ったものを取り入れてるのですが、パワーポイントのスライド案は、僕のオリジナル案です。

ところで・・・、
今月号のゼクシィに載ってました。
「ゲストを満足させよ!!」
そのとおりでございます。

自己満足もいいけど、ゲストがシラけないようにしないとなー。
ゲストの皆さん、誠意を持ってお招きしますので、ちょっとの自己満足は許してねー。

ハートのダイアモンドリング

テーマ:
さてさて。。。

買いました!
エンゲージリングを買ってあげました!
プロポーズしてから9ヶ月・・・。
だいぶ待たせてしまいましたが、やっと肩の荷がおりました。。。

購入したのは銀座のトレセンテです。
http://www.trecenti.com/

ここは、ゼクシィなんかの広告にもよく載っていますよね。
ハートやフローラのリングが有名らしいのですが、僕はハートを買ってあげました。

「ダイヤ入りのマリッジリングと重ねづけがいいですよ~」という店員さんの言葉に洗脳され、彼女は予算のことなど頭から消えてしまったかのようです。
しょうがないので、「俺のはそこら辺で売ってる1000円くらいのでいいよー」というと、「マリッジリングはおそろいがいいっ」との事。
「おそろいだと、男の分までたけぇだろーっ」という言葉を呑み込んで、「そうだよね、じゃあエイッヤーッといっちゃおっか」と、長い間待たせてしまった懺悔の気持ちで彼女のおおせのとおりに。。。
でも、最終的には楽しく幸せな気持ちで買い物ができたと思っています。

ところで、「ハートだと、ダイヤのカッティングがあんまり綺麗じゃないわよ~」という皆様の声が聞こえてきそうです。
いやいや、ダイヤの質や大きさよりがどーこーよりも、自分で買ってあげたいという気持ちを大切にしてみました。
何よりも、彼女が「あなたが選んでくれたお店のものが一番いいっ!」と言ってくれたので。。(エヘヘ)

嬉しいねー、その言葉。
でも予算10万円オーバーは嬉しくないぞー。

そこで一言。。。全国の(婚約)結婚を控えている殿方の皆様、給料の3ヶ月分のキャッチフレーズに惑わされることなく、「相手を想う気持ち」と「少しの予算オーバー分のお金」を準備して、エンゲージリング購入に望もうじゃありませんかっ!!

社内恋愛からの結婚

テーマ:
「みんなからおめでとうって言われたいのに、ぜんぜん話せないっ」
僕の婚約者の言葉です。

昨年の6月にプロポーズをしてから約9ヶ月、彼女は話したくても話せない葛藤に悩まされていました。

僕はよくもわるくも他人にどう思われようと言われようと本人たちが幸せであればそれでいいじゃんと考えてしまうようですが、女性にとってはそれは違うようです。
うーん、確かに女性からしてみるとそうですよね。。。

僕達のオフィスは、1フロアに250人くらいいるのですが、その中に部署が8つあります。
そのうちのひとつの部署に、彼女と僕がいるんです。

業務に支障があるのはどうしても嫌なので、ずっと公開せずにいました。
でも、先週やっと報告しました。
なので、オフィスの近くで手をつないで一緒に帰ったり、待ち合わせをしたり、今まで我慢した分だけ大きな幸せを感じてくれてるようです。
(逆ギレは相変わらずですが。。。)


ところで、ランキングなどはあまり気にもせず、特定の人のブログしか見ていなかった僕ですが、今日始めてアメブロトップランキングの方のブログを見てみました。

「実録、鬼嫁日記」
http://yugure.ameblo.jp/

感想ですが、
「おっ、おもしろいっ!!!」
「しかも、同じ自分と同じ32歳の殿方だ!!!!!」
「わかる、わかるよー貴殿の気持ち。でも、俺のお嫁さんはまだ恐くないぜー」

とは言うものの、やがて「師匠!」と呼ぶ日が来るのでしょうか(笑)
「愛は寛容」ですね。

とりあえず仲直り

テーマ:
さてさて。。。

久しぶりのブログです。
なぜ久しぶりかと言うと、結婚に向かう二人の気持ちがちょっと寄り道していました。
でも、ベストなタイミングで、ある牧師様からコメントを頂き、少しづつ気持ちが回復してきたって感じです!

VOXYさんという牧師様のブログ
http://taizobokushi.ameblo.jp/

なんだか重たい話のようですが、僕が指輪を買ってあげるのが遅くなってしまったのが原因なんですけどね(笑)
(ブログネタがたくさんできたので楽しみーっ!!)

「これから築いていこうとされるお二人の関係がさらに祝福されますように」この言葉はありがたかったですねー。
あと2ヶ月ちょっとです。
控室の隅でぷいっとスネていた新郎ですが、またその控室の扉から新婦の喜怒哀楽を見守ってみることにしました。